fyb_switch_to_sp_js

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

水琴・大橋智夫さん

水琴屈をアレンジして「水琴」という音響装置を現代に甦らせた、音・環境プロデューサーの大橋智夫さんに開発の苦労を伺いました。
大橋さんが開発した「水琴」は、平和シンボルとして認められ、世界遺産の聖フランチェスコ大聖堂内に寄贈・設置されています。

■大橋智夫さんのBLOG

Dsc_1067

2016年7月24日 (日)

コーヒー・ヴォーンさん

自身でコーヒー専門のブログを運営され、日本のコーヒー文化を世界に発信している“コーヒーライター”のヴォーンさんに、日本のコーヒー文化の魅力を伺いました。
ヴォーンさんオススメのお店
●銀座にある「カフェ・ド・ランブル
●代々木公園の近くにある「Fuglen Tokyo
●横浜・ドックヤードガーデン内にある「BUKATSUDO COFFEE
●大阪にある家具屋「Truck Furniture」が運営する「Bird COFFEE」 

■ヴォーンさんの「TOKYO COFFEE BLOG」

Dsc_1133

2016年7月17日 (日)

寿司・地引淳さん

回転寿司チェーン「独楽寿司」で職人さんとして働きながら、お寿司の世界大会『グローバル寿司チャレンジ2015』で優勝された地引淳さんに、大会で出会った海外の職人さんのお話や国際化しつつあるお客さんのお話を伺いました。
お寿司の世界大会『グローバル寿司チャレンジ2015』は、1985年にノルウェーサーモンの本格的な輸入が始まり、寿司ネタとなって30周年を記念して行われた大会。決勝は14の国と地域(ノルウェー、デンマーク、フランス、アメリカ、韓国、台湾、シンガポール、インドなど)の代表が出場。正確に握る「江戸前すし競技」と、オリジナル寿司を披露する「創作すし競技」の2つが行われ、日本代表として出場した地引さんが見事優勝されました!

■独楽寿司のホームページ

Dsc_1130

2016年7月10日 (日)

相撲・ホップ・ヴェレナさん

相撲に興味を持ち、ドイツから日本に相撲の研究にやって来たホップ・ヴェレナさんに、外国人からみた相撲の魅力について伺いました。
ヴェレナさんによると、研究でわかったのは、日本人力士が引退してからの将来があまり明るくないこと。力士の60%は中学を卒業してから入門するので、引退後は進学か、学歴の関係ない仕事をするしかない。日本相撲協会も、日本の社会も、相撲を守りたければ、力士の将来を明るくしなければならない、と考えているそうです。

■ホップ・ヴェレナさんが代表を務める「Internship Japan」ホームページ

Dsc_1048

2016年7月 3日 (日)

バーテンダー・岸久さん

「世界カクテルコンベンション」で日本人初の世界チャンピオンに輝いた、「STAR BAR Ginza」のオーナーでバーテンダーの岸久さんに、日本のバー文化について伺いました。
「STAR BAR Ginza」は外国人のお客さんも多く、特にここ10年は増加傾向にあるそうです。ただ、外国の方は携帯電話でどんどん友達を呼ぶことが多いので、最初に必ず人数確認をするそうです。

■STAR BAR Ginzaのホームページ

Dsc_1044