fyb_switch_to_sp_js

« レッドデータの生物ー知って守ろう神奈川の生き物たちー | メイン | 毎週水曜の夜はマグカルナイト! »

2018年2月17日 (土)

小田原の新名物、カマス棒をご紹介!

小田原の特産品「カマス」を使った新名物、カマス棒をご紹介しました!
サバ、イワシ、マグロと並んで小田原港での水揚げ量トップに入るカマス。
10センチほどの、ズン!とした愛嬌たっぷりボディです。
今回、小田原市内を観光しながら食べられるものを…という要望に応え
神奈川県の水産技術センターが考えたのが、この「カマス棒」です。

Img_87501
今回お話を伺ったのは、神奈川県のお魚博士!
神奈川県水産技術センター 企画資源部の臼井一茂主任研究員です。

Img_87531 
棒に刺さったカマスのフライは、持ってみると結構重量がある!
アツアツの物を買ってハフハフしながら小田原の街を歩きたいですね。
一口かじってみると…ふっくらとした身がとても美味しい!
すでに骨が抜かれているので食べやすく、
色んな味付けやアレンジを試すことができそうです。

「カマス棒」を作る上でかかせないのが「中骨抜き具」。
太目のストロー。といった外見ですが、
この器具でカマスの中骨をスポーン!と抜いてしまいます。
それが食べやすさと美味しさの秘密。
スポーンと抜いた空洞にチーズや梅などを詰めてもいいですね!と臼井さん。
いいですね!お酒のおつまみにも合いそうです!

カマス棒は、小田原魚市場、小田原地域のイベント会場、
西湘バイパスPA、小田原市内の一部スーパーマーケットで
購入することができるそうです。
見かけたらぜひお試しくださいね!!

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。