fyb_switch_to_sp_js

« 神奈川県◆2018年の抱負 | メイン

2018年1月13日 (土)

独創技術は神奈川から。

今回は「神奈川工業技術開発大賞」を受賞した
株式会社鶴見精機の代表取締役社長・立川道彦さんと
生産部部長・伊野哲郎さん、
そして神奈川県産業振興課課長・山崎博さんをスタジオにお迎えしました。

Img_85831

主にご紹介したのはもちろん!大賞を受賞した鶴見精機さんの
深海用プロファイリングフロート「Deep NINJA」』について。
2013年には海氷下の南極海で越冬に成功、
全長2m強、重さ約50キロの細長いスリムボディながら
深海域の海水温や塩分を測定することができるんです。
(一見、ロケットのようなルックス。)

「Deep NINJA」の何がすごいかというと
今までは水深2000mを超えは不可能と言われていた測定が
なんと水深4000mまで可能になってしまったこと。
全海洋のほとんどを「Deep NINJA」でカバーすることができます。

深海域の温度などが私達の生活にどのように関わっているのか、
始めは「???」でしたが、実際は地球温暖化などの地球規模での
気候変化の問題を考える上で「Deep NINJA」が集めた基礎データは
大変重要なものとなってきます。

時代を先取りする技術・製品が神奈川から生まれているというのは
なんとも誇らしいお話です。

神奈川県の最先端工業技術が見られるイベントもあります。
番組内でもご紹介しましたがもう一度。

テクニカルショウヨコハマ2018
2月7日(水)~9日(金)の午前10時から午後5時まで。
パシフィコ横浜展示ホールA・B・Cでの開催です!
入場は無料ですが、HPから事前登録を!
(当日来場された方も、会場にある申込用紙に記入すれば入場可能。)
詳しくは「テクニカルショウヨコハマ」で検索してくださいね!



コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。