« サイクルチャレンジカップ藤沢 | メイン | 次回のリポートは »

2018年3月11日 (日)

神奈川総合防災センター(厚木)

今回は、ネッツトヨタ湘南厚木店からスタート(*´ω`*)/♪
リポートカーのヴィッツに乗って、東名厚木インターチェンジの近くにある【神奈川県総合防災センター】に行って来ました!

2018_03_17_1

2011年3月11日の東日本大震災から、この日で7年が経ちました。
神奈川県では、5名の方が犠牲になりました。

2018_03_17_3

今回お邪魔した【神奈川県総合防災センター】には、今まで起きた災害に関する情報が展示されていたり、また、見るだけではなく「体験」「体感」出来る4つのフロアがあります。2018_03_17_2

2018_03_17_4

2018_03_17_5

2018_03_17_6




リニューアルオープンした最新型の『地震体験コーナー』

2018_03_17_7
最大風速30メートルの暴風体験が出来る『風水害体験コーナー』

2018_03_17_8


YouTube: 瀬戸山神奈川総合防災船tがーで地震と防風体験



本物と同じ大きさの消化器で初期消火の体験が出来る『消火体験コーナー』

2018_03_17_9

煙が立ち込める迷路から避難する体験が出来る『煙避難体験コーナー』

全面リニューアルされた『地震体験コーナー』は、東日本大震災での最大震度7を体感出来ます。
大型スクリーンに映し出された商業施設というシチュエーションのCGが、臨場感たっぷりでした。
人生初の震度7。何かにしがみついていないと立っていられません。。。
私が体験したのは1分40秒という短い時間でしたが、とても長く感じられました。
これを実際に経験された方の恐怖心は、計り知れません。

こういった体験コーナーだけではなく【神奈川県総合防災センター】では、大きな災害が発生した際に、大きな役割を担っているんです!

2018_03_17_10

救援活動の拠点として、さまざまな防災資機材や物資を備蓄するとともに、応急活動要員の集結、物資の受け入れ、搬送車両の集結拠点となります。
また、臨時のヘリポートもあります。

また、東日本大震災の時には、東北方面に応援に行く、被災しなかった県からの応援部隊の補給、休憩の基地にもなりました。

そんな、いざという時には重要な役割を果たしている【神奈川県総合防災センター】では、さまざまな防災に関する勉強会や、講習会を開催しています!
もっと詳しく知りたいという方は、ぜひホームページをご覧下さい。

【神奈川県総合防災センター】
開館時間は、午前9時から夕方5時。
入館は午後4時30分までで、体験コーナー利用の場合は、午後4時までに入館して下さい。
休館日は、毎週月曜日、祝日の翌日。
入館は、無料です。

私達が生活する上で、いつ、どんな状況で災害が起きるか分かりません。
防災、減災の鍵となるのは「自助」「共助」「公助」です。
一人一人が日頃から意識を持って、いざという時にスムーズに行動できるようにしたいですね。

今回お話を伺った【神奈川県総合防災センター】の石井 美穂さんです(^^)
ありがとうございました!

2018_03_17_11

2018_03_17_12

Image_2ada6c6

さて、わたくし、せとちゃんこと瀬戸山 知花の“SHONAN JOYFUL DRIVE”卒業まで、あと2週。

来週はいよいよ『大山の豆腐まつり』ですよー!!★ミ
豆腐の早食い、女子の部に挑みます!
有終の美を飾れるよう頑張ります♪
お楽しみにー!