fyb_switch_to_sp_js

« 2017年7月 | メイン

2017年8月

2017年8月19日 (土)

モモセレクト チカタビプラン

神奈川ならではの体験プランを集めたトラベルサイト

「神奈川チカタビ」

ご存知ですか?
神奈川ならではの自然・歴史文化・風土などの観光資源を活かした
体験プランを紹介する予約販売トラベルサイトです。

今回はいろんなプランが満載の「神奈川チカタビ」から
私が参加してみたいプランをいくつかと
スタジオにお越し頂いた神奈川県観光協会の相原裕さんおススメの
旅プランをご紹介しました!

Img_78461
ちなみに「神奈川チカタビ」という名前の由来は
①距離が「」い=思い立ったらすぐに行くことができる!
②地域を身「」に感じる=地域ならではの自然、習慣、食などを体験できる!
③親「」感がある=商店街の店主や農家など、地域の人と交流ができる!
という意味が込められています。

それらを満喫できる、モモセレクトのチカタビプランは…

「円覚寺・帰源院 鎌倉のお寺で坐禅で心と体のメンテナンス」

(詳細は↑をクリック!)
いいですね~。私の緩んだ気持ちと体をシャキっとさせてくれそうです。
普段立ち入ることのできない、円覚寺「帰源院」での座禅体験。
所要時間も2時間~2時間30分ということで
充分日帰り可能。そのまま清い心で鎌倉散策も良さそうです。
料金は一人8,500円。(別途、お寺拝観料と寺参銭が必要となります)

茅ヶ崎でサーフィン体験 カフェでのお食事
 ~あなたの日常に湘南ライフの豊かさを~」

(詳細は↑をクリック!)
密かに私が一度やってみたいと思っているサーフィン。
茅ヶ崎で2時間ほどサーフィンを体験した後、「NANDカフェ」でお食事も楽しめる!
マリンレジャーに必要な物をレンタルすることができる「手ぶらパック」もあります。
無理のないマンツーマン指導なので、シニア世代の方も楽しめます!
「茅ヶ崎」で「サーフィン」をする!という響きがもう、憧れますね。(笑)
こちらは手ぶらパックの場合、一人10,000円。
所要時間は、朝9時から夕方4時までということで一日満喫できますね。

他にも様々な個性豊かなプランがたくさんあります。
神奈川県内にお住まいの方も、きっと行った事がない場所、
体験してみたいこと…ありますよね?!
(もちろん、県外にお住まいの方もご利用いただけます!)
プランを見ながらあれこれ想像するのも楽しいです。
これからもどんどん魅力的なプランが増えていくということなので
ぜひチェックしてみてください!

2017年8月12日 (土)

がん検診のすすめ

毎年9月はがんと、その予防についての正しい知識の徹底と、
早期発見・早期治療を普及させるための「がん征圧月間」。
(でも当然、9月だけではなく常に気にしていたいですね。)

今回は「がん検診のすすめ」というテーマで
神奈川県 がん・疾病対策課の中郡遼子さんから
神奈川県のがんの現状やがん検診の状況など、
また、4年前に乳がんを経験されたFヨコ「ラジオショッピング」金曜日担当の
小林アナさんに当時のお話などをうかがいました!
中郡さん、アナさん。貴重なお話をありがとうございました。

Img_78011

アナさんが乳がんを患った時の当時のお話は

「私、乳ガンになりました」
https://ameblo.jp/kobayashiana/entry-11565997783.html

こちらに詳しく書かれているのですが、
当時、このお話を聞いた時は「年齢の近い知り合いがまさか…!」と
大変驚き、心配したのを覚えています。

この「まさか…!」というのがそもそも間違いなのですが。
がんの現状を聞くと、まったくの他人事ではないのです。
私自身、父をがんで亡くしていますし、
アナちゃんの話はがん検診をきちんと受けるきっかけになりました。

がんは早期発見と早期治療で治癒率が高まります。
自覚症状のない早期がんの発見には、がん検診が欠かせません。
また、早期に発見する事ができれば、それだけ治療の選択肢も広がります。

お住まいの市町村や、加入している健康保険組合などで
がん検診を受けることができます!
「忙しくてなかなか…。」という方もいらっしゃるかもしれませんが
今回の放送で一人でも多くの方が「そっか、検診行ってみようかな」と
思ってくださると嬉しいです。
何度でも言いますよ~。がん検診、受けましょう!

2017年8月 5日 (土)

食中毒を予防しよう

行楽シーズンに限った話ではありませんが、
特に夏場は食中毒が発生しやすい季節です。

海や山でのバーベキュー、お弁当、暑い台所、などなど
食中毒の魔の手(菌)がウヨウヨ~。
「楽しかった夏」が「食中毒で苦しんだ夏」にならないよう、
今回は「食中毒のお勉強と予防方法」について
神奈川県生活衛生課 食品衛生グループの岩田主任技師に
お話をうかがいました。

Img_77641
夏に発生しやすい食中毒トップ3は

ノロウィルス
カンピロバクター(鶏肉の不十分な加熱が主な原因)
アニサキス(魚の内臓に寄生する菌。肉眼でも確認できるそうです。)

だそうです。
他にも牛などの家畜が保菌している「腸管出血性大腸菌」や
人の鼻や皮膚などに付着している「黄色ブドウ球菌」、
カレーの常時保温などが原因で大増殖する「ウェルシュ菌」など
食中毒たちはとても身近なところに潜んでいます。

食中毒を予防するために大切なのは
付けない】【増やさない】【やっつける】だそうです。

こまめな手洗いや、調理器具を清潔に保つこと!
(時計や指輪も外してね。)

夏場はお買い物をしたら早めに帰宅すること!
(禁・寄り道。)

お肉やお魚などは中心まで徹底して加熱すること!
(たたきは美味しいですけどね。でも!)

おにぎりは調理用手袋やラップを活用しましょう!
(お母さんが握ってくれるおにぎりはとても美味しいですが、
あなたの具合が悪くなってしまっては台無しです。)

食中毒は私も経験がありますが、あの苦しみったら!
(どのような症状が出たのか、詳しい話はアレなので省略します!)
『カレーは一晩寝かせると美味しくなる』という定説も、
夏場は特に避けましょうね!夏はカレーが美味しい季節!だからこそ。

食中毒について詳しくはこちらでも読む事ができます。
神奈川県 食中毒に関すること