fyb_switch_to_sp_js

« 2017年10月 | メイン

2017年11月

2017年11月18日 (土)

「亥の子餅」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした亥の子祭り亥の子餅をオリジナルで作って御紹介しました。

Dsc_0880

熱したフォークで付けた3本の焼き印が亥の子餅の特徴です。

通常、和菓子屋さんでは顔や耳は付いていませんが、黒胡麻ペーストでウリ坊のお顔を描きました^^

Dsc_0949

煎った白胡麻と黒胡麻が入った生地の中には、柿、栗、煎り黒大豆、小豆餡入りです。





「亥の子餅」

Dsc_0927

材料(10個分):
白玉粉 50g
砂糖 50g
水 90ml
白胡麻、黒胡麻 適量
もちとり粉(片栗粉やコーンスターチ、きな粉でも可) 適量
小豆餡、柿、栗の甘露煮、煎り大豆、黒練り胡麻 適量
*煎り大豆は鎌倉まめやさんの黒大豆を使用しました。

作り方:
1)白玉粉と砂糖、水を耐熱容器に入れてよく混ぜ合わせ、ラップをかけてレンジで1分加熱する。水で濡らしたヘラでよく練り、同様に加熱して練るという作業を後2回繰り返す。

P1390266_2

P1390269_2

2)胡麻を煎ったら、1に加えて混ぜ合わせる。もちとり粉を敷いた台の上に10等分に分けて薄く延ばしておく。

P1390272_3

P1390275

P1390278

3)柿は1㎝角に、栗は半分に切る。2に小豆餡、柿、栗、煎り大豆をのせる。

P1390281

P1390283

P1390288

4)丸めて下部をしっかり閉じる。細長い楕円形のウリ坊の形に整える。

P1390294

5)よく熱したフォークで背中の焼き印を付けたら、お好みで、黒練り胡麻で目と鼻を描く。耳部分をキッチンバサミで切り、熱したフォークで角を焼いただ出来上がり♪

P1390297

Dsc_0971中にはこの秋の味覚が詰まっています。秋の実りに感謝感謝です。

Dsc_0943
鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf3795

 「亥の子餅は初めて知りました。お餅部分が柔らかくて、胡麻のプチプチ食感がいいですね。柿が餡やお餅と意外と合います。柿の他にも煎り大豆や栗、餡も入っていて、美味しいです」

Dscf3804

小澤さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年11月11日 (土)

亥の子祭りの亥の子餅

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、亥の子祭り亥の子餅について御紹介しました。

Img_1916 今月11月の食の伝統行事として、亥の子祭りがあるのを御存知ですか?

これは、十二支のイノシシを意味する亥の月にあたる旧暦10月、現在の暦で言うと11月の亥の日・イノシシの日に田んぼの神様をお祀りする収穫祭です。

この亥の子祭りの日には、亥の子餅を田んぼの神様に備えてから、家族で食べるのが古くからの習慣で、この秋の収穫に感謝し、無病息災を祈って、食べられるようになりました。

Img_1905 そんな亥の子餅と言うのは、元々、その年に収穫された大豆や小豆、大角豆(ささげ)、ごま、栗、柿、糖(あめ)の7種類の粉を、新米のお餅に入れた和菓子だったのですが、今では、地方や和菓子屋さんによって、材料や作り方も異なっています。

特徴としては、イノシシの子どもの「うりぼう」のようなコロンとした丸い形に、焼き印で3本の筋が入った甘いお餅である事が多い様です。

Img_1937 イノシシが子だくさんである事にあやかり、子孫繁栄を祈って食べられるようになったそうですが、大豆や小豆等のお豆の他に秋の味覚の栗や柿も使われていて、季節感がありますよね! 

それに、糖質やタンパク質、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれているお餅になっています。

亥の子の言い伝えにあやかって、秋の終わりもこれから迎える冬も、健やかに過ごしたいですよね。

そんな今年の亥の子祭りの日は今週8日にあたり、和菓子屋さんでは、今月末まで、この亥の子餅を扱うお店がある様ですので、是非、和菓子屋さんで亥の子餅を見つけてみてくださいね。 

Img_1892

秋の鎌倉を散策してきました。

Dscf3160 朝晩の冷え込みに季節の歩みを感じる程、紅葉の色合が鮮やかに。

Dscf3466 昼間、お天気がいい日はまだぽかぽかしていますので、ゆったりお散歩出来ますね。

Dscf3172冬の足音が近づく前に、お越しくださいませ。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*************************************************************************

2017年11月 4日 (土)

11月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、秋の遠足の子ども達で賑わう鎌倉まめや小町通り店からお届けしました。

Dscf3776 神山亜紀子さんに今月のオススメをお伺いしましょう♪

Dscf3785 まず、11月のお豆さん「焼きりんご豆」です。

Mame2

シナモンの香りでフルーティーなリンゴの甘みが引き立っています。

Mame3

まるでアップルパイの様な味わいですよ。

この季節のアソートセットがこちら「紅葉 S」

Mame1

マヨネーズ・りんご・チェダーチーズ黒胡椒・いろどり(カレー、海老)・味噌落花生が各2個合計10袋入りです。

Mame4

「紅葉 L」は巾着袋りでマヨネーズ・りんご・チェダーチーズ黒胡椒・いろどり(カレー、海老)・味噌落花生・そら豆カレー・きな粉チョコボールが各2個と渋皮栗2個の合計16個入りです。

そろそろ到来する紅葉のシーズンがより待ち遠しくなるセットになっていますね。

そして、秋が深まって来ると、今年の新豆の落花生の出来が気になる頃♪

Mame5穫れたての落花生は何と言っても香りがいいので、是非、今しか食べられない新豆を召し上がってみてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************