fyb_switch_to_sp_js

2016年5月28日 (土)

ドル街・横須賀

全国でもめずらしい、ドルが使える街・横須賀。
改めて、横須賀市の魅力や特徴、「ドル街・横須賀」について
横須賀市観光企画課の浦田百合香さんにレクチャーしていただきました。

Img_54931

私が知っている横須賀は、よこすかポートマーケット
横須賀美術館がある観音崎くらい。
何度か取材で横須賀を訪れてはいるのですが・・・
そう。実はゆっくり遊びに来た事がないのです!
昼も夜も観光スポットも!

ドブ板エリア、若松マーケットがある中央エリア
米海軍の基地があり、世界三大記念艦「三笠」があるベイサイドエリアなど
各エリアの特徴と魅力を浦田さんから教えてもらい、
今回のテーマである「ドル街」について詳しく聞いてみました。

旅行などで余った「たんすドル」を使ってもらおう!ということで
始まった「ドル街・横須賀」。
横須賀市の中心市街地に隣接するエリアの参加店で
一年中、ドルを使って買い物を楽しむ事ができます。
参加店は80店舗以上
飲食店だけかと思いきや、日用雑貨や観光スポットでも使えるとのこと!

私、現時点でドルは持っていないのですが
日本円をわざわざドルに換金して遊びに行きたくなりましたbleah
(使用できるのは紙幣のみ、コインはダメだそうです。)

スカジャンを着てドブ板に行くと割引特典が受けられたり
夏にはアームレスリング大会があったりと、
これからイベント満載の横須賀です。
海風にあたりつつ、横須賀の街を探索してみてはいかがでしょうか!

2016年5月21日 (土)

新緑の藤野でアートに触れる

そういえば番組内で「県立藤野芸術の家」で行われるイベントの紹介を
何度もしてきているのですが、「藤野」ってどんな所なんでしょう。
という私の疑問を解決すべく、今回はスタジオに
藤野観光協会の小山宮佳江さんをお招きし、
自然豊かな相模原・藤野地区についてお話を伺いました。

今や藤野のシンボルとも言える野外彫刻の「緑のラブレター」や
芸術の道」、9つのギャラリーコンテナが並ぶ「ふじのアートヴィレッジ」などがあり、
「藤野=アートの街」というイメージが定着していますが、

藤野という街、実は戦時中に画家の藤田嗣治が疎開した場所で
そこに仲間を呼び寄せた事から芸術家が集まるようになったんだとか。

小山さんのお話から溢れる「藤野愛」はもちろん、
藤野で暮らす人々の繋がりの強さ、雄大な自然と癒しの里山時間、
久しぶりに「…ここは一度行かないといけない」と思いました。
(電車でも行けるそうですし!中央線藤野駅下車!)
アートヴィレッジで開催される「エレファント・マーケット」に行きたいです。
毎月第4土日に開催となると…これは週末旅行だな。よし。

Img_54661

そして番組内でもご紹介した「藤野ぐるっと陶器市」ですが
放送日の今日、5月21日(土)と明日22日(日)の開催。

芸術家が実際に生活をしている家など、藤野の20か所を会場に、
陶器やガラス、クラフト、布などの作品が並んでいます。

作家さんとお話をしながらのんびり回るのがおススメです!
様々な作品に触れながら、自分のお気に入りを探してみてはいかがでしょうか!

2016年5月14日 (土)

「さがみロボット産業特区」スペシャルアニメ

今回は黒岩祐治神奈川県知事の出演。
今年度予算の重点的な取組みや、
さがみロボット産業特区」のスペシャルアニメについてお話を伺いました。

Img_54471

4月に公開されたスペシャルアニメ
「ロボットタウンさがみ2028」
さがみロボット産業特区のイメージキャラクター、鉄腕アトム。
今回はアニメになって登場です。

ロボットタウンとして進化を遂げた2028年のさがみを舞台に
ある家族の物語が描かれているのですが
まずは予告編をどうぞ!

ROBOT TOWN SAGAMI 2028(イントロダクション)
YouTube: ROBOT TOWN SAGAMI 2028(イントロダクション)

この「2028」は、生活支援ロボットの実用化を進める
「さがみ特区」の計画期間終了(2018年)から10年後の未来という設定。

今回も泣けるストーリーではありますが、
一番印象に残ったのは、「2028年ってこんなに進化してるんだ…」という事。
コミュニケーションロボットや、自動運転自動車、
ロボットハウスなど、すでにその名前は何度も聞いているのですが
私達の生活の中にここまで浸透している(可能性がある)なんて。

たった12年後のお話ですが、私、こんなハイテクな未来に
対応できる自信が・・・ある・・・ような・・・ないような・・・。
と、つい弱気な発言をしてしまいました。
(知事は「ロボットの方が対応してくれるんだから大丈夫だよ」と
おっしゃっていましたが。笑)

壮大な世界が描かれたスペシャルアニメ。
どんな未来が待っているのか?
特区ではどんな取組みが行われているのか?
ぜひ、こちらの「さがみロボット産業特区」のホームページから
アニメの本編をごらんください!

2016年5月 7日 (土)

かしこい消費者になろう

5月の「消費者月間」にちなんだ話題…ということで
今回はスタジオに神奈川県消費生活課 中島道夫主査に
お越しいただき、最近の「悪徳商法の手口」などについてお話をうかがいました。

Img_54211

消費生活相談の中で最も件数が多いのが
「ワンクリック請求」や「架空請求」。
若い方だけではなく、高齢者からの相談も増えているそうです。

そして主に高齢者を狙ったものだと「点検商法」。

万が一の時でも、とにかく「対応しないこと」。
不案な時は、消費者相談窓口に相談しましょう!
局番なしの「188」番(イヤヤ)で、
県や市町の身近な相談窓口に繋がります。

5月20日(金)には、かながわ県民センターで
消費者力アップ!フェスタかながわ」というイベントがあります。

いざという時に焦ってしまうのは当然のこと。
でも予め頭の中に知識があるのとないのでは、大きな違いですよね。

「クーリング・オフ」や他の消費生活についての情報は
こちら「かながわの消費生活」に掲載されています。
情報を得て、賢い消費者になりましょう!

2016年4月30日 (土)

小田原へ行こう!

明日、5/1(日)にリニューアルオープンする小田原城天守閣
5/3(火・祝)に開催される「北条五代祭」について
小田原城天守閣館長の諏訪間順さん、
小田原市観光課長の武井好博さんにお話を伺いました。

Img_53881

どうせなら新しくなった天守閣でお話を…とワガママを言って
今回は特別に一足早く天守閣の中を見せていただきました。
(どうもありがとうございました!)

20160422_120637 
真っ白に、綺麗によみがえった天守閣です!
耐震改修工事も終了し、新しくなった天守閣の中は
以前とだいぶ雰囲気が変わり、スッキリとしたオシャレなミュージアム風。
グラフィックによる説明が増え、小田原城や小田原北条氏についての
歴史をわかりやすく学べるようになっています。
また、いたるところで小田原産の材木が使用された館内は
木の良い香りに包まれています。

5/1にオープニングセレモニーがあり、
5/1~5/8までは開館時間を延長。(午後8時まで)
5/1~5/5までは、デジタル掛け軸の投影などがあります。
詳しくは、お出かけ前にこちらのHPをチェックしてくださいね。

 

そして毎年恒例、小田原の大きなイベント!
「北条五代祭」は5/3(火・祝日)です。
大きなパレードや、北条六斎市、小田原城名物市、スタンプラリーなどがあります。
パレードに登場する初代早雲役は、小田原ふるさと大使で俳優の柳沢慎吾さんです!
「北条五代祭」についても詳しくはHPなどをご確認下さい。

20160422_120833_3

武井さん(左)、諏訪間さん(右)と渾身の自撮り。

2016年4月23日 (土)

愛川町へ出かけよう

神奈川県中央北部に位置する「愛川町」。
都心から一時間の距離にありながら、自然が豊富。

私の中では「愛川町」といえば、「宮ケ瀬ダム」なのですが
今回は愛川町総務課広報広聴班の油井岳広主査をゲストにお迎えし、
町の魅力をたっぷりと教えていただきました。
事前にリスナーの皆さんにも「愛川町の魅力」についてメールで募集。
たくさんの「愛川町おススメスポット」を送っていただきました。
ありがとうございました!

Img_53721

当然、宮ケ瀬ダム以外にも魅力的な名所はたくさんあります。
仏果山での山登り、八菅山ではハイキング。
これからの季節は、中津川でのバーベキューや
県立あいかわ公園のつつじを楽しむ事ができます。
恒例のつつじまつりは、4月29日(金・祝)ですよ!

また愛川町には、愛川町の魅力的な産品28品目を認定した
愛川ブランド」というものがあります。
中でも町にある養鶏場の卵を使用した「卵菓屋プリン」は
濃厚で美味しくておススメ!だそうですよ♪

ゴールデンウィークはどこに行こうかまだ迷っている方、
気軽に日帰り小旅行ができる「愛川町」はいかがでしょう?
愛川町が制作した、甲郡川町ならではの
に溢れた町の紹介動画「Love River Story
ぜひご覧になってみてくださいね。

2016年4月16日 (土)

商店街から街を盛り上げよう

神奈川県内にもたくさんの商店街がありますが、
にぎわっているところもあれば、そうでないところも。
「そうでない」の原因は、郊外型大型店舗の進出や
ネット販売店の増加、経営者の高齢化、空き店舗の増加など
様々な理由があげられます。

神奈川県では、商店街を盛り上げる為の支援制度
商店街観光ツアー、ちょい呑みフェスティバルなどを行っています。
また、独自のアイデアでユニークな取組みを行う商店街を紹介した
パンフレットを作成しています。
このパンフレット、おススメです!
読み応えもあるし、デザインもオシャレ。
見つけたら是非ゲットして下さい。

私の実家の近くにも、大きくはありませんが賑わっている商店街があります。
帰郷すればちょっとした買い物をするのはもちろんですが、
商店を営む同級生やその親御さんと一言、挨拶を交わすのもいい瞬間。
また、旅行先などに商店街があると気分が盛り上がりませんか?

商店街の盛り上がりは地域の盛り上がりに繋がります。
黒岩知事も仰っていたように、
遠くからでもわざわざ行きたくなるような、
「マグネット商店街」が県内に一つでも多く増えるといいですね!

Img_53591

黒岩県知事と、急遽参加していただいた
「神奈川県が誇る商店街博士(知事談)のイトウさん。
ありがとうございました!

2016年4月 9日 (土)

「特命子ども地域アクタープロジェクト」って?

特命子ども地域アクタープロジェクト」って??

⇒まちづくりに積極的に関わろうとする、
神奈川県内各地の小学校高学年から高校生までの子どもたちを集め、
まちあるきやワークショップを行って『子ども地域アクター』を養成し、
まちの活性化などの取組みが行われている現場へ派遣します。

現場は、地域のイベントの企画・運営から
商店街のプロモーションビデオ作成まで種類は様々です。
(神奈川フィルではLINEスタンプの作成も!)

スタジオにNPO法人「ミニシティ・プラス」の事務局長、岩室晶子さんと
特命子ども地域アクタープロジェクト」の子ども地域アクター、結城凜太郎さんを
お迎えし、詳しいお話を伺いました。

Img_53441

中学2年生の結城さんは、
昨年度、5件の活動に参加した子ども地域アクター。
学校の部活動でもボランティア部に入っていて
元々地域での活動に興味があったそうです。

様々な地域、年代が集まるプロジェクトですが、
上下関係などの壁を感じることなく、自由に意見を出し合って
活動できたのが楽しかったとのこと!!

 

プロジェクトのHP内に「成果発表会」の様子が掲載されています。
これを読むと、プロジェクトの雰囲気がさらに分かりやすいかも。
そして番組内でもご紹介いただきましたが、
今年度=平成28年度も参加者を募集していますよ!!
興味のある方はぜひチェックしてみて下さいね。


2016年4月 2日 (土)

花菜ガーデン 春の百花祭

もう何度目か分からない!
大好きな平塚の「花菜ガーデン」に行ってきました!
普段は6月頃、バラの時期に行くことが多いのですが
今回はチューリップが見頃!という事で、普段とは違う花菜ガーデンの景色。
いつ行っても楽しさは変わりません。

Img_53191 
今回、案内をしていただいた&お話を伺った、
花菜ガーデン 広報企画担当の伊藤りえこさんです。

Img_53061 ミモザ

園内を廻りながら、思わず「うわー!」と駆け寄ってしまったミモザ。
木は大きいのに、こんぺいとうのような甘くて儚い外見が大好きです。
思わず口に入れてしまいたくなります。(入れていませんよ。)

Img_53041 ヤマモモ

早咲きの「ヤマモモ」もたくさんありました。
上に向いた枝たちが豊満なヤマモモのお花をシッカリと支えていました。
果実は「食べてもお味はアレなので鑑賞がおススメです」と伊藤さん。

Img_53101 マグノリア

「コブシ」や「モクレン」とも言いますよね。
白やピンク、表と裏では色が違うオシャレな品種もありました。

Img_53161

伊藤さんに色々と解説をしていただきながら、到着しました!
63000球、27品種のチューリップたち!
このように上から見ると、レインボーに見えるように植えてあります。
日本有数のチューリップの生産地、富山県からやって来ました!

Img_53141

近くで見ると本当に色鮮やか!
特に手前に見える赤いチューリップは発色が良すぎて
近くで見ると3Dに見えるほど。ぜひ体感していただきたい!

Img_53131

「黄小町」「紫水晶」といった、富山のオリジナル品種もあります。
日本のチューリップには漢字の名前が合いますね。
この紫も、着物を粋に着こなした和装美人を連想させます。

Img_53121

チューリップの他にも、花菜ガーデンには春を楽しむお花がたくさん。
まさに「春の百花祭(ひゃっかさい)」ですよ!
イベントは4月上旬(4月17日)まで開催中です。

今日4/2と、明日4/3には「チューリップ博士」ガイドツアー、
4/9、10日は「SPRINGコンサート」、
4/16、17日は「キッズダンス」、
4/9、10、16、17日には「クイズラリー プラントハンター」

と、春の訪れをお祝いしたくなる催し物が目白押しです。
(詳しくはホームページをご覧くださいませ)
明るい色が映えるこの季節、本当にウキウキしますね!
ぜひ、カメラを持っておでかけくださいね。

2016年3月26日 (土)

春のお出かけにおススメ。観音崎公園!

暖かくなってきてお出かけが楽しい季節になってきました!
少し遠出がしたい。自然の中を歩きたい。できたら海も見たい。
そんな欲張りなあなたにおススメなのが
今回番組でご紹介した、神奈川県立観音崎公園です。

私は京急線馬堀海岸駅からバスに乗って観音崎へ。
東京湾の入口に位置している公園内には
日本最初の洋式灯台「観音崎灯台」もあります。

まずは今年オープンしたばかりのパークセンターへ。
観音崎公園の指定管理者 所長、大谷紗織さんにお会いしました。

Img_52871
このパークセンターは、元々明治31年に旧日本陸軍が
東京湾要塞の観音崎砲台の火薬庫として整備したもの。
写真を見て頂くと、私(右)の後ろにかまぼこ型のスペースがあります。
これは、床の風通しを良くして火薬の大敵である湿気を防ぐものでした。

Img_52771

大谷さんのご案内で観音崎公園内へ。
歩道は整備されているところもありますが、
鬱蒼と茂った木々の中はひんやりとしています。

レンガの色合いや積み方から歴史を感じます。
砲台跡を案内するガイドツアーは大変人気があるそうです。

Img_52791 
壁に穴が開いていました。
これは別の砲台と繋がっており、
伝声管(?)として使用していたそうです。
これは一生懸命、穴に向かって「おーい」と叫んでいるところです。

Img_52781

しかし広い公園だ!!
1時間ほど廻りましたが、これでも敷地内の1/4しか行っていないとのこと。
歩いていると海が見えました!!

砲台跡からしばらく行くと、目の前に飛び込んできたのは広い広い芝生!!
(この公園、とにかく広いのです。)
麦畑と並んだカカシもいい光景。金色の麦畑も見たいな。

Img_52821

海風を感じながら芝生の上をどんどん歩いていきました。
ここは「花の広場」と呼ばれる場所。
お休みの日はお弁当を広げてピクニックを楽しむ家族連れの方もたくさん。
この日は小学生くらいの女の子たちがバレーボールをしていました。

Img_52811

花の広場では、季節のお花が楽しめます!
4月中旬くらいには、6500球の黄色いチューリップが見頃になるそう。
もちろん花の広場だけではなく、園内のいたるところで野の花、山の花が楽しめます。
6月になれば紫陽花も!

Img_52841 
これは観音崎公園のほんの、ほんの、ほんの一部のご紹介です。
しつこいですが、とにかく広い公園。
じっくり廻れば一日じゃ足りないかも???
ガイドツアーやイベント、自然博物館や横須賀美術館もあります。
天気の良い日に計画を立てて、
じっくり横須賀の自然を楽しんでみてはいかがでしょうか!