fyb_switch_to_sp_js

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

トイレ・小林純子さん

全国300カ所以上の公衆トイレを設計・デザインされた一級建築士の小林純子さんに、トイレについて伺いました。
小林さんによると、トイレ設計が難しいのは「矛盾しているから」。トイレは「プライベートな空間」を「いろんな人と共有する場所」。プライベートとして閉じる必要があるが、安全の為には開いてないといけない。ゆったりするためには、壁や床の素材は土のようにゴツゴツ・ザラザラしていたほうが良いが、清潔性のためにはツルツルしていたほうが良い。そんな矛盾しているところが、トイレ設計の面白さなんだそうです。

■小林さんが代表を務める「設計事務所ゴンドラ」のホームページ

Dsc_0211_1

2017年6月18日 (日)

将棋・カロリーナ・ステチェンスカさん

日本の将棋の歴史上初の外国人棋士となったカロリーナ・ステチェンスカさんに、将棋の魅力とこれまでの苦労を伺いました。
カロリーナさんの将棋との出会いは、日本の漫画『NARUTO』。漫画の中で将棋が「ジャパニーズ・チェス」と紹介してあり、チェスとの違いが気になって調べたのがキッカケなんだそうです。

Dsc_0137_1

2017年6月11日 (日)

アーティスト・SHOKOさん

ロンドンと東京を拠点に活動するアーティストのSHOKOさんに、アート作品のお話とロンドンの魅力について伺いました。
SHOKOさんがロンドンで学んだことは「オリジナリティ」。
例えば、大学で“あるテーマ”に対して写真を10枚撮る課題があった時に、SHOKOさんは街中で写真を10枚撮ってきたが、他の生徒は誰も写真を撮ってこなかった。絵を提出して「この質問に対する答えがコレです!」と言った生徒、「アイデアが浮かばなかったから提出しなかった…それが答えです」と言ってプレゼンした生徒など。それでも先生の点数に大きな差はなく、「自分」というものを持って、オリジナリティを出すことが大事なんだと学んだそうです。

■SHOKOさんの official website

Dsc_0181

2017年6月 4日 (日)

薬膳料理人・松本じゅんさん

薬膳料理の国際コンテストで、日本人として初めて最高賞を受賞された「薬膳料理人」の松本じゅんさんに、薬膳の世界を伺いました。
松本さんによると、「薬膳料理人」とは、食材の効能(「カラダを冷やす」「血液の流れを良くする」など)を一つ一つ紐解いて料理にする人。一人ひとりの体質に併せて食材を選び、料理を作るのが「薬膳料理人」なんだそうです。

■松本じゅんさんのBLOG

Dsc_0133