最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

2015年の感謝を込めて!

今年最後の、グルメレポートは!!
山北町にあるお寺、
室生山 智積寺 般若院さんに行ってきました~。

Img_0814 
まずは、本堂へご挨拶です。

Img_0821 
今年も健康で楽しく過ごせたことに感謝をして、
来年の健康もお願いしてきました。
(ちょっと欲張りかな?)

さて、般若院さんでは、
大晦日の夜11時30分頃から、1日の深夜1時頃まで
宗派問わずどなたでも、
「除夜の鐘」をつくことができます。

除夜の鐘というと、大晦日から元旦にかけて、
百八煩悩を除く意味を込めて108回つき鳴らすことが多いですが、
般若院さんでは、108回にはこだわらず、
来られた方全員が「除夜の鐘」つきを体験できるんです。

きょうは、大晦日を前に梵鐘をつかせていただきました!
鐘をつく作法としては、初めに合掌または一礼をして、
1年の感謝や願いを込めて・・・・

Img_0825 
思いっきりつきます!!!
ついた瞬間、手にジーンと振動が響きわたり、
魂にまで「ドーン」と届く気がしました。
そして、梵鐘の澄んだ音が空気と交じり、じんわりと心に染みます。
一つきで心の奥底まで洗われた気分になり、
とても清らかな気分になりました。

大晦日に般若院さんでは、豚汁などが振舞われるということで、
一足お先に「豚汁」を食べちゃいました!!

Img_0817 
(この豚汁は岡本さくら作の為、当日の豚汁とは異なります)
放送30分前から豚汁と共にスタンバイしていたので、
食べたときには、もう冷たくなっていましたが、
心にも体にも染みしみわたり、さらに清らかな気分になりました。
当日は、温かい豚汁が食べられますよ。
ぜひ、般若院さんで、素敵な新年を迎えてくださいね。

お話をうかがったのは、住職の武内さん(真ん中)です。

Img_0827 
般若院のみなさま、ありがとうございました。

そして、2015年も沢山のリスナーのみなさまに支えられ、
元気いっぱい、楽しく、ハイテンションで放送に臨むことができました。
振り返れば、色々なことがあり、
本当に周りの人に支えられた一年となりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
来年は、もっともっと、みなさまに幸せと元気を届けられるように、
頑張ります!!

来年もどうぞよろしくお願いします。
そして、良いお年を~!!
みんなに幸あれ♪

【室生山 智積寺 般若院】
足柄上郡山北町岸1640
TEL:0465-75-0118

2015年12月25日 (金)

メリークリスマス!&年越しそば!

メリークリスマス!!
きょうのグルメレポートは、
京急・地下鉄上大岡駅直結のショッピングプラザ、
ウィング上大岡に行ってきました♪

今回もご案内は、荒川さんです。

Img_0812_3

まずは、ウィング上大岡2階にあるファッションのお店、
「パターン」をご紹介いただきました!

Img_0802 
こちらのお店は、女性が輝ける、
オンにもオフにも使える着回しの良い、
ワードローブを提案しているお店です。
トレンドをエッセンスにした大人女性が楽しめる服や、
上品さと着心地を大切にした服などが沢山並んでいましたよ。

「パターン」の藤井さんのおすすめアイテムは、
大人気アウターの「ビーバーダッフルコート(写真右)」と、
毎年定番の「きれいめシルエット ダウンコート(写真左)」です。

Img_0800 
ダウンコートは軽く、ダッフルコートは肌触りがとてもいいです。
これは、どちらにしようか迷っちゃう~。
クリスマスプレゼントを買っていないというあなた!
まだ間に合いますよ。
こちらのコートを至急買いに来てくださいね!(笑)

さて、クリスマスが終わると、あっという間に年末・年越しです。
年越しと言えば「おそば」!!
というわけで、ウィング上大岡地下1階「そば処 砂場」から
稲垣さんのオススメをいただいちゃいました!

Img_0807 
「カキ南蛮」です!

Img_0803 
広島産のカキを一度蒸しているので、
温かいそばつゆに入れても、
特有の臭みもなく、身が全く縮むことなく、
ふっくらとした状態のままいただけます。
カキの身はプリプリ!
そばつゆの香ばしさがさらに食欲をそそり、
香りだけでも贅沢さが味わえます。
ねぎはシャキシャキ、お蕎麦はコシがあり、
とっても美味しかったです!

大晦日には、
ウィング上大岡地下1階の特設会場で
年越しそばを販売するそうなので、
大晦日は、「そば処 砂場」で決まりですね。

来年はウィング上大岡開店20周年の年!!
20周年記念の福袋も販売されるので、お楽しみに♪

【ウィング上大岡】
横浜市港南区上大岡西1-6-1 ウィング上大岡事務所
営業時間:10:00~20:00(一部店舗を除く)
(大晦日は夕方6時に閉店し、
 新年は一部の店舗を除き、2日朝9時から開店です)
TEL:045-848-7800
URL:http://www.keikyu-depart.com/wing/

2015年12月21日 (月)

年末の疲れを癒しに・・・

FMヨコハマ31年目がスタートしたきょうは、
「東京・湯河原温泉 万葉の湯」に行ってきました!

Img_0771 
とっても大きなクリスマスツリーのイルミネーションが光っています!!

Img_0798 
うっとり見とれてしまいました。

さて、こちらの施設の特徴は、なんといってもお風呂!!
湯河原温泉から毎日源泉を運んでいるので、
東京町田にいながらにして、
泉質の良い湯河原のお湯に入ることができるんです。

Img_0776
外にある足湯からは、綺麗な夕日も眺められますよ。
ロマンチックですね。

さて、こちらに前回お伺いしたのは、今年の5月だったんですが、
あれから、夏が過ぎ、秋が過ぎ、あっという間に年末です。
万葉の湯では、忘年会・新年会もできるんですよ。

お風呂に入って、宴会もできる、
忘年会・新年会プランがオススメだそうです。
3種類の鍋から選べるお料理と、
2時間の宴会場、そしてお風呂の入館料がセットになって、
一人、税別6800円~と、とってもお得なんです。

Img_0779 
貸し部屋もあるので、ゆったりプライベートな時間を楽しめますね。
ご予約はお早めに♪

お風呂や宴会プランの他にも魅力がいっぱい!!
館内はマッサージや休憩スペース、
キッズスペースなども充実しているんですよ。

Img_0785
平日の夕方だったため、お子さんがいながったので・・・・

Img_0788
ちょっと遊んでみました(笑)
楽しい~!!
小さなお子さんも1日たっぷり遊べますね♪
沢山遊んだら、お腹がすいてきたので、
お食事処に移動です。

Img_0784 
大きな水槽には、お魚が・・・・
きょうは、何が出てくるのか楽しみ~。
ワクワクしながら、待っていたら。
「冬の味覚フェア限定メニュー」から、2品をご用意いただきました!

まずは、「鰤のお刺身」です。

Img_0790 
ひと切れひと切れが厚く切ってあるので、
身の引き締まりを舌で味わえます。
脂がのっていて美味しいです。

次は「タラバ蟹のカーリックバター焼き」です。

Img_0789 
やっぱり冬は蟹ですね!

Img_0793 
身が詰まっていて、プリプリしていて甘い~。
ガーリックの風味が蟹とよく合い、パワーがみなぎってきました♪

きょう、お話をうかがったのは、土橋さんです。

Img_0794 
土橋さん、ありがとうございました!!

【東京・湯河原温泉 万葉の湯】
東京都町田市鶴間1685-2
TEL:042-788-4126 
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
URL:http://www.manyo.co.jp/machida/

2015年12月18日 (金)

30年間のありがとう。

今週は開局30周年記念、スペシャルウィークということで、
「30」にちなんだ中継をお届けしました!

ラストの今回は・・・
Fヨコと「ほぼ」同い年、
来年30周年を迎える「キリン 午後の紅茶」をご紹介しました。

実は「午後の紅茶」、神奈川県で作られているんです。
キリンビバレッジ湘南工場で、
「午後の紅茶」が作られるまでを見学してきましたよ!!

Img_0713 
入ってすぐに笑顔の社員さんがお出迎え。

Img_0715 
続いては、午後の紅茶につかりながら(!?)記念撮影です。

Img_0716 
撮影を楽しんだら、2階へ上がり工場見学スタートです!
本来は1日2回、「30」名でのツアーなんですが。
きょうはスペシャルということで、
特別ツアーでご案内していただきました。

まずは調査員として、名札を作り胸に付けてからスタートです。

Img_0766
最初に向かったのは・・・・

Img_0752
「秘密研究室」です。

Img_0742_2 
ロンドンでは午後に美味しい紅茶を飲む習慣があるんですが、
そんな、ロンドンで飲まれるように、
本格的な美味しい紅茶をゴクゴク飲んで欲しい。という思いから、
「午後の紅茶」と名付けられたそうです。

「午後の紅茶」は茶葉にもこだわりがあります。

Img_0745
茶葉はスリランカのものを使っていて、
今でも茶摘みは手で行われているそうです。
人の手で摘むことで温もりが伝わり、
さらに美味しい茶葉になるのではないでしょうか。

そして、茶葉のこだわりはこれだけではありません。

Img_0750

ストレートティーやミルクティー、
レモンティーで違った茶葉を使っています。
香りもティンブラはバラのような香りで、
ヌワラエリアは青っぽい葉の香りがしました。

続いて、工場の流れ作業を細かく説明していただきましたよ。

Img_0726 
なんと、1分間に600本のスピードで出来上がるんだとか!!
スタートしてから箱に詰めるのでの時間はおおよそ15分。
早い!!!
さすが、最先端の技術です。

最後に向かったのは、「秘密資料室」

Img_0731
ここでは、ペットボトルの元から膨らむ瞬間までを間近で見られます。
この小さな容器が・・・・

Img_0738 
熱を当て、

Img_0739 
容器を温めてから・・・・

Img_0740
一気に膨らまして出来たのが、こちら!!

Img_0741 
可愛いエコパンダの形をしたペットボトルの完成♪
そして、ラベルを貼り付けますよ~。

Img_0756

Img_0757
ベルトコンベアーに乗せ、

Img_0758 
蒸気をあて、ピタリとくっつけて完成したのがこちら!!

Img_0760 
早速、いただきま~す!!
キャップを開けた瞬間、紅茶のいい香り~♪♪
甘さも程よく、茶葉の苦味も舌で味わえて後味はすっきり!
これは、ゴクゴク飲んじゃう!
最高に美味しいです。

工場見学に行った方限定で、
オリジナルラベルの「午後の紅茶」をいただけますよ。

Img_0769
ぜひ、「午後の紅茶」の美味しさを味わいに行ってみてくださいね。

お話をうかがったのは、太田さんです。

Img_0770 
太田さん、美味しい紅茶ご馳走さまでした。

【キリンビバレッジ湘南工場】
高座郡寒川町倉見1620
TEL:0467-30-9000(予約用)
予約受付時間:9時30分〜16時30分
定休日:月曜日
URL:http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/shonan/

2015年12月14日 (月)

FMヨコハマから30キロ地点はココだ!

今週は開局30周年記念、スペシャルウィークということで、
「30」にちなんだ中継をお届けします!!

1発目の今日は、FMヨコハマのあるランドマークタワーから、
半径30キロの町に突撃訪問しようという企画。

Img_0679 
tresen+の始まりと共に光邦さんに30キロ地点の地名が書いてある、
クジ箱から一枚引いてもらったのが・・・・・・・

Img_0680 
「東京ディズニーランドステーション」駅です!

Img_0683 
数多くある30キロ地点の中でも、
放送時間にギリギリ間に合うか!?という場所を引いてくれた光邦さん。
練習でスタッフさんが引いた時には一度も出なかった、
「東京ディズニーランドステーション」
さすが、光邦ボス。
まさか、出ないだろうと思っていた私は、その瞬間時が止まりました。

でも、そんな事言っている余裕は一秒もありません!
ダッシュでスタジオを出て、JR桜木町駅を目指します。

Img_0682 
16時02分にスタジオを出発!
16時09分の電車に乗らなくては行けなかったので、猛ダッシュ!!
そんな中、靴ひも解ける!!
こんな時に!?と焦る焦る。
でも、結んでる時間ないので、靴の中に紐をしまって再出発です。

全力疾走しすぎて脇腹痛かったけど、どうにか時間に間に合い乗車。
無事、横浜駅で乗り換えです。
移動しながら、何を食べようか検索検索。
中々お店が見つからない!
またもや焦る焦る。

大崎駅に到着し乗り換えをしようと思ったら・・・・
乗り換え場所が分からず、間違えてホームを出てしまった!!
ここで、早くも乗らなくてはいけない電車を一本逃しました。

頭は真っ白。。。。。

乗り換え時間を調べたら、まだ間に合うことが判明!
気を取り直し、電車に揺られ新木場駅を目指します。

次の乗り換えは間違えないぞ!と、
ホーム出たら乗り場をすぐ駅員さんに確認。
無事、時間通りに乗車できました!

さあ!目的地まではもうすぐだ!!
新木場駅から舞浜駅を目指します。

大勢の人をかき分けてダッシュで改札を出て、
きょうのオススメグルメを探します。
この時すでに17時21分・・・・・・

舞浜駅の近くにあるお土産屋さんに入り、
息を切らせながら店員さんと食べ物のお土産探し!

あ!これだ!!と運命を感じた商品はこちら!

Img_0689 
「お茶づけ」です。
パッケージにはさくらが描かれていて、
さくらとミッキーのコラボレーション!
即購入をして、またまたダッシュをして、
「東京ディズニーランドステーション」を目指します。

Img_0694 
17時36分。
ギリギリで到着!

香ばしい味のお茶漬けを、美味しくいただきました。

Img_0706

Img_0708 
放送が終わり、
帰りはゆっくりディズニーリゾートラインに乗って帰宅です。

Img_0702

Img_0701
ぜひ、ディズニーランドのお土産はお茶漬けで♪

2015年12月11日 (金)

釣った魚を、お寿司にしてもらえます♪

きょうは、
()相模原市にある釣具の「フィッシング相模屋」さんに行ってきました~。

Img_0664 
きのう「フィッシング相模屋」さんでは、
面白い企画が行われたそうなんです!
それは・・・

「みんなで相模湾で釣りをして、
釣った魚をお寿司屋さんにお寿司にしてもらおう!」

という贅沢な企画。
参加者のみなさんが狙った魚は、高級魚の「キンメダイ」!
今の時期は脂がのっていて、とても美味しいんだとか!

そして、この時期どんどん美味しくなっていくのが、「赤い魚」。
キンメ、真鯛、カサゴに甘鯛!
平賀店長いわく、今年は赤い魚の当たり年なんですって。

そんな高級魚の中でも、
私みたいな初心者でもわりと簡単に釣れる魚が、甘鯛。
釣るためのテクニックがいる釣りじゃないので釣りやすいんだそうです。
エサもエビを使うので恐くないし、甘鯛は250m位下の海の底にいるので、
エサを付けた針は、海底から1m上の高さをキープ。
あとは船頭さんが「今投げて」とか、
「今引き揚げて」と合図してくれるので、
その通りにすれば釣れちゃうみたいです!
これは今度チャレンジしなくちゃ。

Img_0667
看板娘の千鮎さんも立派な甘鯛を釣った様子です!
自分で釣ると、釣ってすぐ船の上で血抜きの下処理ができるので、
後で食べるときも味が全然違い、すごく美味しいんですって!!
ますます自分で釣りたくなりました。

お魚は、捌き方で味が変わってしまうので、
さらに美味しく食べるなら、プロの方に捌いてもらいたいですよね。
その希望を叶えてくれるのが、きょう行われたイベントで、
自分で釣り上げた魚を、お寿司屋さんが握ってくれるというもの。

Img_0662 
左上から時計回りに、
「まぐろ」「甘鯛」「レンコダイ」「スミヤキの肝和え」
「キンメの炙り」「キンメ」「たまご」です!!
釣った魚を握ってくれたのは、
相模原のお寿司屋さん「御用寿司」の大将、住吉さんです。
白身の魚は釣ったその日より1日たった方が熟成しておいしいんですって。

みなさんが釣って、大将が握ってくれた、
「キンメ」をまずはぱくり!

Img_0671 
身は柔く口に入れるとふんわりとしていて、
噛みしめると、ちょうど良い脂の旨味が口に広がります。
プロの技が合わさるとこんなに美味しくなるなんて!!
続いては、「甘鯛」のお寿司をいただきました!

Img_0675 
甘鯛は1キログラムで1万円もするという高級魚!!
じっくり味わって・・・
ほんのり炙ってあるので香ばしい風味に甘鯛のプリプリ感と、
さっぱりとした魚の美味しさについつい笑みがこぼれます。
釣った魚がこんなに美味しくなるなんて最高!!

今月20日には甘鯛講習会もあるということなので、
釣り人の皆さんもこれから釣り人になりたいという人も、
ぜひ「フィッシング相模屋」さんに遊びに行ってみてくださいね。

お話をうかがったのは、平賀店長と千鮎さんです。

Img_0677 
みなさん、ありがとうございました!

【フィッシング相模屋 上溝番田店】
相模原市中央区上溝407-1
TEL:042-778-4991
TEL:042-778-4995(商品の問い合わせ用番号はこちら)
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし
駐車場:約70台
URL:http://sas-sagamiya.com/

【相模 御用寿司 田名店】
相模原市中央区田名4447−5
TEL:042-853-5454
営業時間:10:30~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:なし
URL:http://www.goyo-sushi.com/

2015年12月 7日 (月)

品揃えがすごいです!

きょうのグルメレポートは!
平塚駅南口から歩いてすぐのスーパーマーケット、
しまむらストアー駅前店に行ってきました。

Img_0640

店内の壁などには可愛い絵が書かれていましたよ。

Img_0643

こちらのお店は、お客さんがいつ来ても新しい発見があるように、
週ごとに違った企画やイベントをおこなっているそうです。
中でも人気なのが、月に2回行われる、「小田原魚市場直送セール」。
地元の新鮮なお魚を安く買うことが出来るんです。

そしてもちろん、
フリーデンさんの安心、安全でおいしいやまと豚も勢ぞろい!

Img_0632_2 

Img_0656
さすが、フリーデンの地元・平塚のお膝元というだけあって、
品揃えが充実しています。
精肉はもちろん、加工品まで、
ずら~っとやまと豚が並んでいました!

そんなたくさんの商品の中から、
きょうは、やまと豚の「やわらか煮豚」をご用意いただきました。

Img_0635 
やまと豚のモモ肉を特製の醤油だれでじっくりと煮込んだ一品。
その名の通りやわらかくて、
お肉の旨みが楽しめる一押しの商品です!

やまと豚の「やわらか煮豚」をパクリ♪♪

Img_0653

タレは甘く、しっかりしたお醤油の味ですが、
程よく味がしみ込んでいて、お肉の味が引き立ちます。
柔らかいだけではなく、プリプリした食感も最高!!
やまと豚最高~!!

お店では今月19日(土)は、
今年最後の「肉のビックリ市」が開催されるそうです。

Img_0642 
もちろん、やまと豚の特売もあるとのことなので、
年末はやまと豚のお肉で、楽しい時間を過ごしてくださいね!!

お話をうかがったのは、斉藤店長です。
ありがとうございました!

Img_0631
【しまむらストアー 駅前店】
平塚市八重咲町4-22
TEL:0463-23-2937
営業時間:10時~21時
    日曜のみ9時開店
URL:http://www.shimamura-store.com/ekimae.html

2015年12月 4日 (金)

香りと美味しさにビックリ!感動~。

きょうのグルメレポートは・・・
農産物直売所「ベジたべーな」に行ってきました。

Img_0612 
こちらは、JA相模原市が運営する農産物直売所で、
相模原市内の農家さんたちが丹精込めて作った、
採りたてで安心・安全な農畜産物を販売しているお店なんです。

Img_0613
店内は広々していて、とても綺麗でしたよ。
この時期は冬物の野菜が豊富にそろっているとのことで、
中でも大玉の白菜やキャベツ、ブロッコリー、
ほうれん草がオススメなんですって。
また、相模原の土地は根菜類の栽培に適しているといわれていて、
ヤマトイモや大根、里芋、人参、ゴボウなどもとても人気があり、
とくに、「さがみ長寿芋」の愛称で親しまれている、
相模原名産のヤマトイモは、ぜひ食べてもらいたいひと品なんだとか。
旬の時期は短いので、気になる方はお早めに~。

そして、野菜だけでなく、採れたての果物も多く並んでいて、
その中から、朝採れ「いちご」をいただきました。

Img_0625
まずは、粒の大きさが綺麗に揃っている「あきひめ」です。
香りは甘く、ふんわりとした柔らかな印象です。
食べた瞬間から甘さを存分に感じ、
さらに果肉は柔らかく、とても上品。
後から甘味が増し、こんなにも甘いいちごは、
なかなかお目にかかれないんじゃないかと思いました。
これは、贅沢だ~。

続いては、「紅ほっぺ」

Img_0624
粒の大きさは様々ですが、
大きいものは赤ちゃんの拳くらいあるんじゃないかというくらい、
立派ないちご!!
フレッシュで大地の香りがほんのりします。
みずみずしさを香りからも感じました。
大粒のいちごを食べてみると、
ジューシー!!!!!!
感動です。
甘さの中に酸味があり、このバランスが最高です。
いちごのつぶつぶした食感も味わえ、とても美味しい!
口に入れると香りが変わり、
フルーティーで少しフローラルな香りも味わえました。
相模原の「いちご」とても美味しいです。

Img_0629 
ぜひ、ぜひ、皆さんにも食べてもらいたい!

最後に、オープン2周年を記念して、
今日から、6日日曜日までの3日間、2周年記念祭が開催されます。
お店のオリジナルカレンダーのプレゼントや抽選会、
各種試食や詰め放題など、さまざまなイベントが盛りだくさんです。

Img_0609 
素敵な商品が当たるかも♪
今週末は「ベジたべーな」に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

きょうお話をうかがったのは、清水さん(右)と、
紅ほっぺの生産者、河本ファームの小林さん(左)です。

Img_0627 
清水さん、ありがとうございました!
小林さん、ご馳走さまでした!

【JA相模原市 農産物直売所 ベジたべーな】
相模原市中央区青葉3-1-1
TEL:042-851-3583
営業時間:3月~10月:午前9時30分~午後6時00分
    11月~2月:午前9時30分~午後5時00分
定休日:毎月第1・第3水曜日、および12月31日~1月6日
URL:http://www.jakanagawa.gr.jp/sagamihara/tenpo/nousanbutsu_chokubai.html