fyb_switch_to_sp_js

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月28日 (日)

【ワイン】新井順子さん

ワイン大国・フランスでブドウを育て、ワインを造る醸造家の新井順子さんに、ワインの魅力を伺いました。
新井さんは、フランスのロワール地方に畑を持ち、完全無農薬でワインを作っています。酸化防止剤やケミカルなものを入れていないので、ぶどう本来の香りがします。Dsc_0055_5

2018年1月21日 (日)

【おもてなし】江上いずみさん

日本航空の客室乗務員を経て、筑波大学の客員教授として「おもてなし学」の講義をされている江上いずみさんに、心づかいの極意を伺いました。
江上さんが講義で教えている「おもてなしをする5原則」。視覚と聴覚に分かれていて…
視覚からくる印象は「表情」「態度」「身だしなみ」、聴覚からくる印象は「言葉遣い」「挨拶」。おもてなしをする際には、相手にどのような第一印象を与えるかということが大切なので、このような第一印象を高めるための5原則を教えているそうです。

★江上いずみさんのお知らせ
→江上さんが書かれた本「心づかいの極意」(ディスカバー・トゥエンティ―ワン出版)、「幸せマナーとおもてなしの基本」(海竜社)が発売中。Dsc_0005_5

2018年1月14日 (日)

【不動産】後藤裕幸さん

外国人専門のお部屋の仲介、賃貸保証サービスなどを支援する株式会社「グローバルトラストネットワークス」代表取締役の後藤裕幸さんに、「外国人の部屋探しの現状」や「将来の夢」について伺いました。
後藤さんによると、外国人が日本で部屋を借りる際に問題になるのは「保証人制度」。日本人は、会社や家族など身近な人に依頼するが、外国人の場合、日本国籍をもつ人を保証人にするよう求められる。この「保証人制度」が、日本に親のいない外国人にとって最大のハードル。そんな外国人のために、後藤さんの会社では、外国人専門の賃貸保証や不動産賃貸の仲介サービスを行っています。

■「GTN(グローバルトラストネットワークス)」のホームページ

Dsc_0002_7

2018年1月 7日 (日)

【チョコレート】平塚正幸さん

日本初の国産カカオを栽培し、“日本ブランドのチョコレート作り”を目指している、菓子会社「平塚製菓」社長の平塚正幸さんに、チョコレートへの熱い思いや開発の苦労を伺いました。
平塚さんにとってチョコレートを一言で表すと「世界平和」。
チョコレートを食べると、笑顔がこぼれ、会話が弾み、バレンタインデーではコミュニケーションツールになっている。人々が幸せな気分になれる原動力みたいなもの。だからこそ、みんなの笑みがこぼれるような美味しいチョコレートを作ることで、喧嘩や戦争が起きない世界を作ることができる、と考えているそうです。

■平塚製菓株式会社のホームページ

Dsc_0039_7