fyb_switch_to_sp_js

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

航空写真家・チャーリィ古庄さん

「世界一多くの航空会社に搭乗した人」としてギネス世界記録に認定された、航空写真家のチャーリィ古庄さんに、空港から垣間見える世界の文化について伺いました。
チャーリィ古庄さんによると、空港の周囲は国の特徴が出るそうです。空港周辺は騒音のため、家賃が安いことが多く、貧しい人たちが空港の周囲に暮らすことになります。なので、空港の周辺を見ると、その国の本当の姿が見えてくるそうです。

■チャーリィ古庄さんのホームページ

Dsc_0984

2016年6月19日 (日)

華道・茅野真弓さん

生け花の世界でもその原点とされる、最古かつ最大の会員数を誇る華道家元「池坊」で、海外の方にも生け花を教えている茅野真弓さんに、生け花の魅力や、日本と海外の考え方の違いなどを伺いました。
茅野さんによると、花を飾る文化は海外にも「フラワーアレンジメント」がありますが、 フラワーアレンジメントは、花を入れていく「足し算」の世界。逆に生け花は、花を切っていく「引き算」の世界なんだそうです。

■華道家元「池坊」の公式ホームページ

Dsc_0997

2016年6月12日 (日)

国旗・吹浦忠正さん

NPO法人 世界の国旗研究協会の会長を務める国旗のスペシャリスト・吹浦忠正さんに、国旗の魅力や、2020年に迎える東京オリンピックについてお話を伺いました。
現在オリンピックが開催されているブラジルの国旗に書かれている文字は「ORDEM e PROGRESSO」、英語で「ORDER and PROGRESS」つまり「秩序と進歩」という意味。
国旗の色はブラジルの豊かな自然を表し、緑は森林、黄色は鉱物資源、青い円は天体、白い帯はアマゾン河。
また、天体の中にある星は27あって、首都ブラジリアと州の数を表わしています。星座の配列は、無血革命で共和制になった際の1889年11月15日 午前8時30分のリオ・デ・ジャネイロの空を再現したものです。

Dsc_0954

2016年6月 5日 (日)

美しい日本語・小笠原敬承斎さん

700年近くの歴史を誇る武家に伝わる礼法、小笠原流礼法宗家・小笠原敬承斎さんに美しい日本語の作法について伺いました。
小笠原さんが好きな日本語は「おそれいります」。最近は“すみません”という言葉を使いがちで、相手の時間を割くということでつい使いますが、実は本来、人にかける言葉ではない。日本の心とは“慎む気持ち”が大切。この言葉には己の慎むという気持ちが非常に美しく表現されていて、率先して使って頂きたい言葉、なんだそうです。

★小笠原敬承斎さんのお知らせ
⇒書籍『美しい日本語の作法』が小学館から発売中

■小笠原流礼法ホームページ

Br8a8622