fyb_switch_to_sp_js

« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月28日 (土)

かながわの地ビール

「神奈川は国産ビール産業発祥の地」である事をご存知でしたか?
箱根ビール、横浜ビール、湘南ビール、横須賀ビールなどなどなどなど
神奈川は地ビールの種類が多いなぁと前から思っていたのですが…。

今回はかながわブランドの「湘南ゴールド」を使用したビールなどを
製造している、元祖・地ビール!「サンクトガーレン」の
岩本伸久さんをスタジオにお招きし、地ビールの魅力などをうかがいました。

Ae7ca96c559b4808a2ac48792f7140e7

ラガービールとエールビール、地ビールと一般のビールの違いなど
「ビール好き」を自称している割には何も知らなかった私。
大変勉強になりました!

そして試飲させていただいた「湘南ゴールドビール」がとても美味しかった!
今までもフルーツを使用したビールを飲んだことはありましたが、
正直なところ私は「できれば普通のビールがいいと思う派」。
しかし、この湘南ゴールドビールの香り、飲みやすさ、味…
予想を遥かに上回る美味しさでしたよ!

自然の豊かさも神奈川県で地ビールが多く誕生する理由の一つかもしれませんね。
イベントやレストランなどで見かけたら、ぜひ味わってみてくださいね!

サンクトガーレン

2018年7月21日 (土)

愛の血液助け合い運動

今週のテーマは「献血」!
毎年7月1日から31日までの1ヶ月間を「愛の血液助け合い運動」として
献血の呼びかけが積極的に行われています。

スタジオに神奈川県学生献血推進連盟会長の稲村はづきさんと
小川日菜子さんにお越しいただき、連盟の取組みや
参加のきっかけなどについてお話を伺いました。
(お二人とも相模女子大の3年生♪)

この「神奈川県学生献血推進連盟」とは
神奈川県内の学生が集まったボランティア団体。
現在、稲村さんや小川さんと同年代(10代~20代)の若い人たちの献血が
どんどん減っているそうで、連盟の皆さんは献血の大切さを広めるため
献血会場で呼びかけをしたり、様々なイベントやキャンペーンを
企画・運営しているそうです。

近々行われるイベントは「キッズけんけつ」。
8月4日(土)、5日(日)に、横浜市港北区にあるトレッサ横浜にて
小学生を対象に行われます。
学生の皆さんが、献血のスタッフ役としてイベントを盛り上げるそうです!
時間は両日共、午前11時~午後1時・午後2時~4時です。
会場はトレッサ横浜 北棟2階 リヨン広場です。

→「トレッサ横浜 キッズけんけつ

病気やケガで輸血が必要になったら、輸血という形で
健康な誰かに分けてもらうしかありませんん。
輸血用の血液は日本ではすべて善意の献血の血液から作られています。
みなさんの献血で助かるいのちがあります。
ぜひ、献血へのご理解とご協力をお願い致します!

献血ができる場所など詳しくは、神奈川県赤十字血液センターの
ホームページをご覧ください。
(学生ボランティアについてはトップページにリンクがあります!)

神奈川県赤十字血液センター

Img_95092

2018年7月14日 (土)

ともに生きる社会かながわ推進週間

今回は、黒岩祐治神奈川県知事をお迎えし
神奈川県が取り組んでいる「ともに生きる社会かながわ」について
憲章や理念を広めるための取組みについてお話をうかがいました。

Img_94761 

発生から2年が経過した「津久井やまゆり園事件」。
あのような痛ましい事件を二度と繰り返さないよう、
神奈川県では平成28年に「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。
今一度、知事から憲章を読み上げていただきました。

ー私たちは、あたたかい心をもって、すべての人のいのちを大切にします
ー私たちは、誰もがその人らしく暮らすことのできる地域社会を実現します
ー私たちは、障害者の社会への参加を妨げるあらゆる壁、
 いかなる偏見や差別も排除します
ー私たちは、この憲章の実現に向けて、県民総ぐるみで取り組みます

また、この理念を広めていくため
事件が発生した7月26日を含む月曜日から日曜日までの一週間を、
ともに生きる社会かながわ推進週間」として定めています。
今年は、7月23日(月)から29日(日)までの一週間が
推進週間となります。

神奈川県ではこの期間中「ともに生きる」を様々な方法でPRを
行います。私達も決して忘れてはいけない事件、そして心がけ。
決して風化させてはいけないことですので
番組でも定期的に取り組みについてご紹介していますが、
これが多くの方の考えるきっかけになれば良いと思います。



2018年7月 7日 (土)

夏休み子どもイベント!~花菜ガーデンで夏遊び!!

神奈川県では子どもを対象とした夏休みの体験学習を多数用意しています。
今回はその中のひとつ、平塚・神奈川県立花菜ガーデンで開催する夏野菜の収穫体験を
(子どもではないけど)一足早く体験させていただきました!

Img_94281

梅雨明け直後の真っ青な空!!緑と青がとても美しいですね。
花菜ガーデンの周りには高い建物がないので空が遠くまで続いています。
商店街や駅ビルなどで賑わうJR平塚駅からバスで20分程。

さぁ、「夏野菜」といえば何を思い浮かべますか?

Img_94181

神奈川県立花菜ガーデン 植物・施設管理責任者の青栁馨さんと
一緒に向かった先は…温室!そう。神奈川生まれの「湘南ポモロン」です。

生で食べても加熱しても美味しい肉厚なポモロン。
鮮やかな赤とゴールドの細長い形が特徴です。

20180629_115411

20180629_115501

Img_94201

取ったトマトをさっそくいただきました。
ジューシーで食べ応えがあります!お肉のようなトマトです。

※通常の「夏野菜の収穫体験イベント」では、ポモロンは対象外なのですが
年間で行っている収穫体験の対象になっています。
今回は特別に収穫させていただきました。

温室の次は畑へ。

たわわなナスを収穫しました。うん、重みがある!
「これは生で食べて下さいね」と仰る青栁さん。

Img_94231

そのまま食べていいの?本当に?

※通常は収穫したお野菜はお持ち帰りいただいた後に
召し上がってくださいね。

Img_94241

美味しいっ!!ナスって甘いんですね。
皮の歯ごたえもあり、こうしてかぶりついてもいいのですが
冷やしてスライスして、わさび醤油やドレッシングでいただきたいっ!

そして最後は枝豆!
7月23日から8月14日の毎週月曜・火曜、10:30~11:45まで
「枝豆はお湯を沸かしてから採りに行こう」というイベントがあります。
(ネーミング最高ですね。)

20180629_124353

まぁ!なんて美味しそうな枝豆なんでしょう!!
さすがにこの場で食べるわけにはいかず。
イベント名の「枝豆はお湯を沸かしてから採りに行こう」に納得。
お湯を沸かしてくればよかった!

Img_94261

最後は青栁さんと「枝豆のブーケ」で一枚(笑)

夏休みのいい思い出になりそうなイベントが盛りだくさん。
野菜の収穫体験以外にも。キャンドル作りや消しゴムスタンプ作りなど
夏の自由研究にぴったりだと思いますよ~!

夏の花菜ガーデンのイベント詳細については
ホームページをご覧下さいね。

→神奈川県立花菜ガーデン