fyb_switch_to_sp_js

2017年5月20日 (土)

三浦の自然と真珠の出会い

今から100年以上前、
三浦市で真珠養殖の研究が行われていたのをご存知でしたか?
一時期、小網代湾でも真珠の養殖が行われ、
現在でも当時の名残が残っているんだとか。

今回は、真珠養殖を通して三浦市の小学校で実施している
海洋教育についてご紹介しました。
ゲストはこの「海育(うみいく)」を定期的に行っている
NPO法人小網代パール海育隊の副理事長、日高芳子さん。
(略して小パール隊!)

Img_73001 

日高さんご自身も小網代生まれ、小網代育ち。
近くの海で真珠が出来る事を子どもたちに伝え、
地元の海の良さを知ってもらおうと、海洋教育を行っています。

子どもたちには実際に、アコヤガイに真珠の核を入れる作業から
小網代湾で養殖したアコヤガイから真珠を取り出す「浜揚げ」を体験。
実際に真珠がみつかると、子ども達からは歓声や拍手が上がったそうです!
取り出した真珠は加工され、卒業記念に子ども達へプレゼントされる予定。
最高の思い出になりますね!

真珠の養殖にはかかせない、アコヤガイが生息するためには
栄養が豊富で綺麗な海が必要です。
元々、小網代湾は水質がとてもよく自然が豊富なのですが、
継続させていくためにも、真珠を通して海の環境保全の
大切さを伝えていきたい!とのことでした。

相模湾に面した「小網代の森」は、森林・湿地・干潟、そして海までが
連続して残された、関東地方で唯一の自然環境と言われる場所。
(もちろん私達も遊びに行くjことができます!)
2000種類を超える生物が確認されているんだとか!
小パール隊の事務所に立ち寄れば、小網代湾などについての
展示物や資料などを見ることもできます。
三浦に残る豊かな自然に触れ合ってみてはいかがでしょうか!

2017年5月13日 (土)

輝けシニア起業家!

今回はウクレレの音色が気持ち良い放送~catface

神奈川県が創設した「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ」。
第一回「ベンチャー部門」で優秀賞を受賞された、
ウクレレで笑顔サークル」の代表、松浪芳之さんをお迎えしました。

元々サラリーマン&転勤族だった松浪さんが早期退職し、
ウクレレサークルを本格的にスタートさせたのは59歳の時。

転勤族ゆえ、サラリーマン時代は地域の人とのつながりを持つ事が
あまりなかった為、趣味でやっていたウクレレを通して
地域の人との繋がり、また地域に笑顔をもたらすことができないか…との
思いから、横浜市を拠点にウクレレサークルを開いたそうです。

Img_72731 
現在も横浜市を中心に9つの拠点でウクレレサークルを運営。
かつて「音楽に挫折した人」や、楽譜が読めない人でも
日常の指使いで弾けるように工夫した教材を使用し、
メンバーの皆が楽しみながら自然に上達できるようにしているとか。
今や、そのメンバーも下は中学生から上は80代まで、
100人ほどの人が参加しているそうです。

練習はもちろん、メンバー同士の交流を楽しみにしている人達も多く、
中には世代の違う仲間との話題作りのために
週刊誌を読んで「ネタ」を仕込んでくる人もいるんだとか(笑)

今回は松浪さんの元でウクレレを習っている生徒さん達にも
お越しいただき、一曲披露してもらいました!
生徒さんも松浪さんもサークル名通り、笑顔が絶えません!

松浪さんに今後の抱負を伺ったところ、
神奈川県内を中心に直営のサークルの拡大や
ウクレレを通しての人の交流と豊かな市民生活の創出をしたい。とのこと。

本来なら「シニアが起業をすることについて」もっとお話を聞くべきだったのですが
松浪さんの笑顔に引き込まれ、サークルのお話が中心となりましたsmile

2017年5月 6日 (土)

ANA ウインドサーフィンワールドカップ 横須賀大会

今週は来週11日(木)から16日(火)までの6日間、
横須賀市の津久井浜海岸で開催される
ANA ウインドサーフィンワールドカップ 横須賀大会」をご紹介しました。

ゲストはこの大会の広報アドバイザーを務める俳優の石丸謙二郎さん。

Img_7216_2

テレビ番組「世界の車窓から」のナレーションなどで活躍されている
石丸さんですが、津久井浜を拠点にウインドサーフィン競技歴約25年!
ウインドサーフィンは37歳の時に始め、
2014年には日本歴代3位となる瞬間最高時速73.71kmを
記録したこともあるほどの腕前!
そんな石丸さんに、ウインドサーフィンの魅力や競技のみどころ、
また横須賀・津久井浜の魅力をたっぷりと語っていただきました!

お話をうかがった場所は、津久井浜海岸にある
ウインドサーフィンショップの「TEARS(ティアーズ)」さん。

Img_72261

この日はとても天気が良く、本当に気持ちが良かった!

20170428_124922

ウインドサーフィンのワールドカップの日本国内開催は
1993年の静岡・御前崎大会以来、24年ぶり。
大会期間中は競技以外にも地元、三浦半島のグルメや
キッズイベントなども出展されるビッグイベントなのです。

当然地元のお店もこの大会を盛り上げます!

20170428_141453

こちらは地元のパン店「ブロートバウム」さんの「横須賀ウインドブルー」。

20170428_123738
ソーダ味のクリームの上にはセイルの形をしたクッキーが!美味しい^^
食べるのがもったいないね~なんて言いながらペロッといただきました。(笑)

風以外の動力を一切使わずに、海面を飛ぶように走る爽快感。
石丸さんいわく「ウインドサーフィンをやっていると風が見えるようになる」のだとか!
ウインドサーフィンってもっと穏やかに楽しむものなのかと思いましたが
この大会で行われる「スラロームレース」は、選手が一度にスタートし、
順位を競うエキサイティングな競技。
カラフルなセイルが広い海の上を進んでいく様子は観るだけでも楽しめます。
ぜひ大会公式HPをチェックして、世界トップクラスのレースを楽しみましょう!
(双眼鏡と日焼け止めをお忘れなく!)

2017年4月29日 (土)

かなチャンTV musicコンテスト 神音ミュージック!

神奈川県に在学、在住の学生を対象としたコンテスト、
かなチャンTV musicコンテスト 神音(かな)ミュージック』。

応募総数は49。その中で選考を勝ち抜き
今回行われたこのコンテストで最優秀作品に輝いたのは
神奈川県立厚木高等学校軽音楽部、「GROOVE RUPTION」というバンドの
世界が呼んでいる」という作品。

どんなバンドなんでしょ、興味あります!って審査結果をよく見たら…
1位から4位までをこの厚木高校軽音楽部のバンドが独占してる!
だったら厚木高校に行っちゃいましょうよ。ということで
今回は軽音楽部部長と各入賞バンドのリーダーにお話をうかがいました。

Img_71691
厚木高校の軽音楽部は校内でも1,2位を争う人気の部。

なんと部員の数は約80名。
番組内で各入賞バンドの受賞曲を少しご紹介しましたが本当にレベルが高い。
どのバンドも自分たちで作詞作曲したオリジナル曲ですよ!

「各バンドに作詞作曲が出来る人がいるって、実はすごい事ですよね」
という質問に、顧問の小松先生が
「とりあえず作らせるんです。まずは出来なくてもやらせてみるんです!」
と仰っていたのがとても印象的でした。
ほぼ毎日の練習と、他のバンドと切磋琢磨しながら練習を積み重ねていく事が
軽音楽部全体のレベルアップと全国規模大会での上位入賞に
繋がっていくんですねぇ。努力は裏切らない!高校生に教わる大人の私。

Img_71671
今回お話を聞いた4バンドですが、

ゴールデンウィークに行われる県庁舎公開のイベントのひとつ
「かなチャンTV1周年おめでとう!"神音(かなミュージック)祭"」に出演!

●平成29年5月5日(金曜日)11時から16時まで 
●日本大通り(県庁本庁舎前)にて

※入場無料です

当日は「神奈川県庁本庁舎公開」はもちろん
「全国都市緑化よこはまフェア」も開催されています!
タイムスケジュールなど、詳しくはこちらのページをご覧くださいね。

2017年4月22日 (土)

神奈川モデル加速化予算

今日は黒岩県知事の出演。
平成29年度当初予算の重点的な取組みのお話などを伺いました。

20170413_154406
平成29年度当初予算には
「神奈川モデル加速化予算~スマイルあふれるかながわを目指して~」
という題が付いています。

これは超高齢化社会への対応、子育て支援、女性の活躍応援といった、
これまで取り組んできた「神奈川モデル」を一気に加速化させよう!というもの。
県民のみなさんの「スマイル(が)あふれる」暮らしになるよう
未病問題やロボットとの共生、子ども・子育て支援などに取組み、
また経済のエンジンを回すために大切な「神奈川の観光魅力づくり」も
ラグビーワールドカップ2019や、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を
控えた今、ますます積極的に取り組んでいくとのお話でした。

そして最後の知事にご紹介いただいたのが
新しい神奈川県の海外向けPR動画

Together ~ A Message from KANAGAWA」。

神奈川の魅力を海外の企業や海外で活躍される方々にアピール!
世界に開かれた神奈川県になるよう願いが込められた動画です。
ぜひご覧ください!

2017年4月15日 (土)

春を楽しむ大磯町歩き

今週は「ブラもも ~大磯町編~」をお届けしました!
久しぶりの大磯町。駅前のゆったりとした雰囲気が好きです。

Img_71281
「湘南発祥の地」と言われている大磯。
県外の方には『大磯=海』というイメージが強いかと思いますが
大磯にはオシャレな雑貨店やカフェもたくさん!

まずはJR大磯駅より徒歩2分のところにある
つきやまArts&Crafts」さんへ。
ココ知ってる!行ってみたかったところだ!
と、最初からテンション上がる私。

Img_71091

店主の佐藤一樹さんにお話をうかがいました。
店舗として使用しているとっても雰囲気のいい建物は元々居酒屋さん。
大磯市に出店する作家さんが作品を持ち寄り、展示販売を行っています。

Img_71051

うふふ、雑誌の表紙みたい。
店内所狭しと並んでいるクラフト雑貨はどれもステキ。
あぁ、じっくり見たい。

Img_71081

昔ながらの活版印刷の文具や雑貨も製作しています。
ぬくもりを感じる独特の文字。ワークショップ等も行っているとか。

Img_71071

実は私、こういう雑貨店が大好きなんです。
写真を撮られた事を気が付いていないくらいジックリと見ています。
うーん、でも時間が足りない!今度またゆっくり来よう。お小遣い持って。

次に訪れたのは、住宅街の中にある素敵なカフェ。
大磯珈琲庵」さん。
可愛らしいお花たちが出迎えてくれます。

Img_71101

丹念に手入れされた美しいガーデン。
「大磯オープンガーデン・アフタヌーンティー」にも参加している
隠れ家的カフェとして人気の喫茶店です!

Img_71271

店主の佐野正子さんは、とても気さくで素敵な方。
ニコニコと笑顔でこちらのお店のこだわりなどをお話して下さいました。

Img_71261
アフタヌーンティセットもご用意いただきました!
香り高いコーヒーと佐野さん手作りのケーキを堪能。
このクロワッサンサンドの中のチキンハムやペーストがまた
とっても美味しかったんです!

20170407_132158 
「大磯アフタヌーンティー」の開催中は、こちらのセットを
一日限定30食で提供されるそうです。

癒しの時間を過ごした後は、お土産にもおススメのこちらのお店へ。

Img_71111

大磯井上蒲鉾店」です!練り物大好きな私、歓喜。
創業は明治11年の蒲鉾の老舗。今年で創業139年だそうです!
取り扱っている商品は、蒲鉾、はんぺん、さつま揚げの3種のみ。
井上さんにお話をうかがいながら、工場の様子などを見せていただきました。

Img_71171

お店にはひっきりなしにお客様がやってきます。
お忙しいところありがとうございました!

あっという間に時間が経ってしまい、最後は大磯港へ。
強風で煽られながらしばし物思いにふける私。
(本当に風が強くて実際はそれどころではなかった。)

Img_71191

そうそう!大磯港といえば「大磯市」!
毎月第3日曜日に開催される、神奈川県最大規模の朝市です。
フードやクラフトなど190店舗が集まります。

街中を歩いていると、ここでご紹介したお店以外にも
雰囲気の良いオシャレなお店がたくさんありました。
今回のお散歩で大磯の印象がずいぶんと変わりました!
街歩きをこんなに楽しめる場所だったとは!!
次はプライベートでゆっくり来よう。

 

2017年4月 8日 (土)

二宮町の特産品「湘南オリーブ」をご紹介!

最近、二宮町の新たな特産品として注目を集めているのが…

湘南オリーブ」!

温暖な気候でオリーブの栽培に最適な二宮町では
現在約2000本のオリーブが栽培されているそうです。

以前、番組でこの湘南オリーブから作ったオリーブオイルを
ご紹介しましたが、そのおいしさにわたくしビックリ!!
あんなに美味しいオリーブオイルを味わったのは初めてでした。

そんな二宮町の「湘南オリーブ」から今度は「オリーブ茶」や
「オリーブの新漬け」が登場ということで期待度も大!!
改めて、二宮町におけるオリーブ事業についてお話を伺うため
二宮町商工会 渡邉康司さんと、まつき農園 松木秀雄さんに
お越しいただきました。

Img_70501 
試飲・試食をさせていただいた「オリーブ茶」。
ほんのりと苦味を感じますが、それがまたよし。
オリーブならではの油分も感じる事ができ、
アンチエイジング効果も期待できます!

採れたてのオリーブの実を新鮮なうちに塩水に漬けた「新漬け」は
口の中にオリーブの香りが広がり、食べる手が止まりません。
とても人気の商品で、前回はすぐ完売してしまったそうです。

オリーブは実だけではなく、葉は観葉植物として飾るとオシャレ。
木や枝も工芸品などに加工ができる優れものです。
二宮町では今後、「湘南オリーブ」を使ったお土産や飲食店など
開拓していく予定とのこと!
みかんや玉ねぎ、サバ、しらす、菜の花、落花生など
すでに美味しいものがたくさんあるグルメタウンな二宮町。
遊びに行く時はお腹をすかせて行きましょう!!

2017年4月 1日 (土)

やまなみ五湖へお出かけしよう!

神奈川県の水のふるさと「やまなみ五湖」とは
北西部に位置する相模湖、津久井湖、奥相模湖、丹沢湖、宮ケ瀬湖のこと。

ダムの建設によって出来た湖ですが、それぞれに特徴があり
自然に囲まれた美しい湖です。
意外と(?)都市部からも近く、気軽に訪れる事ができるんです!
今回は神奈川県 土地水資源対策課の古嶋彩乃さんをスタジオにお迎えし
県の大事な水資源である「やまなみ五湖」の魅力についてご紹介いただきました。

Img_69891


やまなみ五湖エリアの素材や自然の恵みを活かした「やまなみグッズ」も。
名水をいかして造られた日本酒・ワインやスイーツ、うどん、ジャム、お茶
ドレッシングなどなど地元の特産を活かした商品が揃っています!

津久井在来大豆で作った味噌が美味しい「津久井みそ饅頭」、
愛川町の卵菓屋プリン、どちらも美味しかったなぁ。
津久井のスギの間伐材でつくった積木やパズルは
スギの良い香りと木のぬくもりを感じる事ができ、
プレゼントにもピッタリです。

これからの季節は津久井湖あたりで桜を楽しむのはいかがでしょうか!

2017年3月25日 (土)

D52奇跡の復活!

Img_69591 
今回は山北町で復活した「D52-70号機」(以後D52)のご紹介でした。
私の中で山北町といえば「どうらくかあちゃんのゆずこしょう」なのですが
(しつこいくらい番組でご紹介している超美味なゆずこしょう!)
今回は鉄道のお話。そう、山北町って「鉄道の町」でもあるのです!
Img_69551

昭和19年に製造され、昭和43年まで御殿場線で活躍していたD52。
昭和43年以降は、山北鉄道公園で保存されていたのですが、
様々な熱いドラマを経て、ふたたび線路の上を
走る事ができるようになりました!

Img_69571
山北町商工観光課の加藤哲也さんにお話を伺
うため、
山北鉄道公園へ向かった私。
目の前に現れた蒸気機関車の、勇ましく美しい姿にびっくり。
初対面でしたが、復活を遂げて「もっと走りたいよー!」という
D52の声が聞こえてきそうなほど。
特別に運転席を見せていただいたのですが、想像以上に狭い。
私、入らないかも…。昔の方は小さかったのですね…。

山北町では4月7日(金)まで「第44回やまきた桜まつり」が開催中。
その中の4月1日(土)、なんとこのD52が走る姿を観る事ができます!
D52の運行は11時頃~と14時頃~の2回。(予定)
是非、復活を遂げたD52の姿を観にお出かけください♪
桜とD52のコラボレーション。キレイだろうなぁ・・・。

D52復活までの軌跡、詳しくはこちらでもご覧いただけます!

Img_69601※プレゼント応募の締め切りは3月28日(火)です※

2017年3月18日 (土)

「葉山女子旅きっぷ」を使って葉山・逗子エリアへ!

京急電鉄さんが発売している「葉山女子旅きっぷ」、ご存知ですか?

電車・バスの乗車券」+「ごはん券」+「おみやげ券」が
セットになった、大変お得なきっぷなんです!

かねてから「みさきまぐろきっぷ」の愛用者である私ですが
今回はこの「葉山女子旅きっぷ」の企画者、
京急電鉄 営業部の伊藤綾香さんに葉山・逗子の
おススメスポットをご案内していただきました!

Img_68981

まずは葉山マリーナへ。
いつもはバスなどで通り過ぎるだけだった葉山マリーナに
ついに降り立ちました!この日は天気がよくて富士山も良く見える!
ヨットやクルーザーが並ぶ景色は壮観です。ちょっとしたセレブ気分。
「葉山女子旅きっぷ」があれば、遊覧船のクルージングを
割引料金(3,240円→2,160円)で体験できます。

Img_68991

葉山~逗子エリアは「夏以外の集客力が弱く、車で移動する人が多い」為、
通年で観光客を呼べ、かつ電車を利用して頂けるような企画はないかと
考えたのが「葉山女子旅きっぷ」を企画するきっかけだったそうです。

「女子旅」だけど、もちろん男子も購入可能です!!!
京急線駅ですぐに購入できるのも便利ですよね。
例えば品川からだと3,000円。横浜からは2,800円。とてもお得。

セットになった「おみやげ券」を使うと葉山マリーナでは

Img_69001

こんな豪華なおみやげが!(※この中から一点。)
葉山・逗子エリアの厳選されたショップの中から
ドーナツや、コロッケ、ビーチサンダル、ケーキ、プリンなど
お好きなおみやげを一点選べるのですが、絶対に迷っちゃう。

次に向かったのは、森戸神社
葉山のパワースポットです。天気が良ければ江の島、富士山も。
夕陽がとても綺麗に見える場所なので、その時間を狙うのもいいかも。

Img_69021

森戸大明神境内の「おせき稲荷社」。
古来より「せきが 止まらない人」、「咽を使う職業の人」たちからの
篤い信仰があり…という説明を見て、さっそくお詣り。

Img_69041

おぉ、この写真「女子旅」っぽい!!(女子旅なんですけどね。)
富士山と森戸神社のダブルパワーをいただきました。

次に向かったのはオシャレな神奈川県立近代美術館 葉山
館内にあるレストランもとても人気です。
常に「海」がすぐそばにある葉山は、本当に気持ちの良い場所。

Img_69061
こちらでもらえるおみやげと一緒に伊藤さんとパチリ。

今回は葉山エリアを中心に回りました。
バスはエリア内でしたら乗り降り自由なので、
気になる場所があればパッと降りて辺りを散策したり、
お昼は葉山、夕方からは逗子・・・など、自分の好きなように
楽しめるのもこのきっぷの魅力的なところです。

春のお出かけシーズン、海風を感じに葉山逗子エリアへの
おでかけはいかがでしょうか?
葉山女子旅きっぷ」の詳細は、こちらのホームページをご参照下さい!
今度はゆっくり、一日使って遊びに行きたいなぁ。