fyb_switch_to_sp_js

« Local First for Tomorrow #6「地域が誇れる宝物」をみがくこと | メイン | Local First for Tomorrow #8「地産地消の町はトラックが少ない」 »

2017年7月16日 (日)

Local First for Tomorrow #7「ローカルファースト」なスーパーと消費者

今回はローカルファースト研究会 代表の淺野真澄さんに
ローカルファーストの本場!アメリカ西海岸のお話をうかがいました。

まず教えてもらったのがスーパーマーケット。

西海岸のスーパーマーケットでは、
消費者がローカルチョイスができるように、

それをあらわすシールがしっかりと貼ってあるそうです!
生鮮食品はもとより、なんと「たわし」にまでローカルシールが貼ってあるそうですよ!逆にここまでしないと消費者に相手にされないんだとか。

スーパー、消費者どちらも意識が高い!さすがローカルファーストの本場!!

魅力的なローカルファーストなスーパーマーケット、
それを支える消費者が街を作ってるんですね!

Img_0005

コメント

昨日のオンエアーを初めて聞きまして、驚きました。地域の消費者が意識をもってお店を支えている。私はクスリの専門家として、EUなどを訪問していて同じような市民の意識を肌で感じました。クスリも同じように地域の住民が薬局を選択する際に意識をもって選択していると言うことです。リテラシーが高いことを感じます。食品として地元のものに対するリテラシーをもつ、とても大切なことですね。
chuiken@zd5.so-net.ne.jp

コメントを投稿