fyb_switch_to_sp_js

2017年6月18日 (日)

将棋・カロリーナ・ステチェンスカさん

日本の将棋の歴史上初の外国人棋士となったカロリーナ・ステチェンスカさんに、将棋の魅力とこれまでの苦労を伺いました。
カロリーナさんの将棋との出会いは、日本の漫画『NARUTO』。漫画の中で将棋が「ジャパニーズ・チェス」と紹介してあり、チェスとの違いが気になって調べたのがキッカケなんだそうです。

Dsc_0137_1

2017年6月11日 (日)

アーティスト・SHOKOさん

ロンドンと東京を拠点に活動するアーティストのSHOKOさんに、アート作品のお話とロンドンの魅力について伺いました。
SHOKOさんがロンドンで学んだことは「オリジナリティ」。
例えば、大学で“あるテーマ”に対して写真を10枚撮る課題があった時に、SHOKOさんは街中で写真を10枚撮ってきたが、他の生徒は誰も写真を撮ってこなかった。絵を提出して「この質問に対する答えがコレです!」と言った生徒、「アイデアが浮かばなかったから提出しなかった…それが答えです」と言ってプレゼンした生徒など。それでも先生の点数に大きな差はなく、「自分」というものを持って、オリジナリティを出すことが大事なんだと学んだそうです。

■SHOKOさんの official website

Dsc_0181

2017年6月 4日 (日)

薬膳料理人・松本じゅんさん

薬膳料理の国際コンテストで、日本人として初めて最高賞を受賞された「薬膳料理人」の松本じゅんさんに、薬膳の世界を伺いました。
松本さんによると、「薬膳料理人」とは、食材の効能(「カラダを冷やす」「血液の流れを良くする」など)を一つ一つ紐解いて料理にする人。一人ひとりの体質に併せて食材を選び、料理を作るのが「薬膳料理人」なんだそうです。

■松本じゅんさんのBLOG

Dsc_0133

2017年5月28日 (日)

日本歌手協会8代目会長・田辺靖雄さん

先日亡くなったペギー葉山さんへ追悼の意を込めて、ペギーさんゆかりの歌やエピソードを中心に特別番組としてお届けしました。また、ペギーさんの後を受けて、日本歌手協会の会長を務められている田辺靖雄さんに、ペギー葉山さんのお人柄なども伺いました。
田辺さんによると、ペギー葉山さんは常に新しいことに興味を示す方だったそうです。世の中の反応や流行に敏感だったからこそ、長い間、一線でやってこられた。頑固にならず新しいことに常にチャレンジされていたそうです。

Dsc_0179

2017年5月21日 (日)

切手デザイナー・玉木明さん

日本にわずか7人という切手デザイナーをまとめる、日本郵便株式会社の切手・葉書室主任切手デザイナーの玉木明さんに日本と世界の切手の特長や魅力について伺いました。
玉木さんにとって切手は「育ての親」。
切手デザイナーになりたての頃、「切手デザイナーです」と自己紹介すると必ず「凄いですね!」と言われ、デザイナーとして未熟だった頃はその言葉が苦痛だったそうです。“名前負け”しているような劣等感があったから、「切手デザイナーとして堂々と名乗れるようになりたい」と思い、成長できたそうです。

Dsc_0131

2017年5月 7日 (日)

1級フードアナリスト・里井真由美さん

本食の魅力を世界に発信する一方、世界のレストランを着物で取材をする「1級フードアナリスト」の里井真由美さんに、世界から見た日本食について伺いました。
里井さんは、2015年、ミラノ万博の「日本館」のサポーターをしていましたが、そこのフードコートで一番人気だったのは「天ぷらそば」。「天ぷら」と「そば」を知っていても、一緒に食べることが外国人には衝撃だったそうです。

■里井真由美さんのオフィシャルBLOG

Dsc_0114_1

2017年4月30日 (日)

鼓・福原千鶴さん

囃子方(小鼓などを演奏する邦楽演奏者)である福原千鶴さんに、鼓の魅力について伺いました。
福原さんによると、鼓は基本的に基本的に四種類の音「ポ」「プ」「タ」「チ」を打ち分けます。鼓に付いているオレンジ色の紐(調べ)の握り方などで、音が変わるそうです。

■福原千鶴さんのオフィシャルサイト

Dsc_0112

2017年4月23日 (日)

インド料理・ハリオムさん

日本で暮らして32年、お店を開業してインドの家庭料理を日本に広めるハリオムさんに、インドという国と料理について伺いました。
ハリオムさんがインドでシェフをしていた頃、当時インドの首相だったインディラ・ガンディーさんが来店したことがあったそうです。
まず30人程の兵隊が来てチェック。料理もすでに出来ているものは毒が入っているかもしれないということで食べない。作ったものも総料理長、ホールの支配人、ボディガードなど合計4人が毒見をしてから食べる。また、料理中はポケットに手を入れたり、トイレに行くのも禁止だったそうです。

■ハリオムさんのお店「インド家庭料理ラニ」

Dsc_0084_1

2017年4月16日 (日)

口笛・分山貴美子さん

日本人として初めて口笛の世界チャンピオンに輝いた、プロの「くちぶえ奏者」分山貴美子さんに、口笛の世界を伺いました。
大学では「幼児教育」を専攻していた分山さんでしたが、ピアノと声楽が上手な人は沢山いて勝てないと思ったので、他の人より自由に吹けた「口笛」を武器に“くちぶえ奏者”になることを決意したんだそうです。

■分山貴美子さんのオフィシャルサイト

Dsc_0077

2017年4月 9日 (日)

お米・澁谷梨絵さん

『世界でいちばんおいしいお米とごはんの本』という本を出版された5つ星お米マイスターの澁谷梨絵さんに、正しいご飯の炊き方や保存方法などを伺いました。
澁谷さんによると、食べきれなかったご飯の正しい保存方法は「熱いまま即冷凍すること」。ラップでくるんだ後、アルミホイルでさらに包むと、周りの食材に影響を与えることなく、急速冷凍することができるそうです。ご飯をしっかり冷ましてから冷凍庫へ入れると、固くなり風味も落ちるのでNG。

★澁谷梨絵さんのお知らせ
⇒著書『世界でいちばんおいしいお米とごはんの本』はワニブックスから発売中

■澁谷梨絵さんのオフィシャルブログ

Dsc_0061_2