最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

南足柄市 Feed

2015年1月 5日 (月)

七草全部言えるかな??

きょう、大福号で向かった先はcarshine
南足柄市にあります、足柄森林公園・丸太の森に行ってきましたsign03
まだ、雪がちらほら残っていますsnow

Cimg4544 
大福号の下にも雪がsweat01

さてさて、1月7日は無病息災を願い七草粥を食べることが、
お正月の恒例行事となっていますねcatfacejapanesetea

毎年食べる方にも、そうでない方にもオススメな七草粥イベントが丸太の森で
今週の11日に行われますsign03

Cimg4545 
ということで一足先に、風情ある古民家で無病息災を願ってきましたupup

Cimg4550
囲炉裏を囲みながら・・・

Cimg4554
七草粥をいただきましたheart02

Cimg4555
お塩だけで味付けをしているのでとってもシンプルなお味。
でも、噛めば噛むほどお米の甘味を感じることができますgood

シンプルだからこそ七草の味も楽しめますshine

Cimg4557
冬の寒さにも負けない草々のパワーをもらいましたscissors

さらにイベントの当日は、七草粥とどんと焼きをいただけますnotes
放送中は食べることが出来ませんでしたが、
終わってからどんと焼きをいただきましたnote

Cimg4551 
お餅に砂糖醤油をつけて食べる、どんと焼き。
表面はカリカリで中はしっとりモチモチsmile
とても美味しかったですheart04

七草粥をしっかり食べたことだし、これで今年は元気いっぱい間違いなしですrock

Cimg4562 
七草粥とどんと焼きを作ってくださり、インタビューにも答えていただきましたkaraoke
小林さんですshine
小林さんありがとうございましたhappy01

今週末は丸太の森で七草粥を召し上がってみてはいかがでしょうかupup


100食限定(なくなり次第終了)
参加料金:50円
申し込み不要

【足柄森林公園・丸太の森】
南足柄市広町1544
TEL:0465-74-4510
FAX:0465-74-4503
開園時間:4月~10月・9:00~17:00
    11月~3月・9:00~16:00
URL:http://k-mask.jp/maruta/

2013年5月27日 (月)

足柄古道で本場のうどん!

きょう大福号で向かったのは、
金太郎伝説の地、南足柄市にある「足柄古道 万葉うどん」です。

Img_2311

ご主人が生れたお宅を改装して、1985年に開業。
築200年の古民家とあって、
趣があってとても落ち着く店内ですshine

Img_2309  Img_2308

             Img_2312

木の温もりたっぷりで、なんだか田舎のおばあちゃんのお家に遊びにきたみたいconfident
中継は、鳥のさえずりも聞こえる下の軒先のお席から、
緑の香りや風を感じながらお届けしましたclover

お店のご主人は、うどんの本場香川県で修業を重ねた方。
お店のある地区は、「夕日の滝」の湧水を水道水として使用していて、
その冷涼な湧水で毎日麺を打っているそうです。

Img_2317_2   Img_2319

そして、このお店の大きな特徴は、
注文が入ってから麺をのばし、切り、茹でることsign01
打ち立て茹でたてのうどんが頂けるのですheart01

ご主人おススメの「湯うどん」を頂きましたnote
湯うどんとは・・・完全に湯がいて、一度水洗いして麺を締めます。
その後、お湯をかけて温かい状態で頂きます。
よく聞く釜揚げうどんは・・・茹で上がり2分程前に湯から上げ、
水で締めずにお湯をかけて出します。
(半茹でという芯が少し残る状態)

違いは、茹で加減と、水で締めるか締めないか。

Img_2322

こちらが打ち立て・茹でたての「湯うどん」ですup
やや細めの麺は、端で持つとふわっとしています。
そして、驚いたのがお汁の中に輪切りレモンが入っていることsign03
お汁にレモンが入っているのは初めて見たので、
ちょっと驚きましたが、お味はいかに・・・

Img_2323

なが~い麺を温かいお汁に付けて、ちゅるちゅるちゅる~delicious
なななんとsign02
レモンの風味が最高にマッチしているhappy02
すごく爽やかなお味になって、
更に食べ進めていくとお汁の味が薄くなるところが、
レモンの酸味のおかげで最後まで薄く感じることなく食べ飽きないgood
これはすごい発見ですよheart02

しっかり茹でるとおっしゃっていたので、けっこう柔らかいのかな?
と思っていたのですが、柔らかいんだけどコシもあって喉越しもあるsign03
けっこうたっぷりの量だったのに、あっという間に完食でしたhappy01
あぁ~、毎日食べても飽きないな、この味は。

Img_2313  1

もう一つ、お店で人気なのが「スパイシー特製カレーうどん」
トマトベースのスープに、特製ドライカレーが乗っている。
ドライカレーは、金太郎が動物たちと遊んだと伝えられる
「金太郎遊び石」の形をイメージしているんだとか。
こんもりしている感じが確かに似ていますねsmile


Img_2320 Img_2321

他にも、一串130円のおでんがあったり、
お土産用のうどんの販売もしています。
湯うどんは500円
冷たいざるうどんも500円
スパイシー特製カレーうどんは920円

Img_2324_3

こちらは、インタビューに答えてくださった和田店長(右)とスタッフさん(左)
いつもトレセンを聞いてくださっているそうですnotes

ホッと一息できる「足柄古道 万葉うどん」で、
本物の美味しさを楽しんで下さいheart02

Img_2315

【足柄古道 万葉うどん】
神奈川県南足柄市矢倉沢2393
電話番号:0465-73-0511
営業時間:月~土 11時30分~19時
       日祝  11時~19時
       木曜定休

2012年10月24日 (水)

足柄の桃太郎!?

きょう、大福号で向かったのは、
南足柄市にある「桃太郎商店」
20121024_170529

焼肉がメインですが、ラーメンに鉄板焼き定食等・・・
バラエティー豊かなメニューが特徴です。

足柄といえば、足柄山の金太郎が有名ですよねー。
それなのに、なぜ店名に桃太郎とついているのかsign02
ご主人に伺ったら、うっかりしていたそうです(笑)

まず、お店に入ってびっくりup

20121024_170510_3 20121024_170515

壁一面に、昭和をにぎわした映画スターや歌手、
スーパーヒーローのポスター等が所狭しと貼られていて、
正に昭和レトロheart02
BGMだって、昭和だよnote
1960年代~80年代の楽曲だけでなんと7,000曲も所有sign01
昭和の懐かしのTVCMも流れていて、懐かしい雰囲気を味わえます。

20121024_170559 20121024_170617

どうやって集めたのか伺うと、
半分はご主人が元々お持ちだったもの。
後の半分は、お店を訪れたお客様が持ってきてくださったもの。
皆さん、お店のコレクションに加えて下さいと、
無償でプレゼントしてくださるんだとか。
人情を感じますね~confident

店内のポスターが会話の種になり、
お父さんやお母さんが中心になって、
家族の会話に花が咲いているようですshine


さて、そんな個性的な店内で頂いたのは、
お店のおススメメニュー
坦々麺『赤と黒のブルース』

20121024_173349

とにかく濃厚で見た目にもインパクトがあるのが人気のポイント。

真中にドーンっとネギともやし、ひき肉がトッピングされています。
ネギともやしのシャキシャキ感がたまりませんdelicious
赤のスープはゴマの甘みやコクあるチョイ辛スープ。
黒は赤に比べてすっきり。マー油の深いコクがあるスープ。
それぞれでも美味しいけれど、ミックスするとまた違った味わいになって最高good

美味しさのポイントは・・・
oneゴマは毎日煎り、それを練って作っている
twoラー油も毎日手作り
threeスープは焼肉で出すお肉の切れ端を使って作っているそうですsign03
焼肉屋さんならではの贅沢なスープなんですねlovely

実は、『赤と黒のブルース』というのは、
昭和を代表する映画スター鶴田浩二さんの曲のタイトルからつけたそうです。
『赤と黒のブルース』ご注文の際にリクエストして下されば、
お席へお届けする時に鶴田浩二さんの『赤と黒のブルース』をBGMに流しながら
出して下さるという特典までついているのだflair
リクエスト、お待ちしてま~すsmilemusic

20121024_172115


こちらは、インタビューに答えて下さった宮嶋店長と、
宮嶋店長のご長男・ご長女。
ご家族で営むお店です。
焼肉もラーメンもメニューの豊富さにとにかく驚かされますsign01
どれも手を抜くことなく作っていらっしゃるので、大変だとおっしゃいますが、
週に2回・3回と来て下さるお客様でも飽きないようにと考えてことだとか。

欲張りな方にはもってこいの「桃太郎商店」
是非、全メニュー制覇してみてくださいheart01

20121024_180740


【桃太郎商店】

神奈川県南足柄市飯沢38-7
電話番号:0465-74-0559
営業時間:昼 11時30分~13時30分
       夜 17時~23時30分
定 休 日:昼の部(月)定休/夜の部は年中無休