fyb_switch_to_sp_js

« 2017年11月 | メイン

2017年12月

2017年12月16日 (土)

「納豆汁」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした納豆を使った「納豆汁」を御紹介しました。

Dsc_0299

寒さが厳しくなってきましたので、お好みの根菜やキノコ、お豆腐や油揚げ等、そして、納豆を入れた納豆汁で温まってくださいね。

納豆はよ~く刻むorすり潰すのがポイントですよ♪





「納豆汁」

Dsc_0326

材料(4人分):
納豆 1パック
大根 10cm
人参 1/2本
キノコ(シメジ、エノキ) 適量
コンニャク 1/2枚
木綿豆腐 1/2丁
油揚げ 1枚
小ネギ 1本
味噌 大さじ4
だし汁 6カップ
鎌倉まめやさんの「つまみ納豆」
 お好みで

作り方:
1)材料を食べやすい大きさに切ったら鍋に入れて、だし汁で煮る。

P1390336_3

2)納豆は包丁で細かく刻むか、すり鉢でよくすり潰しておく。

P1390339

P1390350

3)納豆にお鍋の中のだし汁を大さじ4杯程加えて混ぜ合わせておく。

P1390341

 4)野菜が柔らかくなったら、3を加えて混ぜる。

P1390343

5)味噌を溶き加えて混ぜ合わせ、沸騰するまでさっと火にかける。

P13903466)器に盛ったら、小口切りにしたネギと「つまみ納豆」をかけて出来上がり♪

Dsc_0356
鎌倉まめや長谷本店増田美月さんに召し上がっていただきました。

Dscf4727_3

「初めて食べました。ネバネバしたものが苦手なので、納豆はそんなに得意ではないのすが、これなら大丈夫です。ゴボウなんかが入っていても良さそうですね」

Dscf4722

増田さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年12月 9日 (土)

納豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、納豆について御紹介しました。

Dsc_0268

納豆と言うと、語呂合わせでは7と10でナットウなので、納豆の日は7月10日なのですが、実は納豆は本来、冬に作るものであった事を御存知でしたか?

と言うのも、納豆を作る工程で一度冷やさなければならないのですが、昔は今の様に機械もなく、人工的に冷やす、ということが難しかったので、自然と冬に作るものとなっていたそうです。
それに、その年の秋に収穫した大豆を使って納豆を作っていたので、当然ながら、冬に仕込むものでした。

Dsc_0240 江戸時代には、「納豆売り」納豆納豆汁の食材を売り歩いていたという記録も残っています。
ここで言う納豆汁は、「叩き潰した納豆」と「青菜」と「お豆腐」がセットになったもので、お湯を注ぐだけで納豆汁が作れるという、今でいうインスタント味噌汁の様なものでした。

今でこそ納豆と言えば、ご飯と一緒に食べるものですが、当時は納豆汁で食べる方が一般的で、それも、冬に食べるものとして有名だったので、納豆汁というのは、冬の季語として、多くの俳句の中に登場していました。

Dsc_0375

この時期、特に北の寒い地方では野菜が不足しがちなので、温かい納豆汁で身体を内側から温めながら、栄養を補っていたとの事。

そんな納豆の栄養素として、骨の形成や血が出てしまった時に血液を固める働きがあるビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富です。
食物繊維も多く含まれていて、納豆菌と共に腸内環境を整えてくれるとされています。

Dsc_0279

普段何気なく食べている納豆ですが、本来は冬に納豆汁として食べるものと分かると、納豆汁を作って食べたくなりますよね! 
来週は、その納豆汁を作ってみようと思います。

鎌倉まめやさんでは、おつまみ納豆が定番商品として好評発売中です!

Dscf4756

カリカリっとして香ばしく、しっかり納豆味なのですが、ネバネバとした粘りがないので、納豆が苦手な方にもチャレンジして欲しい一品になっていますよ♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年12月 2日 (土)

12月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、師走に入り、益々賑わう鎌倉まめやCIAL鎌倉店にお邪魔しました。

Dscf4712 東尾弥生さんに今月のオススメをお伺いします♪

7まず、12月のお豆さん「バニラいちご豆」です。

Dscf4686バニラ豆はミルクのパウダーとバニラビーンズに包まれて優しいお味。
いちご豆は摘み立ての様なフレッシュないちごの風味がします。

Dscf4696一緒に味わうと、クリスマスのイチゴショートケーキみたいなお味が楽しめちゃいます。

続いて、寒い時季だけの期間限定商品の「濃厚ショコラ」

Dscf4700

何だかチョコレートが恋しくなってくるこの時季には嬉しいコクとほろ苦さ!

Dscf4698ほんのりとした甘さでコーヒーや紅茶にピッタリです。

そして、今が旬のりんごのお味の「りんご豆」も人気です。

Dscf4707キュッと甘酸っぱく、りんごの香りが豊か。

Dscf4703赤色なので、クリスマスカラーのお豆さんですね!

実は、明日の朝9:00~9:30OAのtvk「かながわ旬菜ナビ」では、旬菜キャッチャーのいっとちゃんこと伊藤綾香さんが鎌倉まめや長谷本店を訪ねてくれて、私は鎌倉まめや長谷本店の2階ギャラリーにて、このりんご豆やバニラいちご豆等を使ったお料理を紹介させていただきます。

2c45c61789e040038e3fccb904091f20 宜しかったら、御覧くださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************