fyb_switch_to_sp_js

« 2017年6月 | メイン

2017年7月

2017年7月22日 (土)

農業を支える女性の力

今日ご紹介した「ふるさとの生活技術指導士」。
これは、農家・農村地域に受け継がれてきた生活技術を伝えている方を
神奈川県が認定している制度です。

Img_76991
ゲストにお迎えした、ふるさとの生活技術指導士の大塚美恵子さんは
厚木市内でお米を生産している女性農業者。
厚木産の米粉を使ったシフォンケーキも生産されています!

このシフォンケーキを試食させていただいて
私は米粉初体験だったのですが
モチモチしているのに口の中で溶けるような食感!

Photo_3

濃くキレイなオレンジ色のシフォンケーキを食べてから
思わず「これはニンジン味ですね!」と言ってしまいましたが、
(※実際いただいたのはプレーン味だった。)
このオレンジは卵黄のオレンジなんだそうです!

素材にもこだわったシフォンケーキ。おいしかった!
大塚さんが開催されている、米粉シフォンケーキ作り教室が
人気なのもうなずけます。

大塚さんご自身、食品にアレルギーがあり、安心して食べられるお菓子を
自分で作れるように勉強したのがはじまり。
たまたま家に小麦がなく、ためしに米粉で作ったのがきっかけだなんて
変な言い方ですが、「大塚さんの家に小麦がなくてよかった!」(笑)

既に100種類ほどのレシピがあるそうですが(!!)
旬の野菜や果物を使ったシフォンケーキは

JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」本店
JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」相川店
JAあつぎの依知支所の直売所

で販売されています。
常に3種類以上が並ぶようにしているそうです♪おためしあれ!

とても色白でおっとりした雰囲気の大塚さん。
田んぼに出ればトラクターやコンバインを自由自在に操る農家さんには
見えなかったのですが!大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

2017年7月15日 (土)

貝殻アート かいのどうぶつえん

今日はスタジオにたくさんのかわいいどうぶつたちが来てくれました!
うさぎにひつじ、チンパンジー、カエル、コツメカワウソ…にぎやか!

湘南の浜辺で拾った貝殻を使って、いろんな動物を作り、
動物園にしてしまったという
かいのどうぶつえん」園長の角田元さんがゲストでした。

Img_76501 
15年ほど前、海岸を散歩していた時に偶然見つけた貝殻が
動物に見えた事がきっかけで貝殻のどうぶつを作り始めたという角田園長。

貝殻に新たな命を吹き込み、動物として甦らせる…といった感じでしょうか!
今や作品は1000点以上。
WEB上に存在する「かいのどうぶつえん」でも充分見応えがありますが
スタジオにお持ちいただいた作品を見てビックリ・・・・。

すっっごくかわいいのです!!!

Img_76511

貝本来の色や形を活かすため、作品作りのこだわりは
「割らない 塗らない 削らない」。

「割ってないんですか?!塗ってないんですか?!削ってないんですか?!」
と、ひとつひとつの小さくてかわいらしい貝殻&動物たちをみて驚くばかり。
とてもキレイな色の貝殻も、着色せずに一切手を加えていないとのこと。
貝殻って美しいんですね。動物の姿だけではなく、貝殻の模様なども楽しめます。

Img_76521

どの作品にもきちんとストーリーがあり、
園長さんのお話を聞きながら眺めていると優しい気持ちになれました。

貝殻は固いはずなのに、動物に生まれ変わるとやわらかく見えるのが不思議…。
葉山のご自宅前には、作品展示用のショーケースをつくり、
毎週土曜日に新作を発表しているそうです。
ご近所の方がうらやましい・・・。

Img_76571

ぜひ、角田園長の作品を実際に見て頂きたい!!
番組でも告知してくださいましたが、改めて・・・

「出張かいのどうぶつえん in 葉山図書館」
7月25日(火)~8月27日(日)
新作も並ぶそうですよ♪ 観覧は無料です。

Img_76561 
お子さんの自由研究の参考になりそうですね!
なーんて言っていたのですが、こういうのって大人の方が
ハマっちゃったりするんですよね!ふふふ。
あぁ私も貝殻を拾いに行きたい・・・作ってみたい!!

2017年7月 8日 (土)

かながわのお土産~かながわ屋に行って来ました!

神奈川県を代表する物産が沢山並んでいる、
アンテナショップ「かながわ屋」。

Img_75811

Img_75831実は私も大好きでよくお世話になっております!
(私はお土産用というより自分用の買い物ですsmile

場所は横浜港大さん橋入口近くにある
シルクセンター・ビルの一階です。

各地の名産品を約1300アイテムも取り扱っている全国唯一の
神奈川県アンテナショップですが、「三崎マグロ」「小田原梅干し」
「大山のきゃらぶき」「足柄茶」といった食品から
「鎌倉彫」「箱根細工」などの伝統工芸品まで、
本当に色んなものがたくさん並んでいます。
行けばあれもこれもと目移りしてさぁ大変。

Img_75861

Img_75871

今はどんな商品が人気なのか、

また現在工事中のため、仮店舗で営業している「かながわ屋」ですが
リニューアルオープン後はどんな風に変わるのか、
観光協会の加藤梨恵さんにお話を伺いました!

Img_75901
加藤さんのイチオシは

アツアツ&ジューシーな肉汁もたっぷり!
横浜・王府井(わんふーちん)の正宗生煎包!
ご自宅でも名店の味が手軽に楽しめる小龍包!
「!」を連呼してしまうほど美味しかったです!

Img_75911
他にも「JMETS 練習船カレー」や

梅&足柄茶の香りがたまらない「小田原パネティッシモ」、
神奈川産の美味しいフルーツ「湘南ゴールド」を使用した
「一の湯オリジナル 湘南ゴールドドレッシング」など
相変わらず「かながわ屋」には美味しそうなものがたくさん。

1_2
今回番組で紹介した商品は、かながわ屋の通販サイトで

購入する事もできます!⇒「かながわ屋」サイト

リニューアルオープン予定は10月24日(火)。※予定
現在はシルクセンターの中一階「英一番街アーケード」内にも
仮店舗営業中。日替わりの店頭販売も続いていますので
神奈川産の美味しい物、珍しいものを探しに
ぜひ訪れてみてくださいね!

アクセスは、みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩3分。
JR京浜東北線「関内」駅から徒歩10分。

営業時間は午前10時~午後6時まで。
定休日は月曜日&年末年始。
(月曜が祝日の場合は翌日がお休みになります)

2017年7月 1日 (土)

達人に聞く!夏のアウトドアの楽しみ方

7月に入り、本格的な夏の到来!
神奈川県には魅力的な海、山、川がたくさんあり
そこには豊かな自然の恵み=食材もあります。
アウトドアで食べるご飯は格別!

というわけで、今回は鎌倉在住、「チュンチュン」の愛称で知られる
アウトドアコーディネーター、小雀陣二さんにアウトドアの楽しみ方を
教えていただきました。
お話を伺った場所は、三浦市三崎にある小雀さんのお店「雀家」です!
このカフェがまた素敵なお店でして!!

004_3

三崎港のバス停目の前にある雀店さん。
私もよく三崎港には行きますが、こんな素敵な店舗があるなんて!不覚!

※小雀さんいわく、週末(土・日・月)の営業となるため
平日に来ると気が付かない人も多いんです。とのことcatface

005

小雀さんがセレクトした雑貨や、
アウトドアに欠かせない調理器具なども並ぶ一階。
絵になりますねぇ。

001_2

お話は2階で伺いました。
木材と白い壁があたたかく、とても落ち着いた雰囲気。
夜の雰囲気はどんな感じなんだろう…気になります!

Img_75381

2階に上がると思わず「うわぁあ~!」と声が出てしまう眺めの良さ。
手前に写っているテーブルに座って、アウトドアでのお料理の魅力や
調理道具へのこだわりなどをお話いただきました。

そうそう、なぜ声が出てしまうかというと・・・。

 002_2

いい景色なんです!!
繰り返しますが、私は今までなぜこのお店を知らなかったのか!
(ずばり、平日しか三崎を訪れたことがなかったからです。)


ここでは地産地消をテーマに、小雀さんが今まで訪れた場所で出会った
美味しい食材を使ったメニューが提供されています。
逗子のBakeromiのケーキや、葉山のThe Five Beansで焙煎した
オリジナルブレンドのコーヒーも人気だそうです。

Img_75351

お店で小雀さんに直接「アウトドアで使う調理道具」や
「調理方法のポイント」などを伺うのもいいかもしれませんね!
(可能な範囲で教えてくださるそうです!)
アウトドア料理のレシピって、想像以上に幅広くて
オシャレなメニューもたくさん!
外で美味しい物を食べたいがためだけに
どこかに行きたくなってしまいました(笑)

003

営業日や営業時間、またイベントなども行われているそうなので
訪れる前にはぜひ雀家さんのホームページを確認してくださいね!
私も次は「週末に」三崎へ来たいとおもいます!!

雀家Facebookページ