最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

横浜市南区 Feed

2015年2月23日 (月)

修行の時間。

きょうは・・・自分自身を高め、そして雑念を払うため、
横浜市南区にある、弘明寺観音に行ってきました~sign03

Cimg4859 
本堂のすぐ裏にある客殿で、精進料理をご紹介しましたよhappy01

Cimg4848 

Cimg4831 
14畳半ほどの広いお部屋にすでにお料理を
ご用意していただいていましたsign03
広いお部屋で一人で食事するのは初めてだったので・・・・
緊張~sweat01sweat01sweat01

さて、精進料理ですが、なんと全部で11種類flairflair

Cimg4838

Cimg4837

Cimg4842

Cimg4843 
お肉や魚を一切使っていないので、
野菜と豆類や穀物だけです。

さらに、一つ一つ素材別に調理をしているので、
とても、とても手間と時間がかかっているんです。
2ヶ月に1度メニューが変わるので、
季節の食材を楽しむことも出来るんですよhappy02shine

今の時期の天ぷらは、旬のふきのとうをはじめ、
山菜のかき揚げ、舞茸、金時豆、わかめ、かぼちゃ、紅しょうがでした。

Cimg4833
紅しょうがの天ぷらは初めて食べましたが、
生姜のシャキシャキした食感はそのままに、
天ぷらのサクサク感、そしてピリッと少し辛い、
刺激のある味がクセになりそうですwinkheart04

Cimg4836 
こちらは、一見お肉のようにも見えますが、
お豆腐の蒲焼なんですよnote
お豆腐の優しさはそのままに、
ごはんと一緒に食べたくなるひと品です。

手間と工夫が詰まった精進料理。
改めて、食事の大切さと、ありがたさに気付くことができました。

是非、弘明寺観音さんで一品一品と向き合いながら、
お食事をされてみてはいかがでしょうかsmile

きょう、お話を伺ったのは美松洋子さんですkaraoke

Cimg4847 
帰りに本堂にも上がらせていただきました。

Cimg4851

Cimg4853
貴重な時間をありがとうございましたheart01heart01

【弘明寺観音】
横浜市南区弘明寺町267番地
TEL:045-711-1231
FAX:045-721-4132
URL:http://www.gumyoji.jp/
(精進料理のご予約は1週間ほど前にお願いします。)

2014年1月 3日 (金)

弘明寺商店街を食べ歩き♪

明けましておめでとうございますfuji
今年も「神奈川お出かけグルメレポート」を宜しくお願いしますsign01

今年初めてのグルメレポートで私が向かったのは
横浜市南区にある「弘明寺商店街」

P1030119 
横浜で最も古いと言われているお寺、
弘明寺の門前からまっすぐ伸びるこの商店街は
117店舗が軒を連ねる地域密着型の商店街ですhappy01

1956年に架けられた全長270mのアーケードは当時、
東洋一とたたえられていたそう。
そして2001年に全長312mのアーケードに改装され、今に至っています。

P1030120 
弘明寺の前には17:00前になってもこんなに長い行列がsign01

今日は“グルメレポート初め”ということで
お参りの方で賑わっている弘明寺商店街のグルメを
特別にどどーんと食べ歩いちゃいましたsmile

Seikoudo 
まずは鎌倉海道側の入り口にある 「盛光堂総本舗」
創業82年というこちらのお店、観音最中でも有名ですよねflair

P1030124

P1030123 
名物『観音最中』のほか、
お正月の時期ならではの生菓子が店頭を彩っていましたshine

P1030122 
そして今回いただいたのがこちらの
『花びら餅』 (1個 250円)

2つ折りのお餅は真ん中がほのかにピンク色をしていて
可憐な花びらを思わせますねconfident

P1030141 
柔らかいお餅の中には甘さ控えめの白味噌餡、
そして甘く煮たごぼうが入っています。
ごぼうの食感がアクセントになっていて美味しいheart04

この『花びら餅』は新年初めてお茶をたてる“初釜”の際のお菓子として
昔から親しまれているんですってhappy01
季節を感じられていいですよねshine


続いて向かったのが入口すぐのところにある 「藤方豆腐店」

Toufu 
いつも人だかりができていて 1日に200丁もの豆腐が出る、
地元の方に愛されているお店です。

店頭には豆腐などを使ったお惣菜がズラリと並んでいます。
厚揚げやおでん、そして豆腐ドーナツもありますねeye

この中で私が選んだのがちょっと珍しいこちら!

P1030126 
『とうふコロッケ』 (1個 100円)

豆腐もコロッケも大好きheart02
いただきまーすnote

P1030139 
ポロポロに崩された豆腐とお肉がギュッと詰まっています。
ソースなどを付けなくても味がついていて美味しいhappy02
揚げものですがヘルシーな感じもして大満足up

お腹は満足してきてはいるものの
やっぱり外のレポートは寒い・・・と思っていたら
美味しそうなもの、発見しちゃいましたeye

Sinnmi 
中華惣菜がズラッと並んでいる「心味(sin-mi)」
その中でも私の目が釘付けになったのが・・・

Nikumann
『肉まん』 (1個 300円)

お参りに行くかたも寒さを紛らわすため(sign02)に買っていくそう。
ずっしりとしてボリュームありますね~eye
アツアツの『肉まん』を頬張ると、
フカフカの皮の中にはジューシーなあんがたっぷりup
お肉の旨みがギュッと詰まっていて、 身体もホカホカしてきましたspa

この時期の肉まんはやっぱり格別ですねgood


Furutu 
最後にもう1件、と向かったのが 「フルーツショップ スズキ」

Banana_itigo 
店頭には『チョコバナナ』bananaそして『チョコいちご』sign01

ちょっと珍しい『チョコいちご』をパクリdelicious

フルーツショップならではの甘くてジューシーないちごに
少しビターなチョコレートが良く合うlovely
上に付いたチョコレート菓子もカワイイですよねbleah

Ichigo 
この『チョコいちご』『チョコバナナ』は 年に3回、期間限定で販売されていて
お正月は1月5日までだそうです。
フルーツショップならではの美味しさ、
皆さんも是非味わってみてくださいねwink


今日お邪魔した「弘明寺商店街」は昔ながらの人情味あふれる雰囲気で
お店の方との会話も楽しみながらお買いものを楽しんでいる方も
多く見られました。
今度はもっとゆっくり訪れてみたい、と思わせる商店街でしたconfidentshine


新年1回目のグルメレポート、
いつもとは少し違う雰囲気でお届けしましたがいかがでしたかsign02
今年も神奈川の美味しいものを沢山ご紹介する予定ですのでkaraoke
どうぞ宜しくお願いしますhappy01



 【弘明寺商店街】

 URL http://www.gumyouji-shoutengai.com/
電話 045-741-4959 (横浜弘明寺商店街協同組合事務所 )

 

2012年11月 9日 (金)

へんな洋食屋カフェで秘密の・・・

きょう、大福号で向かったのはrvcar
横浜市南区にある、ちょっと不思議なお店、

その名も『へんな洋食屋カフェ』

20121109_17_02_28

真赤な扉が印象的なこのお店、
どこが「へん」なのか気になりますよねsign02

20121109_17_09_54

お店の中に入ってみると“昔ながらの洋食屋さん”という雰囲気。

20121109_17_11_15 20121109_17_10_54_2
         20121109_17_12_35

どこが「へん」なのか店内をよく見回してみましたeye
ご主人による写真や絵、楽譜、さらにハンチング帽がいくつも飾られているなど
こだわりが感じられるものの「へん」ではありませんよねsign02

また食器は「へん」どころかヴィンテージの素敵なものばかり・・・

20121109_17_05_21 20121109_17_06_05_2

なぜ『へんな洋食屋カフェ』という名前にしたのか
オーナーの星山さんに伺ったところkaraoke

星山さんのお父様でもあり、料理の師匠でもある親方からの、
「変わった性格のお前がやるなら“へんな洋食屋”でいいのでは」という言葉で
『へんな洋食屋カフェ』になったそうflair
ちなみに「へんな」は平仮名なのがポイントなんだそうですよwink


そんな『へんな洋食屋カフェ』のおススメメニューは

「秘密のへんなグラタン」  (ドリンク付 800円)

一体どんなメニューで何が秘密なのか・・・
気になりますねsweat01

そして運ばれてきたのがこちらsign01

20121109_17_14_53_2

小ぶりではありますが、
パン1斤分がドーンとお皿に乗っています。豪快sign03

真ん中の蓋らしきものを取ってみると・・・

20121109_17_15_42_2


きのこがたっぷり入ったマカロニグラタンの登場です
パンの香ばしい香りが食欲をそそりますね~notes

ナイフとフォークで切りながら頂いてもいいのですが、
私は丸ごとガブッといっちゃいましたhappy02

パンのミミはサクッ、そして中はふわっ、
さらにとろ~としたグラタン・・・色々な食感が楽しめて美味しいheart04
珍しいのに何だかホッとする懐かしい味でした。

また、「パンだけだとのどが渇くから」とお料理と一緒にドリンクが出てきますが、
実は食べ終わった後にもう1杯、食後のドリンクも出してくださいますcafe
嬉しい気遣いですよねup

そしてどこが「秘密」で「へん」なのかうかがってみると・・・
「秘密」とつくことで注文してから目の前に出てくるまでのスリルやドキドキ感を
楽しんで欲しいから、また看板メニューなので店名の「へんな」をつけた、とのことでしたhappy01

20121109_18_12_53_2 20121109_17_17_00

こちらはオーナーの星山さんご夫婦。
お料理はもちろん、全て手造りにこだわっていらっしゃいます。
ちなみにこのカラフルで見ているだけでも楽しい気分になるメニューは
星山さんのお嬢さんの手造りですshine

こだわりとぬくもりが感じられる『へんな洋食屋カフェ』
大好物のカニコロッケやハンバーグなどのメニューもあったので
またゆっくり行きたいなdelicious


【へんな洋食屋カフェ】

神奈川県横浜市南区通町1-2-3 1F
電話 045-712-0525
営業時間 10:30~20:00 (L.O.19:00)   
定休日 水曜日
URL http://blog.goo.ne.jp/mikitarou_2005
 ※お店のブログではなく、星山さんのひとり言ブログですbook