fyb_switch_to_sp_js

2018年6月24日 (日)

【鳩時計】芹澤庸介さん

東京・日本橋にある鳩時計専門店「森の時計」のオーナー兼クロックマイスターの芹澤庸介さんにお話を伺いました。
芹澤さんの今後の夢は、鳩時計に関する知識・経験・技術を、日本中の時計店オーナーをお店に招待して無料で教えること。今年の秋には第1回を予定。10年後には、日本のどこでも鳩時計が直せるようになっていてほしいそうです。

■「鳩時計専門店 森の時計」のホームページ20180531_132152

2018年6月17日 (日)

【ミャンマー】チョーチョーソーさん

日本で難民認定され、民主国家に生まれ変わったミャンマーを支援しているチョーチョーソーさんにお話を伺いました。
チョーチョーソーさんの今後の夢は、ミャンマーの教育を充実させること。現在は、日本から大学の先生を連れて行って、ミャンマーの先生たちのためのワークショップを開催しています。また、ミャンマーの学校には校歌がないため、少しずつ校歌を作っているそうです。

■チョーチョーソーさんが経営するミャンマー料理のお店「ルビー」20180531_141119

2018年6月10日 (日)

【ニャティティ】アニャンゴさん

ケニアに暮らすルオ民族の男性しか演奏が許されていなかった伝統楽器「ニャティティ」を、女性として初めて演奏を許されたアニャンゴさんに、「ニャティティ」の音色と魅力を伺いました。
アニャンゴさんが「ニャティティ」を習った頃は、演奏者がほぼゼロで、絶滅寸前の楽器だったそうです。その後、アニャンゴさんがCDをリリースしたことがメディアで紹介され、「ニャティティ」の人気が急上昇。老若男女問わず、外国人も演奏するようになったそうです。

■アニャンゴさんのオフィシャルサイト20180517_131856

2018年6月 3日 (日)

【写真家】常見藤代さん

イスラムの国々に魅せられて、その国に暮らす家族や女性を撮り続けている女性写真家・旅作家の常見藤代さんに、イスラム圏の生活の様子を伺いました。
常見さんがイスラムの国に行って、良い意味で驚いたことは「女性が大事にされていること」
バスや電車でも席を譲ってもらえて、行列でも女性は並ばなくていい。イスラムには「女性は宝石」という言葉があって、女性は大切にすべきものとされています。なので、常見さんがイスラムの国を旅した際は、色々と親切にしてもらえたそうです。

■常見藤代さんのホームページ

20180517_145146

2018年5月27日 (日)

【ラトビア共和国】エリザβさん

ラトビア出身のタレント・エリザβさんに、ラトビア共和国の魅力を伺いました。
エリザβさんによると、ラトビアに行くなら夏がオススメ!緯度が高いので、朝5時~深夜0頃まで明るい。「ユールマラ」という都市にキレイなビーチがあるそうです。
反対に、夏以外は天気が悪くオススメしない。1年のうち約250日は曇りや雨なんだそうです。

■エリザβさんのオフィシャルブログ20180517_140822

2018年5月20日 (日)

【はとバス】井上淳さん

株式会社「はとバス」で外国人観光客向けのツアーガイドをされている井上淳さんにお話を伺いました。
井上さんは英語でガイドをしていますが、「はとバス」として「これを言いましょう!」という決まりの台本はないそうです。話す内容は全て自分で考えて、時には、直接取材の電話をして確認することも。完成したら、声に出して、練習して、実際のツアーでデビューさせるそうです。

■「はとバス」の公式サイト

Dsc_0005_6

2018年5月13日 (日)

【運動会】米司隆明さん

日本の運動会を世界に広めている、「運動会屋」CUO(チーフ・ウンドウカイ・オフィサー)の米司隆明さんに、運動会の魅力を伺いました。
2007年に法人を設立し、2008年から企業向けの運動会のプロデュースをスタートした米司さんでしたが、最初は誰も耳を傾けてくれず、申し込みは0件。お金がなく、バイトをしていたそうです。ただ徐々に申し込みが増え、現在は年間200件以上の運動化をプロデュースしています。

■「運動会屋」のホームページ

Dsc_0004_6

2018年5月 6日 (日)

【サーフィン】稲葉玲王さん

東京オリンピックの出場が期待される平成生まれのプロサーファー・稲葉玲王さんにお話を伺いました。
稲葉さんの夢は「WCT」というツアーに出場すること。現在出場中のツアー「WQS」で世界ランク上位に入ると「WCT」に出場できるそうです。そして、これを目指していれば、自然と2020年の東京オリンピックにも出場できると感じているそうです。

■稲葉玲王さんのTwitter

Dsc_0001_6

2018年4月29日 (日)

【庭師】村雨辰剛さん

3前にスウェーデンから帰化し、現在は庭師として修行中の村雨辰剛さんに、日本の庭師に憧れた理由などを伺いました。
村雨さんオススメの日本庭園は…
★島根県安来市にある「足立美術館」。アメリカの日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が行っている日本庭園ランキングでは、13年連続で庭園日本一に選出された。
★愛知県西尾市、吉良上野介のお墓がある「華蔵寺」。小堀遠州作の枯山水の庭がある。

■村雨辰剛さんのTwitter

Dsc_0149_2

2018年4月22日 (日)

【アラビア書道】ターリク・ファタヤーニさん

日本でアラビア書道を教える、シリア出身のターリク・ファタヤーニさんに、アラビア書道の魅力やシリア文化について伺いました。
ターリクさんによると、「アラビア書道」は日本の書道と違い、文字を綺麗に書くだけではなく、文字と文字を繋げて書くのが特徴。そして、丸や四角などのデザインとして書く、アートの要素が強いそうです。また、筆の代わりに竹を削って使います。Dsc_0145_2