fyb_switch_to_sp_js

2017年7月15日 (土)

「枝豆真薯」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした枝豆を使った真薯を御紹介しました。

Dsc_0345

真薯(しんじょ)とは、白身魚のすり身や海老のすり身等に、山芋や卵白、具を加えて、蒸す又は揚げたもので、和食のお吸い物の中に入っていたり、あんかけにして食べたりします。

ここでは、すり身や山芋・卵白を用意して混ぜる手間を省く為に、市販の白いはんぺん(材料:白身魚のすり身、山芋、卵白等)を使って、そこに枝豆と、色合い・食感のアクセントに海老を加えてみましょう♪




「枝豆しんじょ」

Dsc_0316材料(4人分): 
枝豆 100g
はんぺん 1パック(100g)
海老 4尾
片栗粉 大さじ1
[生姜あん]…お好みで
生姜の搾り汁 小さじ1
水 100ml
白だし 大さじ1
片栗粉 小さじ1 

作り方:
1)枝豆を茹でて鞘から出す。

P1390042

2)海老は食感が残る程度に刻んでおく。

P1390080 3)はんぺんをビニール袋に入れて、袋の上からよくすり潰す。

P1390077 4)3に1と2、片栗粉(大さじ1)を入れて混ぜ合わせる。

P1390084 5)ラップで1口大にして丸く茶巾包にする。

P1390087

6)レンジで1~2分程度加熱する。

P1390096

7)[生姜あん]の材料を鍋に入れて混ぜてから火にかけ、とろみが付いたら火を止める。

P13900918)6に7をかけて出来上がり♪

Dsc_0378*レンジの代わりに蒸し器で蒸したり、揚げたりしても一味違った味わいになります。
*冷やしても美味しくいただけます。


鎌倉まめや長谷本店相原日登美さんに召し上がっていただきました。

Dscf9590_2

「ふわふわしてます。はんぺんを使うんですか?! 簡単ですね。枝豆はちゃんと食感があって、海老はプリプリでいいですね!」

Dscf9586_2 相原さん、ありがとうございました♪

来週は、枝豆の和スイーツを紹介します。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月 8日 (土)

枝豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、枝豆について御紹介しました。

Dsc_0089

これから夏によく食べるお豆と言えば、やっぱり枝豆ですよね。
大人の方はお酒のおつまみに欠かせないのはもちろんなのですが、子ども達も大好きで、私が普段、食育授業をしていて、子ども達に好きな野菜を尋ねると、枝豆は必ずあがります。

Dscf9492

「お豆の中で一番好き!」
「茹でてお塩をかけて食べると美味しいんだよ」
「だってパパがいつもビールと一緒に食べてるから、僕ももらうんだ」

と聞かせてくれます。

そんな枝豆は、鎌倉でも今、を迎えています。

Dscf9792

向日葵も並ぶ鎌倉市農協連即売所を覗くと… 枝付きの枝豆が♪

Dscf9795

枝無しの枝豆に比べて、枝付き・葉付きであれば、茎に養分や水分が残されているので、収穫後の枝豆は茎の養分・水分を吸収し、鮮度は保たれるので、おススメですよ。 

Dscf9789

そんな今が枝豆なのですが、最近では海外でも枝豆が大人気だという事を御存知でしたか? 

元々、アメリカやヨーロッパでは、枝豆が完熟した状態の大豆を作っている国はあるものの、それを未熟な状態の枝豆で食べる文化はありませんでした。
それが、ここ最近の健康志向や日本食ブームにより、枝豆が注目されて、スーパーなんかでも「EDAMAME」とローマ字で書かれて販売される様になっているのですね。

Dsc_0097

その理由として、まずは、健康的な食べ物である事です。
タンパク質を多く含み、豊富なビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのを促す作用があるので、スタミナ不足の解消や疲労回復に効果があるとされています。
注目したい栄養素のメチオニンには、ビタミンB1やビタミンCと一緒になってアルコールの分解を促し、肝機能を守る働きがあると言われているので、おつまみには最適ですよね。

P1390042

そして、枝豆は茹でるだけで簡単に美味しく食べられるというのも、魅力の一つです。
海外の日本食レストランで枝豆が定番メニューになったり、スポーツ観戦の会場でも販売されるようになったりというのも、調理が簡単である事が人気に一役買っています。

Dscf9540

枝豆は、日本はもちろん、海外でも子どもから大人までみんなが大好きなお豆なのでした。

Dscf9602

鎌倉まめやさんでは、子どもから大人までみんなが大好きなお豆さんが揃っていますよ~♪


鎌倉では、7月に入っても梅雨明けまでは紫陽花を愛でられます。

Dscf9641

紫陽花で有名な明月院に行ってきました。
さすが、紫陽花寺とも言われている明月院、観光客で賑わっていました。

6

明月院と言えば、青系の紫陽花がとても美しく、シャルトルブルーならぬ明月院ブルーと言われています。

Dscf9654

お地蔵様の前掛けもブルーで統一されていて、とても粋ですね。

Dscf9658

其処彼処にブルーの紫陽花が設えられています。

Dscf9662

鎌倉はやはり紫陽花の季節が似合うなと改めて感じました。

Dscf9660梅雨が明ける前に、是非、紫陽花散策にお出掛けくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年7月 1日 (土)

7月のお豆さん 

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、鎌倉まめや小町通り店にお邪魔したのですが、七夕飾りでいつもより華やかになった小町通りは、観光客の方々でいつもより更に賑わっていました。

Dscf9553

南しのぶさんに今月のオススメを教えていただきましょう!

Dscf9577

7月のお豆さん「マンゴーミルク豆」です。

Mango1_2

フレッシュなマンゴーの味わいにココナッツミルクが効いていて、トロピカルフレーバーとなっています。

そして、とても涼やかな色合いのこちらのお豆さんは、「ソーダ豆」

Dscf9565

水色がソーダ味、白がヨーグルト味ですっきり爽やかなミックス豆です。

これから暑くなる季節には、辛い物が食べたくなりますが、そんな時にはこちら、「グリーンカレー」がイチオシ!

Dscf9610

スパイスの効いたグリーンカレーには、生姜や唐辛子、ニンニクが良いアクセントになっていて、ココナッツミルクの甘みが味をまとめてくれています。

鎌倉まめやさんのお夏らしいお豆を食べて、一足早く、夏を感じてみてくださいね。


鎌倉ではまだまだ紫陽花が見頃です。

Dscf9718

北鎌倉の円覚寺では、青系、ピンク系、白系等、色んな色や種類の紫陽花が植わっていました。

Dscf9706

じめじめした陽気が続いていますが、紫陽花にとっては恵みの雨、雨が降ると紫陽花が生き生きと輝きます。

Dscf9731

これからの季節、鎌倉では夏のイベントが目白押しで、今日7月1日(土)は材木座海水浴場で海開き式が行われました。

鶴岡八幡宮では、一芸が上達する様に祈る七夕まつりが7月7日(金)に開催され、今日から7月7日(金)までは七夕飾りが飾られます。

Dscf9524

7月19日(水)の夜19:20~20:10には由比ヶ浜海岸・材木座海岸で鎌倉花火大会も開催予定です。

夏が待ち遠しいですね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月24日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0416

まずは茅ヶ崎市のラジオネーム・なぴさんからのまめタリアーナレシピです。

なぴさんは栄養士さんなのですが、職場の給食で子ども達に人気のお豆料理は定番の「大豆の揚げ煮」だそうです。
(私も小中学校の時に給食で食べた大豆の揚げ煮、大好きでしたよ!)
そんななぴさんのおすすめは「ひよこ豆」の入ったサラダで、乾煎りしたじゃこ、生姜の絞り汁を使って作るしょうゆベースのドレッシングがお豆にもぴったりです、とのメッセージでした♪




「ひよこ豆のサラダ」

Dsc_0443

材料(4人分):
ひよこ豆(水煮缶) 小1缶 
キャベツ 2枚
人参 1/2本
キュウリ 1本
ちりめんじゃこ 適量
生姜 1片
醤油 大さじ1
お酢 小さじ1
胡麻油 小さじ1/2
・・・(私が試作した時の分量です)

1)キャベツは1口大に、人参は千切りに、キュウリは半月切りにする。
*学校給食で提供する際には、衛生面から野菜は加熱処理をして提供されています。

P1390101

2)生姜をおろして、搾り汁とに分ける。

P1390103

3)2に醤油、胡麻油、お酢を加えて混ぜる。

P1390106

4)1とひよこ豆をボウルかビニール袋に入れ、3をかけてよく混ぜ合わせる。

P1390108

5)ちりめんじゃこを乾煎りする。

P1390122

6)器に3を盛り、4をかけたら出来上がり♪

Dsc_0454

ひよこ豆に生姜の風味が効いて、とてもさっぱり香味よくいただけるので、これからの季節、食欲がそそられて食べやすいですよ。
柔らかなひよこ豆とカリカリとしたじゃこの食感の違いもまた良かったです。
なぴさんは食育活動をされていらして、なぴさんが作詞した「ほめほめぷれいず」という素敵な食育ソングも教えてくれたのですが、‘食を通して沢山の人が幸せになってくれたら嬉しい、というなぴさんの気持ちが伝わってきました。
応援しています!

なぴさん、ありがとうございました♪



続いて、市原市ネバ子さんからのまめタリアーナレシピです。

ネバ子さんがおススメしてくださったのは、納豆の天ぷら!
ネバ子さん宅で定番のメニューだそうで、お豆も野菜もバランスよくとれて一石二鳥ですよ、というメッセージでした♪



「納豆の天ぷら」

Dsc_0474

材料(2個分):
納豆 1パック

ネギ 適量
強力粉(又は薄力粉) 大さじ4
水 大さじ2
揚げ油 適量

・・・(私が試作した時の分量です)

1)ボールに納豆とみじん切りにしたネギを混ぜ合わせます。

P1390111

2)更に強力粉を水で溶いたものを混ぜ合わせる

P1390113

3)お玉に適量すくい、180度の油でこんがり揚げます。

P1390118

4)納豆に付いている添付のタレとからしをつけて召し上がれ

Dsc_0386

納豆の天ぷらは、今まで作った事がなかったので、どんな感じになるのか想像がつかなかったのですが、いただいてみると、衣はサクッとした食感に揚がり、納豆の香りと粘りも良かったです。
納豆のタレとからしがやっぱりよく合いますね!
天ぷらメニューの新定番にしたいです。

ネバ子さん、いつもありがとうございます♪

なぴさネバ子さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dscf1833

江ノ電では、電車の行き先表示部分に紫陽花の絵が表示されていたり、構内にも紫陽花の鉢植えの飾りがあったりするので、電車に乗る前から紫陽花の季節を楽しめます。

Dscf9544鎌倉の至る所で咲き誇る紫陽花を見にいらしてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月17日 (土)

「クリスピーサヤインゲン」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話ししたサヤインゲンを使ったフリッターのクリスピーサヤインゲンを御紹介しました。

Dsc_0915

旬のサヤインゲンをサクサクっとした衣を纏わせて揚げるだけ。
お好みでお塩やスパイス等を付けて召し上がれ。
明日は父の日ですので、お父さんのおつまみにいかがでしょうか♪



「クリスピーサヤインゲン」

Dsc_0927

材料(4人分): 
サヤインゲン 200g
薄力粉 大さじ4

水 大さじ4弱
パン粉 適量

塩 適量
パセリ 適量
ブラックペッパー・カレー粉・パプリカ粉等 お好みで

作り方:
1)(省いてもOKです)サヤインゲンは塩をまぶして板ずりし、さっとすすいで水気を拭いておく。

P1390007

2)バット等に、薄力粉と水をよく混ぜてペースト状にし、サヤインゲンに付ける。

P1390009

3)パン粉はビニール袋に入れて、よく揉み込む様にして、細かくする。

P1390015

*お好みで、パセリ(乾燥したものでも、生のものを刻んだものでも)を加える。

P1390018

4)フライパンに薄めに油を入れ、熱した所に、3の衣を付けた2を入れて揚げる。

P1390023

5)塩やブラックペッパー・カレー粉・パプリカ粉等を添えて出来上がり♪

Dsc_1016

*1をする事でサヤインゲンの産毛が取れ、2で馴染みがよくなります。
*5はお好みで、粉チーズやタルタルソース・オーロラソースをディップしても良いですね。


鎌倉まめや長谷本店上野恭子さんに召し上がっていただきました。

Dscf1867

「スナック的な感じですね。ビールにとても合いそうです。マヨネーズとか、醤油マヨ、辛子醤油マヨ、柚子胡椒マヨなんかを付けても美味しそうです!」

Dscf1871

上野さん、ありがとうございました♪

Dscf2046

鎌倉では、紫陽花が見頃を迎えています。

Dscf2051

これから雨の日が多くなってくるかと思いますが、しっとりとした情緒を楽しめますよ♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月10日 (土)

サヤインゲンの『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、サヤインゲンについて御紹介しました。
今が旬のお豆・サヤインゲンですが、インゲン豆の若いサヤを食用にしたものが、サヤインゲンで、細長いサヤとキュッキュッとした歯応えが特徴的ですよね。

Dsc_0841

原産地は中南米で、コロンブスの新大陸発見によってヨーロッパに伝えられ、日本へは江戸時代に隠元という名前の僧侶によって伝えられた事からこの名前が付いたと言われています。
始めは、サヤの中の完熟したお豆だけを食べていたそうなのですが、今ではお豆になる前の若いサヤの状態でも食べられるようになりました。

そんなサヤインゲンは、1年に3度収穫が出来る事から、地方によって「三度豆」とか「四季豆」とも呼ばれています。
今週、お知り合いの農家さんの畑にお邪魔して、サヤインゲンが育っている所を見せていただきました。

Img_0084

サヤインゲンにはツルが長く上に伸びるタイプのサヤインゲンと、ツルが伸びず、膝下程度の高さで育つツル無しインゲンがあります。

Img_0121

こちらの畑では、ツルが伸びるタイプで、支柱を立てて栽培していました。

Img_0089

白い小さなお花が咲いた後に、細長くサヤインゲンが伸びています。

Img_0063

実はサヤインゲンは、緑黄色野菜であるのを御存知でしたか?

Dsc_0874

免疫力を高めるβカロテンが豊富で、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるので、これから強い日差しが続く夏を目前に、しっかり取り入れておきたいですよね。
他にも食物繊維やカリウム、疲労回復に効果があると言われているアスパラギン酸も多く含んでいます。

Dscf1886

ちょうど今、鎌倉の直売所でも、サヤインゲンが並んでいて、一般的な緑色のものから、紫色のサヤインゲンも売っていました。

1_2

この紫インゲンは、茹でると紫色が落ちて濃い緑色になります。

2
紫色を残したい時には短時間でさっと加熱するのがポイントですよ。
ただ、まだあまり栽培されていない為、スーパーではなかなか見かける事が出来ませんので、直売所を覗いてみてくださいね。

これから9月頃まで美味しくいただけるサヤインゲンを茹でたり炒めたり煮たりして、是非、召し上がっていただけたらと思います。

Photo_2

↑以前、海外のお豆料理として紹介した「中国の干煸四季豆」

来週はサヤインゲンを使ったお料理を紹介します♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年6月 3日 (土)

6月のお豆さん 

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、鎌倉まめや長谷本店にお邪魔して、上野恭子さんに今月のオススメをお伺いしました。

Dscf1878

6月のお豆さん「ピンクのグレープフルーツ豆」

Image1

カリッといただいてみると、ピンクのグレープフルーツのフレッシュな香りと、ほろ苦さがある甘酸っぱさです。

Photo_9

そして、紫陽花の友禅紙が美しいこちらのアソートセット「季節の豆菓子セット あじさい」は、ソーダ・ブルーベリー・フランボワーズ・ゆず胡椒+ちびっこサラダ・いろどり豆が各2個、合計10個入りで、豆菓子を紫陽花に見立てた紫陽花カラーのセットになっています。

Image2

「季節の豆菓子セット あじさいL」には、ソーダ・ブルーベリー・フランボワーズ・ゆず胡椒+ちびっこサラダ・いろどり・そら豆カレー・青さわさびの各3個合計21個が、紫陽花をイメージした巾着袋に入っています。

鎌倉を歩くと、毎回、華やかな着物(鎌倉でレンタル・着付けしたもの)を着た女性をよく見かけるのですが、この巾着を持って紫陽花散策していたらきっと素敵♪ 

Image3

写真右の豆菓子詰め合わせ「豆の彩」には、マヨネーズ・ブルーベリー・フランボワーズ・ゆず胡椒+ちびっこサラダ・カマンベール黒胡椒・そら豆カレー・青さわさび・ソーダ豆の8種類が4個ずつ合計32個が、紫陽花柄のお箱に入っています。

再来週6月18日(日)は父の日ですので、お父さんへのプレゼントにも喜ばれますね♪

辛党のお父様にイチオシなのが、「いか・わさび・マヨネーズ」です。

Dscf1856

みんなが大好きないかマヨネーズ豆にピリッとしたわさびが効いていて、これまたお酒のおつまみにもなりますし、おやつとして食べてもあっという間に一袋無くなってしまう程、やみつきになってしまう可能性大ですよ!

鎌倉まめや長谷本店では、これから紫陽花シーズンと言う事で、店内のディスプレイもしっとりとした紫陽花仕様に移り変わっています。

Image

鎌倉の紫陽花も色付き始めていますので、今月は是非、紫陽花散策をしに鎌倉へお越しくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年5月27日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0004

まずは西東京市まころんさんからのまめタリアーナレシピです。

まころんさんのお家ではいつも黒豆を茹でて常備しているそうで、黒豆レシピを教えてくださいました。
簡単で、しかも彩りが鮮やか、そして、美味しいそうで、手軽にお豆を摂る事が出来るとの事で、黒豆以外の野菜は何でもOKですとのメッセージです♪




「黒豆サラダ」

Dsc_1033

材料(2人分):
黒豆 一つかみ分(水煮なら60g程度)
ブロッコリー 1/2房
スナップエンドウ 8本
プチトマト 4個
カラーピーマン(パプリカ) 適量
胡麻ドレッシング 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)味付けなしで黒豆を煮る。

P1390032

2)ブロッコリーとスナップエンドウを茹でる。

P1390037

P1390035

3)プチトマトを半分に切り、カラーピーマンも切ったら、ブロッコリーとスナップエンドウ、プチトマト、カラーピーマンを盛り付けて、最後に黒豆をのせて、胡麻ドレッシングをかけたら出来上がり♪

Dsc_0065_2

(↑プチトマトを飾り忘れてしまいましたm(_ _)m)

元気が出てくる様な色合いのサラダが出来ました。
まころんさんが番組宛に送ってくださったお料理のお写真も、黒豆の黒と緑の野菜、そして、トマトの赤、カラーピーマンの黄色がとてもビビットで綺麗でしたよ。
一緒に添える野菜やドレッシングでお好みにアレンジも出来ますね。

まころんさん、ありがとうございました♪



続いて、横須賀市ぷにさんからのまめタリアーナレシピです。

「カレーなどの付け合せにぴったりです」という、ぷにさんがおすすめしてくださったレシピはこちら!



「ミックスビーンズのスパイシー和え」

Dsc_1070

材料(2人分):
ミックスビーンズ 1缶

オリーブオイル 大さじ1
バルサミコ酢 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
塩  少々
ブラックペッパー 少々
・・・(ぷにさんが教えてくださった分量です)

1)全ての材料を混ぜ合わせたら出来上がり♪

P1390028

と~っても簡単&あっという間に完成!
ぷにさんもお料理のお写真を送ってくれたんですが、小鉢に入れて、カレーの横に添えてあり、私もカレーと一緒に美味しくいただきました。
ガラムマサラは複数のスパイス(ナツメグ、クローブ、シナモン、クミン等)をミックスしたものなのですが、お家にない場合には、お家にあるスパイスやカレー粉で代用してもOKですし、買っておくと、カレーやスープ、ドレッシングの隠し味に仕えて便利ですよ。

Dsc_1093

ぷにさん、ありがとうございました♪

まころんぷにさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

今日の放送は鎌倉の段葛からお届けしました。

Dscf1336

ツツジが見事に咲いていました。

Dscf1341_2

次はそろそろ紫陽花の出番と言う事で、待ち遠しいですね♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年5月20日 (土)

「2種類のグリーンピースカナッペ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話ししたグリーンピースを使った2種類のカナッペを御紹介しました。

Dsc_0670

パサつきがちなグリーンピースをしっとりと、しょっぱい味と甘い味で召し上がってもらえる様に考えてみました。

ペーストを沢山作っておけば、しょっぱい方はポタージュやパスタに、甘い方は白玉やお餅、アイスに添えて、アレンジも楽しめます♪





「2種類のグリーンピースカナッペ」

Dsc_0664

材料(2人分): 
グリーンピース 100g
クリームチーズ 20g
塩胡椒(ブラックペッパー) 適量
蜂蜜 10g
バター 10g
クラッカー 適量

作り方:
1)グリーンピースを茹でる。

P1380945

2)ザルで濾す。

P1380950

3)半分には、角切りにしたクリームチーズと塩胡椒を和える。

P1380957

4)もう半分には蜂蜜とバターを混ぜる。

P1380952

5)それぞれクラッカーにのせたら出来上がり

Dsc_0686

*お好みで生クリームを加えると、よりリッチな味わいに。
*仕上げに、しょっぱい方はブラックペッパーを、甘い方にはグリーンピースの粒をのせると見栄えが良いですね。


鎌倉まめや長谷本店秀島さつきさんに召し上がっていただきました。

Dscf1316

「こんなに綺麗な緑色になっちゃうのですね! 季節感があって良いです。しょっぱいの、合いますねぇ。やる気になれば、すぐに作れるのも嬉しいです。甘い方はずんだみたい! お団子のあんこ代わりにしてもいいですね」

Dscf1314_2

秀島さん、ありがとうございました♪

Dscf1325 鎌倉まめや長谷本店では、爽やかな風やみずみずしい草花を感じられる設えと多種のお豆さんで皆様をお待ちしております。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年5月13日 (土)

グリーンピースの『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、グリーンピースについて御紹介しました。

この春の終わりから初夏にかけて旬を迎えるのが、グリーンピースです。
3月にお豆のチカラで紹介した三月豆エンドウ豆の一種で、緑色の鞘に入った未熟なお豆を食べるので、実エンドウとか、青エンドウとも呼ばれています。

Dsc_0609

また、関西ではグリーンピースの仲間で「紀州ウスイ」とも言われる「ウスイエンドウ」が多く出回り、卵とじや豆ごはんにして食べられていて、皮が薄く、繊細な甘みがあります。
その「ウスイエンドウ」の収穫量日本一を誇る和歌山県で制定されたのが、先週、5月4日の「うすいえんどうの日」なのです。
この時期が、収穫期のピークであり、5月4日の「みどりの日」を、うすいえんどうの緑と重ね合わせて制定されました。

Dsc_0715

そんなグリーンピースは、その名前の通り、お豆の色が鮮やかな緑色をしているので、焼売や炊き込みご飯、カツ丼等の彩りに使われる事も多いですよね。

私は子どもの頃、この時季になると、祖父が畑で育てたグリーンピースを、鞘から出すのを一緒に手伝って、グリーンピースご飯を作ってもらったのを思い出します。
あのお豆の青い香りとちょっとしょっぱいご飯がとっても合うのですよね。

Dscf1580

↑グリーンピースのお花は、白や赤紫色の蝶型をしています。↓

Attachment00_2

グリーンピースには、糖質とタンパク質や、ビタミン・ミネラルもバランスよく含でいる上に、ビタミンB1を多く含んでいるので、糖質からエネルギーを効率よく作り出してくれるとされています。
ですから、ご飯との組み合わせは理にかなっていると言えますね。

でも、その香りや食感から、苦手な方もいるので、来週の番組では、しっとりといただける2種類の風味のグリーンピースレシピを紹介します。

Dsc_0633

鎌倉まめやさんでもグリーンピース(エンドウ豆)が使われているお菓子はないかしらと思い、お店のスタッフさんに伺ってみた所、ありました♪

ソフト塩豆」です!

Dscf1328

少し潰した形になっていて、周りは塩味でコーティング、中は黄緑色のお豆が見えますね。

サクッと柔らかな食感で、さっぱりとした塩味がお豆の風味を引き立てています。

Dscf1330

鎌倉まめやさんのお菓子でも、生のフレッシュなグリーンピースもこの旬の時季に召し上がってみてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************