fyb_switch_to_sp_js

momo Feed

2017年9月16日 (土)

日頃から防災を意識しよう

神奈川県が行っている防災訓練「ビッグレスキューかながわ」をご紹介しました。

平成24年からスタートした「ビッグレスキューかながわ」ですが
これは災害現場で救出救助された方の命をつなぐための訓練として
救出救助訓練に加えて、日頃から野外における救命救助を訓練している
自衛隊、在日米陸・海・空軍と、DMATによる医療救護訓練を連携して行っています。

※DMAT=災害派遣医療チーム

今年は9月1日(防災の日)に行われました。
参加機関は143機関、訓練参加者は3000人、観客は7000人!
本当に名前通りの「ビッグ」な防災訓練なのです。

Img_79181

AED、心肺蘇生、水消火器を使った消火、ロープの結索、
ドライスモーク体験小屋での煙体験、要配慮者の車いすで搬送など
住民のみなさんが誰でも参加できる訓練ブースも設けられたそうです。

日頃から防災への意識を忘れないことで、いざという時に慌てず行動ができます。
また参加することで正しい知識を得る事ができますね!

ゲストの神奈川県災害対策課・小野主幹からは
「自助」「共助」「公助」を日頃から心がけてほしいというお話もありました。
神奈川県ではこれからも地元自治体と連携し、
県民のみなさんの「命を守る」「命を繋ぐ」ための
防災訓練(ビッグレスキューかながわ)を継続していくとの事でした。

「ビッグレスキューかながわ」については以前からその名前や内容は
知っていましたが、実は文字で見るだけでは(その規模が大き過ぎて)
いまいちピンとこないところもありました。が!

今回、小野さんからお話を伺うことで「ビッグレスキューかながわ」が
とても身近に感じました。来年はぜひ見学に行きたいです。


2017年9月 9日 (土)

キャベツでウニを育てる!

今回は神奈川県の水産技術センターが取り組んでいる、
ユニークなウニの飼育をご紹介しました。
ゲストは水産技術センターの臼井一茂主任研究員です。

Img_73191 
ここ10年ほど、三浦半島沿岸で発生している「磯焼け」という現象。
今まで森のように生えていた海藻がなくなって荒地のようになってしまいました。
この「磯焼け」を元の姿に回復させるため、水産技術センターでは
原因となるムラサキウニなどの除去に取り組んでいました。

一方、キャベツ栽培が盛んな三浦半島では利用されない割れたキャベツなどの
利用法が課題となっていました。

ウニってなんでも食べちゃうらしいよ」という言葉を耳にしたゲストの臼井さん。
そこでキャベツ海藻マグロの端材パンの耳などをムラサキウニに与え、
実入りを良くすること=食用に適したウニにならないか、実験を始めます!

ところで、ウニって普段何を食べているか知ってた?
と聞かれると、「うーん、そう言われると確かに何だろう?」という感じなのですが
まさかキャベツを食べるとは!!
だってキャベツと海藻って全く味が違うし…。食感も違うし…。
ムラサキウニも最初は「よく分からないけど美味しいぞ」と思いながら食べていたのかな。
臼井さんのお話を聞きながら妄想が広がります。

で。ムラサキウニ達、三浦半島産のキャベツを大変お気に召した模様!
湘南ゴールドも好きなんだとか。ぜいたく~。)
(でも春菊やハーブ系は苦手なんだそうです。)

美味しい三浦のキャベツを食べてきたムラサキウニ達、どうなったかというと…。
実入りも良くなり磯臭さや苦味がなく
まるでフルーツのような甘い味に変わったんだとか!
ちょっと前まで除去の対象となっていたムラサキウニが海の宝石に大変身!
あぁ、そこまで聞くと食べてみたくなります。

今後も養殖システムや餌のあげ方などを開発していくと
お話されていた臼井さん。
ウニが大好きな私としては全力で応援したい取組みです!(笑)
三浦の名産に「ムラサキウニ」が加わる日もそう遠くはないかも…♪

2017年9月 2日 (土)

ベトナムフェスタ in 神奈川 2017 ~FEEL Vietnam~

今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
今月15日から17日にかけて開催される
ベトナムフェスタ in 神奈川 2017」についてお話を伺いました。

現在、神奈川県内在住のベトナム出身者は国別順位でなんと4位。
県内で学ぶ留学生も増加しています。
黒岩知事も先日もベトナムを訪問するなど
神奈川県とベトナムは非常に関係が深い!
知事も「神奈川県はベトナムでとても有名だ」と仰っていましたね!

「ベトナムフェスタ in 神奈川」は今回で三回目。
今年のテーマは「~FEEL Vietnam~」です。
会場を県庁周辺だけではなく、みなとみらい21エリアまで拡大します。
飲食ブースは昨年の約1.5倍!
フォーやバインミーといった、ベトナム料理も心行くまで満喫できるはず!

今年はスタッフのみなさんもベトナムの伝統的な民族衣装「アオザイ」を着て
イベントに参加されるそうで、会場がベトナム色に染まること間違いなしです。

「ベトナムフェスタ」自体は9月15日から17日までですが、
私達、一般来場者が楽しめるプログラムやワークショップは
16日から17日までとなっています。

本日の放送で、黒岩知事からのリクエストでご紹介した、
ベトナムの超人気バンド「MTV band」のライブはもちろん、
ダンスや伝統楽器の演奏会、映画上映など盛り沢山です。
象の鼻パークへ行けば、ベトナム民族芸能の「水上人形劇」も観れちゃいます!

豪華賞品(ベトナム往復空港券!!など)が当たる大抽選会や、
お得な割引クーポン「ベトナムパスポート」も販売されますので、
これらも使って、一年に一度の大きなベトナムフェスタを楽しんで下さい!

Img_7280

とてもかわいいベトナムのランタン。
もちろんベトナムフェスタでお目にかかれます!
日程やプログラムなど、詳しくはHPでご確認ください。

ベトナムフェスタ in 神奈川 2017 ~FEEL Vietnam~

2017年8月26日 (土)

東京2020大会に向けて

東京2020大会まであと3年!(早いですね~!)
江の島が会場となるセーリング競技では、早くも来年からプレプレ大会が始まります。
今回は黒岩祐治神奈川県知事をお迎えし、東京2020大会に向けた
神奈川県の取組みや、現在行われているヨットフェスティバル
ENJOY 海 KANAGAWA」についてお話を伺いました。

Img_78721


今後、東京2020大会に向けた県のイベント情報もたくさんあります。

『1000日前イベント セーリング陸上体験会』
 10月28日(土) 藤沢市内のテラスモール湘南で開催。
 オリンピアン・パラリンピアンのトークイベントや
 セーリング艇の試乗ができる陸上体験会が開催されます。

『かながわパラスポーツフェスタ2017』
 パラリンピアンを招いての講演やトークショー、
 パラリンピック競技の体験など盛り沢山のプログラムです。
 第一回は本日(8月26日土曜)、相模原市立総合体育館にて
 12:30からオープニングイベントがスタートします!
 第2回は、10月21日(土)に箱根町総合体育館(予定)にて。
 第3回は、11月5日(日)に厚木市荻野運動公園(予定)です。

『セーリング海上体験会』
 現在申し込み可能な回は小中学生と18歳以下の障がいのある方が対象。
 申し込みは特設サイトまで。もしくは「セーリング体験会」で検索!

『470(よんななまる)クラス ジュニアワールドチャンピオンシップ』
 セーリング470級は、世界選手権大会とは別に毎年、24歳未満を対象とした
 ジュニアワールドを開催します。今年は江の島で開催!
 開催日程は、本日(8月26日土曜)から9月2日(土)までです。

番組内でお伝えした情報も含めて、こちらでも再度ご案内しました!
まだ詳細が決定していないものもありますがぜひ参考にして下さい!

2017年8月19日 (土)

モモセレクト チカタビプラン

神奈川ならではの体験プランを集めたトラベルサイト

「神奈川チカタビ」

ご存知ですか?
神奈川ならではの自然・歴史文化・風土などの観光資源を活かした
体験プランを紹介する予約販売トラベルサイトです。

今回はいろんなプランが満載の「神奈川チカタビ」から
私が参加してみたいプランをいくつかと
スタジオにお越し頂いた神奈川県観光協会の相原裕さんおススメの
旅プランをご紹介しました!

Img_78461
ちなみに「神奈川チカタビ」という名前の由来は
①距離が「」い=思い立ったらすぐに行くことができる!
②地域を身「」に感じる=地域ならではの自然、習慣、食などを体験できる!
③親「」感がある=商店街の店主や農家など、地域の人と交流ができる!
という意味が込められています。

それらを満喫できる、モモセレクトのチカタビプランは…

「円覚寺・帰源院 鎌倉のお寺で坐禅で心と体のメンテナンス」

(詳細は↑をクリック!)
いいですね~。私の緩んだ気持ちと体をシャキっとさせてくれそうです。
普段立ち入ることのできない、円覚寺「帰源院」での座禅体験。
所要時間も2時間~2時間30分ということで
充分日帰り可能。そのまま清い心で鎌倉散策も良さそうです。
料金は一人8,500円。(別途、お寺拝観料と寺参銭が必要となります)

茅ヶ崎でサーフィン体験 カフェでのお食事
 ~あなたの日常に湘南ライフの豊かさを~」

(詳細は↑をクリック!)
密かに私が一度やってみたいと思っているサーフィン。
茅ヶ崎で2時間ほどサーフィンを体験した後、「NANDカフェ」でお食事も楽しめる!
マリンレジャーに必要な物をレンタルすることができる「手ぶらパック」もあります。
無理のないマンツーマン指導なので、シニア世代の方も楽しめます!
「茅ヶ崎」で「サーフィン」をする!という響きがもう、憧れますね。(笑)
こちらは手ぶらパックの場合、一人10,000円。
所要時間は、朝9時から夕方4時までということで一日満喫できますね。

他にも様々な個性豊かなプランがたくさんあります。
神奈川県内にお住まいの方も、きっと行った事がない場所、
体験してみたいこと…ありますよね?!
(もちろん、県外にお住まいの方もご利用いただけます!)
プランを見ながらあれこれ想像するのも楽しいです。
これからもどんどん魅力的なプランが増えていくということなので
ぜひチェックしてみてください!

2017年8月12日 (土)

がん検診のすすめ

毎年9月はがんと、その予防についての正しい知識の徹底と、
早期発見・早期治療を普及させるための「がん征圧月間」。
(でも当然、9月だけではなく常に気にしていたいですね。)

今回は「がん検診のすすめ」というテーマで
神奈川県 がん・疾病対策課の中郡遼子さんから
神奈川県のがんの現状やがん検診の状況など、
また、4年前に乳がんを経験されたFヨコ「ラジオショッピング」金曜日担当の
小林アナさんに当時のお話などをうかがいました!
中郡さん、アナさん。貴重なお話をありがとうございました。

Img_78011

アナさんが乳がんを患った時の当時のお話は

「私、乳ガンになりました」
https://ameblo.jp/kobayashiana/entry-11565997783.html

こちらに詳しく書かれているのですが、
当時、このお話を聞いた時は「年齢の近い知り合いがまさか…!」と
大変驚き、心配したのを覚えています。

この「まさか…!」というのがそもそも間違いなのですが。
がんの現状を聞くと、まったくの他人事ではないのです。
私自身、父をがんで亡くしていますし、
アナちゃんの話はがん検診をきちんと受けるきっかけになりました。

がんは早期発見と早期治療で治癒率が高まります。
自覚症状のない早期がんの発見には、がん検診が欠かせません。
また、早期に発見する事ができれば、それだけ治療の選択肢も広がります。

お住まいの市町村や、加入している健康保険組合などで
がん検診を受けることができます!
「忙しくてなかなか…。」という方もいらっしゃるかもしれませんが
今回の放送で一人でも多くの方が「そっか、検診行ってみようかな」と
思ってくださると嬉しいです。
何度でも言いますよ~。がん検診、受けましょう!

2017年8月 5日 (土)

食中毒を予防しよう

行楽シーズンに限った話ではありませんが、
特に夏場は食中毒が発生しやすい季節です。

海や山でのバーベキュー、お弁当、暑い台所、などなど
食中毒の魔の手(菌)がウヨウヨ~。
「楽しかった夏」が「食中毒で苦しんだ夏」にならないよう、
今回は「食中毒のお勉強と予防方法」について
神奈川県生活衛生課 食品衛生グループの岩田主任技師に
お話をうかがいました。

Img_77641
夏に発生しやすい食中毒トップ3は

ノロウィルス
カンピロバクター(鶏肉の不十分な加熱が主な原因)
アニサキス(魚の内臓に寄生する菌。肉眼でも確認できるそうです。)

だそうです。
他にも牛などの家畜が保菌している「腸管出血性大腸菌」や
人の鼻や皮膚などに付着している「黄色ブドウ球菌」、
カレーの常時保温などが原因で大増殖する「ウェルシュ菌」など
食中毒たちはとても身近なところに潜んでいます。

食中毒を予防するために大切なのは
付けない】【増やさない】【やっつける】だそうです。

こまめな手洗いや、調理器具を清潔に保つこと!
(時計や指輪も外してね。)

夏場はお買い物をしたら早めに帰宅すること!
(禁・寄り道。)

お肉やお魚などは中心まで徹底して加熱すること!
(たたきは美味しいですけどね。でも!)

おにぎりは調理用手袋やラップを活用しましょう!
(お母さんが握ってくれるおにぎりはとても美味しいですが、
あなたの具合が悪くなってしまっては台無しです。)

食中毒は私も経験がありますが、あの苦しみったら!
(どのような症状が出たのか、詳しい話はアレなので省略します!)
『カレーは一晩寝かせると美味しくなる』という定説も、
夏場は特に避けましょうね!夏はカレーが美味しい季節!だからこそ。

食中毒について詳しくはこちらでも読む事ができます。
神奈川県 食中毒に関すること

2017年7月29日 (土)

ともに生きる~事件から1年~

黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えしてお送りしました。
今回のテーマは「ともに生きる~事件から1年~」。
津久井やまゆり園の事件から1年経ちました。

かつて類を見ない悲惨な事件を振り返り、
発生当時の事を思い出すと今でも身の毛がよだつ。と仰っていた知事でした。

家族会の方々とお目にかかり、また、助かった方々を訪ねてみると
そこでは笑顔が溢れ、笑い声が起こっているというギャップに驚いたそうです。

これは、事件後、誰一人辞めることなく現場に留まって下さった
職員の皆さんが「今まで通りのケア」を続けて下さったから。というお話が
非常に印象的でした。

県では昨年10月に「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。
ともに生きる社会の実現を向けて神奈川県では

「ともに生きる社会かながわ推進週間」を定めました。
事件の発生した7月26日を含む1週間で
今年は7月24日(月)~30日(日)

ポスターや動画によって広報するほか、
県職員が「ともに生きる社会かながわ推進週間」のTシャツを着用して
職務に従事するなど、多くの人の目に触れていただく事で
改めて「ともに生きる社会」について考えていくきっかけにしたいという
思いが込められています。

Img_77391

また、10月には「みんなあつまれ2017」というイベントも開催します。
これは音楽やスポーツなどを障害のあるなしに関わらず、
みんなで一緒に楽しみ、同じ時間や体験を共有することで
「ともに生きる社会」を自分の身近に考える機会にしよう。というもの。

「ともに生きる」
改めて考えるテーマでしたが、無関心でいる事が最もいけないこと。
私自身も今日の放送をきっかけに、
「誰もが安心してともに暮らせる・ともに生きる社会」について
考えていくべきだと感じました。

2017年7月22日 (土)

農業を支える女性の力

今日ご紹介した「ふるさとの生活技術指導士」。
これは、農家・農村地域に受け継がれてきた生活技術を伝えている方を
神奈川県が認定している制度です。

Img_76991
ゲストにお迎えした、ふるさとの生活技術指導士の大塚美恵子さんは
厚木市内でお米を生産している女性農業者。
厚木産の米粉を使ったシフォンケーキも生産されています!

このシフォンケーキを試食させていただいて
私は米粉初体験だったのですが
モチモチしているのに口の中で溶けるような食感!

Photo_3

濃くキレイなオレンジ色のシフォンケーキを食べてから
思わず「これはニンジン味ですね!」と言ってしまいましたが、
(※実際いただいたのはプレーン味だった。)
このオレンジは卵黄のオレンジなんだそうです!

素材にもこだわったシフォンケーキ。おいしかった!
大塚さんが開催されている、米粉シフォンケーキ作り教室が
人気なのもうなずけます。

大塚さんご自身、食品にアレルギーがあり、安心して食べられるお菓子を
自分で作れるように勉強したのがはじまり。
たまたま家に小麦がなく、ためしに米粉で作ったのがきっかけだなんて
変な言い方ですが、「大塚さんの家に小麦がなくてよかった!」(笑)

既に100種類ほどのレシピがあるそうですが(!!)
旬の野菜や果物を使ったシフォンケーキは

JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」本店
JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」相川店
JAあつぎの依知支所の直売所

で販売されています。
常に3種類以上が並ぶようにしているそうです♪おためしあれ!

とても色白でおっとりした雰囲気の大塚さん。
田んぼに出ればトラクターやコンバインを自由自在に操る農家さんには
見えなかったのですが!大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

2017年7月15日 (土)

貝殻アート かいのどうぶつえん

今日はスタジオにたくさんのかわいいどうぶつたちが来てくれました!
うさぎにひつじ、チンパンジー、カエル、コツメカワウソ…にぎやか!

湘南の浜辺で拾った貝殻を使って、いろんな動物を作り、
動物園にしてしまったという
かいのどうぶつえん」園長の角田元さんがゲストでした。

Img_76501 
15年ほど前、海岸を散歩していた時に偶然見つけた貝殻が
動物に見えた事がきっかけで貝殻のどうぶつを作り始めたという角田園長。

貝殻に新たな命を吹き込み、動物として甦らせる…といった感じでしょうか!
今や作品は1000点以上。
WEB上に存在する「かいのどうぶつえん」でも充分見応えがありますが
スタジオにお持ちいただいた作品を見てビックリ・・・・。

すっっごくかわいいのです!!!

Img_76511

貝本来の色や形を活かすため、作品作りのこだわりは
「割らない 塗らない 削らない」。

「割ってないんですか?!塗ってないんですか?!削ってないんですか?!」
と、ひとつひとつの小さくてかわいらしい貝殻&動物たちをみて驚くばかり。
とてもキレイな色の貝殻も、着色せずに一切手を加えていないとのこと。
貝殻って美しいんですね。動物の姿だけではなく、貝殻の模様なども楽しめます。

Img_76521

どの作品にもきちんとストーリーがあり、
園長さんのお話を聞きながら眺めていると優しい気持ちになれました。

貝殻は固いはずなのに、動物に生まれ変わるとやわらかく見えるのが不思議…。
葉山のご自宅前には、作品展示用のショーケースをつくり、
毎週土曜日に新作を発表しているそうです。
ご近所の方がうらやましい・・・。

Img_76571

ぜひ、角田園長の作品を実際に見て頂きたい!!
番組でも告知してくださいましたが、改めて・・・

「出張かいのどうぶつえん in 葉山図書館」
7月25日(火)~8月27日(日)
新作も並ぶそうですよ♪ 観覧は無料です。

Img_76561 
お子さんの自由研究の参考になりそうですね!
なーんて言っていたのですが、こういうのって大人の方が
ハマっちゃったりするんですよね!ふふふ。
あぁ私も貝殻を拾いに行きたい・・・作ってみたい!!