fyb_switch_to_sp_js

2016年12月 3日 (土)

YAMATOを熱く盛り上げます!

神奈川県のほぼ中央に位置する大和市
南北縦に細長く、決して大きくはないけれど
鉄道でも車でもバスでも交通の利便性がとてもいい場所!
大和市と聞くと、どんなイメージがありますか?
基地?お祭り?桜?公園?

もっと詳しくお話を聞かせてください。
というわけで、今回は大和市イベント観光協会
星野俊江事務局長をスタジオにお招きしました。

Img_64061(以前は「泉洋子」の名前で女優さんをされていたという星野さん。
「サインはV」や「男はつらいよ」に出演されていたということで
お名前を聞いて「おぉっ!」と懐かしくなった方も
いらっしゃったのではないでしょうか。)

大和市イベント観光協会は、今年の11月にオープンしたばかりの
大和市文化創造拠点シリウス」に拠点を置いている組織です。
事業のひとつに「フィルムコミッション事業」があり、
現在、大和市でのロケ招致に力をいれているんだとか。

例年50~70件ほどの依頼があるそうですが、
交通の便もよく、利用しやすい大和市は
リピーターとなる制作会社も多いそうです。

「特徴もあまりなく、これといった観光名所があるわけでもない」(星野さん談)
大和市だからこそ!!
様々な映画やドラマで利用しやすいのかもしれませんね。
あなたが観ている作品にもきっと大和市が登場しているはず。

ロケ地として登場した作品のファンの方が「ロケ地めぐり」を
することで、観光振興にもつながります。
また、自分たちの街が作品に登場するということは
地域のみなさんが大和市を見直したり、
誇りに思うきっかけにもなりますよね。
(ということは大和市にいると芸能人もたくさん会えるんだろうか…。)←ミーハー!

そして最後にご紹介いただいたのが、
第7回YAMATOショートムービーコンテスト」。
大和市をテーマにした映像作品を現在募集中です。(12/25まで)
こちらのリンクから、過去のコンテストグランプリ受賞作品などを
観る事ができるのですが、これがまたレベルが高いです!
(私のおすすめは「ハチ公女」。)
大和市を知るきっかけにもなりますが、
普通の映像作品としても十分に楽しめますので
ぜひご覧になってみてください。
(コンテストの映像作品は市外の方も応募可能です!)

2016年11月26日 (土)

手話を学んでみよう(ゲスト:HAND SIGN)

毎年12月3日から12月9日までは「障害者週間」。
今回は神奈川県が行っている、手話が身近に感じられる
取組みなどをご紹介しました。

少し前に映画「聲の形」を観てから
私も手話で会話が出来るようになりたい。と思っているわけですが
番組で「手話」について様々な取組みを紹介するには
ひとりではちょっと(ほんとはすごく)心細い。

というわけで!
手話を取り入れたボーカル&パフォーマンスグループの
HAND SIGN」から、Vo.&Dance担当のリーダー、TATSUさんと
今年加入したばかりのDance担当、西田隆人さんを
ゲストにお迎えしました!

Img_63631
手話を取り入れたパフォーマンスって珍しい。

これがまたとーってもすてき!!
「すごい!」というよりも「手話ってかっこいいな!」という感じ。
結成のきっかけから最近の活動のお話、
また新しいメンバー・西田さんの加入のいきさつなど
いろんなお話をうかがいました。

神奈川県では、手話の普及促進のための
学習冊子、リーフレットを作成しています。

ずばり「手話を学んでみよう!」というタイトルの学習冊子は
手話の知識がなくてもイラストで分かりやすく
手話の基本を学ぶ事ができます。

またリーフレットは「聲の形」とコラボレーションをしたもので
各ページに「聲の形」のコマと合わせて
手話の意義や神奈川県手話言語条例を紹介しています。

これらは、各地域県政情報コーナーに配置されていたり、
県地域福祉課のホームページからダウンロードできます!
ぜひチェックしてみてくださいね。

Img_63651
それにしてもHAND SIGNのライブって、

メンバーの手話に合わせてお客さん達も
一緒に手話で踊っていてとても楽しそうだった!
「来年から…」なんて言わずに、早々に手話を習おう。と
誓ったわたくしでした。

2016年11月19日 (土)

(お肉もいいけど)お魚も食べましょう

秋と言えば秋刀魚です!食べましたか?
焼いて、煮て、お刺身で…私もたくさんいただきました。
これからの季節は、ぶり、たら、ふぐ、サバなどなど
魚好きにはたまらない、楽しみな時期がやってきます!
(秋冬に限らず、いつでもお魚は美味しいですが。)

週に何回、お魚を食べますか?
全国的な統計では、一人当たりの年間消費量は23キロ。
これはピークだった平成13年度と比較すると半分の量だそうです。

今回は、神奈川県水産課水産企画グループの
石黒雄一グループリーダーをスタジオにお迎えし、
魚を食べる事による健康な体作りなどをご紹介しました。

Img_63291
男女年齢を問わない魚離れ。

でも、みんなお魚が嫌いになったわけじゃないんですよね!
調理に手間がかかる、生ゴミが出る、まな板が汚れるから…など
なんとな~く私自身も耳が痛くなるお話でした。

お肉と比べると、高たんぱく&低脂肪。
また、摂れば脳の働きを促進し頭が良くなるという「DHA」、
脂肪を減らし、血液をサラサラにする「EPA」
アンチエイジングの美容効果も抜群と
魚を食べるといいことがたくさん!なんですよー!

もっと積極的に魚を食卓に取り入れたいですよね。

神奈川県では、手軽に食べられる魚加工品の開発を行っています。
ふりかけ、コンフィ、「北条一本ぬきカマス」、「花まつも麺」など。
魚を自分で調理するのが難しかったら、
こうした加工品から少しずつ取り入れるのもおススメです!


2016年11月12日 (土)

ともに生きる社会かながわ

今回は黒岩祐治神奈川県知事の出演で
ともに生きる社会かながわ」をテーマに
障害のある方の理解促進に向けた県の取組みについて
お話をうかがいました。

先日、障害のある方を積極的に雇用している企業へ
見学に行き、実際に働いている方や社長さんと
お話をされたとのことでした。
その社長さんの「障害がある方がかわいそうだから
雇用しているのではなく、会社にとって戦力となるから
雇用している。」という言葉が印象的でした。

また事件から3か月が経ち、全面建て替えが決定した
津久井やまゆり園の事件についてもお話を伺いました。

先月(10月)には「ともに生きる社会かながわ憲章」が策定。
今回のこの理不尽な事件が二度と繰り返される事がないよう
断固とした決意を持って憲章を定めたそうです。
(憲章の詳しい内容についてはリンク先をご覧ください!)

県内の小学校から高校までのすべての学校では
「いのちの授業」が行われています。
子どもの頃から「いのち」について考えることや
「そもそも『いのち』ってなに?」と疑問にもつことの大切さを
今回知事から教えていただきました。

Kanagawamuffin

今回お話いただいた、「ともに生きる社会かながわ」については
かなチャンTV」でもご紹介しています。ぜひご覧ください!

「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました
YouTube: 「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました

2016年11月 5日 (土)

神奈川の畜産をご紹介!

お肉、お魚、野菜、スイーツ…
美味しいものが豊富な神奈川県ですが、
今回は神奈川県の「畜産」に焦点を当ててみました!
お話を伺ったのは、神奈川県畜産課の
島村剛副技幹と藤沢知枝主査です。

スタジオには美味しいアイスやソーセージ、蜂蜜、ハム、
牛乳に今話題の「かながわ鶏」、ミニ牧場のセットなどなどが並び
たくさんの美味しい物に囲まれた私の表情も緩みっぱなし。

Img_62621
試食させていただいたものはどれもこれも美味しかった!!
パリッといい音がしたソーセージは力強いお肉の味。
新鮮な牛乳を使っているアイスも、まろやかな蜂蜜も、
「時間が限られた番組の収録」という場でなければ、
延々と食べ続けていたに違いない。
生産者のみなさんの丁寧なお仕事が伝わってきます。

大きく分けると乳牛、肉牛、豚、鶏、蜜蜂の5種類が
神奈川県では「家畜」として育てられています。
蜜蜂も家畜の中に入るんですね!これは初耳です。

生産量は全国でも真ん中あたりと、
決して多いわけではありませんが
付加価値を高めるためにブランド化されているものが多いのも特徴。
葉山牛、やまゆりポークなど、県が把握しているだけでも
60以上の畜産ブランドがあるそうです。

Img_62671

ぜひ、神奈川県の畜産にもっと注目していただきたい。
ぜひ、美味しいお肉などを召し上がっていただきたい。
というわけで、今回ご紹介いただいたイベントが

かながわ畜産フードコレクション2016

県が毎年開催している県内畜産物のPRイベントです。
もちろん物販もありますよー!!
ステージイベントも盛り沢山です。
美味しいもの、たくさん召し上がってください!
お腹空かせて行きましょう~。

日時は11月6日(日曜日)。
場所はみなとみらい 日本丸メモリアルパーク。
時間は午前10時~午後3時です。



2016年10月29日 (土)

森は水のふるさと

秋の行楽シーズン真っ最中。
山歩きや紅葉を観に行かれる方も多いかと思います。
今回は改めて、山・森林について考えてみませんか?
というわけで、神奈川県が行っている「水源の森林作り」について
神奈川県水源環境保全課の星台司主事と、
有馬瑠奈主事にお話を伺いました。

Img_62271 (漫画に出てきそうなお名前の二人です…!余談。)

相模川や酒匂川の上流部にある森林を
水源の森林」と呼んでいます。

この森林は「緑のダム」とも呼ばれているのですが、
その名の通り、雨水を一時的に蓄えて
綺麗にしながら濾過し、時間をかけて川に流す動きがあります。
ただ木や草を生やしておけば大丈夫。というものではなく、
間伐や枝打ちを行い、森林をきちんと整備しなくてはいけません。
実際、間伐や枝打ちとはどんな作業なのか詳しく教えていただきました。

そして神奈川県では、「水源環境保全税」というものがあり、
県民のみなさんに特別な負担をお願いしております。

今回、この税金の適用期間が、平成29年から平成33年までの
5年間延長されることが決定したというお話も伺いました。

私達が普段、安心して水道のお水を利用できるのは
こうした活動があるからこそ、なんですよね!
みなさんに水源の森林づくりへの理解を深めていただくため、
実際に間伐や枝打ちなどの作業を体験する機会もあるそうです。

主催しているのは「かながわトラストみどり財団」。
鎌倉市、秦野市、南足柄市、箱根町、真鶴町、湯河原町など
県内各地で行われています。
早朝から空気の澄んだ森林で身体を動かしたら気持ちいいだろうなぁ。

((申し込み方法など、詳しくは「かながわトラストみどり財団」のHPを
ご覧いただきたいのですが、一番近い日程だと
11月19日(土)湯河原町鍛冶屋で間伐の体験が行えるそうですよ!))

2016年10月22日 (土)

10月は「未病月間」~ME-BYO Japan 2016

今月は「未病月間」。
ちょうど先日、パシフィコ横浜で
ME-BYO Japan 2016」というイベントが行われていました。
今の最先端の未病関連商品やサービスってどんなものがあるの?
というわけで、今回は神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室の
古谷千香子主事に案内をしていただきながらお話を伺ってきました。

Mebyojapan

約30のブースがありましたが、
番組内でご紹介したのは…

大井町と共同で「未病いやしの里センター(仮)」を整備している
ブルックスホールディングス」さん。
このセンターの中には「薬膳カフェ(仮称)」というコンセプトカフェがあり、
自分の体調や体質など、心身の状態に合わせて
メニューが選べる予定だとか!

続いては「(株)エムティーアイ」さん。
お子さんの予防接種や健診データ、子育て日記を
簡単に記録できる『電子母子手帳』や
ヘルスケア機器を活用した『CARADA』という
健康管理アプリなどのサービスを提供している企業です。
従来の冊子状の母子手帳もいいものですが、
アプリで簡単に細かい子育て日記を記録できるのはとても便利!

最後にご紹介したのは「(株)DeNAライフサイエンス」さん。
MY CODE」は自宅で唾液を採取し、検査機関に郵送すると
280項目もの疾患や体質の遺伝的な傾向と
予防のためのアドバイスをしてもらえる遺伝子検査サービス。
結果によっては正直、あまり聞きたくないこともありそうで
私はビクビクしていたのですがこれは大間違い。
聞いて落ち込むのではなく、アドバイスに従って
生活を改善していこう!!というもの。
とても前向きな遺伝子検査なのです。

今後、県内で健康チェックや未病関連製品、サービスを
体験できる「県民フォーラム」を開催します。
改めて「未病」について学べる良い機会かもしれませんよ♪
お近くに来た際にはぜひ参加してみて下さい!

◎10月30日(日)
ME-BYOフェスタ~笑いとスポーツの祭典~ (大井町)

◎11月5日(土)
ME-BYOサミット神奈川2016 県民フォーラム(藤沢市)

◎11月13日(日)
健康都市やまとフェア2016×未病を改善する県民フォーラム(大和市)

◎11月15日(火)
かながわ健康長寿フェア IN さがみはら(相模原市)

◎11月27日(日)
健康チャレンジフェアかながわ2016(横浜市)

11月27日(日)までは県内各地のイベントにて
「ME-BYOキャラバン」というブースも出展されています!

2016年10月15日 (土)

秋のかながわ献血キャンペーン

今日、10月15日から神奈川県では
「秋のかながわ献血キャンペーン」を実施しています。
そしてFMヨコハマでは「命を考える一週間」として、
各番組内で輸血経験のある方々やそのご家族にお話を伺ってきました。

KANAGAWA Muffinでも今回は
神奈川県赤十字血液センターの石黒千尋さんと
輸血経験者ご家族の小泉真弓さんをスタジオにお迎えし
「献血」について改めてお話を伺いました。

Img_61581

現在、20代30代の若い方々の献血者が減少しているそうです。
このまま若い人の献血率が減少してしまうと
少子高齢化の進行と相まって、血液の不足が心配されます。

※現在も不足している状況です。よく、献血センターの前などで
協力を呼びかけている姿をよく見かけますよね。
神奈川県では一日あたり、900人の献血が必要とされています。

石黒さんには献血の種類や基準、
また献血時の流れについて詳しくお話を伺いました。
受付から終了までにかかる時間が意外と短く、
お出かけやお仕事の合間、気軽に出来るのも献血のいいところ。
そうそう、横浜には「ここはカフェかな?」と間違えてしまいそうなくらい
オシャレな献血ルームもあるんですよ

輸血によって息子さんの命が救われたという小泉さんには、
当時の経験談や、輸血・献血の大切さについてお話を伺いました。
まさか、自分の家族に輸血が必要となるとは思わず、
小さな子供にも輸血が必要である事に驚いたそうです。
小泉さんご自身も、『できる限り献血に協力していきたい』と
お話されていました。

今、この瞬間も輸血を必要とされている方々がいらっしゃいます。
献血って想像以上に気軽に協力できるんです!
神奈川県赤十字献血センターのホームページ
あなたのお近くにある献血ルームの場所や
献血バスの運行予定をチェックする事ができます。

実は健康管理も出来るという、献血。
ぜひご協力ください。

2016年10月 8日 (土)

ベトナムフェスタ in 神奈川2016

黒岩県知事をスタジオにお迎えし、
今月28日~30日にかけて開催される
ベトナムフェスタin神奈川2016」についてお話を伺いました。

Img_61231 そう!昨年も40万人を動員し、大盛況だったあのお祭りです。
あれからもう一年かぁ。早いなぁcatface

今回のテーマは「ベトナムカラーでうめつくせ!」。
日本大通り、県庁本庁舎、象の鼻パークなどで
ベトナムを体感できる様々なイベントやセミナーを開催。

放送でもご紹介しましたが、改めて私が気になるイベントを。

【10月29日(土)@県庁本庁舎】
ベトナム人留学生による日本語スピーチコンテスト
テーマは「私が思う神奈川県の魅力」。
彼らの目に神奈川県はどのように映ってるのか気になる!

【10月29日(土)30日(日)@日本大通り】
ベトナムの国民的人気グループ「MTV band」ライブ
今回、知事のリクエスト曲でもご紹介しました。
ベトナムでは超スーパースター!昨年も大盛り上がり!

【10月29日(土)30日(日)@象の鼻パーク】
ベトナムの民族芸能「水上人形劇」
豊作を願うため農村で生まれたカラフルな人形劇。
計8公演あります!なかなか日本で観られるチャンスはありません。

他にもイベントが沢山あるんですが、
とりあえずこれらは押さえておきたいですね。

フォーや春巻き、バインミーといった、お馴染みのベトナム料理が
楽しめる専門店も多数出展されます。
10月の「ベトナム月間」中は、会場周辺のホテルでも
ベトナム料理を食べる事ができたりと、お腹も満足。

昨年以上の盛り上がりを見せられるよう、
県ではしっかりと準備をおこなっている真っ最中です。
ホームページなどで事前にしっかりリサーチしてもよし。
またはお散歩がてらのんびりと、
横浜でベトナムをたくさん満喫してください!

ベトナムフェスタin神奈川2016公式サイト

2016年10月 1日 (土)

中里学園70年のあゆみ

今回は横浜市青葉区にある児童養護施設、
中里学園」の歴史を紹介しました。

ゲストにお迎えしたのは、園長の土橋俊彦さんと
専門福祉司の大出絹子さんです。

Img_60721 

中里学園はさまざまな理由から家庭で生活できなくなった
O歳から18歳までの約80人の子どもたちを養護し、
自立を支援しています。

自然がとても豊かな場所にあるそうで、
園内にはびわ、プラム、イチジクなど、実のなる木もいくつかあり、
生徒さん達と一緒に毎年収穫を楽しんでいるとのこと。
収穫した果実で作ったジャムやコンポートをいただきましたが、
とっても美味しかったです!
(ちなみに毎年収穫の時期になると、
果実を狙う鳥たちとの収穫競争になるそうですbleah

地域やボランティアの方々との深いつながりや、
職員の方々が願う子ども達の将来についてもお話いただきました。

が!

実は中里学園、来年の3月で閉園となります。

間もなく、最後の学園祭が開催されます。
卒園生や元職員の方々にとっても、実家に帰るような気持ちで
毎年楽しみにしている学園祭ですが、今回が最後。
もしかしたら、未だそのことを知らない人がいるかもしれません。
今回の放送を通じて閉鎖のこと、また学園祭のことを知ってくれたら
いいなぁと思いながらお話を伺っていました。

日程は、10月16日(日)午前10時から。
場所は中里学園です。

もちろん地域の方だって参加OKの学園祭です。
ラストのお祭りに向けて、今、生徒さんや職員のみなさんが
一生懸命、準備にとりかかっているそうですよ!
たくさんの方が集まりますように!

こちらのページにも、中里学園メモリアル動画がたくさん。
ぜひご覧になってくださいね!