fyb_switch_to_sp_js

« 農業を支える女性の力 | メイン | 食中毒を予防しよう »

2017年7月29日 (土)

ともに生きる~事件から1年~

黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えしてお送りしました。
今回のテーマは「ともに生きる~事件から1年~」。
津久井やまゆり園の事件から1年経ちました。

かつて類を見ない悲惨な事件を振り返り、
発生当時の事を思い出すと今でも身の毛がよだつ。と仰っていた知事でした。

家族会の方々とお目にかかり、また、助かった方々を訪ねてみると
そこでは笑顔が溢れ、笑い声が起こっているというギャップに驚いたそうです。

これは、事件後、誰一人辞めることなく現場に留まって下さった
職員の皆さんが「今まで通りのケア」を続けて下さったから。というお話が
非常に印象的でした。

県では昨年10月に「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。
ともに生きる社会の実現を向けて神奈川県では

「ともに生きる社会かながわ推進週間」を定めました。
事件の発生した7月26日を含む1週間で
今年は7月24日(月)~30日(日)

ポスターや動画によって広報するほか、
県職員が「ともに生きる社会かながわ推進週間」のTシャツを着用して
職務に従事するなど、多くの人の目に触れていただく事で
改めて「ともに生きる社会」について考えていくきっかけにしたいという
思いが込められています。

Img_77391

また、10月には「みんなあつまれ2017」というイベントも開催します。
これは音楽やスポーツなどを障害のあるなしに関わらず、
みんなで一緒に楽しみ、同じ時間や体験を共有することで
「ともに生きる社会」を自分の身近に考える機会にしよう。というもの。

「ともに生きる」
改めて考えるテーマでしたが、無関心でいる事が最もいけないこと。
私自身も今日の放送をきっかけに、
「誰もが安心してともに暮らせる・ともに生きる社会」について
考えていくべきだと感じました。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。