fyb_switch_to_sp_js

« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月17日 (日)

【ミャンマー】チョーチョーソーさん

日本で難民認定され、民主国家に生まれ変わったミャンマーを支援しているチョーチョーソーさんにお話を伺いました。
チョーチョーソーさんの今後の夢は、ミャンマーの教育を充実させること。現在は、日本から大学の先生を連れて行って、ミャンマーの先生たちのためのワークショップを開催しています。また、ミャンマーの学校には校歌がないため、少しずつ校歌を作っているそうです。

■チョーチョーソーさんが経営するミャンマー料理のお店「ルビー」20180531_141119

2018年6月10日 (日)

【ニャティティ】アニャンゴさん

ケニアに暮らすルオ民族の男性しか演奏が許されていなかった伝統楽器「ニャティティ」を、女性として初めて演奏を許されたアニャンゴさんに、「ニャティティ」の音色と魅力を伺いました。
アニャンゴさんが「ニャティティ」を習った頃は、演奏者がほぼゼロで、絶滅寸前の楽器だったそうです。その後、アニャンゴさんがCDをリリースしたことがメディアで紹介され、「ニャティティ」の人気が急上昇。老若男女問わず、外国人も演奏するようになったそうです。

■アニャンゴさんのオフィシャルサイト20180517_131856

2018年6月 3日 (日)

【写真家】常見藤代さん

イスラムの国々に魅せられて、その国に暮らす家族や女性を撮り続けている女性写真家・旅作家の常見藤代さんに、イスラム圏の生活の様子を伺いました。
常見さんがイスラムの国に行って、良い意味で驚いたことは「女性が大事にされていること」
バスや電車でも席を譲ってもらえて、行列でも女性は並ばなくていい。イスラムには「女性は宝石」という言葉があって、女性は大切にすべきものとされています。なので、常見さんがイスラムの国を旅した際は、色々と親切にしてもらえたそうです。

■常見藤代さんのホームページ

20180517_145146