fyb_switch_to_sp_js

« キミの守り方 大磯高等学校にお邪魔しました。 | メイン | 祝・大山! »

2015年9月12日 (土)

天体観測のすすめ

今日は「宇宙の日」!というわけで
街中でも出来る天体観測や、星空の魅力について
神奈川県立青少年センターの山田幸一副技幹にお話を伺いました。

1


(はて、最後に夜空を見上げたのはいつだろう?)
そんな事を考えながらアレコレ質問した今回。
街中でも金星、火星、木星、土星、
宇宙ステーションも肉眼で見る事ができるそうです。

当然、街灯の光などが無い方が綺麗に見えるのですが
山田さんが教えてくれた、街中での天体観測のコツは
「目を慣らすこと」
街灯の光などが目に入らないところで
20分ほど暗闇に目を慣らすと、瞳孔が開いてきて
3等星くらいの星まで見えるようになるとのこと。
mmm...これは試してみたいな~!

神奈川県内のおススメ星空スポットは
箱根、大山、丹沢、足柄峠、ヤビツ峠など。
三浦半島の先端だと南の星が良く見えるそうですよ。
あなたのお住まいの場所はいかがですか?

これからのおススメ天体ショーも教えてもらいましたよ。
12月15日の未明には「ふたご座流星群」が極大となるそうです。
月明かりの影響がなく、条件がとても良いので
良く見えると思いますよ~!と山田さん。
空気も澄んで夜空も深くなるこれからの季節、
美しい夜空を楽しみたいですね。

コメント

ふたご座流星群が、見られたら、嬉しいですね

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。