fyb_switch_to_sp_js

2018年8月12日 (日)

【アイドル】ジェームズ・コリンズさん

メンバー全員が外国人という異色の男性アイドルグループ「COLORFUUUL」をプロデュースしているジェームズ・コリンズさんにお話を伺いました。
ジェームズさんがプロデュースする「COLORFUUUL」は、メンバー全員が外国人で出身国も異なる5人組男性アイドルグループ(アメリカ、韓国、フランス、イギリス、中国)。曲も日本語で歌い、メンバー同士で会話する際も日本語で話しているそうです。

■「COLORFUUUL」のホームページ20180726_124212

2018年8月 9日 (木)

サイトお引越しのお知らせ

アクセスありがとうございます!
このサイトは下記アドレスに移動しました

https://www.fmyokohama.jp/journey/

移動先をぜひブックマークしてくださいね
これからもよろしくお願いいたします!

2018年8月 5日 (日)

【鞄・ランドセル】大峽宏造さん

世界が認めた鞄を製造している「大峽製鞄株式会社」の二代目・大峽宏造さんに、ランドセル人気の秘密と、世界トップクラスにある日本の鞄づくりについてお伺いしました。
大峽さんによると、手縫い製品のメリットは、ほころびが拡がりにくいこと。ミシン縫いは糸が1ヶ所切れてしまうと、そこからほつれることがあり得るが、手縫いは2本の糸を交差して「8の字」になるように通していくので、糸が切れてもほどけにくく、ほころびが広がりにくいそうです。

■大峽製鞄のホームページ20180712_135249

2018年7月29日 (日)

【海洋冒険家】白石康次郎さん

海洋冒険家の白石康次郎さんに、「これまでの歩み」と「今後の夢」を伺いました。
白石さんが、2020年に挑戦予定のヨットレース「ヴァンデ・グローブ」は、無寄港・無援助で世界一周を目指すもの。フランスのヴァンデを出港し、帆で受ける風だけを動力にして、氷山の間を航行したり、荒天が多い難所、南米最南端のホーン岬を回ったりと、危険を伴う為、半分以上がリタイアするヨットレースの中でも一番困難なレースです。

■白石康次郎さんの公式ホームページ

20180712_124839

2018年7月22日 (日)

【里山/里海】あん・まくどなるどさん

里山・里海など、日本の原風景を保護する必要を説いている環境学者のあん・まくどなるどさんにお話を伺いました。
あん先生にとって日本は「万華鏡」。北海道から沖縄まで、車で日本を何周もしたが、数キロ移動するだけで、風景がどんどん変化する。美しい万華鏡を回しているようで飽きない。日本はそんな国なんだそうです。20180628_135012

2018年7月15日 (日)

【動物園】小宮輝之さん

上野動物園元園長・小宮輝之さんに、動物園の仕事内容や海外の動物園について伺いました。
小宮さんオススメの動物園
●関東:宇都宮動物園→キリンに餌やりが出来たり、ライオンの尻尾に触ることも出来る。
●関西:神戸どうぶつ王国→動物との距離が近く、ラクダに乗ることが出来る。

★小宮輝之さんのお知らせ
→7月25日に新刊『いきもの写真館2 シマウマのしまはサカナのほね』が「メディア・パル」から発売されます。20180628_125754

2018年7月 8日 (日)

【映画『ピース・ニッポン』】中野裕之さん

日本全国の絶景を8年かけてまとめた映画『ピース・ニッポン』の監督・中野裕之さんに、映画を作った訳や映画製作の裏話を伺いました。
映画『ピース・ニッポン』制作のキッカケは…
思い出の景色や建物を失ってしまう前に、その全てを映像におさめ、日本を目に見える形・耳で聞こえる形で後世に遺す。東日本大震災を経験した映像作家たちの思いから「ピース・ニッポン・プロジェクト」がスタート。プロジェクトの第一弾として作られたのが映画『ピース・ニッポン』なんだそうです。

■映画『ピース・ニッポン』公式サイト

20180614_130330

2018年7月 1日 (日)

【レソト王国】藤江武洋さん

レソト王国大使館 通商・投資促進担当官の藤江武洋さんに、レソト王国の魅力を伺いました。
「レソト王国」はアフリカの最南端、南アフリカ共和国の真ん中にある独立国。高原地帯で、国内の最も低い地点で標高1400m、高いところで3000m。別名「天空の王国」。
年間70万カラットのダイヤモンドが採れますが、加工技術がなく原石のまま輸出しています。藤江さんによると、「ダイヤモンド加工の会社をレソト王国で作ってくれれば、国王から勲章がもらえると思う」とのことでした。

■「レソト王国」のホームページ20180614_134846

2018年6月24日 (日)

【鳩時計】芹澤庸介さん

東京・日本橋にある鳩時計専門店「森の時計」のオーナー兼クロックマイスターの芹澤庸介さんにお話を伺いました。
芹澤さんの今後の夢は、鳩時計に関する知識・経験・技術を、日本中の時計店オーナーをお店に招待して無料で教えること。今年の秋には第1回を予定。10年後には、日本のどこでも鳩時計が直せるようになっていてほしいそうです。

■「鳩時計専門店 森の時計」のホームページ20180531_132152

2018年6月17日 (日)

【ミャンマー】チョーチョーソーさん

日本で難民認定され、民主国家に生まれ変わったミャンマーを支援しているチョーチョーソーさんにお話を伺いました。
チョーチョーソーさんの今後の夢は、ミャンマーの教育を充実させること。現在は、日本から大学の先生を連れて行って、ミャンマーの先生たちのためのワークショップを開催しています。また、ミャンマーの学校には校歌がないため、少しずつ校歌を作っているそうです。

■チョーチョーソーさんが経営するミャンマー料理のお店「ルビー」20180531_141119