fyb_switch_to_sp_js

« 2017年8月 | メイン

2017年9月

2017年9月23日 (土)

「ヒヨコ豆のお月見団子」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話ししたヒヨコ豆を使ったお月見団子を御紹介しました。

Dsc_0590

最近、夜空が澄んで来て、月が綺麗に見える様になってきましたね。

そんな秋の夜長には、お月見しましょう♪

Dsc_0646

来月10月4日(水)は中秋の名月ですので、十五夜に向けて、お月見団子を作ります。

ヒヨコ豆を使えば、お団子もほんのり黄色になりますよ。

甘いスイーツ団子と、しょっぱい揚げ団子の2種類、作りました。



「ヒヨコ豆のお月見団子」

Dsc_0563

材料(スイーツ団子10個、揚げ団子10個分): 
ヒヨコ豆(水煮) 大1缶(固形分240g)
白玉粉(団子粉でも) 100g 
砂糖 50g
塩 小さじ1/2
ヒヨコ豆の甘納豆 10粒
揚げ油 適量

黒胡麻ペースト、イチゴジャム、ケチャップ 適量

作り方:
1)ヒヨコ豆は、揚げ団子の分(10個)を残し、残りはザルで濾す。

P1390167

P1390184

2)白玉粉と水大さじ6程度を少しずつ加えてよく混ぜながら、耳たぶの硬さになり、まとまりやすくなる様に水の加減をする。生地を半分に分け、片方(スイーツ団子)に砂糖、もう片方(揚げ団子)に塩を加えて混ぜる。

P1390186

3)スイーツ団子にはヒヨコ豆の甘納豆を入れて丸め、揚げ団子には残しておいたヒヨコ豆を入れて丸める。
*ウサギさんを作る場合には、ここでウサギさんの耳も作って、くっつけておきます。P1390192

4)スイーツ団子は沸騰したお湯で茹でる。揚げ団子は180度の揚げ油で揚げる。P1390215

5)団子は器に積み上げて盛り付けする。ウサギさんは、お顔は黒胡麻ペーストで描き、頬っぺたはスイーツ団子にはイチゴジャム、揚げ団子にはケチャップで描いて、お団子に添えて出来上がり♪

Dsc_0620
鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf1826

 「もちもちしていて美味しいです。お醤油の甘辛のあんをかけて、みたらしにしても合いそうですね。しょっぱい方なら、チーズを入れたり、ロシアンルーレットみたいにワサビを入れたりしても楽しそうです。ウサギさんの中にヒヨコ豆が入っているのも何だか可愛くって可笑しいですね♪」

Dscf1831

小澤さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年9月16日 (土)

「ヒヨコ豆の甘納豆」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話ししたヒヨコ豆を使った甘納豆を御紹介しました。

Dsc_0463

私は甘納豆が大好きなので、鎌倉まめやさんの小豆や落花生、お好み甘納豆をよく買ってはおやつに食べているのですが、ヒヨコ豆甘納豆は以前1度食べた事があるものの、なかなかどのお店でも販売していないのです!

それなら、自分で作ってみようと思い立ったのでした。





「ヒヨコ豆の甘納豆」

Dsc_0496材料(作りやすい分量): 
ヒヨコ豆(乾燥) 100g
砂糖 150g 

グラニュー糖 適量

作り方:
1)ヒヨコ豆を水洗いして、たっぷりの水に一晩漬けておく。
*圧力鍋なら浸さずに、加熱10分程(圧が抜けるまで放置)で柔らかくなります。

P13901702)1を柔らかくなるまで茹でたら煮汁は捨てる。

P1390173

3)鍋に砂糖と水400mlを加え、火にかける。

P1390194

4)30~40分程度弱火で煮て、ヒヨコ豆に味がしみ込んだらザルに上げて水気を切る。

P1390196

5)クッキングシートの上に置いて、風通しのよい所で3~4時間、乾燥させる。

P1390198

*時間がない時には、100度のオーブンで30分程加熱して乾燥させる。

P1390219

6)グラニュー糖をまぶし、よく絡めて出来上がり♪

P1390223

*缶詰やパックの水煮を使用してもOKです。その場合には、3から始めてくださいね。

Dsc_0448

鎌倉まめや長谷本店米谷沙織さんに召し上がっていただきました。Dscf1811

 「ヒヨコ豆の甘納豆をいただくのは初めてです。珍しいですよね! ヒヨコ豆の風味がちゃんとして、弾力もありますね。材料もシンプルなので、挑戦してみようかなと思います」

Dscf1819

米谷さん、ありがとうございました♪

鎌倉まめやさん煎りヒヨコ豆を煮てから作る事も出来ますので、お試しくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年9月 9日 (土)

ヒヨコ豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、ヒヨコ豆について御紹介しました。

Dsc_0218 最近少し暑さが和らいできて、これから秋に向かうこの時期には、芋栗南瓜の様にほくほくして少し甘みのあるお豆なんて、いかがでしょうか? 

子ども達や女性にも人気なヒヨコ豆なら、しょっぱい味付けでもスパイシーな料理でも、甘いスイーツにしても、きっと美味しくいただけます。

Dsc_0231 ヒヨコ豆の名前の由来は、肌色のお豆がヒヨコの頭の様な形をしていて、くちばしのようなでっぱりがあるので、日本ではヒヨコ豆と呼ばれています。
英語名もヒヨコを意味する「チック」という言葉に丸いお豆を指す「ピー」を合わせた「チックピー」と言います。
スペイン語では「ガルバンゾー」、インドでは「チャナダール」と呼ばれて、世界各国で親しまれているのですね。Dsc_0243

ヒヨコ豆は、乾燥した地域で栽培されていて、湿度のある日本の気候は適さないので、残念ながら国内では限られた農家さんが栽培する程度でほとんど国産は流通していません。

その一方で生産量が一番多いのが、インドで世界全体の2/3を占めているのですが、インドではカレーやスープなんかで日常的にヒヨコ豆が沢山食べられているので、国内で多くが消費されています。
日本で見かけるヒヨコ豆はと言うと、メキシコやカナダ、アメリカ等から輸入されたものになります。

Hana_16 ↑ヒヨコ豆のお花 (参照:日本豆類協会)

↓ヒヨコ豆の莢 (参照:日本豆類協会)

Hiyokomame そんなヒヨコ豆には、タンパク質やビタミンEやB群等のビタミンや、カルシウム、マグネシウム等のミネラルの他に、大豆に多く含まれている事で知られているイソフラボンも含まれています。

欧米ではサラダに、中東ではフムスというディップにして、東南アジアでは甘く煮てデザートのトッピングにと、幅広く使われていますよね。

↓以前、海外のお豆料理として番組で紹介して、私が作った「トルコのフムス」

500_45091786

↓こちらは、先日、高田馬場にあるミャンマー料理屋さんに行った際に食べたヒヨコ豆「トーフジョー」(ヒヨコ豆で作ったお豆腐を揚げたもの)です。
外はカリっと、中はとろりとして、濃厚で香ばしいヒヨコ豆の味が凝縮されていて、何とも絶品でした!!

Img_4276

是非、ヒヨコ豆を色んな食べ方で召し上がってみてくださいね。

鎌倉まめやさんでは、珍しい煎りヒヨコ豆が販売されています(置いていない店舗もあります)。

Dscf1853

カリっと軽い歯触りで、お味はしっかりヒヨコ豆の風味が楽しめます。

Dscf1847

是非、お試しください♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年9月 2日 (土)

9月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、鎌倉まめや小町通り店にお邪魔しました。

Dscf1778

寺崎成枝さんに今月のオススメをお伺いします♪

Dscf1794_2

まず、9月のお豆さん「葡萄豆」です。

Dscf1804_3

紫色が巨峰豆、黄緑色がマスカット豆で、巨峰豆は深い香りと濃厚な甘み、マスカットは爽やかな香りにすっきりした甘みがあります。

Dscf1799_2

月替わりのお豆で一番人気なのだそうですよ。

果物の葡萄と同じ様に冷やして食べるのがイチ押しです。

そして、その巨峰豆も入っているアソートセットがこちら「月の豆 S」

Dscf1782_3

そら豆カレー・葡萄・いろどり・マヨネーズ・レモンティーの5種類が2個ずつ合計10個、兎さんの友禅紙が掛けられた袋に入っています。

今月は18日(月祝)が敬老の日という事で、おじいちゃま・おばあちゃまへのプレゼントにもぴったりなのがこちら「豆菓子詰め合わせ 寿」

Dscf1835_4

そらまめカレー・葡萄・塩豆・マヨネーズ・抹茶・味噌・小町豆の7種類が3個ずつ合計21個が、和柄の麻の葉文様の巾着の中に入っていて、色のバリエーションは赤系と青系、緑系の3種類があります

そして、イタリアンなお豆さん「マルゲリータ」も人気上昇中です。

Dscf1790_3

ピーナッツを包む衣にモッツァレラチーズをまぶして、トマトパウダーとバジルで味付けされているので、小腹が空いた時にも、お酒のおつまみにもよく合います。

Dscf1802_3

つい先日まで残暑が厳しかったのに、ここ数日はめっきり涼しくなって、濃厚なお味が恋しくなってくる時季ですね。

来月には十五夜お月見様も控えているので、まん丸なお豆さんをいただきながら、お月見しましょ♪

Dscf1784_4

季節限定の「豆の彩 月」は、新しく制作した月見兎の包装紙の箱の中に、レモンティ・マヨネーズ・小町豆・葡萄・いろどり豆・青さわさび・そら豆カレー・カマンベール黒胡椒の8種類が4個ずつ、合計32個入っています。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************