fyb_switch_to_sp_js

momo Feed

2018年6月16日 (土)

神奈川の洗濯ブラザーズが登場

今回のゲストは「洗濯ブラザーズ」こと、
横浜市都筑区のクリーニング店「LIVRER」の茂木貴志さんと茂木康之さん。
(貴志さんがお兄さんで、康之さんが弟さんです♪)

Img_93311 街のクリーニング店を営む傍ら、ポール・マッカートニーや
ブルーノ・マーズといった国内外のトップアーティストのライブ衣装や
「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台衣装などのクリーニングも
請け負っているという、すごい方々なのです。

大阪で生まれたお二人がなぜ神奈川県内でクリーニング業を始めたのか、
そのきっかけや、有名アーティストの衣装を扱う時の苦労などを
たっぷりとうかがいました!

そしてLIVRERといえば、オリジナル洗剤。
私も以前から愛用させていただいているのですが、
植物由来の成分で環境にも優しい上、柔軟剤が不要という
人にも環境にも優しい洗剤なのです!

現在は「洗濯ブラザーズ」として「センタクノシカタ」を教えながら
イベントなどで量り売りも行っているそうです!
数種類ある香りはどれもきつすぎず、自然の香り。
洗濯をした後、その香りが残らないのも優しい証拠。
この洗剤でタオルを洗うと、フカフカ過ぎず固すぎず
まさにホテルのタオルのような仕上がりなのです。おすすめですよ!

とても爽やかで仲良しの洗濯ブラザーズ。
お近くの方はLIVRERを覗いてみるもよし、
イベント等での販売情報やオンラインショップは
LIVRERのホームページをご確認ください!

LIVRER

LIVRER STORE

2018年6月 9日 (土)

神奈川県総合防災センター

今回は、先日リニューアルオープンした
厚木市の「神奈川県総合防災センター」に行った様子をお届けしました。

大規模な広域災害の発生に備え、県内の災害応急活動の中央基地として
県民のみなさんへの防災知識の普及啓発の拠点施設として使用されています。

私は「総合防災センター防災情報・体験フロア」へお邪魔し、
総合防災センター・防災企画課の小柳津靖之主事にお話をうかがいながら
地震や風水害などのリアルな再現体験をおこなってきました。

Img_92931

最大震度7を体感できる模擬体験装置では
ショッピングセンターで買い物中に地震が発生した。という仮の状況。
目の前の大きなスクリーンの中も、建物が大きく揺れ
陳列された商品が次々と倒れていきます。

安全確保行動(シェイクアウト)の3つの決まりである
DROP(まず低く)、COVER(頭を守り)、HOLD ON(動かない)を事前に
復唱したにも関わらず、いざすごい揺れの中では
模擬体験と言えど、身体が思うように動きません。

防災シアターでは津波災害や火山災害のリアルなCG映像を見て
自分の災害に対する認識が甘いことも思い知らされました。

広い館内では、他にもAED(自動体外式除細動器)の体験や
避難所での生活を体験できる「避難所体験エリア」など
いつ起こるか分からない災害時の知識を学ぶことができます。

Img_93061

取材当日も保育園からやってきた生徒さん達が大勢見学を
していました。遠足や社会科見学で利用されることが多いそうですが
一般の方も当日の受付で利用する事ができます。

定期的に「ミニ防災教室」も開催されています。
日頃から備えておくためにも、防災センターで災害を改めて考える
きっかけにしていただけたらと思います!

場所は小田急線・愛甲石田駅、JR相模線・門沢橋から徒歩やバス。
または車で訪れることもできます。
詳しいアクセス方法や開館時間などはホームページでご確認ください。

→神奈川県総合防災センター

2018年6月 2日 (土)

神奈川県「オーラルフレイル対策」

あさって6月4日から10日は「歯と口の健康週間」。
今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
神奈川県の歯と口の健康についての取組み
「オーラルフレイル対策」についてお話いただきました。

Img_92691
オーラルフレイルとは、

口腔機能が虚弱な状態(オーラル:口 フレイル:虚弱化)のこと。
滑舌低下や、噛めない食品の増加、むせなどを放置してしまうと
食欲低下、口の機能低下、食べる機能の障害、心身の機能低下につながり、
将来的に介護のリスクを高めることになってしまいます。

オーラルフレイル対策は、未病の改善にもつながります。
未病改善の基本「食」「運動」「社会参加」を大切にし、
バランスの良い食事をしっかりとるためにも、
口腔機能を大切にする必要があります。

お口の中で何か変化があれば歯医者さんに行くことが大切ですが
(当然定期的に歯科医院で受信する事も大切ですよね)
ガムを噛んで咀嚼に必要な筋肉を鍛えたり、
早口言葉も滑舌改善にとても良いとのこと!
知事と私も早口言葉がなかなか上手にできませんでした(笑)

今日ご紹介した内容は、県が作成した
「オーラルフレイルハンドブック」に詳しく載っています。
こちらのページもぜひ参照してみてくださいね。
人生100歳時代のためにも歯とお口は大切に!

→神奈川県 オーラルフレイル

2018年5月26日 (土)

未病バレーBIOTOPIA

神奈川県の県西地域が「未病の戦略的エリア」であることを
アピールする拠点施設として、大井町にオープンした新しい施設
BIOTOPIA」をご紹介しました!

Img_92281

約60ヘクタールの広い敷地の中にレストラン、マルシェ、森の道、
ガーデニングショップ、ペットショップ(ドッグランも!)、
そして神奈川県が設置する体験型施設「me-byoエクスプラザ」などがあります。

この日は平日の昼間にも関わらず、たくさんの人で賑わっていました。

Img_92271
4月28日に第1期オープンしたBIOTOPIAの概要をうかがったのは
(株)ブルックスホールディングスの遠藤麻美さん。

続いて、楽しく体験をしながら未病改善について知ることができる
体験型施設「me-byoエクスプラザ」へ。
スタッフの府川真紀子さんに案内していただきつつ、
身体を動かして自分の体の状態を確認!
大人も子供もキャーキャー言いながら楽しそう!

Img_91941_2










↑「イス立ち上がりチャレンジ」に挑戦中。きつかった!(笑)

Biotopia_001_2

自分の歩く姿勢をチェックできたりします。
軽く体を動かした後は、お買い物の時間。マルシェへ。

Img_92051
ここからはマルシェ店長、江守信幸さんに案内していただきました!

「カラダとココロに優しく」をテーマに、新鮮な農作物や地元の特産品、
オーガニック商品などを取りそろえています。

Img_92071 
店内は広くてとても綺麗!
スイーツからお酒まで、自分へのお買い物からお土産まで、
神奈川県の名産品を中心に豊富な品揃え。購買意欲が高まります。

マルシェの中にはカフェも。その名も「幸修園カフェ」。
ブルックスホールディングスさんというと「コーヒー・紅茶」の
イメージが強いのですが、もともとは「幸修園」というお茶屋さんだったとか!

Img_92151

お茶の量り売りや和雑貨の販売、カフェでは和スイーツ、
地酒、軽食なども楽しめます。

Img_92101

ボリューム満点の白玉...美味しかった…。
奥にあるのは利き酒セットと新鮮なレモンのサングリア。

次にお邪魔したのはフレンチレストラン「Café Saint-Jacques」。
(サンジャックと読みます。)
未病をテーマに監修されたカジュアルなフレンチ。
地元食材を生かしたデリやパン、コーヒーを堪能できます。

Img_92171

先ほど幸修園カフェで白玉あんみつを食べた私。
「お腹が~」と言いながらも余裕でいただきます。
鶏肉がホロホロで美味しかったな~!!とてもボリューミー。

Img_92191

こちらのお料理を提供してくださったのは
シェフ・パティシエの北井遼太さん。
記念撮影中でも私はスプーンを離さず、キヌアのサラダを食べています。

一日で回れるのかな?と思うほど、広いBIOTOPIA。
これから第2期オープンとしてスパの開業を目指し、
すでに採掘作業がスタートしているとのこと。
この充実の施設にスパが付いたら、もう帰りたくなくなっちゃう!
(遠藤さんには宿泊施設も期待してます!とお伝えしました。)

BIOTOPIAのアクセス方法や営業時間など
詳しいことについてはホームページでご確認ください!

→未病バレー BIOTOPIA

■■■オマケ■■■
最後に、自分の体調に合わせて食材を選べる「お鍋」が
メインの和食レストラン「瑞穂ノ里」でもまだ食べる私。

Img_92201





Img_92211_2
「いやほんとにお腹いっぱいなんで…」と言いつつ絶好調!

Img_92241
最後にマルシェの店長、江守さんとパチリ。

Img_92261

どうもありがとうございました!!

2018年5月19日 (土)

いのちの砦~神奈川県立がんセンター

今週は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし
神奈川県立がんセンターについてお話をうかがいました。

Img_91731 
神奈川県立がんセンターは、県内におけるがん医療の中枢機関であり、
都道府県がん診療連携拠点病院に指定されています。

昨年、放射線治療科医師4人が相次いで退職となる
県民のみなさんとしては非常に心配となる出来事がありました。
重粒子線治療が継続できなくなってしまう危機的状況でした。

このことについて、知事から経緯や現在の状況をお話いただきました。

『最終的には、常勤4人、非常勤9人という以前よりも手厚い体制となり、
危機的状況に手を差し伸べて下さった医師の方々をはじめとして
たくさんの病院関係者の皆様のおかげで何とか乗り越えることができました。
今後はこのようなことが2度と起こらないようにし、
「重粒子線治療」を守っていきたい。』

この3月には「がんゲノム医療連携病院」の指定を受け、
また神奈川県立がんセンターでは、患者支援センターや
アピアランスサポートセンターといった、相談・支援のサポート体制も
確立されています。

そして最後は知事から
「4月から新体制となり、職員一同新たな気持ちでスタートしたところ。
これまで以上に安心してがん治療が受けられるよう『いのちの砦』として
県も全力を注いでいきたい」
というお言葉をいただきました。

横浜・二俣川にある「神奈川県立がんセンター」。
県外の方も受診が可能です。
詳しくは「神奈川県立がんセンター」のHPをごらんください。

神奈川県立がんセンター

2018年5月12日 (土)

かながわリサイクル製品認定制度

今週ご紹介したのは「かながわリサイクル製品認定制度」。

これは廃棄物などの発生抑制と資源の循環的な利用の促進、
リサイクル産業の育成と親交を図るための制度で、
平成22年からスタートし、平成30年4月現在31製品を認定しています。

『金子さん、「3R」って何かご存知ですか?』

と、神奈川県資源循環推進課の北澤裕美主査の質問からスタート。
リサイクルの話題では欠かせない「3R」という言葉。

Reduce(リデュース)廃棄物の排出抑制。
(物を大切に使おう。ごみを減らそう。)
Reuse(リユース)製品・部品の再利用。
(繰り返し使おう。)
Recycle(リサイクル)再生資源の利用。
(再び資源として利用しよう。)

かながわリサイクル製品認定制度は様々な認定基準がありますが、
今回はスタジオに、これまでに認定された数々の製品の中から

ジョロペット
(ペットボトルのキャップと取り換えると、じょうろになる!)

よみがえり/よみがぁ~る/よみがえりレガロ
(古着、古布を主な原料とした作業手袋)

・リサイクル高強度磁器食器OGISO
(破損した食器から製造したリサイクル食器)

をお持ちいただきました。どれもこれもクオリティ高し!!
思わず自分の飲料水のペットボトルにジョロペットを取り付けて
試してしまいました。使いやすい!これ欲しい!

こういったリサイクル認定製品を実際に見られるイベントも
ご紹介いただきました。

「地球環境イベント かながわエコ10フェスタ2018」
5月26日(土)11:00~17:00
5月27日(日)10:00~16:00
会場:横浜公園、日本大通り

資源循環推進課のブースでは、「かながわリサイクル製品」のうち
主な製品を手にとってご覧いただく事も可能です。

家庭などから出るごみを、きちんと分別しないまま捨ててしまうと
リサイクル製品の原材料にもできないまま処分されてしまいます。
『混ぜればごみ、分ければ資源。』
今回北澤さんから伺った話の中でとても印象深い言葉でした。

6月は3Rも含めた環境月間。
改めて「リサイクル」や「廃棄物ゼロ社会」について考えていきたいですね。



2018年5月 5日 (土)

開館51周年!神奈川県立歴史博物館

今回は開館51周年を迎えた「神奈川県立歴史博物館」をご紹介しました。
空調設備などの改修のため、約2年の全館休館を経て先日再オープン!
威厳のある外観と、エメラルドグリーンのドームが印象的な歴史博物館。
横浜・馬車道のあたりを歩いていると必ず目に入ると言ってもいい、
モダンな古き良き横浜を象徴する建物ですよね。

再オープン、開館51周年を記念して現在開催されているのは
つなぐ、神奈川県博」。

異なるジャンルの5人の若手学芸員の皆さんが企画を担当し、
学術的に価値がある物にとらわれず、
「なぜ、歴史博物館の館蔵品となったのか」
「ヒトも含めてそれにまつわるエピソード(=つなぐ)」
に着目した展示品が集まっています。

この記念展を担当された学芸員の千葉毅さんと神野祐太さんに
今回の展示に対する想いや、歴史博物館のみどころなどを伺いました。

Img_91031
土器、骨のかけら、浮世絵、仏像、絵画、などなど、
一つのスペースの中でジャンルレスに集まった展示物は見応え充分。
ここは「美術館」や何かに特化した「博物館」ではなく、
あくまでも「歴史の博物館」であることが分かります。
学芸員さん達のコメントを読みながら展示物を見ていくと
「つなぐ」の部分がよく分かるかもしれません。

若手学芸員の皆さんならではの!勢いある記念展です。
横浜の街を歩きながら「わ~、あの建物すごいね」なんて言いつつも
中には入った事がなかった!というあなたも
ぜひこの機会に神奈川県立歴史博物館を訪れてみてはいかがでしょうか。

開催期間やアクセス方法などは
神奈川県立歴史博物館のホームページをご覧ください!



2018年4月28日 (土)

神奈川県へようこそ!

黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
この4月に神奈川県に転入された方や、異動でいらした方など
初めて神奈川へ来られた方に、神奈川県の地名やスポットなどが
入っている楽曲をご紹介しよう!という
KANAGAWA Muffin、初の企画を放送してみました。いかがでしたか?

黒岩知事と私でそれぞれ3曲ずつ選曲したわけですが、
ハッキリ言って…「選ぶの大変だった!!」(笑)
神奈川県出身のアーティスト、神奈川ゆかりの歌って
本当にたくさんあるんですよね!

曲に乗せてなぜこの曲を選んだのか、エピソードなどを
交えて知事とご紹介していきましたが、
最終的には知事と私が「改めて神奈川いいところですね」と
自画自賛風に終わるような内容になってしまいました(笑)
この春から神奈川にいらした方も、ずっと神奈川な方も
曲を通じて色々なことを感じてくださったら嬉しいです。

Img_90701

各自3曲では到底足りないので、またやりたいね!と知事。
今回お届けした曲はこちらです。

【知事セレクト】
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ / ダウン・タウン・ブギウギバンド
地球をセーリング / 加山雄三
ホテルパシフィック / サザンオールスターズ

【桃セレクト】
負けないで / ZARD
ROUTE134 / 杉山清貴&オメガトライブ
STAY TUNE / SUCHMOS
 

2018年4月21日 (土)

かながわで非日常を味わう~和太鼓体験!~

春です!新しい事に挑戦したくなる季節。
でも何を?どうやって?どこで?とお悩みのあなたにお勧めなのが

神奈川チカタビ」!!

もう何度か番組でもご紹介していますが、
歴史や文化などを通じ、地域を身近に感じる神奈川ならではの体験プランが
たくさん用意されたインターネットサイトです。

今回ご紹介した「神奈川チカタビ」のおすすめプランは「和太鼓体験」!!
川崎市幸区幸町にある「Studio 邦楽アカデミー川崎」で
和太鼓奏者の佐々木彬さんご指導のもと、体験をしてまいりました!

Img_90311
こちらのプランは、既存のレッスン(90分)に参加し、

現役プロ奏者でもある先生方に和太鼓の基礎から簡単なリズム打ちまで
教えていただきます。

佐々木先生からスタジオにある様々な種類の太鼓を一通り教えていただき、
さっそく和太鼓スターーーーーーート!

まずは立ち姿から。
太ももとお尻が...!痛い!(笑)
ただ、太鼓を叩けばいいってもんじゃない。これは予想外の全身運動!

Img_90251

Img_90291 ドーン(ハッ)ドーン(ハッ)ドーン(ハッ)ドーン(ハッ)、ドンドンドンドン、ドドドドドドド…

声を出して思い切り叩いているとスッキリしてきます!楽しい!!

佐々木先生いわく、和太鼓の魅力は全身運動、ストレス発散などなど
性別年齢問わず誰でも楽しめるということ!
そして太鼓は叩けば音が出るので、難しいことを考えなくてもオッケー!
私も短い時間ではありましたが、汗びっしょりになってしまいました!

「和太鼓はなかなか触れる機会も少ないと思いますが
伝統文化をみんなに知ってもらいたい。少しでも和太鼓に興味のある方は
是非、体験しに来てください!いつでもウェルカム!」(佐々木先生)

とのこと!
何か新しいことを始めたいなぁ~と思っているあなた、
ぜひ「神奈川チカタビ」を覗いてみてくださいね!

Studio 邦楽アカデミー川崎
神奈川チカタビ

2018年4月14日 (土)

神奈川県名菓展菓子コンクール

県内の魅力あるお菓子を発掘するため
2年に一度開催されている「神奈川県名菓展菓子コンクール」。
美味しい美味しい「神奈川県指定銘菓」が生まれるきっかけとなる
とても大事、そして作り手にとっては魅力的なコンクールなのです。

Img_89971

今回は去年年末に発表された
「第28回神奈川県名菓展菓子コンクール」で受賞した作品をご紹介!
わたくしは食べる専門ですので、各受賞作品のご紹介は
神奈川県観光企画課の小田島美佳主査にお願い致しました!

Img_89911

バラの花のような美しいアップルパイは一般銘菓の部・優秀賞を受賞した
株式会社三陽物産「開港レシピのアップルパイ」。
優しい味わいのリンゴと、バターの風味が豊かなパイ生地が特徴。
横浜モンテローザ(株式会社三陽物産)のHPはこちら。

※こちらの販売時期は10月~3月末までの季節限定商品となります。
   今回は特別にご用意いただきました!

Img_89931

上の画像右、一般銘菓の部・優秀賞を受賞した
寒川の有名店「ラメール洋菓子店(株式会社ラメール洋菓子店)」の
ゴマ味噌香る芳醇チーズ~山椒の辛味をピリッと利かせて~
濃厚なチーズ+西京白味噌、純ねり白ゴマに山椒、さらにすだち酎の
美味しい組み合わせ!!お酒にも合いそうです。甘い人が苦手な方にもおすすめ。
ラメール洋菓子店(有限会社ラメール洋菓子店)のHPはこちら。


観光みやげ品の部・優秀賞を受賞した
有限会社カシュカシュのとってもおいしいクッキー、その名も
ウインドサーフィンクッキー 横須賀ウィンドブルー
セイルの形をしたクッキーはキャラメルソースがサンドされ、
外にはホワイトチョコのコーティング。
海が似合う爽やかな見た目ですが、食べてみると食べ応えがある!!
これをお土産でもらったら嬉しいなあ。
カシュカシュ洋菓子店(有限会社カシュカシュ)のFacebookページはこちら。

Img_89951

思わず笑顔になる美味しいお菓子ばかり。
2年に一度と言わず、毎年開催してもらいたいくらいです。(笑)
どれもこれも見た目、味わい、パッケージなどの総合的審査を通ってきた
選りすぐりの作品ばかり。あぁ、お菓子ってなんて素敵なんだろう。
店頭で見かけたらぜひお試し下さいね。自分用にもお土産用にもピッタリです。