fyb_switch_to_sp_js

2017年8月19日 (土)

「赤エンドウ豆とずんだのフルーツあんみつ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした赤エンドウ豆を使ったあんみつを御紹介しました。

Dsc_0129

いつものあんみつでは、赤エンドウ豆は脇役でほんの少ししか入っていませんが、今回は赤エンドウ豆をたっぷり加え、季節のお豆・枝豆の餡と小豆餡のW餡と一緒にいただきます。

夏のフルーツが美味しい時期なので、旬の果物も添えて召し上がれ♪



「赤エンドウ豆とずんだのフルーツあんみつ」

Dsc_0145

材料(2人分): 
赤エンドウ豆(乾燥) 100g
砂糖 50g 

枝豆 200g
砂糖 50g

小豆餡 大さじ2
寒天 適量
黒蜜 適量
お好みのフルーツ(桃、プラム) 適量

作り方:
1)【赤エンドウ豆の蜜煮】を作る。
赤エンドウ豆を水洗いして、たっぷりの水に一晩漬けておく。

P1390132

赤エンドウ豆を柔らかくなるまで煮る(圧力鍋なら圧がかかってから弱火で10分程度加熱する)。

P1390138
砂糖を加えて煮絡め、冷ましておく。

P13901402)【ずんだ】を作る。
枝豆を茹でて鞘から出し、薄皮を剥く。

P1390135ザルで濾すか、フードプロセッサーにかける。

P1390142

砂糖を加えて混ぜる。

P1390144

3)器に、寒天を入れ、ずんだと小豆餡を盛り、赤エンドウ豆をたっぷり散らす。切ったフルーツを飾り、黒蜜をかけたら出来上がり♪

Dsc_0166

鎌倉まめや長谷本店米谷さんに召し上がっていただきました。

Dscf0389 「ずんだが綺麗な色ですね。最初はワサビかと思ってビックリしちゃいました。すんだと小豆餡も甘すぎない感じでいいです。赤エンドウ豆は今まで入っていても気付いていなかったかもしれません。美味しいですね」

Dscf0390

米谷さん、ありがとうございました♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年8月12日 (土)

赤エンドウ豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、赤エンドウ豆について御紹介しました。

暑い日が続くこの季節には、さっぱりした冷たいスイーツを食べたくなりますよね。
鎌倉らしく和のスイーツで、そこにお豆が入っているものと言えば、あんみつではないでしょうか? 

Img_1102あんこの小豆はもちろんですが、あんみつに欠かせないあの赤エンドウ豆について、今日はフォーカスします。

赤エンドウ豆
と言うと、あんみつの他に、お豆たっぷりの蜜豆や、寒天と混ぜて黒蜜をかけた豆かん、豆大福にも使われていますね。

Dsc_0068

他にも、赤エンドウ豆で作られた干菓子の落雁があるのを御存知でしょうか?
赤エンドウ豆の粉とお砂糖などを練り上げて、型にはめて乾燥させたお菓子です。
一般的な落雁は、お米などから作った澱粉の粉に水飴や砂糖を混ぜて色を付けているのですが、長野県では、赤エンドウ豆の粉を使っているものがあります。

Dsc_0083 栗の生産が昔から盛んな長野県小布施では、もともと栗の粉を使って落雁を作っていたものの、色が変わりやすいのが難点でした。
そこで、栗の粉と風味が似ている赤エンドウ豆の粉を使った所、ほのかな栗の風味がする上質な味の落雁になったために、原料を栗から赤エンドウ豆に変更したそうです。

そんな赤エンドウ豆には、タンパク質や食物繊維が豊富に含まれていて、ビタミンB1やB2、そして、カルシウムなどのミネラルも含まれています。

Dsc_0189 赤エンドウ豆と言うと、あんみつの脇役であったり、落雁の隠れた主原料であったりして、あまり目立たないお豆ですが、この夏は、ちょっと意識して食べてみると、その美味しさを再発見出来るかもしれませんね。

鎌倉まめやさんでは、夏にぴったりなお豆はもちろん、涼しい演出で皆様をお待ちしています。

Dscf0399

例えば、長谷本店では、ショーケースの中の夏の小物達や、出入り口で出迎える夏らしい朝顔の手拭い、そして、軒先に置かれた打ち水用のブリキ製バケツ等があり、とても涼やか♪

Dscf0404 バケツの中には可愛いアヒルちゃんがいます(1匹は鎌倉まめやさんカラーの紫の花飾りを着けていますよ)。

Dscf0410

夏休みには、鎌倉まめやさんに是非、お越しくださいね!

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年8月 5日 (土)

8月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

8月に入り、夏も本番ですね。

Dscf0371

今日は、向日葵と貝殻の装飾が夏らしい鎌倉まめやCIAL鎌倉店にお邪魔して、大竹ちづるさんに今月のオススメをお伺いしました。

Dscf0378

8月のお豆さん「ライチ」です。

Dscf0375

ライチの華やかな香りがお口いっぱいに広がり、さっぱりとした甘味と酸味で、夏に合います。

Dscf0357

この時期は、冷蔵庫で冷やして食べるのがオススメですよ。

そして、色々なお豆さんが入ったアソートセット「夏の豆」

Dscf0342

友禅紙には団扇や花火、朝顔等が描かれていて、日本の夏の風景を思わせます。

「そら豆カレー」「ゆず胡椒豆&あられ」 「ソーダ豆」「マヨネーズ」「カマンベール黒胡椒」 それぞれ各2個計10個入り。

Dscf0414

もう1サイズ大きい「夏の豆 L」には、「そら豆カレー」「ゆず胡椒&あられ」 「ソーダ豆」「マヨネーズ」「カマンベール黒胡椒」 「ソフト塩豆」「青さわさび」それぞれ各3個計21個が上品な黒い籠に入っています。

Dscf0340

お盆の帰省土産にも喜ばれますね♪

そして、この夏、新発売の商品は「トムヤンクンパクチーピー」です!

Dscf0361

タイの代表的なすっぱ辛いスープ・トムヤムクン味が程よくして、唐辛子は優しい辛みとなっているので、食べやすいですよ。

くしゃっと潰れたその割れ目にはちょうどパクチーが入っているので、ほのかにパクチーが香ります。

Dscf0364

私はトムヤンクンもパクチーも大好きなので、このお豆さんは堪りません!

即買いでした^^

鎌倉まめやさんで、是非、チェックしてくださいね。

Dscf0444

紫陽花の次は、お釈迦様の花・蓮。

光明寺や鶴岡八幡宮の蓮の花を眺めながら、ほっと一休み、しませんか♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月29日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」


こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Img_0936

まずは横須賀市ののラジオネーム・どなこさんからのまめタリアーナレシピです。

どなこさんは、お母様が育てた絹サヤと頂いた茄子を使ったお料理を教えてくださいました。
「ピーマンの苦手な方やピーマンの代わりの彩りに」と言う事で、ピーマンと茄子の味噌炒めでは、ピーマンの苦手な方にはなかなか召し上がってもらえない事もあるかもしれませんが、これなら気にせずに食べてもらえますよね♪




「絹サヤ入り茄子の味噌炒め」

Img_0903

材料(3~4人分):
絹サヤ 適量
茄子 1~2本
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
鰹節 少々
胡麻油 適量

・・・(どなこさんが教えてくださった分量です)

1)ナスは二等分くらいでカット、幅は1㎝位の細切りにします。
絹サヤは筋を取って、沸騰したお湯に塩少々を入れてサッと茹でます。

Dscf0453 2)熱したフライパンに胡麻油を入れ、茄子を炒める。

Dscf0458 3)しんなりしてきたら、味噌と砂糖とみりんを混ぜ合わせて入れる。

Dscf0460

4)インゲン豆を加えて混ぜ合わせる。

Dscf0462 5)お皿に盛り、鰹節をかけたら、出来上がり♪

Img_0908

絹サヤは別に茹でているので、緑が綺麗なままで、食感もシャキっとしていました。
茄子は柔らか~く、胡麻油の香ばしさと甘味噌の味を吸っているので、ご飯によく合います。
どなこさんは、以前、紹介した「三月豆のしらすのアヒージョ」をスナップエンドウで作って、美味しそうなお写真も送ってくださいましたよ^^

どなこさん、ありがとうございました♪



続いて、杉並区太原さんからのまめタリアーナレシピです。

太原さんは、鎌倉まめやさんのお菓子が大好きで、カレー味とショウガ味が特にお好きなのだそう♪
そんな太原さんは、御自宅でよく作るという簡単で美味しいお豆のスープを教えてくれました。




「お豆のスープ」

Img_0874

材料(作りやすい分量):
大豆缶 1缶
ミックスビーンズ缶 1缶
ひよこ豆 1缶
大根 1/4本
ジャガイモ 2個
キャベツ 4枚
ミニトマト 10個
肉類(ブロックベーコン、ソーセージ、牛塊肉等) 適量
水 1200ml
塩・胡椒 適量

・・・(私が試作した時の分量です)

1)野菜・肉類を柔らかくなるまで煮る。

Dscf0455 2)お豆を入れる。

Dscf0457 3)柔らかくなったら、塩コショウで味付けしたら出来上がり。

Dscf0464 4)余ったら翌日はそのスープにご飯をいれて、チーズを溶かせて、スープリゾットに。カレー粉入れても♪

Img_0877

色んなお野菜とお豆がたっぷり入っているので、食べ応えがあって満足感たっぷりです。
お野菜やお豆からよいお出汁が出ているので、ご飯とチーズを入れたリゾットも、美味しくいただけました。

太原
さん、ありがとうございました♪

どなこさん太原さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dscf0407鎌倉まめや長谷本店さんでは、明日30日(日)までみずたまてん(みずたまのモチーフが、鎌倉の商店街と街を彩るデザイン・アート企画)に参加しています。

期間中、鎌倉まめや長谷本店さんや「A」の文字が書かれたのれんのついているお店では、利用されたお客様に、みずたまてんうちわ(片面が水玉模様、もう片面がKATSUYA153さんの風景画のうちわ。数に限り有)がプレゼントされます。

Dscf0418 更に、みずたまてんのパンフレットを御提示の方には、水玉イメージの「ソーダ豆」が10%オフで御購入いただけます。

Dscf0416

デザインとアートのコラボレーションを見ながら鎌倉散歩、してみてくださいね♪ 

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月22日 (土)

「枝豆の水羊羹」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした枝豆を使った水羊羹を御紹介しました。

Dsc_0187

材料は4つで、枝豆とお水、粉寒天、お砂糖です。

暑い日にピッタリな、ひんやりつるんとした水羊羹に枝豆をぎゅぎゅっと詰めました。




「枝豆の水羊羹」

Dsc_0252材料(4~6人分): 
枝豆 400g(鞘から出した状態で150g)
水 350ml

粉寒天 2g
砂糖 70g

作り方:
1)枝豆を茹でて鞘から出す。

P13900482)薄皮を剥く。

P1390058

3)2と水150mlをミキサーにかける。

P1390059

P1390060

4)鍋に水200mlと粉寒天、砂糖を入れて火にかけ、しっかり溶かしたら、3を加えてよく混ぜる。

P1390065

P13900715)型に流し入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

P1390075
6)切り分けて出来上がり♪

Dsc_0148*型は牛乳パックを使うと、長方形に出来ます。流し入れる前に内側を水で濡らしておくと、型から取れやすいです。
*お好みで水の代わりに牛乳や生クリームを使うと洋風のスイーツになります。
*最後の飾りに枝豆をちょこんとのせると可愛らしく仕上がります。


鎌倉まめや長谷本店の店長さんの小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf9598「枝豆の味がガツンと来て、とても贅沢です! 薄皮まで取ってあるからこんなになめらかなんですね。優しさを感じます。塩味にしても良さそうですね。料亭で出される様なお料理がお家でも再現出来てしまうなんて嬉しいです」

Dscf9600小澤さん、ありがとうございました♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月15日 (土)

「枝豆真薯」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした枝豆を使った真薯を御紹介しました。

Dsc_0345

真薯(しんじょ)とは、白身魚のすり身や海老のすり身等に、山芋や卵白、具を加えて、蒸す又は揚げたもので、和食のお吸い物の中に入っていたり、あんかけにして食べたりします。

ここでは、すり身や山芋・卵白を用意して混ぜる手間を省く為に、市販の白いはんぺん(材料:白身魚のすり身、山芋、卵白等)を使って、そこに枝豆と、色合い・食感のアクセントに海老を加えてみましょう♪




「枝豆しんじょ」

Dsc_0316材料(4人分): 
枝豆 100g
はんぺん 1パック(100g)
海老 4尾
片栗粉 大さじ1
[生姜あん]…お好みで
生姜の搾り汁 小さじ1
水 100ml
白だし 大さじ1
片栗粉 小さじ1 

作り方:
1)枝豆を茹でて鞘から出す。

P1390042

2)海老は食感が残る程度に刻んでおく。

P1390080 3)はんぺんをビニール袋に入れて、袋の上からよくすり潰す。

P1390077 4)3に1と2、片栗粉(大さじ1)を入れて混ぜ合わせる。

P1390084 5)ラップで1口大にして丸く茶巾包にする。

P1390087

6)レンジで1~2分程度加熱する。

P1390096

7)[生姜あん]の材料を鍋に入れて混ぜてから火にかけ、とろみが付いたら火を止める。

P13900918)6に7をかけて出来上がり♪

Dsc_0378*レンジの代わりに蒸し器で蒸したり、揚げたりしても一味違った味わいになります。
*冷やしても美味しくいただけます。


鎌倉まめや長谷本店相原日登美さんに召し上がっていただきました。

Dscf9590_2

「ふわふわしてます。はんぺんを使うんですか?! 簡単ですね。枝豆はちゃんと食感があって、海老はプリプリでいいですね!」

Dscf9586_2 相原さん、ありがとうございました♪

来週は、枝豆の和スイーツを紹介します。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月 8日 (土)

枝豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、枝豆について御紹介しました。

Dsc_0089

これから夏によく食べるお豆と言えば、やっぱり枝豆ですよね。
大人の方はお酒のおつまみに欠かせないのはもちろんなのですが、子ども達も大好きで、私が普段、食育授業をしていて、子ども達に好きな野菜を尋ねると、枝豆は必ずあがります。

Dscf9492

「お豆の中で一番好き!」
「茹でてお塩をかけて食べると美味しいんだよ」
「だってパパがいつもビールと一緒に食べてるから、僕ももらうんだ」

と聞かせてくれます。

そんな枝豆は、鎌倉でも今、を迎えています。

Dscf9792

向日葵も並ぶ鎌倉市農協連即売所を覗くと… 枝付きの枝豆が♪

Dscf9795

枝無しの枝豆に比べて、枝付き・葉付きであれば、茎に養分や水分が残されているので、収穫後の枝豆は茎の養分・水分を吸収し、鮮度は保たれるので、おススメですよ。 

Dscf9789

そんな今が枝豆なのですが、最近では海外でも枝豆が大人気だという事を御存知でしたか? 

元々、アメリカやヨーロッパでは、枝豆が完熟した状態の大豆を作っている国はあるものの、それを未熟な状態の枝豆で食べる文化はありませんでした。
それが、ここ最近の健康志向や日本食ブームにより、枝豆が注目されて、スーパーなんかでも「EDAMAME」とローマ字で書かれて販売される様になっているのですね。

Dsc_0097

その理由として、まずは、健康的な食べ物である事です。
タンパク質を多く含み、豊富なビタミンB1は糖質をエネルギーに変えるのを促す作用があるので、スタミナ不足の解消や疲労回復に効果があるとされています。
注目したい栄養素のメチオニンには、ビタミンB1やビタミンCと一緒になってアルコールの分解を促し、肝機能を守る働きがあると言われているので、おつまみには最適ですよね。

P1390042

そして、枝豆は茹でるだけで簡単に美味しく食べられるというのも、魅力の一つです。
海外の日本食レストランで枝豆が定番メニューになったり、スポーツ観戦の会場でも販売されるようになったりというのも、調理が簡単である事が人気に一役買っています。

Dscf9540

枝豆は、日本はもちろん、海外でも子どもから大人までみんなが大好きなお豆なのでした。

Dscf9602

鎌倉まめやさんでは、子どもから大人までみんなが大好きなお豆さんが揃っていますよ~♪


鎌倉では、7月に入っても梅雨明けまでは紫陽花を愛でられます。

Dscf9641

紫陽花で有名な明月院に行ってきました。
さすが、紫陽花寺とも言われている明月院、観光客で賑わっていました。

6

明月院と言えば、青系の紫陽花がとても美しく、シャルトルブルーならぬ明月院ブルーと言われています。

Dscf9654

お地蔵様の前掛けもブルーで統一されていて、とても粋ですね。

Dscf9658

其処彼処にブルーの紫陽花が設えられています。

Dscf9662

鎌倉はやはり紫陽花の季節が似合うなと改めて感じました。

Dscf9660梅雨が明ける前に、是非、紫陽花散策にお出掛けくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年7月 1日 (土)

7月のお豆さん 

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、鎌倉まめや小町通り店にお邪魔したのですが、七夕飾りでいつもより華やかになった小町通りは、観光客の方々でいつもより更に賑わっていました。

Dscf9553

南しのぶさんに今月のオススメを教えていただきましょう!

Dscf9577

7月のお豆さん「マンゴーミルク豆」です。

Mango1_2

フレッシュなマンゴーの味わいにココナッツミルクが効いていて、トロピカルフレーバーとなっています。

そして、とても涼やかな色合いのこちらのお豆さんは、「ソーダ豆」

Dscf9565

水色がソーダ味、白がヨーグルト味ですっきり爽やかなミックス豆です。

これから暑くなる季節には、辛い物が食べたくなりますが、そんな時にはこちら、「グリーンカレー」がイチオシ!

Dscf9610

スパイスの効いたグリーンカレーには、生姜や唐辛子、ニンニクが良いアクセントになっていて、ココナッツミルクの甘みが味をまとめてくれています。

鎌倉まめやさんのお夏らしいお豆を食べて、一足早く、夏を感じてみてくださいね。


鎌倉ではまだまだ紫陽花が見頃です。

Dscf9718

北鎌倉の円覚寺では、青系、ピンク系、白系等、色んな色や種類の紫陽花が植わっていました。

Dscf9706

じめじめした陽気が続いていますが、紫陽花にとっては恵みの雨、雨が降ると紫陽花が生き生きと輝きます。

Dscf9731

これからの季節、鎌倉では夏のイベントが目白押しで、今日7月1日(土)は材木座海水浴場で海開き式が行われました。

鶴岡八幡宮では、一芸が上達する様に祈る七夕まつりが7月7日(金)に開催され、今日から7月7日(金)までは七夕飾りが飾られます。

Dscf9524

7月19日(水)の夜19:20~20:10には由比ヶ浜海岸・材木座海岸で鎌倉花火大会も開催予定です。

夏が待ち遠しいですね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月24日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0416

まずは茅ヶ崎市のラジオネーム・なぴさんからのまめタリアーナレシピです。

なぴさんは栄養士さんなのですが、職場の給食で子ども達に人気のお豆料理は定番の「大豆の揚げ煮」だそうです。
(私も小中学校の時に給食で食べた大豆の揚げ煮、大好きでしたよ!)
そんななぴさんのおすすめは「ひよこ豆」の入ったサラダで、乾煎りしたじゃこ、生姜の絞り汁を使って作るしょうゆベースのドレッシングがお豆にもぴったりです、とのメッセージでした♪




「ひよこ豆のサラダ」

Dsc_0443

材料(4人分):
ひよこ豆(水煮缶) 小1缶 
キャベツ 2枚
人参 1/2本
キュウリ 1本
ちりめんじゃこ 適量
生姜 1片
醤油 大さじ1
お酢 小さじ1
胡麻油 小さじ1/2
・・・(私が試作した時の分量です)

1)キャベツは1口大に、人参は千切りに、キュウリは半月切りにする。
*学校給食で提供する際には、衛生面から野菜は加熱処理をして提供されています。

P1390101

2)生姜をおろして、搾り汁とに分ける。

P1390103

3)2に醤油、胡麻油、お酢を加えて混ぜる。

P1390106

4)1とひよこ豆をボウルかビニール袋に入れ、3をかけてよく混ぜ合わせる。

P1390108

5)ちりめんじゃこを乾煎りする。

P1390122

6)器に3を盛り、4をかけたら出来上がり♪

Dsc_0454

ひよこ豆に生姜の風味が効いて、とてもさっぱり香味よくいただけるので、これからの季節、食欲がそそられて食べやすいですよ。
柔らかなひよこ豆とカリカリとしたじゃこの食感の違いもまた良かったです。
なぴさんは食育活動をされていらして、なぴさんが作詞した「ほめほめぷれいず」という素敵な食育ソングも教えてくれたのですが、‘食を通して沢山の人が幸せになってくれたら嬉しい、というなぴさんの気持ちが伝わってきました。
応援しています!

なぴさん、ありがとうございました♪



続いて、市原市ネバ子さんからのまめタリアーナレシピです。

ネバ子さんがおススメしてくださったのは、納豆の天ぷら!
ネバ子さん宅で定番のメニューだそうで、お豆も野菜もバランスよくとれて一石二鳥ですよ、というメッセージでした♪



「納豆の天ぷら」

Dsc_0474

材料(2個分):
納豆 1パック

ネギ 適量
強力粉(又は薄力粉) 大さじ4
水 大さじ2
揚げ油 適量

・・・(私が試作した時の分量です)

1)ボールに納豆とみじん切りにしたネギを混ぜ合わせます。

P1390111

2)更に強力粉を水で溶いたものを混ぜ合わせる

P1390113

3)お玉に適量すくい、180度の油でこんがり揚げます。

P1390118

4)納豆に付いている添付のタレとからしをつけて召し上がれ

Dsc_0386

納豆の天ぷらは、今まで作った事がなかったので、どんな感じになるのか想像がつかなかったのですが、いただいてみると、衣はサクッとした食感に揚がり、納豆の香りと粘りも良かったです。
納豆のタレとからしがやっぱりよく合いますね!
天ぷらメニューの新定番にしたいです。

ネバ子さん、いつもありがとうございます♪

なぴさネバ子さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dscf1833

江ノ電では、電車の行き先表示部分に紫陽花の絵が表示されていたり、構内にも紫陽花の鉢植えの飾りがあったりするので、電車に乗る前から紫陽花の季節を楽しめます。

Dscf9544鎌倉の至る所で咲き誇る紫陽花を見にいらしてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月17日 (土)

「クリスピーサヤインゲン」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話ししたサヤインゲンを使ったフリッターのクリスピーサヤインゲンを御紹介しました。

Dsc_0915

旬のサヤインゲンをサクサクっとした衣を纏わせて揚げるだけ。
お好みでお塩やスパイス等を付けて召し上がれ。
明日は父の日ですので、お父さんのおつまみにいかがでしょうか♪



「クリスピーサヤインゲン」

Dsc_0927

材料(4人分): 
サヤインゲン 200g
薄力粉 大さじ4

水 大さじ4弱
パン粉 適量

塩 適量
パセリ 適量
ブラックペッパー・カレー粉・パプリカ粉等 お好みで

作り方:
1)(省いてもOKです)サヤインゲンは塩をまぶして板ずりし、さっとすすいで水気を拭いておく。

P1390007

2)バット等に、薄力粉と水をよく混ぜてペースト状にし、サヤインゲンに付ける。

P1390009

3)パン粉はビニール袋に入れて、よく揉み込む様にして、細かくする。

P1390015

*お好みで、パセリ(乾燥したものでも、生のものを刻んだものでも)を加える。

P1390018

4)フライパンに薄めに油を入れ、熱した所に、3の衣を付けた2を入れて揚げる。

P1390023

5)塩やブラックペッパー・カレー粉・パプリカ粉等を添えて出来上がり♪

Dsc_1016

*1をする事でサヤインゲンの産毛が取れ、2で馴染みがよくなります。
*5はお好みで、粉チーズやタルタルソース・オーロラソースをディップしても良いですね。


鎌倉まめや長谷本店上野恭子さんに召し上がっていただきました。

Dscf1867

「スナック的な感じですね。ビールにとても合いそうです。マヨネーズとか、醤油マヨ、辛子醤油マヨ、柚子胡椒マヨなんかを付けても美味しそうです!」

Dscf1871

上野さん、ありがとうございました♪

Dscf2046

鎌倉では、紫陽花が見頃を迎えています。

Dscf2051

これから雨の日が多くなってくるかと思いますが、しっとりとした情緒を楽しめますよ♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************