fyb_switch_to_sp_js

momo Feed

2017年11月18日 (土)

かながわ観光親善大使・河村隆一さんをゲストに迎えて

神奈川県では、神奈川の魅力をより多くの人に知ってもらうため
「神奈川県観光動画」という、県の観光PRに関する動画を募集しました。
今回、この観光動画の最優秀作品が決定!

最優秀作品「日常の隣にある、非日常」などはこちらから!

改めて…神奈川県の魅力ってなんだろう???
というわけで、今回の審査を行った黒岩祐治神奈川県知事と
「かながわ観光親善大使」でアーティストの河村隆一さんにお会いし、
神奈川県の魅力についてたっぷりとお話を伺ってきました。

20171109_160720

ご自身も大和市のご出身、平成24年から「かながわ観光親善大使」として
様々な観光PRをされている河村さん。そう、河村さんといえば
以前行った、大山阿夫利神社・能楽殿での野外ライブ!
知事もご覧になったということで興奮気味にそのライブのお話をされていましたね!

また来年1月にはパシフィコ横浜・国立大ホールでもライブを行う河村さん。
横浜でライブ=やはり他の場所よりも地元感が大きい!とおっしゃっていました。
(当然、知事も「絶対に行きますから!」とのこと。)

河村隆一さんのオフィシャルサイトはこちらから!

そしてKANAGAWA Muffinのために素敵なプレゼントをご用意いただきました!

なんと!

「河村さんがライブで実際に着用したTシャツ(サイン入り!)」

これはすごい…。
クリーニング済とのことです。(笑)
思わず「えっ、クリーニングされたんですか!?」と言ってしまいました。
このスペシャルなプレゼント、一名様に差し上げます!

ご希望の方は住所・お名前を必ず書いて
kanagawa@fmyokohama.jp までお送りください。
締め切りは11月21日(火)です。
番組の感想などもぜひ書いてご応募くださいね!
お待ちしています!

2017年11月11日 (土)

認知症について学ぶ。

認知症」という言葉は色々なところで耳にしますよね。
実際に身内などにも、そうした人がいらっしゃるという方も
多いのではないでしょうか。

今週は神奈川県健康増進課健康づくりグループ、滝田ゆきこさんを
スタジオにお迎えし、改めて「認知症」の主な種類や特徴、予防方法などを
教えていただきました。

Img_82301

65歳以上の高齢者の認知症の人は
平成37年(2025年)には約700万人、5人に1人になると見込まれています。
(厚生労働省推計)

普通の物忘れと認知症には大きな違いがあります。
例えば、朝食に何を食べたかを思い出せなくても、
食べたこと自体は覚えているのが、「普通のもの忘れ」。
朝食を食べたこと自体覚えていないのが、「認知症」です。

いくつか種類はありますが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症で
認知症全体のおよそ9割を占めています。

現在、「これを服用すれば認知症が完全に治る!」という薬はありませんが、
薬で進行を遅らせることは可能です。

認知症予防のために有効なのは「生活習慣の改善」が大切なんだそうです。
バランスの取れた食事、適度な運動、規則正しい生活。
特に、認知症リスク軽減には「コグニサイズ」も有効ですよ!

(コグニサイズについては、こちらをご参照。

神奈川県では今からできる認知症の備えへの取組みとして
12月2日(土)13時から16時まで、パシフィコ横浜にて
「未病改善県民シンポジウム 今からできる認知症への備え」を開催します。
事前申し込み制ですが入場料は無料となっています。
詳しい内容については県のホームページをご覧ください。

また、神奈川県では認知症に関する相談窓口やコールセンターもあります。
ご家族の方、周囲の方、そして自分。どんな風にケアをしたらいいのか。
もしもの時はどうしたらいいのか。
少しでも悩みがあればぜひご活用くださいね。
神奈川県 認知症の相談窓口リスト

神奈川県 かながわ認知症ポータルサイト

2017年11月 4日 (土)

要チェック!神奈川チカタビの最新プランをご紹介。

今回は神奈川ならではの体験プランを集めたトラベルサイト
「神奈川チカタビ」の最新プランをご紹介しました。

その名も!

『特別企画 鎌倉小町通りの有名カフェオーナーが伝授!
とっておきのコーヒー淹れ方講座』

happy02 happy02 happy02 happy02 happy02 happy02 sign03

鎌倉の超人気カフェ「ヴィヴモン・ディモンシュ」のマスター、
堀内隆志さんに美味しいコーヒーの淹れ方を教わり、ブラジル音楽も
楽しんじゃおう!というもの。

20171026_101310
そう、堀内隆志さんといえば、Fm Yokohamaのリスナーの皆さんには
もうすっかりお馴染みですよね!
 「SHONAN by the sea」の中のコーナー、「Coffee & Music」は私も
毎週楽しみに聴いています!人気カフェのマスターのみならず、
ブラジル音楽にも精通している堀内さん。

この企画、実はKANAGAWA Muffinチームが、神奈川県観光協会の方と
お話をしている時にポロッと「ヴィヴモン・ディモンシュに行ってみたい」と
話したのがきっかけで出来たプランなのです。
まさか本当に実現するなんて…。 いやぁ~、言ってみるもんだ…。

20171026_101432

広い店内はとても明るくてゆったりしています。
この広さと明るさと白い床が、とても外国っぽい雰囲気です。
CDやマグカップ、書籍なども並んでいます。
いいなぁ~とっても素敵な場所だなぁ~。

20171026_101506

20171026_101830

念願の「ヴィヴモン・ディモンシュ」に興奮を抑えきれない私ですが
この日の目的は、プランを体験すること。

「コーヒーは大好きですが、普段は挽いてある豆を買って
コーヒーメーカーに全てお任せしております!!」

と正直に「要は自分で豆を挽いて淹れた事がない」ということを宣言してからスタート。
まずは用具などを丁寧に教えていただきました。
お湯の注ぎ方、温度、なぜこういうポットを使うのか。
一度にどれくらいの豆を挽けばいいのか。などなど。

堀内さんに見られていると思うとなかなか緊張しますが、
コーヒーの良い香りに包まれると、少しリラックスできる気がしました。

20171101_163515

今回はカウンターの中で教えていただきましたが、
特別企画プラン当日は、

・堀内さんのデモンストレーション
・堀内さんにチェックをしてもらいつつ、
 二人一組で実際に淹れる(豆は2種類なので2ラウンド)
・質疑応答とブラジル音楽を楽しみながらご歓談~♪

となるそうです。

などなど、お話をしながら自分で淹れたコーヒーの味は格別!!
丁寧に入れる事がどんなに大切か…!

コーヒーが大好きな方、そして堀内隆志さんが大好きな方!
こんなにステキなプラン、ありませんよ~!
ぜひぜひ参加してみて下さい。(私ももう一度参加したいくらいです。)

先着順ではなく、抽選制となります。
詳しい応募方法などは、「神奈川チカタビ」をチェックしてくださいね!

⇒「神奈川チカタビ

20171026_100910

2017年10月28日 (土)

伝統工芸技術ー箱根寄木細工

今日は「神奈川の木工芸」の代表、「箱根寄木細工」をご紹介しました。
江戸時代末期から続く木工技術、様々な種類の木材を組み合わせ、
それぞれの色合いの違いを利用して模様を描く、とても美しい工芸品です。

今回お話を伺ったのは、2か所。
小田原市にある「工芸技術所」で、所長の篠田哲夫さんから
「箱根寄木細工」の歴史や使用する木材などについてお話いただきました。

Img_81551

使用する木材や、組み合わせなどによって柄やデザインは無限ですが
工房によって微妙に違いがあり、作る人が見れば
どこの工房の作品か一目で分かるというのだから驚きです。
職人さんの数だけ個性があり、私達の目を楽しませてくれます!

Img_81511

Img_81471

質の高い幾何学模様からなる、緻密で複雑な美しさがなんといっても
「箱根寄木細工」の魅力。国内のみならず、海外にもファンが多いのだとか。

どんな作品も美しい箱根の寄木細工。大好きです。
江戸時代にこの技法を生み出した、箱根畑宿の石川仁兵衛さん!ありがとう!

篠田さんのご紹介で訪れた2ヶ所目は、小田原市板橋にある「OTA MOKKO」さん。

Img_81421 作品を手掛けている、太田憲さんは若手職人集団「雑木囃子」のメンバー。

Img_81461

Img_81441

Img_81451
太田さんの作品は、鮮やかな色合いが特徴でこれがまた本当にステキ!!!
いわゆる「ザ・箱根寄木細工!!」といった伝統的な作品とはまた違う世界。
寄木細工というのは、作り手によって変幻自在にその魅力を生み出す。
というのがよく分かりました。

Img_81391 元々製麺所だったという工房には、様々な色や素材、国の木材が
並んでいましたが、さまざまな種類の茶色、黄色、緑、紫…
『木ってこんなに種類があるの?!』と言わずにはいられない不思議な世界。
かじったら美味しそうな色の木も、すべて天然の色だというのですから驚きです。

工房に併設されたOTA MOKKOのギャラリー(ショップ)はおススメ。
プレゼントにもおススメ。自分へのご褒美にもおススメ。
あなたの生活空間がワンランクオシャレになること間違いなしです。
ぜひ、ホームページもごらんくださいね~

OTA MOKKO

で!OTA MOKKOさんで、私、生まれて初めて自分で箱根寄木細工を
購入しました!太田さんの代表的な作品のひとつ、「ボタン」を使用したピアス。
その下のコースターもかわいいですね~!かわいい!本当にかわいい!
念願のマイ・寄木細工。大切にします。何度も言うけど、かわいいな!

20171025_204107_2

2017年10月21日 (土)

文化芸術の秋を楽しもう!

今回は「文化芸術の秋を楽しもう!」というわけで
神奈川県にゆかりのある伝統文化を新しい発想で活用し
現代を生きる文化芸術として再生、発信する特色ある取組み

「カナガワ リ・古典プロジェクト」

をご紹介しました!
今年で5回目となるリ・古典プロジェクト。今回は大磯町で開催されます!
民俗芸能のお囃子の演奏、歌舞伎舞踊、現代音楽とコラボした日本舞踊など
大磯町を中心とした地域の伝統文化にスポットを当てて披露します。

スタジオには、平塚市指定無形文化財の前鳥(さきとり)囃子を継承する
前鳥神社囃子太鼓保存会のメンバー、肥沼絵美子さんと
神奈川県文化課の柳生陸さんにお越しいただきました!

Img_81041

生まれも育ちも平塚、小学生のころから前鳥囃子に携わる肥沼さんから
前鳥囃子の説明をしてもらいつつ、お持ちいただいた面(とても貴重な物!)を
喜んでつけながらお話をうかがう私。

前鳥囃子は笛と鉦のリードで、大太鼓1張、小太鼓4張で演奏されます。
お話を伺っている間にも後ろで流れていましたが、
お囃子というのは、なんともテンションが上がりますな!日本の心!

Img_81071

実際に前鳥囃子で使用する面もお持ちいただきました!
(私は手前にある狐が大のお気に入り)
前鳥囃子は、「里神楽」という面をつけて踊る舞が伝わって残っていますが
これは他の祭り囃子では使わっていないことが多く、珍しいんだとか。
またこれらの面が意外と重いことにも驚き!

今年の「カナガワ リ・古典プロジェクト」は伝統芸能公演の他に
ワークショップや花火の打ち上げもあり、一日楽しむ事ができます。

11月5日(日)、大磯港 芝生広場ステージにて開催されます!
雨天の際は、聖ステパノ学園講堂「海の見えるホール」で開催。
うーん。でも、日が暮れるころから海の近くで伝統芸能を堪能できるって
ステキではないですか?!あぁ、絶対に晴れてほしいな。
入場無料、事前申し込みも不要ですよ!
気になる方は「リ・古典 2017」で検索してみてくださいね。

⇒「カナガワ リ・古典プロジェクト2017」

2017年10月14日 (土)

『みんなあつまれ 2017』開催!

来週の土日、10月21日(土)22日(日)に開催されるイベント

「みんなあつまれ 2017」

横浜赤レンガ倉庫 赤レンガパーク特設ステージで開催!
テーマは「ともに生きる=共生」です。
以前、黒岩知事からも「共生の理念を広めるためのイベントを…」という
お話を番組内でも伺っていましたが、ついに…!ですね。

開催にあたって、今回のイベントの総合プロデューサー・クレイ勇輝さん
ゲストにお迎えし、クレイさんの「共生」に対する想いや注目ポイント、
またクレイさんが作られたテーマソング「SO LIFE GOES ON」のお話を伺いました。

Img_80721
「SO LIFE GOES ON」のPVでは黒岩知事をはじめ、
個性豊かな出演者たちが、それはそれは楽しそうに踊っていますよ!必見です。

10月22日(日)は、スポーツやアート、音楽でみんなと楽しもう!という一日。
イベント自体は入場無料ですが、中でも「音楽(MUSIC LIVE)」は

クレイ勇輝/伊東歌詞太郎/ビッケブランカ/FIRE BALL/PUSHIM
HOMEGROWN/BOYS AND MEN研究生/MOROHA/モン吉 and more!!

正直、「えぇぇ無料で観ちゃっていいの??」と言いたくなる豪華ラインナップです!

「共生」という、ある意味難しいテーマでもありますが、
『まぁとにかくみんな集まろうよ!性別も年齢も人種も何も関係ないし!楽しもう!』
と笑顔で言うクレイさん、とても頼もしくもあり、ゆったりとした、まさに海のような方でした!
ぜひ、イベントを訪れて色んな人と楽しい時間を共有しましょう!

2017年10月 7日 (土)

未病改善に向けた神奈川県の取組み

10月は未病月間!そして実りの秋。
食べ物も美味しい、運動するにも気持ちの良い季節。
神奈川県で「食」、「運動」とくれば「未病」という重要なキーワードがあります!

というわけで。
今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
未病改善に向けた現在の神奈川県の取組みについてお話を伺いました。

未病 ME-BYO」という言葉がだいぶ浸透してきましたね。
未病とは、健康と病気の間の状態。
特定の病気になってから治療するのではなく、日頃からの改善が大切です。

未病改善には、「未病の見える化」がとても大切です。
ウエアラブル端末、ME-BYOハウス・ラボ、他にも最先端のテクノロジーを使い、
自分の未病の状態を知る事ができるよう、日々研究が行われています。
自分で状態を知る=自ら改善に取り組む動機になりますよね。

今年の2月には、閣議決定された「健康・医療戦略」の中に
「未病の考え方などが重要になる」という表現が盛り込まれたことも大きな進歩です。

Img_80411

今月は「未病月間」というわけで、神奈川県でも未病に関するイベントがあります。
私達が現在の最先端未病産業について直接触れる事ができるのは…

ME-BYO JAPAN2017
10月11日(水)から13日(金)まで、パシフィコ横浜にて。
こちらは参加に事前の申し込みが必要となりますので、
詳細はホームページをご覧ください。

ME-BYO JAPAN2017

以前、番組でもご紹介した展示会ですが、様々な企業などが取り組む
未病産業について知る事ができ、体験できるものも多く、
想像以上の楽しさでしたよ。楽しみながら未病について知識が深まります!

誰もがイキイキと暮らせる社会を実現するためには
私達ひとりひとりの意識ある行動も大切です。
(最近運動不足だわ~)なんて思っている方が今日の放送をきっかけに
少しでも体を動かすきっかけとなってくれればうれしいです!

2017年9月30日 (土)

湘南を旅して元気に~湘南エリア 旅なびガイド

今年「湘南を旅して元気に!」をコンセプトに、
湘南エリアを五感で感じる楽しみ方を提案した観光ブック

湘南エリア 旅なびガイド

が湘南地域県政総合センターから発行されました!

今回はスタジオに神奈川県湘南地域県政総合センターから
商工観光課の堀江祐子主任主事、地域農政推進課の堀越香代子副技幹に

『海からの風、山の緑の美しさ、歴史、美味しい物もたくさんあり、
お祭りやイベントも盛りだくさん!オシャレでありながら、
ゆったりとした自然も楽しめる湘南を味わってほ・し・い!』

・・・という思い、存分に語って頂きました~!

Img_80061 

このガイドブックの中で指している「湘南エリア」とは
平塚市藤沢市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市寒川町大磯町二宮町の5市3町。

湘南=海のイメージですが、ここでは沿岸部以外の地域も含まれているのがポイント。
多くのスポットがジャンル別に紹介されています。

湘南エリア旅なびガイド」は、各市町の観光所管課観光協会で配布中
神奈川県湘南地域県政総合センターでもゲットできます!
(※在庫が無くなり次第終了となります。)

または「湘南エリア 旅なびガイド」のHPでもすぐにご覧になれます。
湘南エリアモデルコース」と合わせてご覧ください♪

カラフルなデザインの中に情報がぎゅーっと詰まっています!
ガイドブックは大きさもコンパクトで、持ち歩きに便利。
私はこのガイドブックで知った平塚漁港の食堂、絶対行かなきゃ!

そしてそして。この秋おススメのイベント情報も聞いちゃいました!
まずは平塚・花菜ガーデンの「ローズフェスティバル~秋~2017」!
もうお馴染みですが、何度訪れてもステキな場所!大好き!
今年は10月7日(土)~11月5日(日)まで開催。
⇒花菜ガーデン HP

もう一つの注目イベントは「チガパン 茅ヶ崎パン祭り2017」!!
今年初めて開催される新しいイベントです。
茅ヶ崎市内外の人気のパン店などなど合計35店舗が参加予定!
10月22日(日)10:00~15:00まで、茅ヶ崎市の中央公園で開催です!
⇒茅ヶ崎パン祭り2017

Img_80041試食させていただいた、茅ヶ崎の人気パン店のイチオシ商品、
ローズフェスティバルにちなんだバラのジャム、
リトアニアのハーブティーも大変美味でございました!

2017年9月23日 (土)

松田山ハーブガーデンをご紹介!

今回は「未病を改善する」取組みを実践できる観光施設などを
登録している「未病いやしの里の駅」のひとつ、
松田山ハーブガーデンをご紹介しました!

Img_79561

以前から気になっていたスポットのひとつ。
実は桜の時期に遊びに行った事があるのですが、
ハーブをメインにお邪魔したのは初めて!

今回は神奈川県県西地域県政総合センターの山田拓主事に
「未病いやしの里の駅」「県西地域活性化プロジェクト」について、
「松田山ハーブガーデン」については副園長の田代博美さんにお話を伺いました!
(なんとも素晴らしいロケーションでございました。)

Img_79551

県西地域は、箱根・湯河原・山北・丹沢など都心から近い位置にありながら
食生活や運動などのライフスタイルを見直して「未病を改善する」取組みを
実践する場所として最適であると考えられています。

松田山ハーブガーデンもその一つ。
中に(外なのですが)入ると、181種、16,500本のハーブの香りが
全身をリラックスモードに移行させてくれます。
植えられたハーブは、手で触ったりしながらその香りを楽しむ事ができます。

Img_79511
Img_79491

松田山の中腹にあるので、園地からの眺めがまた素晴らしい事!!
相模湾、箱根連山、天気が良ければ富士山も!
その手前、広くて美しい街並や緑の風景は思わず見とれてしまいます。


ハーブガーデン内の工房では、ハーブを使ったお香やアロマキャンドル、

バスソルトなどを作る体験もできますよ。
Img_79591
私は今回、ローズマリーとセージを使ったリースを作らせていただきました!
(バスソルトも作りました。これはリスナープレゼント用。)
 

Img_79601

Img_79611

なんとも気持ちの良い施設。一年中楽しめる癒しの空間です。
10月7日から10月29日までは、秋のハーブフェスティバルも開催!
セージの花が見頃だそうです!

秋は紅葉やすすき、また温泉などなど、県西地域のおススメスポットが
たくさんあります。ぜひ「未病いやしの里の駅」を参考にお出掛けして下さいね☆

未病いやしの里の駅

松田山ハーブガーデン

2017年9月16日 (土)

日頃から防災を意識しよう

神奈川県が行っている防災訓練「ビッグレスキューかながわ」をご紹介しました。

平成24年からスタートした「ビッグレスキューかながわ」ですが
これは災害現場で救出救助された方の命をつなぐための訓練として
救出救助訓練に加えて、日頃から野外における救命救助を訓練している
自衛隊、在日米陸・海・空軍と、DMATによる医療救護訓練を連携して行っています。

※DMAT=災害派遣医療チーム

今年は9月1日(防災の日)に行われました。
参加機関は143機関、訓練参加者は3000人、観客は7000人!
本当に名前通りの「ビッグ」な防災訓練なのです。

Img_79181

AED、心肺蘇生、水消火器を使った消火、ロープの結索、
ドライスモーク体験小屋での煙体験、要配慮者の車いすで搬送など
住民のみなさんが誰でも参加できる訓練ブースも設けられたそうです。

日頃から防災への意識を忘れないことで、いざという時に慌てず行動ができます。
また参加することで正しい知識を得る事ができますね!

ゲストの神奈川県災害対策課・小野主幹からは
「自助」「共助」「公助」を日頃から心がけてほしいというお話もありました。
神奈川県ではこれからも地元自治体と連携し、
県民のみなさんの「命を守る」「命を繋ぐ」ための
防災訓練(ビッグレスキューかながわ)を継続していくとの事でした。

「ビッグレスキューかながわ」については以前からその名前や内容は
知っていましたが、実は文字で見るだけでは(その規模が大き過ぎて)
いまいちピンとこないところもありました。が!

今回、小野さんからお話を伺うことで「ビッグレスキューかながわ」が
とても身近に感じました。来年はぜひ見学に行きたいです。