fyb_switch_to_sp_js

« みんなの「まめタリアーナレシピ」 | メイン | 新春1月のお豆さん »

2015年12月26日 (土)

【海外のお正月のお豆料理】

こんにちは! 食育レポーター影山のぞみです。

クリスマスが過ぎて、鎌倉の街も鎌倉まめやさんの店内もお正月仕様へと模様替えとなっています。

P1070313

御自宅でも、お正月の準備を始めていらっしゃるのではないでしょうか。
日本のお正月お節料理には黒豆が欠かせませんが、来年は海外のお正月のお豆料理にも注目してみませんか?

Dsc_0365

まずはアメリカです。
アメリカの南部では、【黒目豆】、英語ではブラックアイドピーと呼ばれるお豆をお米と一緒に炊いた「ホッピン・ジョン(Hoppin' John)」と呼ばれるお正月料理があります。

P1070250
ササゲの一種であるこの黒目豆(パンダ豆)は、表面が白っぽいクリーム色をして、おへその部分に黒い模様が付いているのが特徴で、コインを象徴する事から、新年に食べると幸運が訪れると言われていて、縁起がいいとされているそうです。

Dsc_0280

黒目豆ご飯と一緒に炊くので、お赤飯みたいな感じでもあるんですが、使われる豆の量はお米よりもたっぷりで、家庭によっては、汁けが多目のスープの様な仕上がりにもなるようです。

Dsc_0316_2

↑作ってみた所、黒目豆のコリコリっとした食感が楽しいご飯になりました。



そして、イタリアでは、大晦日から新年にかけていただく「コテキーノ(伊cotechino)」「ザンポーネ(伊zampone)」というお料理があります。
コテキーノは豚の腸にひき肉を詰めたソーセージで、ザンポーネは豚足にひき肉を詰めたもので、プリプリっとした食感が堪らないのです!
ここで、重要なのは、このコテキーノとザンポーネには、必ずレンズ豆が添えられるという事。

Dsc_0342

↑コテキーノはイタリア食材店に置いてある事がありますが、手に入らない場合は、ソーセージで代用しましょ♪

Attachment00

日本では平豆とも呼ばれるレンズ豆ですが、昔からイタリアでは、レンズ豆「福をよぶ」という事と「お金」を意味する事から大晦日から新年にかけて食べるとお金持ちになれるという言い伝えがあり、縁起のよい食べ物とされています。
ジューシーな肉料理のコテキーノザンポーネには、トマト缶とコンソメで煮たレンズ豆がとってもよく合うのですよ。

こうやって、日本以外の国でも、お豆は伝統的に食べられてきていて、縁起のいいものとされているのですね。
来年は、海外のお豆料理も紹介していきたいと思います。
 
それでは、良いお年をお迎えくださいね☆彡

Attachment00_284.7NAVI Vol.06 WINTER 2015-2016のP.24の鎌倉まめやさんの広告ページにちょこっと掲載していただいています^^

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ♪

*****************************************************************************

コメント

海外にも、いろいろな、お豆があるんですね。
コテキーノとザンポーネ、おいしそうですね。

ハマのヒットマンさん、ありがとうございますdiamond
お豆と言うと日本的な食べ物という印象がありますが、実は海外でも昔から親しまれてきたのですよねrestaurant
これから海外のお豆料理も色んな種類を御紹介していきますよ♪

コメントを投稿