fyb_switch_to_sp_js

2017年8月 6日 (日)

Local First for Tomorrow #10「Small Doから…」

今回もローカルファースト財団の副理事長であり、
ローカルファースト研究会のメンバーでもある、
東海大学の杉本洋文教授にお話をうかがいました。

0730_0806_3

日本の7割は森林におおわれているにも関わらず、年間3割しか日本の木は使われていないそうです。

日本の建築物に日本の木をもっと使わなくては!

これってまさしくローカルファーストの考え方。

そんなところから活動を始めてきた杉本先生は、この発想を街づくりの考え方につなげていったそうです。

Small DoからMiddle Do、そしてBig Doへ。。。
小さな成功を積み重ねて
大きな成功に持って行くという考え方が、
今の街づくりには大事。

やはり大事なのは小さなことの積み重ね!
「1日1ローカルファースト」
みなさんもやってみませんか!?

0730_0806_8

ローカルファースト研究会のホームページから
過去の放送を聴く事ができます!

http://www.local-first.info

2017年7月30日 (日)

Local First for Tomorrow #9「日常の豊かさを取り戻すこと」

今回はローカルファースト財団の副理事長であり、
ローカルファースト研究会のメンバーでもある、
東海大学の杉本洋文教授にお話をうかがいました。
淺野の師匠(!?)というだけあって、
ローカルファーストの本場ポートランドのお話をはじめ、
大変奥深いお話をうかがうことができました。

0730_0806_2

杉本先生にとってローカルファーストとは「日常の豊かさを取り戻すこと」。

取り戻すという事は、
一昔前の日本では普通にあった光景ということですからね。
大切なのは1人1人の意識。
「1日1ローカルファースト」実践していきましょう!

0730_0806_5

ローカルファースト研究会のホームページから
過去の放送を聴く事ができます!

http://www.local-first.info

2017年7月23日 (日)

Local First for Tomorrow #8「地産地消の町はトラックが少ない」

今回もローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんに
ローカルファーストの本場!アメリカ西海岸のお話をうかがいました。


西海岸の高速道路ではトラックが見当たらなかったそう。


生産されたものが、その土地で消費される事により
結果的に不要な物流が減っているためなのだそうですが、
モノが動かないということは、消費者は新鮮なものを手に入れることができるし、
それにともなうコストも抑えられ、地球にも優しいし、
みんなのお財布にも優しいんですね!
さすがローカルファーストの本場!

2017年7月16日 (日)

Local First for Tomorrow #7「ローカルファースト」なスーパーと消費者

今回はローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんに
ローカルファーストの本場!アメリカ西海岸のお話をうかがいました。

まず教えてもらったのがスーパーマーケット。

西海岸のスーパーマーケットでは、
消費者がローカルチョイスができるように、

それをあらわすシールがしっかりと貼ってあるそうです!
生鮮食品はもとより、なんと「たわし」にまでローカルシールが貼ってあるそうですよ!逆にここまでしないと消費者に相手にされないんだとか。

スーパー、消費者どちらも意識が高い!さすがローカルファーストの本場!!

魅力的なローカルファーストなスーパーマーケット、
それを支える消費者が街を作ってるんですね!

Img_0005

2017年7月 9日 (日)

Local First for Tomorrow #6「地域が誇れる宝物」をみがくこと

今回も茅ヶ崎にあるアイスクリーム屋さん「プレンティーズ」のオーナーでもあり、

ローカルファースト研究会発足当初からのメンバーでもある長谷川裕さんにお話をうかがいました。

 

S__16564226_2

Img_7408

ハワイ・ホノルルで10月に開催される「茅ヶ崎フェア」。茅ヶ崎にまつわる食品、物品など幅広く茅ヶ崎をPRできるようなものが出品されます!

 

ホノルルに持って行くものは茅ヶ崎が誇れる「宝物」。

「宝物ってなんだろう!?」

とみんなで探す機会が生まれ、それをハワイで知ってもらうことで、

さらに「宝物」が磨かれ広がっていく。

これが地域をよくすることになり、ローカルファーストにつながっていくんですね!

10月にホノルルで行われる「茅ヶ崎フェア」の詳細は、「茅ヶ崎商工会議所」のサイトでチェックしてみてください。

茅ヶ崎商工会議所

http://www.chigasaki-cci.or.jp

S__16564227

2017年7月 2日 (日)

Local First for Tomorrow #5「地域の思いを受け継ぐということ」

Img_7408

茅ヶ崎にありますアイスクリーム屋さん「プレンティーズ」のオーナーでもあり、

ローカルファースト研究会発足当初からのメンバーでもあります、長谷川 裕(はせがわ ゆたか)さんにお話をうかがいました。


2005年から茅ヶ崎でお店を始めたという長谷川さん。最初は飲食関係の仕事をしていたそうなのですが、30歳の時にアイスは他の食べ物よりも人生に長くつきあえる、
世代を超えたコミュニケーションツールになるのでは!
という事で「プレンティーズ」を始めたそうです。

「プレンティーズ」で働く人達はほとんど地元の先輩後輩のつながりでできていて、アルバイト募集は一切していなとか。凄い!


アイスを通して地域の思い、長谷川さんの志を受け継いでいる。
これ自体がローカルファースト。


来週も長谷川さんに色々とお話をうかがいたいと思います。お楽しみに!

2017年6月25日 (日)

Local First for Tomorrow #4「もし、地域に優しい選択をしないと…」

今回もローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんにお話を伺いました。

Img_0006_1

皆さんは昔からお気に入りのレストランなどに最近行っていますか?
街にやさしい選択をせずにいると、
こういうお店は無くなってしまうそうです!(衝撃!)

もちろん1回行かないだけでお店が無くなるわけではないのですが…
1人1人の行動が積み重なり、気づいた頃には時すでに遅し(!)
お客さんが来なければお店は成り立ちませんので、
本当につぶれてしまうのだそうです。


そして気づいた頃には、どこかで見た事のある同じような街の風景に。
便利な面ももちろんありますが、なんだか寂しいですよね。
消費者である私たちが商業施設と個人商店をうまく使い分ける。
そういう意識を持つことが大切ですね。
1か0ではなく、バランスのよい選択をする。
ローカルオンリーではなく、ローカルファースト。
自分の好きな街は自分で作るという気持ちが、
街の魅力を高める事につながるんですね!

2017年6月18日 (日)

Local First for Tomorrow #3「ローカルファーストに気づくこと」

今回もローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんにお話を伺いました。
皆さんはお世話になっている人へのお土産はどこで買いますか?
Img_0003_2もし地元の馴染みのオススメのお店をより多くの人に知ってもらいたいという思いで選んでいるのであれば、それはもう、ローカルファーストになります。
何も考えないで買うのではなく、ローカルファーストに気づいてから買うと、行動に対して価値がでてくる。素直に得した気持ちになるんですよね。

これがめぐりめぐって地域で経済がまわり、
お店が増え、雇用が生まれ、街が豊かになっていきます。
1人の行動が街を作る。淺野さんが言っていた「1日1ローカルファースト」
皆さんも是非実践してみて下さい!

2017年6月11日 (日)

Local First for Tomorrow #2「地域に優しい選択」

今回もローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんにお話を伺いました。
皆さんは本が欲しい時にネット通販で頼みますか?
それとも地元の本屋さんで頼みますか?

Img_0005_2

最近はボタン1つですぐに本が届く便利な世の中になったので、ネットで頼むという人も多くなっていると思いますが、
みんながみんなネットで本を買っていたら、地元の本屋さんはどうなってしまうのでしょうか?

淺野さんからは、もしどちらで買ってもよいという状況であれば、地域にとって「やさしい選択」をすることが、
ローカルファーストにつながっていくとお話いただきました。
たしかに、この「やさしい選択」をするかしないかが、街の風景が変わる事につながるのかもしれませんね。
あっ!これってもしかして街を作ってる!?

2017年6月 4日 (日)

Local First for Tomorrow #1「街は誰がつくっているの?」

Img_0001_1

突然ですが皆さんは自分の街の魅力といったら何ですか!?
緑が多い?治安がよい?お祭がある!?
1回目の放送では、「自分の街をいったい誰が作っているのか!?」についてお話しました。
街を作るといっても、お金も、人も、色々な許可も必要だし、
いわゆる行政機関が街を作ってると思うのですが…

Img_0002_1ローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんからは、
街を作っているのはその地域に住んでいる1人1人で、どこで買物をする、どういう手段で目的地に行くなど、その行動自体が街を作っているというお話をしていただきました。

そしてそんな行動や考えること自体がローカルファーストにつながっていくそうです!
自分1人の行動で街の魅力がまたひとつ増えるかも!?
そう考えるとなんだかワクワクしてきますね!