fyb_switch_to_sp_js

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

劇団四季「オペラ座の怪人」横浜公演

いよいよあと約一カ月に迫った
劇団四季「オペラ座の怪人」横浜公演
3月25日から8月13日までKAAT神奈川芸術劇場で上演されます!
劇団四季の横浜長期公演は4年ぶり!これは楽しみ!

パリ・オペラ座の地下に棲み、歌姫クリスティーヌに恋をする
「怪人」の切ない生涯を描いた名作。本当に切ない。
オペラ座を再現した豪華絢爛な舞台と、衣装にも注目。
作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーの楽曲も名曲揃いです。
(観た事がない、という方も曲を聴けば「あぁ~!」となるはず。)

というわけで、今回は「オペラ座の怪人」を代表して「怪人」役のひとり、
劇団四季の佐野正幸さんにお話を伺った模様をお届けしました。
劇団四季の独自の練習法や、「オペラ座の怪人」に対する想いなど
盛り沢山のお話、どうもありがとうございました!

Img_68151

※佐野さんの目ヂカラがとても強くてドキドキしたわたくし。
「曲についてだったら何時間でも語れるんだけどな」とのこと。
ぜひ、ぜひ、またのご出演、お待ちしております!

お話を伺ったのは、横浜市青葉区あざみ野にある「四季芸術センター」。
「横浜」という街にとても愛着があり、
地元のお客様に恥ずかしいものは見せられない!
と、劇団員の皆さんも気合が入っているとのことです。

チケットは、3月25日(土)~6月30日(金)までの公演分を現在発売中。
7月1日~8月13日までの公演分は、
3月12日(日)午前10時から最終前売開始となります。
インターネットや電話で、または、各劇団四季専用劇場で直接購入ができます。
詳しくは、劇団四季のホームページをご覧ください。

2017年2月18日 (土)

『じんじん~其の二~』

北海道剣淵町を舞台に製作された映画「じんじん」。(平成25年春公開)
あれから4年。秦野に舞台を移して「じんじん」が帰ってきました!
その名も「じんじん~其の二~」。

丹沢の美しい麓、親子の絆と林業を通した環境保護をキーワードに
地域の人のつながりや心の優しさ、困難に立ち向かうことの意味を描き
「一歩を踏み出す勇気」を与える応援歌となっています。
秦野市民のみなさんもエキストラとして参加してるとか!

今回はこの作品の企画、主演の大地康雄さん、
秦野市観光協会の勅使河原千春さんをスタジオにお迎えし
映画「じんじん~其の二~」が出来るまでの製作秘話や
大地さんが感じた秦野市の魅力などについてお話を伺いました!

Img_67881

映画館に限らずホールや公共施設などでも上映を行う「地域密着型映画」として、
これから時間をかけて全国様々な場所を回ります!
映画館のない地域でも上映をする事で、子どもから高齢者まで
「人が動く」ことで地域の活性化も担います。
(ちなみに秦野市にも映画館がないそうです。)

というわけで、番組でもご紹介しました全国初公開となる上映会
『「じんじん~其の二~」秦野市完成披露特別先行上映会』の詳細を
ここにも記載しておきますね!ぜひご覧になってください。

2月24日(金)、2月25日(土)の両日
場所は秦野市文化会館大ホール。
チケットは大人が1,000円、小学生以下は無料です。(発売中!)
当日は大地康雄さん、山田大樹監督も出席されます!
詳しくは秦野市観光協会(0463-82-8833)までお問い合わせください!

映画「じんじん」公式ウェブサイト



2017年2月11日 (土)

さがみロボット産業特区

今までも何度か番組で取り上げている「さがみロボット産業特区」。
鉄腕アトムがイメージキャラクターとなっているこの取組みも
そろそろ皆さんの中に浸透してきたでしょうか!

今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
現在開発中のロボットや、すでに商品化されたロボットについてお話を伺いました。

さがみ縦貫道路を中心とした10市2町を対象区域とした特区では
介護・医療」「高齢者等への生活支援」「災害対応」の3つの分野で
生活支援ロボットの実証を促進しています。
既に実証は100件以上、商品化されたロボットは「11」!
すでに商品化されたロボットをいくつか知事にご紹介いただきました!

Img_67401_3

これからもどんなロボットが生まれてくるのか非常に楽しみです。
「ロボットのある暮らし」がどんどん近づいてきているのが分かりました。
それでも一体どんなロボットがあるのか想像しにくいのもまた現実。
実際に触れたり、体験する事ができる場所があれば、
ロボットもっと身近な存在になると思いませんか?

神奈川県では「湘南ロボケアセンター」や、厚木・茅ヶ崎にある住宅展示場の
モデルハウスを利用した「ロボット体験施設」で体験することができます!

また、2月21日(火)には、特区のロボットが一同に会するイベント
さがみロボット産業特区ロボット展」も開催されます!
場所は、ボーノ相模大野3階にある「ユニコムプラザ さがみはら」です。

ここに全部集まるんですか~!これは見応えがありそうです。
神奈川県から誕生する未来のロボットをぜひ!間近に体感してみてください!

2017年2月 4日 (土)

三浦半島とイタリア半島の共通点って?!

魅力がいっぱいの三浦半島から今回は「食」をクローズアップ。
現在行われている取り組みについてお話をうかがいました。

ゲストは横須賀三浦地域県政総合センターの皆川さんと
料理研究家・長谷川りえさんです。

Img_67091

まずは、県と三浦半島の4市1町が連携し策定した
三浦半島魅力最大化プロジェクト」。

このプロジェクトの中で注目を集めているのが
新鮮な三浦半島の食材を豊富に使った
川越達也シェフとのコラボレーション企画。

川越シェフ考案のメニュー(前菜、メイン、パスタ)が
「LAUMI」と名付けられ、現在、三浦半島の4つのレストランで
この「LAUMI」をアレンジしたメニューをいただく事ができます。
(詳しくは「LAUMI 横三センター」で検索!)

Img_67411

↑こちらが今週のプレゼント、LAUMIのロゴ入りミニエコバッグ。
5名様にプレゼントです♪ ちょっとしたお買い物によい大きさ。

続いてご紹介したのが「三浦半島はイタリア半島プロジェクト」。
(衝撃的なネーミング!!)

三浦半島とイタリア半島は地形、食材が共通していることが多いことから
三浦半島の「食」の魅力をイタリア料理を通じて最大限に引き出そう!

というもの。

Img_67071

ロマネスコ、コールラビ、チコリ、スイスチャードなど
三浦半島ではイタリア野菜も多く作られています。
長谷川さんにお持ちいただいたキレイな野菜たち!
うーむ。私はスーパーなどで見かけても「高嶺の野菜」として
ただ眺めるだけだった存在。三浦半島ではお値段も手ごろだとか。

長谷川さんが考案された「よこすかピッツァ・ブラック」も気になります。
横須賀市内の16店舗が参加中とのこと。
ピッツァといえど、イタリアンレストランだけではなく居酒屋さんや
パン屋さんも参加しているそうですよ♪ぜひご賞味あれ!

それにしても今回はお話を聴いているだけで
お腹が空く回でございました。