fyb_switch_to_sp_js

2016年12月 3日 (土)

12月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

P1370875先月には雪も降り、季節はすっかり冬へと移ろいできた今日この頃。

P1380612
今月は鎌倉まめや長谷本店さんにお伺いして、秀島さつきさんにお話を伺いました。

P1380547

12月のお豆さんは、「バニラいちご」

2

バニラビーンズが使われた本格的なバニラ味と甘酸っぱさが弾けるいちご味です。

P1380556ちょうどクリスマスケーキのイチゴショートケーキの組み合わせですね♪

そして、こちらは新商品の「濃厚ショコラ」

P1380562

この冬の新作で、今までの「ココア豆」から、味を濃厚にしてよりチョコレート感がよ堪能できるものになりました。

P1380590

長谷本店では「濃厚ショコラ」が人気No2ですよ。

そうなると気になる人気No1は・・・

P1380587

「りんご豆」です!

これからのパーティーシーズンのお酒のお共にはこちら。

P1380594

まろやかなチェダーチーズに黒胡椒がピリリと効いて、ワインやビールにピッタリ。

そして、こんなに可愛い「鎌倉まめキューブ」には、りんご豆、マヨネーズ、抹茶が入っていて、ちょっとしたプレゼントに喜ばれますね。

P1380582

まだ鎌倉の紅葉も楽しめますし、これから鎌倉まめやさんでは、クリスマス商品とクリスマスの装飾で皆様のお越しをお待ちしております。

秀島さん、ありがとうございました!

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね。

*****************************************************************************

2016年11月26日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0631

まずは青梅市のラジオネーム・キャサリンさんからのまめタリアーナレシピです。

キャサリンさんは、メキシコやアメリカの代表的な煮込み料理であるチリコンカンのレシピを教えてくれました。



「チリコンカン」

Dsc_0635

材料(4人分):
玉ネギ 1個
合い挽き肉 150g
ミックスビーンズ 150g
ひよこ豆 100g
カットトマト 1缶
ローリエ 1枚
塩・胡椒・バジル・オレガノ・チリパウダー お好みで
オリーブオイル・パセリ 適量
トースト お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)オリーブオイルを熱した鍋でみじん切りにした玉ネギを炒める。

P1380457

2)挽き肉を加えて炒める。

P1380460

3)ミックスビーンズとひよこ豆を加える。

P1380462

4)カットトマトを入れ、ローリエを加えて煮込み、塩・胡椒・バジル・オレガノ・チリパウダーを加えて煮詰める。

P1380472

5)水分が飛んだら盛り付けて、オリーブオイルとパセリをかけたら出来上がり。トーストなどと一緒にどうぞ

Dsc_0645_2

お豆と野菜とお肉をスパイシーに煮込むチリコンカンは、寒むさが増すこの時季にピッタリですね。

キャサリンさん、ありがとうございました♪


続いて、伊勢原市のラジオネーム・コマさんからのまめタリアーナレシピです。

コマさんのお宅では、厚揚げがヘルシーでボリュームのあるおかずになるので大活躍しているとの事で、唐揚げにネギのソースを絡めた油淋鶏を、厚揚げに置き換えて作ると立派なおかずになって、いくらでもいけるそうです!





「油淋鶏風厚揚げ」

Dsc_0651

材料(2人分):
厚揚げ 1パック
長ネギ 1/2本
生姜・ニンニク 一片
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ2
お酢 大さじ1
・・・(私が試作した時の分量です)

1)厚揚げは1/4ずつに切り、フライパンで全面をカリッと焼く。

P1380483

2)長ネギはみじん切りに、ニンニクと生姜はすりおろす。

P1380475

3)醤油、砂糖、お酢を加えてレンジで1分加熱する。

P1380481

4)タレを1の厚揚げにかけて出来上がり♪

Dsc_0659

厚揚げを使ったみんなのまめタリアーナレシピは初めてです!
油淋鶏のタレは甘酸っぱくてご飯ともよく合いました。

コマさん、ありがとうございました♪

キャサリンさんコマさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。




さて、先週末は、この番組でもインタビューをお届けしましたが、エンディングテーマ曲「かざぐるま」を担当してくださっているヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんのコンサート「Prolog∞花咲くとき」がありました♪

P1380366

映像とのコラボレーションという事で、鎌倉まめやさんや鎌倉の映像等、様々な美しい映像と*マリエリカ*さんのメロディーとが見事にマッチしていて感動!

P1380372

地元小学生との合唱のコラボレーションでは、子ども達の透き通った純粋な声と*マリエリカ*さんの演奏が相まって、心が洗われる様でした。

P1380404

お二人の衣装もとても似合っていて、それぞれの個性が光ります。

P1380410

お二人のお話にはお人柄や歩まれてきた道が表れていて、*マリエリカ*さんのことがますます好きになってしまいました^^

P1380432

素晴らしいコンサートをありがとうございました♪

Marierikasan1

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな。

*****************************************************************************

2016年11月19日 (土)

「林檎と薩摩芋の蜂蜜味噌トースト」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした手作りお味噌を使って、トーストのアレンジレシピを御紹介ます。

Dsc_0604

手作りお味噌に蜂蜜を加えて、バターを塗ったパンに旬の林檎やサツマイモをのせてトーストしたら出来上がり♪




「林檎と薩摩芋の蜂蜜味噌トースト」

Dsc_0572

材料(イングリッシュマフィン2個・1/2カットで4枚分):
味噌 大さじ1程度
蜂蜜 大さじ2
バター 適量
薩摩芋・林檎・胡桃・黒胡麻 お好みで
イングリッシュマフィン 2個

作り方:
1)薩摩芋をレンジで加熱して角切りか輪切りにする。

P1370775

2)リンゴは角切りか横に輪切りにして芯は星型で抜く。

P1370773_2

3)味噌と蜂蜜を混ぜ合わせる。

P1370785_2

4)イングリッシュマフィンを横半分に切り、バターを塗ってから、3を塗る。

P1370788_2

5)4に1や2をのせて、上にも3をかけ、トーストしたら出来上がり。胡桃や黒胡麻を飾って召し上がれ♪

Dsc_0590_2

*味噌と蜂蜜の配合(甘じょっぱさの調整)はお好みで加減してくださいね。
*食パンやバゲットでも同様にお試しくださいませ。

鎌倉まめや長谷本店さんの店長・小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

P1370836

 「秋って感じですね! スイーツ感覚でいただけますし、ボリュームもあって満足感があります。甘じょっぱいのが林檎と合いますね。オープンサンドだから、上から見ても綺麗です」

P1370839

小澤さん、ありがとうございました♪

Yakiringo

林檎と言えば鎌倉まめやさんの焼きりんご豆りんご豆も是非、秋のこの時季に召し上がってみてくださいね。

P1370818

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年11月12日 (土)

手作りお味噌の『お豆のチカラ』

んにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、手作りお味噌について御紹介しました。

Dsc_0482_2

この時期は、新蕎麦が出回ったり、日本酒の新酒も並んだりする様になってきますが、お味噌はどうでしょうか?

新味噌って、あまり聞いた事がないかと思いますが、一般的に、大手のメーカーの様に大量生産するお味噌は、熟成させる倉庫を一定の温度に保ち、約3ヶ月程度で出来上がります。

でも、昔から、味噌作りは寒い時期の寒仕込みがいいと言われる様に、雑菌が繁殖しにくい冬に仕込み、夏の暑さを越えさせると発酵と熟成が進んで、更に秋に気温が下がって落ち着くと、いいお味噌が出来ると言われています。
大体10か月位ですね。

Dsc_1115_2

手作りしたお味噌がちょうど食べ頃になるのが今頃という事で、私も今年初めて手作りしていたお味噌を開けて食べてみる事に♪

仕込んだ頃は大豆の薄いベージュ色だったものが(写真上)、濃い茶色になって(写真下)、お味噌の芳醇な香りが強くなり、美味しく仕上がっていました。

Dsc_0468

材料は、大豆と米麹とお塩のみ。

材料(作りやすい分量):
大豆 150g
米麹 200g
塩 60g
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)大豆はよく洗って、倍量のお水に一晩浸す。

P1080840

↓8時間水に浸しておいたら、まん丸だった乾燥大豆が、ぷっくりと楕円形になりました。

P1080841

2)水を捨てて、新しい水を倍量入れて圧力鍋で20分加熱し、そのまま冷ます。
*通常の鍋の場合は3時間程度、大豆が柔らかくなるまで煮る。

P1080845_2

3)米麹をほぐし、塩とよく混ぜ合わせる。

P1080847

4)水を切った2を(茹で汁は捨てない)フードプロセッサーにかけてなめらかにする。
*回りにくい時には茹で汁を加える。

P1080850

5)3と4をよく混ぜ合わせ、ぼそぼそとして硬い場合は、煮汁を加えて混ぜる。

P1080852

6)熱湯消毒した保存容器かジップロックに隙間なく詰め、空気が入らない様に閉じる。

P1080866_2

仕込んだ後は、時々様子をみるだけでいいので、とても手軽に手作り味噌が出来ます。

Dsc_0504

お味噌大豆には、良質のタンパク質や、抗酸化作用があるイソフラボンが含まれていますし、発酵によって、アミノ酸やビタミンなどが豊富です。
お味噌というと、塩分を気にされる方もいると思いますが、そんな時には、カリウムと一緒に摂ると、体から排出されやすくなりますので、カリウムを多く含む野菜を沢山入れたお味噌汁に使うといいですね!

初挑戦の手作りお味噌ですっかり味を占めたので、また年明けに、寒仕込みでお味噌を作りたいなと思っています。

そんなお味噌ですが、もちろん鎌倉まめやさんには、お味噌味お豆さん「みそ落花生」がありますよ。

Misopea_2

落花生と甘じょっぱいお味噌味は抜群の相性です。

来週は、手作り味噌を使ったレシピを御紹介しますね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方にはお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年11月 5日 (土)

11月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

鎌倉の木々もほんのり紅葉してきた今月は鎌倉まめや小町通り店さんにお伺いしました。

P1370793

お話を伺ったのは、望月祐子さんです。

P1370801

11月のお豆さんは、旬のりんごをこの季節らしいホットな味わいにした焼きりんご

P1370807

人気のりんご味をベースにシナモンで味を付けていて、甘酸っぱいりんごシナモンの香りがフワッと漂い、後にじんわりとシナモンのスパイシーな味わいが残ります。

P1370827

「焼きりんご」と言えばいつも12月のお豆さんとして販売されていましたが、今年は12月にクリスマスらしいものを新たに発売する予定なのだそうで、そちらも楽しみですね!

この時季らしい季節の豆菓子詰め合わせ「紅葉」もやっぱり外せません。

P1370803

美しい紅葉の友禅紙が掛かった袋の中には、マヨネーズ・りんご・チェダー・いろどり(カレー、海老)・みそ落花生が各2個ずつ入っています。

P1370862

この中のりんごと今月のお豆さんの焼きりんごと、また違った2つのりんご味を食べ比べてみてくださいね。

P1370819

そして、この時期限定の「カフェラテピーナッツ」

P1370822

香しいコーヒーとコクのあるミルクがマッチした甘党さんが喜ぶ味わいです。

P1370805

今月中旬頃から鎌倉の紅葉も見頃を迎え始めますので、鎌倉まめやさんのお豆と共に、紅葉狩りにお出掛けくださいませ。

P1370802

望月さん、ありがとうございました!

P1370842只今、鎌倉まめやエキスト店さんは、鎌倉駅駅ビルの改修工事に伴う休業で、来年の4月にリニューアルオープン予定ですので、それまでの間、鎌倉駅にお越しの際には、小町通り店を御利用いただけると幸いです♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね。

*****************************************************************************

2016年10月29日 (土)

*マリエリカ*さんインタビュー~「Prolog∞花咲くとき」後編~

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週に引き続き、この番組のエンディングテーマ曲「かざぐるま」の演奏者であるヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんにお話を伺いました。

↓写真左がヴィオラを担当されている妹さんのMARIEさん、写真右がピアノを担当されているお姉さんのERIKAさん

P1370685

11月19日(土)茅ヶ崎市民文化会館小ホールで開催されるコンサート「Prolog∞~花咲くとき」ですが、2部構成となっていて、美しい映像と音楽のコラボレーションや、地元の小学生による合唱も行われるとの事。

*マリエリカ*さんの色とりどりの音楽にどんな映像が組み合わさるのか、とても気になりますよね!

P1370691

そして、*マリエリカ*さんの演奏に合わせて、お二人の地元・茅ヶ崎市の小学生が合唱をするという事で、子ども達の澄んだ声は、*マリエリカ*さんの音色とピッタリなのではと想像するだけでもワクワクしてきます♪

チケット料金は、前売り4,000円、当日4,500円、学生2,500円、未就学児無料です。

P1370693_4

11月19日(土)午後5時30分から、茅ヶ崎市民文化会館小ホールで開催されるコンサート「Prolog∞~花咲くとき」、皆様、是非、お出かけくださいね。

【*マリエリカ*自主企画】 Prolog∞花咲くとき *マリエリカ*コンサート
日にち:11月19日(土)
時間:18:00開演/17:30開場 
会場:茅ヶ崎市民文化会館小ホール 
入場料:4,000円 /当日券:4,500円 /学生:2,500円 ※全席指定・未就学児は無料  
◇お問い合わせ:キャピタルビレッジ Tel.03-3478-9999 
一般発売 2016年7月1日(金)~
チケットぴあ(Pコード:302-813)
ローソンチケット(Lコード:74600)
イープラス
キャピタルヴィレッジ

Marierika
「鎌倉まめタリアーナ」のエンディングテーマ曲「かざぐるま」*マリエリカ*さんの4thアルバム「雅―mi ya bi―」に収録されています♪



来週10月31日(月)はハロウィンです!

P1370850

ここ数年で日本でもハロウィンのイベントが定着してきましたので、この週末はハロウィンパーティーにお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

P1370844

鎌倉まめやさんでは、ハロウィンに喜ばれる事間違い無しのセット(「かぼちゃプリン」「きなこチョコ大豆」 「紅白レーズンチョコ」「チョコ大豆」 「りんご豆」「紫芋スイートポテト」 各2個) が販売されていますよ。

P1370846

お豆スイーツで、素敵なハロウィンをお過ごしくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年10月22日 (土)

*マリエリカ*さんインタビュー~「Prolog∞花咲くとき」前編~

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、この番組のエンディングテーマ曲「かざぐるま」の演奏者であるヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんがスタジオに来てくださいました♪

Marierikasan

↑右手手前がお姉さんでピアノを担当されているERIKAさん、奥が妹さんでヴィオラを担当されているMARIEさん

11月19日(土)*マリエリカ*さんが故郷・茅ケ崎でコンサート「Prolog∞花咲くとき」を開催されるという事で、お話しを伺いました。

コンサートのタイトル「Prolog∞花咲くとき」のプロローグ(Prologue)には本来、「序章」 や「物事の始まり」と言った意味がありますが、*マリエリカ*さんはそこに∞(infinity)を付ける事で、これからもずっと同じスタイルでありたいという想いを込めていらっしゃるそうです。

お二人の強い信念を感じ、改めて素晴らしい活動をされている事を実感しました。

P1370676

コンサートは、午後5時30分開場、6時開演の2ステージ、全2時間の公演との事で、現在、上映中のANA機内上映番組「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」のテーマ曲を始めとするオリジナル楽曲を映像と共に楽しめる仕掛けや、地元小学生とのコラボレーション企画もあるそう!

これはコンサート内容の詳細がとっても気になる所ですが、続きは来週、伺います♪

【*マリエリカ*自主企画】 Prolog∞花咲くとき *マリエリカ*コンサート
日にち:11月19日(土)
時間:18:00開演/17:30開場
会場:茅ヶ崎市民文化会館小ホール
入場料:4,000円 /当日券:4,500円 /学生:2,500円 ※全席指定・未就学児は無料 
◇お問い合わせ:キャピタルビレッジ Tel.03-3478-9999
一般発売 2016年7月1日(金)~
チケットぴあ(Pコード:302-813)
ローソンチケット(Lコード:74600)
イープラス
キャピタルヴィレッジ

P1370682

*マリエリカ*さん、ありがとうございました!

この日は、MARIEさんERIKAさんも私も洋服の差し色が赤で、揃っているのが嬉しくなってしまいましたよ^^

Marierika
「鎌倉まめタリアーナ」のエンディングテーマ曲「かざぐるま」*マリエリカ*さんの4thアルバム「雅―mi ya bi―」に収録されています♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年10月15日 (土)

「落花生とカボチャのハロウィンサラダ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週のお豆のチカラでお話しした、落花生を使って、今月末のハロウィンにも合う様な簡単レシピを御紹介ますね。

Dsc_0430

ハロウィンの主役の野菜・カボチャ落花生は茹でると同じホクホク食感に。

一緒に和えて、サラダにしましょ♪

Dsc_0206

ここに、鎌倉まめやさんの「かぼちゃプリン&紫芋スイートポテト豆」を飾るのがポイントですよ!





「落花生とカボチャのハロウィンサラダ」

Dsc_0405_2

材料(4人分):
落花生(生) 200g
カボチャ 1/4個+飾り(器)分
マヨネーズ 大さじ3
ヨーグルト 大さじ1
塩 適量
ココナッツオイル(又はパウダー) お好みで(大さじ1程度)

作り方:
1)落花生は殻を割って、割れ目を入れておく。

P1370374

 *殻から出しておくと、更に茹で時間が短くなります。

P1370376

2)鍋に水と塩と落花生を入れて茹でる(殻付きで沸騰してから25分程、殻無しで15分程)。

P1370383

3)カボチャはラップをしてレンジで加熱し、一部は飾り用に型抜きし、残りは荒く切っておく。

P1370400

 *ジャックオーランタンの器として、カボチャを1個丸ごと加熱して、ナイフで切り、中の種を抜いておきます。

P1370403

4)落花生(薄皮ごと)とカボチャとマヨネーズ、ヨーグルト、塩、ココナッツオイル(お好みで)を和える。 

P1370407

5)器に盛り、落花生やカボチャ、鎌倉まめやさんの紫芋スイートポテト&かぼちゃプリンを飾って出来上がり♪

Dsc_0413

*マヨネーズやヨーグルトの代わりに生クリームを使うとコクのあるスイーツな味わいに、豆乳や牛乳を使うとさっぱりとした味になります。カボチャの水分量を見て、量を調整してくださいね。
*ココナッツオイルやパウダーの代わりに、ココナッツミルクを使う際には、カボチャの水分量が多い場合、加熱はココナッツミルクで煮ると、水分量が調整しやすくなります。

    

 

鎌倉まめや長谷本店さんの上野恭子さんに召し上がっていただきました。

P1370415

 「茹で落花生は初めて食べるのですが、落花生の食感が想像と違います! 固いのかと思ってましたけど、ホクホクしていて、栗みたいですね。芋栗南瓜大好きなので、このカボチャサラダもいいですね」

P1370414

上野さん、ありがとうございました♪

Halloween_2

鎌倉まめやさんでは、ハロウィンのアソートセットとして、ハロウィンナッツ(パンプキンプリン・紅白レーズン・大豆チョコボール・きなこチョコボール・紫芋・りんご 各2個12個入り)も御用意していますので、ハロウィンパーティーのお持たせ等に御利用くださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年10月 8日 (土)

落花生の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、旬のお豆・落花生について御紹介しました。

Photo_4

鎌倉まめやさんの殻付き落花生

落花生はマメ科の植物で、一般的には、殻がついた状態のものを落花生、炒った状態のものをピーナッツと呼ぶことが多いですよね。

P1370272 鎌倉まめやさんの特選落花生~自然の味

夏に黄色のお花を咲かせ、受粉してお花が落ちて、お花から伸びた部分が地面に潜り込んで実を付けるので、漢字でちるからまれる、と書いて、落花生と呼ばれるようになりました。

Photo_2

↑落花生のお花

英語では、ピーナッツと呼ぶ他に、groundnutとも呼ぶそうです。
南米のアンデス地方が原産で東アジアを経由して、江戸時代に日本に持ち込まれたと言われていて、当時は、「南京豆」と呼ばれました。
沖縄では、地面の地の豆と書いて、「ジーマーミ」とも呼び、生の落花生を使ったジーマーミ豆腐がありますよね。

栽培の記録としては、明治の時代に神奈川県で栽培を始めたという記録があるので、神奈川が落花生発祥の地と言われています。

Photo_3

↑以前、FMヨコハマで担当させていただいていたJA Fresh Marketの取材で、秦野市の名古木掘り取り観光組合で落花生の収穫をさせていただきました。

落花生には、良質なタンパク質や、血中の中性脂肪等を下げ、生活習慣病を予防する効果があると言われているオレイン酸やリノール酸が豊富に含まれています。

P1370364_2

更に、落花生の渋皮の部分(薄皮)には、ビタミンEや抗酸化作用があるレスベラトロールを含むので、茹でたり炒ったりしたものを、薄皮ごと、いただきたいですね。

P1370367

生の落花生が手に入るのは今だけです!
さすが落花生の発祥の地である神奈川県内では、この時季、直売所に行くと、並んでいる事がありますので、是非、落花生の旬を楽しんでくださいね。

ちなみに・・・

来週10月13日(金)は「豆の日」です。
昔から十五夜には里芋を、十三夜にはお豆をお供えして食べていた習慣から、十五夜は「芋名月」、十三夜は「豆名月」とも呼ばれ、旧暦9月13日の「十三夜」にあたる10月13日「豆の日」と制定されました。

そして、「ピーナッツの日」もあるのですよ。
11月11日「ピーナッツの日」
11月は美味しい落花生の新豆が出回る時期であり、ピーナッツは1つの莢に2つのお豆が入っていて、11が2つ重なるこの日を「ピーナッツの日」として制定されました。

来週は、生の落花生を使ったレシピを御紹介しますね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね。

*****************************************************************************

2016年10月 1日 (土)

10月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

季節を分かつ秋雨が続いて、涼しくなってきた今月は鎌倉まめや長谷本店さんにお伺いしました。

P1370453

お話を伺ったのは、店長の小澤久仁子さんです。

P1370463

10月のお豆さんは、「かぼちゃプリン&紫芋スイートポテト豆」です

P1370421

明るいオレンジ色のカボチャプリンはミルキーな味わい、本物の紫芋さながらの色合いの紫芋スイートポテトは、バターと紫芋の風味が広がります。

中に入った柔らかい落花生と、ほっこり系の甘いお味との相性が抜群!!

P1370443

そんな、紫芋スイートポテト豆は、季節の豆菓子詰め合わせ「秋の豆」にも入っています。

Akinomame

「紫芋のスイートポテト」「りんご」「いろどり豆」「そら豆カレー」「味噌落花生」の5種類が各2個10個入り。

サツマイモ(紫芋)、カボチャときたら、やっぱり芋栗南瓜ですから、栗!

P1370422

「モンブランピーナッツ」は、栗の風味が濃厚で、秋らしい商品です。

P1370445

これから秋物のお豆が次々入荷される予定との事ですので、是非、小さい秋を探しながら鎌倉まめやさんで秋の味覚も楽しんでくださいね。

小澤さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね。

*****************************************************************************