fyb_switch_to_sp_js

2017年2月25日 (土)

劇団四季「オペラ座の怪人」横浜公演

いよいよあと約一カ月に迫った
劇団四季「オペラ座の怪人」横浜公演
3月25日から8月13日までKAAT神奈川芸術劇場で上演されます!
劇団四季の横浜長期公演は4年ぶり!これは楽しみ!

パリ・オペラ座の地下に棲み、歌姫クリスティーヌに恋をする
「怪人」の切ない生涯を描いた名作。本当に切ない。
オペラ座を再現した豪華絢爛な舞台と、衣装にも注目。
作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバーの楽曲も名曲揃いです。
(観た事がない、という方も曲を聴けば「あぁ~!」となるはず。)

というわけで、今回は「オペラ座の怪人」を代表して「怪人」役のひとり、
劇団四季の佐野正幸さんにお話を伺った模様をお届けしました。
劇団四季の独自の練習法や、「オペラ座の怪人」に対する想いなど
盛り沢山のお話、どうもありがとうございました!

Img_68151

※佐野さんの目ヂカラがとても強くてドキドキしたわたくし。
「曲についてだったら何時間でも語れるんだけどな」とのこと。
ぜひ、ぜひ、またのご出演、お待ちしております!

お話を伺ったのは、横浜市青葉区あざみ野にある「四季芸術センター」。
「横浜」という街にとても愛着があり、
地元のお客様に恥ずかしいものは見せられない!
と、劇団員の皆さんも気合が入っているとのことです。

チケットは、3月25日(土)~6月30日(金)までの公演分を現在発売中。
7月1日~8月13日までの公演分は、
3月12日(日)午前10時から最終前売開始となります。
インターネットや電話で、または、各劇団四季専用劇場で直接購入ができます。
詳しくは、劇団四季のホームページをご覧ください。

2017年2月18日 (土)

『じんじん~其の二~』

北海道剣淵町を舞台に製作された映画「じんじん」。(平成25年春公開)
あれから4年。秦野に舞台を移して「じんじん」が帰ってきました!
その名も「じんじん~其の二~」。

丹沢の美しい麓、親子の絆と林業を通した環境保護をキーワードに
地域の人のつながりや心の優しさ、困難に立ち向かうことの意味を描き
「一歩を踏み出す勇気」を与える応援歌となっています。
秦野市民のみなさんもエキストラとして参加してるとか!

今回はこの作品の企画、主演の大地康雄さん、
秦野市観光協会の勅使河原千春さんをスタジオにお迎えし
映画「じんじん~其の二~」が出来るまでの製作秘話や
大地さんが感じた秦野市の魅力などについてお話を伺いました!

Img_67881

映画館に限らずホールや公共施設などでも上映を行う「地域密着型映画」として、
これから時間をかけて全国様々な場所を回ります!
映画館のない地域でも上映をする事で、子どもから高齢者まで
「人が動く」ことで地域の活性化も担います。
(ちなみに秦野市にも映画館がないそうです。)

というわけで、番組でもご紹介しました全国初公開となる上映会
『「じんじん~其の二~」秦野市完成披露特別先行上映会』の詳細を
ここにも記載しておきますね!ぜひご覧になってください。

2月24日(金)、2月25日(土)の両日
場所は秦野市文化会館大ホール。
チケットは大人が1,000円、小学生以下は無料です。(発売中!)
当日は大地康雄さん、山田大樹監督も出席されます!
詳しくは秦野市観光協会(0463-82-8833)までお問い合わせください!

映画「じんじん」公式ウェブサイト



2017年2月11日 (土)

さがみロボット産業特区

今までも何度か番組で取り上げている「さがみロボット産業特区」。
鉄腕アトムがイメージキャラクターとなっているこの取組みも
そろそろ皆さんの中に浸透してきたでしょうか!

今回は黒岩祐治神奈川県知事をスタジオにお迎えし、
現在開発中のロボットや、すでに商品化されたロボットについてお話を伺いました。

さがみ縦貫道路を中心とした10市2町を対象区域とした特区では
介護・医療」「高齢者等への生活支援」「災害対応」の3つの分野で
生活支援ロボットの実証を促進しています。
既に実証は100件以上、商品化されたロボットは「11」!
すでに商品化されたロボットをいくつか知事にご紹介いただきました!

Img_67401_3

これからもどんなロボットが生まれてくるのか非常に楽しみです。
「ロボットのある暮らし」がどんどん近づいてきているのが分かりました。
それでも一体どんなロボットがあるのか想像しにくいのもまた現実。
実際に触れたり、体験する事ができる場所があれば、
ロボットもっと身近な存在になると思いませんか?

神奈川県では「湘南ロボケアセンター」や、厚木・茅ヶ崎にある住宅展示場の
モデルハウスを利用した「ロボット体験施設」で体験することができます!

また、2月21日(火)には、特区のロボットが一同に会するイベント
さがみロボット産業特区ロボット展」も開催されます!
場所は、ボーノ相模大野3階にある「ユニコムプラザ さがみはら」です。

ここに全部集まるんですか~!これは見応えがありそうです。
神奈川県から誕生する未来のロボットをぜひ!間近に体感してみてください!

2017年2月 4日 (土)

三浦半島とイタリア半島の共通点って?!

魅力がいっぱいの三浦半島から今回は「食」をクローズアップ。
現在行われている取り組みについてお話をうかがいました。

ゲストは横須賀三浦地域県政総合センターの皆川さんと
料理研究家・長谷川りえさんです。

Img_67091

まずは、県と三浦半島の4市1町が連携し策定した
三浦半島魅力最大化プロジェクト」。

このプロジェクトの中で注目を集めているのが
新鮮な三浦半島の食材を豊富に使った
川越達也シェフとのコラボレーション企画。

川越シェフ考案のメニュー(前菜、メイン、パスタ)が
「LAUMI」と名付けられ、現在、三浦半島の4つのレストランで
この「LAUMI」をアレンジしたメニューをいただく事ができます。
(詳しくは「LAUMI 横三センター」で検索!)

Img_67411

↑こちらが今週のプレゼント、LAUMIのロゴ入りミニエコバッグ。
5名様にプレゼントです♪ ちょっとしたお買い物によい大きさ。

続いてご紹介したのが「三浦半島はイタリア半島プロジェクト」。
(衝撃的なネーミング!!)

三浦半島とイタリア半島は地形、食材が共通していることが多いことから
三浦半島の「食」の魅力をイタリア料理を通じて最大限に引き出そう!

というもの。

Img_67071

ロマネスコ、コールラビ、チコリ、スイスチャードなど
三浦半島ではイタリア野菜も多く作られています。
長谷川さんにお持ちいただいたキレイな野菜たち!
うーむ。私はスーパーなどで見かけても「高嶺の野菜」として
ただ眺めるだけだった存在。三浦半島ではお値段も手ごろだとか。

長谷川さんが考案された「よこすかピッツァ・ブラック」も気になります。
横須賀市内の16店舗が参加中とのこと。
ピッツァといえど、イタリアンレストランだけではなく居酒屋さんや
パン屋さんも参加しているそうですよ♪ぜひご賞味あれ!

それにしても今回はお話を聴いているだけで
お腹が空く回でございました。

2017年1月28日 (土)

大山街道ウォーキングスタンプラリー

「大山街道」は、大山と現在の東京の赤坂付近を結ぶ街道として
昔から多くの人に使われてきた街道ですが、
現在、この街道が通る神奈川県内の8つの市の魅力を感じるイベント
大山街道ウォーキングスタンプラリー」が
2月26日(日)まで開催されています!

私も実際に大山街道を歩き、
その様子を番組内でお伝えしました。

Img_66771

ご案内いただいたのは、かながわボランティアガイド協議会の
椎橋四郎さんと、海老名ガイド協会会長の西佑治さん。
海老名市温故館では神奈川県スポーツ課の大内準さんにも
お話をうかがいました!

Img_66791

Img_66841

大山街道が通る8つの市は、
川崎市、横浜市、大和市、座間市、
綾瀬市、海老名市、厚木市、伊勢原市。

ご自身のペースや都合に合わせて大山街道を歩き、
各チェックポイントに設置されたスタンプを
イベント期間中に集めていきます。
ゴールは伊勢原市の大山阿夫利神社です。

このスタンプラリーイベントと併催して
宿場探訪ウォーキング」も開催中です。
期間中の各週末、大山街道にかつて所在した八宿場を巡ります!
かながわボランティアガイド協議会の方が案内して下さいます。

要予約制ですので「神奈川チカタビ」サイトか、
神奈川県の「大山街道ウォーキングスタンプラリー」HPから
FAX、またはメールにてお申込み下さい!
(締め切りは実施日の10日前の正午まで。)

今後のスケジュールは
・2月4日(土)国分宿(海老名市)
・2月11日(土)厚木宿
・2月18日(土)糟屋宿
・2月25日(土)伊勢原宿

となっています!
2月4日の回、応募締切は過ぎているのですが
KANAGAWA Muffinを聴いてくださった方特別に!
1月30日(月)までにFAXかメールでお申込みいただければ
参加可能だそうです!(ありがとうございまーす!!)

FAX番号は 045-228-7693 です。

各所の魅力に触れつつ、ウォーキングもスタンプラリーも
楽しむことができるイベントです!ぜひご参加くださいませ!

2017年1月21日 (土)

かなテクカレッジ・西部校にお邪魔してきました。

秦野駅から水無川沿いにまっすぐ行ったところにある
神奈川県立職業技術校・かなテクカレッジ西部校」に
お邪魔してきました!

Img_66441

ここは専門的な技術や技能を身に付けて、就職を目指す方を
支援する県立の施設です。
平成25年に開校した西部校は建物がとってもキレイ!
窓も大きく、日差しが校内に降り注いでいました。
(入口から富士山もよく見えました。)

東部校は横浜市鶴見区にあります。

Img_66431

学べるコースは大きく分けて
機械、溶接、板金などの工業技術
木材加工、造園などの建築技術
介護調理、ケアワーカーなどの社会サービス
の3分野。様々な分野のスキルを身に付ける事ができます。

Img_66421

今回案内をしていただいたのは、
入校・就職支援課の福岡主事。

Img_66281

ちょうど調理実習中の介護調理コースにお邪魔しました。
ここでは「ほうれん草のおひたし」を教えていただきました。
ただ柔らかく茹でるだけではありません。
介護調理でよく使われるゼラチンのようなもので加工します。
むむむ。美味しい!喉越しスルッと、噛む必要なし。

修了後は老人福祉施設や病院、デイサービス事業所などに
就職される方が多いそうです。
ちなみに「かなテクカレッジ」修了生の就職率は
平成27年度の実績で95.4%!

Img_66321

続いては木材加工のクラス。
ここでも様々な年齢の方が学んでいます。女性もいたなぁ。
私は鉋掛けに挑戦。もちろん初めてです。
先生に教えてもらいながらシュッと削った木材ですが
うーん!難しい!でも楽しいぞ。いい香りだし。
当然、先生の鉋掛けは美しかった!!

Img_66301

このクラスから現代の家具職人がたくさん生まれるんですね。
あなたのおうちにある家具も、ここで学んだ
職人さんの手によるものかもしれませんよ。
(それにしても自画自賛ですが私は作業服が似合うなぁ。)

そして最後にお邪魔したのが旋盤加工のクラス。

Img_66331

先生「旋盤を使って金属コマを作っていただきます」
私「いただきます、ってことは私が?」←何をしに来たのか。

旋盤を使うなんて、もうこの先の人生でないかもしれない…。
大変貴重な経験をさせていただきました。
生徒さん達に協力してもらいながら、なんとかやりましたよ。
あぁ緊張した。削れていく様子を見ながら汗かいてました。
(この「金属コマ」作りは、体験入校でも実施しているそうですよ!)

Img_66381

ありがとうございました!

平成29年度4月生募集もすでに行われています。
期間は2月6日まで。

応募の前に雰囲気を見ておきたいという方には
オープンキャンパスがあります。
東部校⇒1/22(日)、1/26(木)、2/2(木)。
西部校⇒1/26(木)、1/29(日)、2/2(木)。

体験入校は
東部校⇒1/27(金)  西部校1/27(金)、2/3(金)。

他にも申込み方法やコースの詳細などについては
かなテクカレッジ」のホームページをご参照下さい!

2017年1月14日 (土)

中高年ホームファーマー

今回ご紹介したのは「中高年ホームファーマー」。

中高年の方を対象に、野菜の栽培研修を行い
農業の知識を身につけたホームファーマーを育成する
神奈川県が行っている事業のひとつです。

耕作されなくなった農地を神奈川県が土地所有者から
借り受けて、農業を学びたいという中高年の方々に
利用してもらっています。

これがまた、大変人気のあるコンテンツなんだとか!
何を作るんだろう?初心者でも大丈夫なのかしら。
色々お話を伺う為に今回は神奈川県農地課の円城寺技師と
この事業でホームファーマーを実際に体験した藤井優子さんを
ゲストにお迎えしました。

Img_65991

市民農園ではなく、本格的な畑をやりたい!と
以前から思って応募した藤井さん。
ホームファーマーとして2年間研修や農作を行い、
現在は「農業サポーター」として
本格的に農業に取り組んでいらっしゃいます。

自宅がある横浜市と畑がある愛川町の往復は
お仕事との両立もあって大変な時もあったそうですが、
同じ農園のメンバー仲間も増えて情報交換をしたり、
自分の好きな野菜を作ったりと
大変充実した時間を過ごせているそうです。

伝統野菜に興味があり、特に力を入れているのは
万福寺人参」と「津久井在来大豆」。(食べてみたーい!)
天気に左右されたり、収穫間近で鳥に食べられてしまったりと
ハプニングもありつつ、収穫時期はご家族総出で楽しむなど
お話を聞いていてもその楽しさがとても伝わってきました!

そんな「中高年ホームファーマー」ですが
現在研修生を募集しています。
応募期間は2月6日まで。
詳しい応募方法などは、こちらから!(県のHPにリンクしています)

募集要項の冊子は神奈川県庁新庁舎2階の
県政情報センターにも置いてあります。
県のたより 1月号」にも掲載されていますので
興味のある方は是非ご応募下さい!

2017年1月 7日 (土)

神奈川県、2017年の展望。

2017年もKANAGAWA Muffinを
どうぞどうぞどうぞよろしくお願い致します!

「もう」1月7日? 「まだ」1月7日?
のんびりしてると、また一年があっという間に過ぎていく…。
(↑自分に言っています。)

今年はどんな年になるんでしょうか!
番組でも黒岩祐治神奈川県知事をお迎えし、
2017年の抱負や、神奈川県の2017年の展望を伺いました。

Img_65001 
ラグビーワールドカップ2019があと2年。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会まであと3年。
神奈川は県内全体で盛り上げよう!ということで
ラグビー・オリパラ神奈川応援団」を立ち上げました。

また、セーリング競技開催会場となっている江ノ島では
江の島大橋3車線化の整備に着手。
地元関係者の皆さんの声を取り入れながら、
全力を挙げて、整備の調整や周辺地域の交通対策を進めていきます。

国内外から多くのゲストを迎えることは、
大きな経済効果への期待と共に、
神奈川の魅力を世界に発信する大きなチャンスです。

海外からのお客様を迎え入れるにあたって、
県内では「かながわ観光大賞」内での
外国人観光客奨励賞」の表彰、
文化芸術の魅力でマグネットのように人を引きつけよう!という
取組みである「マグネット・カルチャー(マグカル)」を推進。

2大スポーツ大会を絶好の機会として、
神奈川の魅力を国内外に積極的に発信していきます!
という力強く、熱い言葉を知事からいただきました!

他にも昨年から話題となっている
人生100歳時代の設計図」や
イクボス宣言」、「かながわ女性の応援団」、
今月新たに商品が認定される予定の
神奈川なでしこブランド2017」などのお話を伺いました。

今年も神奈川県の魅力や施策などを分かりやすく、
また、楽しくお伝えできればいいなと思っています。

(へぇ~、そんな場所があるんだ)
(ふぅ~ん、そういう事やってるんだ)

チラリとでもそう思って下さったら、とても嬉しいです。
今年もたくさんの美味しい(KANAGAWA)マフィンをお届けします!
土曜日の朝、のんびりとお付き合いください。
どうぞよろしくお願い致します!

2016年12月31日 (土)

2016年を振り返る

今日は今年最後の放送ということで
黒岩祐治神奈川県知事をお迎えし、
神奈川県の今年一年を振り返りました。

知事が年頭に掲げられた
人生100歳時代の設計図」。

ロボットタウンさがみ2028」は
あの!手塚プロとのコラボレーションアニメ。

育児×ボス(上司)=イクボスという言葉も話題になりました。
ミュージカル仕立てのPR動画、「かながわイクボス宣言」。

そうそうたる企業のトップがずらりと並んだポスターは
ビックリしました。「かながわ女性の活躍応援団」。

クオリティ高い商品が並び、番組内でも大変盛り上がりました!
女性が作った優れた商品を集めた「神奈川なでしこブランド」。

今年も大盛況、「ベトナムフェスタ2016」は
横浜の街がベトナムカラーに染まりました。

ENJOY 海 KANAGAWA」は神奈川の海や
セーリングに親しんでもらおうと開催された
史上最大のヨットフェスティバルでした。

そして津久井やまゆり園の事件という、
大変痛ましく、絶対に許されてはいけない事件もありました。
障害の有無に関わらず、誰もが安心・安全に暮らせる社会を
実現させるために策定された、
ともに生きる社会かながわ憲章」。

振り返ってみると、今年も神奈川県は色んな事がありました。
番組の最後、毎年の恒例行事として
黒岩知事に「今年を表す漢字一文字」をお訊ねしました。
知事が選ぶ今年の漢字は…

Img_65011 
100歳まで生きる。誰もが安心して暮らすこと。いのち。
性別関係なく活躍ができる世の中。ロボットのいる暮らし。

などなどなどなど、考えてみると、
「共に生きる」という事がとても重要視される
一年だったように思いました。
「共」…納得です!

というわけであっという間の12月31日。
2016年もKANAGAWA Muffinを
聴いて下さってありがとうございました!

あなたの2016年はどんな年でしたか?

来年もどうぞよろしくお願い致します!
ではではよいお年を!


2016年12月24日 (土)

かなチャンTV&県庁合唱団 

今回のKANAGAWA Muffinは、今年の4月から本格始動した
神奈川県のインターネット放送局「かなチャンTV」の
今年一年の活動について振り返りました。

ゲストは、かなチャンTVや神奈川県のイベントではお馴染み!!
特命かながわ発信隊 アホマイルド坂本さんと
知事室 県庁アナウンサーの波多野萌さん。

Img_65031
※「特命かながわ発信隊」※

県の取組みや施策、イベントなどをPRする
吉本興業の若手芸人さん達で結成。

坂本さんは、「かなチャンTV」の曜日別チャンネルで
毎週火曜日に更新される「ちょっと役立つ」「もっと知りたい」や、
特別番組などを担当されています。
(「かなかなかぞく」のメインキャラクター「かなぼう」の中の人でもあります!)

7月から「かなチャンTVアドバイザー」に任命され
ななななんと、県の非常勤職員になられたそうです。
(そんなわけで県の名刺もお持ちだとか。)

番組のMCはもちろん台本制作やイベントなど
幅広く活動し広報活動を行っています。
今や坂本さんなしでは「かなチャンTV」は成り立ちませんね。

そして県庁アナウンサーの波多野さんは、
かなチャンTVのチャンネル「教えて!黒岩さん」での聞き手役や
レポーターなど、かなチャンTVの顔として活躍中。

すっごく可愛らしい方なので、てっきり元々人前に出るお仕事などを
以前からやっているのかと思えば、普段は通常業務もこなす
れっきとした神奈川県庁の職員の方でした。
県庁アナウンサーの皆さんについてはこちらもどうぞ。


今回はクリスマスイブということで、県庁合唱団のお話も伺いました。
結成されて61年という長い歴史を誇ります。
波多野さんはこの県庁合唱団のメンバーなんだそうです。
(どうりで話す声が美しいと思った!!)

番組内ではみなさんがコンサートで披露された曲もご紹介。
番組冒頭で「クリスマスイブだけど特に予定なし」とぼやいた私も
素敵な曲のおかげで、なんとかクリスマスムードに突入です。(泣ける!)

インターネットTVとラジオという、全く別の媒体ですが
「神奈川県の魅力をもっと広めよう!」という考えは一緒。
またこうして交流ができたらいいなーと思いました!