fyb_switch_to_sp_js

« 未病バレーBIOTOPIA | メイン | 神奈川県総合防災センター »

2018年6月 2日 (土)

神奈川県「オーラルフレイル対策」

あさって6月4日から10日は「歯と口の健康週間」。
今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
神奈川県の歯と口の健康についての取組み
「オーラルフレイル対策」についてお話いただきました。

Img_92691
オーラルフレイルとは、

口腔機能が虚弱な状態(オーラル:口 フレイル:虚弱化)のこと。
滑舌低下や、噛めない食品の増加、むせなどを放置してしまうと
食欲低下、口の機能低下、食べる機能の障害、心身の機能低下につながり、
将来的に介護のリスクを高めることになってしまいます。

オーラルフレイル対策は、未病の改善にもつながります。
未病改善の基本「食」「運動」「社会参加」を大切にし、
バランスの良い食事をしっかりとるためにも、
口腔機能を大切にする必要があります。

お口の中で何か変化があれば歯医者さんに行くことが大切ですが
(当然定期的に歯科医院で受信する事も大切ですよね)
ガムを噛んで咀嚼に必要な筋肉を鍛えたり、
早口言葉も滑舌改善にとても良いとのこと!
知事と私も早口言葉がなかなか上手にできませんでした(笑)

今日ご紹介した内容は、県が作成した
「オーラルフレイルハンドブック」に詳しく載っています。
こちらのページもぜひ参照してみてくださいね。
人生100歳時代のためにも歯とお口は大切に!

→神奈川県 オーラルフレイル

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。