fyb_switch_to_sp_js

2017年12月16日 (土)

「納豆汁」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした納豆を使った「納豆汁」を御紹介しました。

Dsc_0299

寒さが厳しくなってきましたので、お好みの根菜やキノコ、お豆腐や油揚げ等、そして、納豆を入れた納豆汁で温まってくださいね。

納豆はよ~く刻むorすり潰すのがポイントですよ♪





「納豆汁」

Dsc_0326

材料(4人分):
納豆 1パック
大根 10cm
人参 1/2本
キノコ(シメジ、エノキ) 適量
コンニャク 1/2枚
木綿豆腐 1/2丁
油揚げ 1枚
小ネギ 1本
味噌 大さじ4
だし汁 6カップ
鎌倉まめやさんの「つまみ納豆」
 お好みで

作り方:
1)材料を食べやすい大きさに切ったら鍋に入れて、だし汁で煮る。

P1390336_3

2)納豆は包丁で細かく刻むか、すり鉢でよくすり潰しておく。

P1390339

P1390350

3)納豆にお鍋の中のだし汁を大さじ4杯程加えて混ぜ合わせておく。

P1390341

 4)野菜が柔らかくなったら、3を加えて混ぜる。

P1390343

5)味噌を溶き加えて混ぜ合わせ、沸騰するまでさっと火にかける。

P13903466)器に盛ったら、小口切りにしたネギと「つまみ納豆」をかけて出来上がり♪

Dsc_0356
鎌倉まめや長谷本店増田美月さんに召し上がっていただきました。

Dscf4727_3

「初めて食べました。ネバネバしたものが苦手なので、納豆はそんなに得意ではないのすが、これなら大丈夫です。ゴボウなんかが入っていても良さそうですね」

Dscf4722

増田さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年12月 9日 (土)

納豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、納豆について御紹介しました。

Dsc_0268

納豆と言うと、語呂合わせでは7と10でナットウなので、納豆の日は7月10日なのですが、実は納豆は本来、冬に作るものであった事を御存知でしたか?

と言うのも、納豆を作る工程で一度冷やさなければならないのですが、昔は今の様に機械もなく、人工的に冷やす、ということが難しかったので、自然と冬に作るものとなっていたそうです。
それに、その年の秋に収穫した大豆を使って納豆を作っていたので、当然ながら、冬に仕込むものでした。

Dsc_0240 江戸時代には、「納豆売り」納豆納豆汁の食材を売り歩いていたという記録も残っています。
ここで言う納豆汁は、「叩き潰した納豆」と「青菜」と「お豆腐」がセットになったもので、お湯を注ぐだけで納豆汁が作れるという、今でいうインスタント味噌汁の様なものでした。

今でこそ納豆と言えば、ご飯と一緒に食べるものですが、当時は納豆汁で食べる方が一般的で、それも、冬に食べるものとして有名だったので、納豆汁というのは、冬の季語として、多くの俳句の中に登場していました。

Dsc_0375

この時期、特に北の寒い地方では野菜が不足しがちなので、温かい納豆汁で身体を内側から温めながら、栄養を補っていたとの事。

そんな納豆の栄養素として、骨の形成や血が出てしまった時に血液を固める働きがあるビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富です。
食物繊維も多く含まれていて、納豆菌と共に腸内環境を整えてくれるとされています。

Dsc_0279

普段何気なく食べている納豆ですが、本来は冬に納豆汁として食べるものと分かると、納豆汁を作って食べたくなりますよね! 
来週は、その納豆汁を作ってみようと思います。

鎌倉まめやさんでは、おつまみ納豆が定番商品として好評発売中です!

Dscf4756

カリカリっとして香ばしく、しっかり納豆味なのですが、ネバネバとした粘りがないので、納豆が苦手な方にもチャレンジして欲しい一品になっていますよ♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年12月 2日 (土)

12月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、師走に入り、益々賑わう鎌倉まめやCIAL鎌倉店にお邪魔しました。

Dscf4712 東尾弥生さんに今月のオススメをお伺いします♪

7まず、12月のお豆さん「バニラいちご豆」です。

Dscf4686バニラ豆はミルクのパウダーとバニラビーンズに包まれて優しいお味。
いちご豆は摘み立ての様なフレッシュないちごの風味がします。

Dscf4696一緒に味わうと、クリスマスのイチゴショートケーキみたいなお味が楽しめちゃいます。

続いて、寒い時季だけの期間限定商品の「濃厚ショコラ」

Dscf4700

何だかチョコレートが恋しくなってくるこの時季には嬉しいコクとほろ苦さ!

Dscf4698ほんのりとした甘さでコーヒーや紅茶にピッタリです。

そして、今が旬のりんごのお味の「りんご豆」も人気です。

Dscf4707キュッと甘酸っぱく、りんごの香りが豊か。

Dscf4703赤色なので、クリスマスカラーのお豆さんですね!

実は、明日の朝9:00~9:30OAのtvk「かながわ旬菜ナビ」では、旬菜キャッチャーのいっとちゃんこと伊藤綾香さんが鎌倉まめや長谷本店を訪ねてくれて、私は鎌倉まめや長谷本店の2階ギャラリーにて、このりんご豆やバニラいちご豆等を使ったお料理を紹介させていただきます。

2c45c61789e040038e3fccb904091f20 宜しかったら、御覧くださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年11月25日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Img_2002 まずは中野区のラジオネーム・しんちゃんからのまめタリアーナレシピです。

寒くなってきたので、鍋料理をよく作るとの事で、しんちゃんが最近はまっているという、スンドゥブチゲのレシピを教えてくれました。


「スンドゥブチゲ」

Img_2039_2 材料(2人分):
キムチ 200g

鶏ガラスープの素 小さじ2
水 3カップ(600ml)
絹豆腐 1/2丁
豚肉 100g
アサリ 100g
長ネギ 1本
味噌 大さじ1程度
胡麻油 小さじ1
卵 1個
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)鍋に水と砂抜きしたアサリを入れて火にかける。

1 2)沸騰したら、鶏がらスープの素、キムチ、豚肉、斜め切りにした長ネギを加えて煮込む。

2

3)味噌で味を調整して、最後にゴマ油をまわりがけ、卵を落とす。

5

 4)さっと煮たてて出来上がり♪
*小ネギを散らしました。

Img_1978_2

アサリと豚肉から良いお出汁が出ていました。
食べ終わった後、身体は内側からポカポカです♪
韓国料理屋さんで食べる石焼きの熱々のスンドゥブも大好物ですが、これからの季節はお家で手軽に食べるのもいいですよね。

しんちゃん、ありがとうございました♪



続いて、台東区のラジオネーム・らいなさんからのまめタリアーナレシピです。

らいなさんが北海道の御友達から教えてもらったという納豆の食べ方は、焼いたお餅を砂糖醤油でいただく感じに似ていて、日本人好みなのでは、との事。
初めて聞く方・食べた事がない方も多いかもしれないそのレシピがこちらです!



「甘辛納豆ご飯」

Img_2048 材料(1杯分):
納豆 1パック

砂糖 お好みで(小さじ1程度)
ネギ お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

1)納豆に、添付のタレとカラシと砂糖を加える。

3

2)よく混ぜる。

4

3)ご飯にかけ、小口切りにしたネギを散らして出来上がり♪

Img_2086_3以外にも、よく合いました!
まさに、砂糖醤油のお餅(ぽたぽた焼きの様な味?)の様で、食べやすいです。
納豆の旨味と相まって、クセになりそうでした。

らいなさん、ありがとうございました♪

しんちゃんさくらんぼさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております^^


今週22日(水)は、Fm yokohama84.7「E-ne! ~good for you~」内【ホズミング】でホズミンこと穂積ユタカさん鎌倉まめや長谷本店さんから生中継してくださいました。

Dscf4791スタジオからはMITSUMIさんが応答してくださって、嬉しい限り♪

長谷本店の米谷さんが今月のお豆さんの焼きりんご豆を、私は新豆の落花生を紹介させていただきました。

Dscf4794

さてさて、季節はもうそろそろ冬に移り変わります。

Dscf4565鎌倉ではまだ紅葉と秋のお豆さんがあなたの御出でをお待ちしておりますよ。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年11月18日 (土)

「亥の子餅」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした亥の子祭り亥の子餅をオリジナルで作って御紹介しました。

Dsc_0880

熱したフォークで付けた3本の焼き印が亥の子餅の特徴です。

通常、和菓子屋さんでは顔や耳は付いていませんが、黒胡麻ペーストでウリ坊のお顔を描きました^^

Dsc_0949

煎った白胡麻と黒胡麻が入った生地の中には、柿、栗、煎り黒大豆、小豆餡入りです。





「亥の子餅」

Dsc_0927

材料(10個分):
白玉粉 50g
砂糖 50g
水 90ml
白胡麻、黒胡麻 適量
もちとり粉(片栗粉やコーンスターチ、きな粉でも可) 適量
小豆餡、柿、栗の甘露煮、煎り大豆、黒練り胡麻 適量
*煎り大豆は鎌倉まめやさんの黒大豆を使用しました。

作り方:
1)白玉粉と砂糖、水を耐熱容器に入れてよく混ぜ合わせ、ラップをかけてレンジで1分加熱する。水で濡らしたヘラでよく練り、同様に加熱して練るという作業を後2回繰り返す。

P1390266_2

P1390269_2

2)胡麻を煎ったら、1に加えて混ぜ合わせる。もちとり粉を敷いた台の上に10等分に分けて薄く延ばしておく。

P1390272_3

P1390275

P1390278

3)柿は1㎝角に、栗は半分に切る。2に小豆餡、柿、栗、煎り大豆をのせる。

P1390281

P1390283

P1390288

4)丸めて下部をしっかり閉じる。細長い楕円形のウリ坊の形に整える。

P1390294

5)よく熱したフォークで背中の焼き印を付けたら、お好みで、黒練り胡麻で目と鼻を描く。耳部分をキッチンバサミで切り、熱したフォークで角を焼いただ出来上がり♪

P1390297

Dsc_0971中にはこの秋の味覚が詰まっています。秋の実りに感謝感謝です。

Dsc_0943
鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf3795

 「亥の子餅は初めて知りました。お餅部分が柔らかくて、胡麻のプチプチ食感がいいですね。柿が餡やお餅と意外と合います。柿の他にも煎り大豆や栗、餡も入っていて、美味しいです」

Dscf3804

小澤さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年11月11日 (土)

亥の子祭りの亥の子餅

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、亥の子祭り亥の子餅について御紹介しました。

Img_1916 今月11月の食の伝統行事として、亥の子祭りがあるのを御存知ですか?

これは、十二支のイノシシを意味する亥の月にあたる旧暦10月、現在の暦で言うと11月の亥の日・イノシシの日に田んぼの神様をお祀りする収穫祭です。

この亥の子祭りの日には、亥の子餅を田んぼの神様に備えてから、家族で食べるのが古くからの習慣で、この秋の収穫に感謝し、無病息災を祈って、食べられるようになりました。

Img_1905 そんな亥の子餅と言うのは、元々、その年に収穫された大豆や小豆、大角豆(ささげ)、ごま、栗、柿、糖(あめ)の7種類の粉を、新米のお餅に入れた和菓子だったのですが、今では、地方や和菓子屋さんによって、材料や作り方も異なっています。

特徴としては、イノシシの子どもの「うりぼう」のようなコロンとした丸い形に、焼き印で3本の筋が入った甘いお餅である事が多い様です。

Img_1937 イノシシが子だくさんである事にあやかり、子孫繁栄を祈って食べられるようになったそうですが、大豆や小豆等のお豆の他に秋の味覚の栗や柿も使われていて、季節感がありますよね! 

それに、糖質やタンパク質、ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれているお餅になっています。

亥の子の言い伝えにあやかって、秋の終わりもこれから迎える冬も、健やかに過ごしたいですよね。

そんな今年の亥の子祭りの日は今週8日にあたり、和菓子屋さんでは、今月末まで、この亥の子餅を扱うお店がある様ですので、是非、和菓子屋さんで亥の子餅を見つけてみてくださいね。 

Img_1892

秋の鎌倉を散策してきました。

Dscf3160 朝晩の冷え込みに季節の歩みを感じる程、紅葉の色合が鮮やかに。

Dscf3466 昼間、お天気がいい日はまだぽかぽかしていますので、ゆったりお散歩出来ますね。

Dscf3172冬の足音が近づく前に、お越しくださいませ。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*************************************************************************

2017年11月 4日 (土)

11月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、秋の遠足の子ども達で賑わう鎌倉まめや小町通り店からお届けしました。

Dscf3776 神山亜紀子さんに今月のオススメをお伺いしましょう♪

Dscf3785 まず、11月のお豆さん「焼きりんご豆」です。

Mame2

シナモンの香りでフルーティーなリンゴの甘みが引き立っています。

Mame3

まるでアップルパイの様な味わいですよ。

この季節のアソートセットがこちら「紅葉 S」

Mame1

マヨネーズ・りんご・チェダーチーズ黒胡椒・いろどり(カレー、海老)・味噌落花生が各2個合計10袋入りです。

Mame4

「紅葉 L」は巾着袋りでマヨネーズ・りんご・チェダーチーズ黒胡椒・いろどり(カレー、海老)・味噌落花生・そら豆カレー・きな粉チョコボールが各2個と渋皮栗2個の合計16個入りです。

そろそろ到来する紅葉のシーズンがより待ち遠しくなるセットになっていますね。

そして、秋が深まって来ると、今年の新豆の落花生の出来が気になる頃♪

Mame5穫れたての落花生は何と言っても香りがいいので、是非、今しか食べられない新豆を召し上がってみてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年10月28日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0088まずは西東京市のラジオネーム・専業主婦さんからのまめタリアーナレシピです。

専業主婦さんは、豆乳ラテをいただきながら番組を聴いてくださっていたそうで、その時の写真も添えてくださいました^^
そんな専業主婦さんの息子さんは応募当時10カ月だったそうで、離乳食にお豆が大活躍しているとの事でした。
教えてくださったのは、お豆とカボチャと豆乳を使ったスープです♪



「お豆とカボチャの豆乳スープ」

Dsc_0019

材料(2人分):
お豆(ミックスビーンズ等) 1袋(125g)
カボチャ 100g(中1/10個)
コンソメ 1/2個
塩・胡椒 適量
水 400ml
豆乳 100~150ml
・・・(私が試作した時の分量です)

1)カボチャを1㎝各に切る。

P13902992)1とお豆、コンソメ、塩・胡椒、水をお鍋でぐつぐつ煮る。

P13903023)具材が柔らかくなったら、豆乳を加える。

P1390304 4)さっと煮たてて味を調整したら、出来上がり♪
*上の写真には、カボチャ型で型抜きしたカボチャを添えています。

Dsc_0031

シンプルなのに、しっかり美味しくてビックリ。
お子さんにも豆乳好きさんにも喜ばれるお味ですね。
ハロウィンの日のスープにもピッタリです。
お便りもいただきまして、感謝感謝です!

専業主婦さん、ありがとうございました♪



続いて、伊勢原市あふりんさんからのまめタリアーナレシピです。

朝御飯はパン食というあふりんさんは、名古屋風のモーニングがお気に入りなのだそう。
名古屋のモーニングの定番・小倉トーストレシピを教えてくれました♪


「小倉トースト ホイップトッピング」

Dsc_0083

材料(作りやすい2人分):
食パン 2枚
バター 20g
小豆餡 100g程度
ホイップクリーム 適量
シナモン・カボチャ お好みで

・・・(私が試作した時の分量です)

1)食パンをトースターでこんがり焼く。

P1390306

 2)バターを塗る。

P1390309 3)小豆餡を塗る。

P1390311 4)お好みでホイップクリーム・シナモン・カボチャ(加熱済み。カボチャ型とお化け型)を飾ったら出来上がり♪

Dsc_0108小豆餡とバター、小豆餡とホイップ、どちらの組み合わせも大好きなので、それが一度に楽しめて、贅沢なモーニングでした。
小豆餡をた~っぷり乗せたかったので、乾燥小豆から圧力鍋で餡を作ってしまいました。
ストックして、また朝食に小倉トーストを作ってみます。

あふりんさん、ありがとうございました♪

専業主婦さんあふりんさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております。

来週31日(火)はハロウィンですね!

Dscf3812 
鎌倉まめやさんでは、今年新発売のハロウィンチョコ「きなこ麦チョコ」(麦パフをきなこチョコでコーティングした麦チョコの詰め合わせ)が大好評で早くも売り切れてしまったので、NEWバージョンのハロウィンチョコ「きなこ大豆チョコ」(きなこチョココーティングの大豆チョコの詰め合わせ)を発売中です。

Dscf3815

ハロウィンセットと一緒に、是非、御利用くださいね。

素敵なハロウィンをお過ごしくださいませ★彡

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年10月21日 (土)

ブータンのお豆料理

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

Image_485360d_4 先週のお豆のチカラでは、私が先月、食育授業をしに訪れたブータンの農業やお豆について、御紹介しましたが、今回は、そのお豆や野菜を使ったブータン料理について、お話ししていきますね。

Dscf2111今回、ブータンを訪れた際、食育授業の合間に農家さんのお家にホームステイさせていただき、そのお家のお母さんにブータンの家庭料理を教えてもらったり、ブータンの一般家庭でお料理のお手伝いをさせてもらったりしました。

Dsc_0766まずはやっぱりこちら、ブータンの国民食である、エマダツィを語らずには始まりません!

今回はエマダツィにお豆を入れたお料理を作ったのですが、そもそもこのエマダツィは、ブータンの言葉・ゾンカ語でエマと呼ばれる唐辛子と、ダツィと呼ばれるチーズを煮込んだ料理になります。

Dscf2131 驚いた事に、ブータンでは、唐辛子を野菜として沢山食べるので、このエマダツィにもフレッシュで生の赤唐辛子や緑の唐辛子を細長く切って、沢山入れるのですね。

ここに、サヤインゲンを千切って加えて、あとは、ブータンで作られているチーズの塊をナイフで切りながら加えて、塩と一緒に煮込んだら出来上がり。

Dscf3036 辛いけれども、チーズのまろやかさもあって、お豆も沢山食べられるおかずでした。

帰国してから、自宅でも作ってみましたよ。



「お豆入りエマダツィ」

Dsc_0826

材料(4人分):
赤唐辛子 5本
青唐辛子 5本
*
生のフレッシュなものがあればベスト!
*辛いのが苦手な方は、
 赤パプリカ 1個
 万願寺唐辛子 4本
 で代用可!
サヤインゲン(お好みのお豆) 10本
玉ネギ 1/2個
ニンニク 1片

チーズ(スライスチーズ・とろけるチーズ等) 100g程度
塩 小さじ1
サラダ油 大さじ1
水 150ml 

1)赤唐辛子、青唐辛子は細切り(種はそのまま)、サヤインゲンは半分に、玉ネギはさいの目切り、ニンニクはみじん切りにする。

P1390258_2

2) 鍋に1とサラダ油を加えてさっと炒める。

P1390259

3)水とチーズ、塩を加えて10分程度煮込む。

P1390261 4)全体を混ぜ合わせて出来上がり♪

Dsc_0752



そして、こちらも日常的によく食べられているお豆のスープ・ダルの作り方も教わりました。

Dscf0728

↑器に入っている黄色のスープがダルです。

Dscf3018ダルというお豆のスープは元々、近隣のインドやネパールの料理なのですが、ブータンでも各家庭やレストランでよく出されるスープです。

Dscf0803

こちらは、水に漬けておいたレンズ豆と、みじん切りにしたタマネギを油で炒めて、水と一緒に圧力鍋で煮たら、レンズ豆をしっかり潰して、塩で味付け。最後にパクチーを散らして出来上がりです。

Dscf3038

お豆の味が濃厚で、何杯もお変わりしてしまう美味しさでした。 

P1390247 自宅では、ブータンで買ったムングダールを使って、お豆感たっぷりのぽってりとしたスープにしました♪



「ダル(お豆のスープ)」

Dsc_0845

材料(4~6人分):
乾燥豆(ムングダール、赤レンズ豆等お好みで) 200g程度
玉ネギ 小1個
トマト 大1個
ニンニク 1片
生姜 1片
塩 小さじ1
ターメリック 小さじ1
クミン 小さじ1/2
水 4カップ
パクチー 適量

1)お豆をさっと水洗いする。

P1390249 2) 玉ネギはみじん切りトマトはざく切りに、ニンニクと生姜はすりおろす。

P1390251 3)圧力鍋を火にかけ、1と2を入れて混ぜ合わせたら、塩、ターメリック、クミン、水を加えて蓋をする。圧がかかったら弱火にして、5分加熱し、圧が抜けるまで待つ。

P1390253
4)お豆を潰しながらよく混ぜ合わせ、味見をして塩加減やスパイスの加減をする。

P1390255

5)器によそったら、パクチーをお好みでのせて出来上がり♪

Dsc_0785

食育授業の際、学校の子ども達のお弁当を見せてもらった所、見せてくれた子のお弁当には必ずと言っていい位、お豆のスープやお豆の煮もの、サヤインゲン等の炒め物のおかずが入っていました。

Dscf0587 家庭やレストランでの食事を見ても、ブータンでは、日本よりも日常的によくお豆が食べられている様に感じました。
日本でももっともっとお豆の料理が愛される様になるといいなと思います。

Image_c02d775_3 今日もブータンの子ども達が元気であります様に。

Dscf0607

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

2017年10月14日 (土)

ブータンのお豆

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、ブータンのお豆について御紹介しました。

先日、私は食育授業をしに、ブータンへ行ってきました。

Dscf2237 国際空港のある都市・パロの私立学校Yoezerling Schoolにて。

Dscf2294

↑ブータンの公用語は母国語のゾンカ語と英語で、学校では英語で授業が行われる為、日本でいつも実施している食育プログラムを英語で実施しました。

Dscf2282 ↑ツールはこの日の為に用意し、ブータンの食事に合う様に準備していきました。

Dscf2342↑食育授業後は、子ども達からの質問が非常に多く寄せられ、食への関心と身体への影響における興味の高さが伺えました。

ブータンはヒマラヤの山岳地帯にあって、北は中国のチベット、南はインドに囲まれています。

Dscf1220

国土のほとんどが山岳地帯で、空港のあるパロで標高2300m、首都・ティンプーの標高でさえ2400mとなっているのですが、日本と同じ様に四季があって、作物もお米や様々な野菜、果物が栽培されていました。

Dscf0906と言うのも、ブータンの農業を飛躍的に発展させた日本人・西岡京治さんの功績によるもので、西岡さんはブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られた当時唯一の外国人で、ブータンの農業改革に従事し、いくつもの野菜と日本米の導入にも成功した人なのです。

Dscf1187↑西岡京治さんの功績を称える仏塔・ニシオカチョルテン。

Dscf2880

そんな日本とブータンとの繋がりに嬉しさを感じながら、首都・ティンプーの週末に開催されているサブジバザールという農作物の市場に行ってきました。

Dscf2876そこには、ブータンで日常的に多く食べられている唐辛子を始め、日本でもお馴染みのキュウリやジャガイモ、カボチャ、ゴーヤ、キャベツ、大根、トマト、ニンジン、パクチー等々、本当に種類豊富な野菜が並んでいます。

Dscf2877

フレッシュなお豆も多く見かけました。

Dscf2824

サヤインゲンやモロッコインゲン、グリーンピース、スナップエンドウの他に、日本ではあまり見かけない緑に赤い縞模様が入ったサヤインゲンや、紫色がかったサヤエンドウなんかもありました。

Dscf1324

↓こちらは縁がギザギザしているスナップエンドウ。

Dscf2937↓サヤが紫がかっています。

Dscf2942_2 ↓こちらはサヤから出した状態で乾燥前のフレッシュなお豆。

Dscf2977

乾燥させたお豆も袋に入ったものが多く並んでいました。

Dscf2946白インゲン豆、赤インゲン豆、ウズラ豆、黒豆、緑豆、緑やオレンジ色のレンズ豆、イエロースプリットピー、etc…

Dscf2947日本のスーパーで見かけるよりも多くの種類が並んでいました。

Dscf2951

ブータンはまだまだ発展途上の国ではありますが、豊かな自然と農作物に恵まれた国だなと感じました。Dscf1162
そんなブータンのお豆の料理については、また来週、ご紹介しますね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************