最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

お家を探しながら旬を堪能♪♪

今回は、みなさんお待ちかね!?
「さくらの一人暮らし大作戦~!」
私が一人暮らしをするために、
公開部屋探しをやっちゃおうというこの企画。

緑豊かな伊勢原市内に住みたいなぁと思い、
伊勢原駅南口からすぐのところにある不動産屋さん、
「いせはらクミアイ産業」さんに行ってきました。

Img_0597 
いせはらクミアイ産業は、JAいせはらの不動産会社で、
ジェイエーアメニティーハウスの賃貸住宅を中心に紹介しているそうです。
担当しているのは伊勢原市内全域で、
伊勢原駅前に本店が、愛甲石田駅前に石田支店があります。

Img_0602 
店内に入ると、整理された沢山の資料が並んでいました。
なんと、駐車場だけでも、ファイル100冊分の物件があるそうです!

そして、いせはらクミアイ産業では、
オーナーの方とジェイエーアメニティーハウス、
そしてハウスメーカーが密に相談を重ね、
入居者に住みやすい物件を作って仲介をしているんだとか。
そのオリジナル商品の中から、
私にぴったりという物件を見せてもらいました。

Img_0603 
素敵な物件が沢山あって悩んでしまう・・・。
さらに、ジェイエーアメニティーハウス管理物件では、
礼金や家賃を無料でサービスし、
初期費用を軽減できる物件もあるそうなんです。
魅力的な特典の付いたお部屋を多数用意しているとのことなので、
伊勢原でお家を探している方、必見です!

さて、住むからにはやっぱりグルメも気になりますよね。
きょうは、地産地消に取り組む農産物直売所、「あふりーな」で、

Img_0596 
今の時期におすすめという「伊勢原産みかん」をいただきました。

Img_0605 
伊勢原は温暖な気候で、いろんな果物の栽培が盛んな、
「フルーツの里」なんです。

Img_0608

いい色に色付いたみかんは、ひと房ひと房が大きく、
果肉は弾けるようなみずみずしさで、とてもジューシー!
旬のものはやっぱり美味しいです。

のどかで安心で美味しい食べ物も沢山ある伊勢原は、
とっても魅力的な街なんですけど・・・・・・

今回も・・・・一旦、保留します!
次回はどんな町の魅力に出会えるか楽しみです。

お話をうかがったのは、尾上さんです。

Img_0601 
尾上さん、ありがとうございました!

そして番組からお知らせです。
12月からのグルメレポートは、毎週月曜・金曜の放送になります。
次回は、12月4日金曜日です。
お楽しみに!

【いせはらクミアイ産業 本店】
伊勢原市桜台1-14-6
TEL:0463-93-5919
営業時間:9:00~17:30
定休日:水曜・祝祭日
URL:http://www.ja-home.net/shop/shop_14.html

【あふり~な 伊勢原店】
伊勢原市田中250番地
TEL:0463-93-8120
営業時間:9:00~17:00
定休日:毎月第2火曜日
URL:http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5139/tenpo/isehara.html

2015年11月27日 (金)

豚肉料理とお酒で素敵な夜を。

きょうのグルメレポートは・・・
お肉の加工品専門ショップ、
湘南シャルキュトリー「アペロトン」に行ってきました!!

Img_0579

こちらのお店は、やまと豚でおなじみ、
「フリーデン」が運営するお店なんです!!

ちょっと不思議なお店の名前ですが、
「シャルキュトリー」とは一言で言えばお肉の加工品のこと。
フランス語でchar=お肉 cuit=火を通した という言葉が語源だそうです。

そして「アペロトン」の由来ですが、
「アペロ」はアペリティフ・つまり食前酒のことで、
トンはやまと豚の「とん」からつけたんですって。
思いのこもった、とても素敵な名前ですね。

そして、こちらのお店の特徴は、
女性目線で作り上げた、ちょっとお洒落な雰囲気のあるお店。

Img_0581 
リーズナブルで美味しいワインと、シャルキュトリーを楽しめるお店です。
ディナーだけでなく、ランチも人気だそうですよ。

やまと豚のハムソーセージの他、
ヨーロッパで活躍したシェフが作るパテやテリーヌなど、
ワインやビールに合う商品はもちろん、
おいしいサラダやデリ、パンやチーズなどメニューも豊富です。

Img_0584 
きょうは、その中から、
やまと豚の「パテ・ド・カンパーニュ」と、

Img_0585_2 
「スペシャリティ!やまと豚のローストポーク」をご用意いただきました!

Img_0588

一番のオススメという、パテは少しコリコリした食感です!
沢山の調味料が入っているそうなんですが、
豚の美味しさに、後からふんわりとまろやかな洋酒の香りが口に広がり、
とても上品なお味です。

低温でじっくりと仕上げたという、やまと豚のローストポークは、
ブラックペッパーと塩、砂糖でシンプルに味付けしてあるので、
ジューシーで豚の旨味を最高に味わえました。

他にも、「ベーコンとホーレン草のぷるぷるキッシュ」や、

Img_0592
「ビーツのサラダ」などなど。
これはワインが進みますね!

Img_0589

素敵な雰囲気の中でお食事を楽しみたい方にも、
お家でゆっくりお食事を楽しみたい方にもオススメです。

きょう、お話をうかがったのは、小澤店長です。

Img_0573
小澤さん、ありがとうございました!!

【湘南シャルキュトリー アペロトン】
茅ヶ崎市中海岸1-1-14
TEL:0467-40-4088
営業時間:11:30〜20:30 日曜11:30〜18:30
定休日:月曜日
URL:http://www.aperoton.jp/

2015年11月24日 (火)

亀のゼリー!?

きょう、向かったのは・・・・
香港薬膳スイーツ専門店、糖匯(とうかい)さんに行ってきました。

Img_0556 
お持ち帰りのお客さんが多いそうですが、
店内でも食べることが出来るんですよ!!

Img_0569 
さて、薬膳料理が古くからある香港では、
10年位前から、スイーツと薬膳を合わせて食べるのが、
人気を集めているんだとか。
糖匯さんでは、常に60種類の薬膳スイーツが食べられるそうです。

Img_0559_2 
中でもオススメは、
「クルミのお汁粉」に、
トッピングは「亀ゼリー」!

Img_0564 
このお汁粉、日本のお汁粉とはちょっと違うんですよ。
クルミとお米と牛乳とお砂糖をミキサーにかけた、
とろみのあるスープのようなもので、
これを香港ではお汁粉と呼ぶそうです。
そこに、お好みでトッピングをするのですが、
亀ゼリーや白きくらげ、バジルシードなどなど、トッピングも様々です。
今回は、亀ゼリーをトッピングしていただきました!!
亀ゼリーとは、亀のお腹の甲羅を干して、砕き粉末にしたものと、
ドブクリョウや仙草などの生薬を煎じて固めたものなんです。

Img_0568
とても美容にも体にもいいそうですよ。
プルプルしていて、こんにゃくのような弾力があり、
さらにはお餅のようなモチモチした食感です。
後味はほどよいパンチと刺激のある苦味が口に広がります。
この苦味がクセになるんだとか。
そして、くるみのお汁粉とあわせて食べると、
ほんのりとした甘さと、とろみが混ざり、
亀ゼリーの苦味を程よく緩和してくれます。
新しいスイーツの味をぜひ、味わってみてください♪

お話をうかがったのは、金城さんです。

Img_0571 
金城さん、ありがとうございました!!

【糖匯】
横浜市神奈川区六角橋1-10-2
TEL:045-974-3616
営業時間:10:00~20:00
定休日:木曜日
URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14057114/

2015年11月23日 (月)

お休みの日はちょっと贅沢に・・・。

今回のグルメレポートは、
スーパーマーケット・そうてつローゼンひなた山店に行ってきました!!

Img_0545_3 
こちらのひなた山店は、
横浜市泉区・瀬谷区・大和市の境あたりにあるスーパーで、
地域の皆さんの暮らしが豊かになるように、
新鮮な野菜・魚「やまと豚」をはじめとするちょっと良いお肉、
おいしい惣菜などを取り揃えているそうです。
今日は祝日ということで、
家族連れの方が、沢山いらしてましたよ。

スーパーに来たということは・・・・
みなさんお分かりですね~。
そうです!!やまと豚!

Img_0546 
「食品のミシュランガイド」ともいわれる、
iTQi 「三つ星」を獲得した、世界で認められた「やまと豚」。
今日は「やまと豚の不老長寿鍋」をご用意いただきました!!

Img_0553

Img_0550_3 
どこを食べても、脂と赤身のバランスがいい!!
脂の甘みと、ジューシーさがピリッと辛いスープにマッチするので、
一口食べたらやめられなくなる味です。

Img_0552 
スープもただ辛いのではなく、
味わい深いコクがあり、このスープも全部飲み干してしまいたい!
と思えるほどです。
やっぱり、やまと豚は最高ですね!!

お話をうかがったのは、松浦さんです。
ありがとうございました。

Img_0555_2
【そうてつローゼン ひなた山店】
横浜市泉区上飯田町4702-1
TEL:045-303-1881
営業時間:9:00~22:00
URL:http://www.sotetsu.rosen.co.jp/shop/0062-2

2015年11月20日 (金)

橋の真ん中が県境!?

きょうのグルメレポートは!!
静岡県は熱海市にあります、
温泉旅館・ニューウェルシティ湯河原に行ってきました~。

Img_0521 
実は、静岡といっても、
湯河原の街から私の足で「15歩」あるいただけ!という、
静岡県と神奈川県の県境にある場所なんですよ!

Img_0524 
住所は熱海市ですが、街は完全に湯河原町という、
とっても不思議な場所です。
なんだか自分がどっちの県にいるのかわからなくなっちゃいました!

さて、こちらの宿は、
泉質の良さで有名な湯河原温泉にあるホテルなので、
お風呂には一番の自信を持っているそうです。
なかでも「露天風呂・いずみの湯」は、
朝11時から翌朝9時まで、好きな時間に使えて、
泊りの方以外にも、日帰りでも利用出来るそうです。

Img_0532 
湯河原の温泉は、別名「薬師の湯」とも呼ばれていて、
体を癒すさまざまな効能があるんだとか。

ゆっくり温泉で癒された後は、美味しいお食事。
オススメは、伊豆、相模の新鮮な魚介を中心に、
四季にあわせた旬の懐石料理!!

今回、コースの中から出していただいたのは
「松茸の土瓶蒸し」と

Img_0541_3 
「アワビのフカヒレあんかけ」

Img_0539
さらに、「牡蠣の茶碗蒸し 生のりあんかけ」
をご用意いただきました!!

Img_0540
とっても豪華!!
土瓶蒸しは松茸の香りを存分に味わえてとても美味しい!!
アワビも歯ごたえがしっかりしていて優しい味。
牡蠣の茶碗蒸しは料理長の自信作ということで、
今まで味わったことがないくらい、口の中がゴージャスになりました。
最高に美味しかったです。
ごちそうさまでした♪

これからの時期、湯河原は紅葉のベストシーズンです!!
とくに、奥湯河原の「もみじの郷」には茶室もあるので、
紅葉を愛でながらお茶をいただくのもおすすめだそうですよ。
ニューウェルシティ湯河原の温泉で、
日頃の疲れを体の芯から癒してみてはいかがですか?

お話をうかがったのは、廣澤総支配人です。
ありがとうございました。

Img_0526
【ニューウェルシティ湯河原】
静岡県熱海市泉107
TEL:0465-63-3721
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
URL:http://www.welcity-yugawara.co.jp/

2015年11月17日 (火)

フルフルとジンジャーでポカポカ~

きょうのグルメレポートは、
京急・地下鉄上大岡駅直結のショッピングプラザ、
ウィング上大岡に行ってきました。

今日もご案内は、ウィング上大岡の荒川さんです。

Img_0517 
まず、ご紹介いただいたのは、
ウィング上大岡2階にあるファッションのお店、
「アース ミュージック&エコロジー プレミアムストア」です。

Img_0507 
アースといえば、誰もが知っているブランドですよね!
上大岡店も、学生から主婦の方まで、
幅広い世代の方に人気があるそうですよ。

今の時期、特にオススメなアイテムを、
店長の小堀さんに紹介してもらいました!!
それは、「フルフルダッフルコート」です。

Img_0503_3

10色展開の豊富なカラーで、
CMキャラクターの宮﨑あおいさんが着ているホワイトが、
今シーズンのおすすめだそうです。
上質な素材と、こだわりのデザインで価格は4,990円!!
コートでこの価格は嬉しい~。

続いては、同じくウィング上大岡2階にある、
ハーブ専門店、「エンハーブ」です。

Img_0515 
オススメのブレンドティー、
「クランベリージンジャー」をご紹介いただきました!

Img_0512 
甘酸っぱいベリージンジャー風味でしたよ♪

Img_0509

女性の味方「クランベリー」や「ラズベリー」を、
たっぷり配合していて、体の内側から美しさを引き出し、
華やかな気分に導いてくれる、季節限定のブレンドティーなんだとか。
これを飲んで、心も体も綺麗になるぞっっ!!
この他にも、一人一人に合わせた、
美味しいハーブティーを用意して頂けます。
ぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

お話をうかがったのは、店長の直井さんです。

Img_0511
最後に、ウィング上大岡のレストラン各店舗では、
今週19日(木)から、
「冬のあったか店長おすすめメニューフェア」が開催されます。
あったか鍋や、冬の旬な食材など、
この時期限定のメニューをご用意しているそうですよ!!
寒い冬は、ウィング上大岡でポカポカになって下さいね。

【ウィング上大岡】
横浜市港南区上大岡西1-6-1 ウィング上大岡事務所
営業時間:10:00~20:00(一部店舗を除く)
TEL:045-848-7800
URL:http://www.keikyu-depart.com/wing/

2015年11月16日 (月)

味噌はみそでもちょっと違う!?

きょうのグルメレポートは!!
川崎市幸区にある、味の散歩 中華村さんに行ってきました。

Img_0489

店内はとてもアットホームな雰囲気です。

Img_0490
壁に可愛くメニューが書かれています。

Img_0491 
夕方の時間になると常連さんでお店はいっぱいになっていました!!
さらに、常連の多い中華村さんでは「いらっしゃいませ」ではなく、
「おかえり」と声をかけていたのがとても印象的でした。
さて、ここ川崎では、新しい餃子のタレが人気なんだとか。
そのタレとは・・・・
「かわさき餃子みそ」

Img_0497 
かわさき餃子舗の会といって、
川崎で中華料理屋をやっている22店舗のみなさんで開発をし、
お店で提供しているそうなんですよ。
神奈川県産のみそと川崎で製造しているお醤油を使い、
胡麻や山椒などを混ぜ合わせ半年以上かけて作ったのがこのタレです。

Img_0498
右が、かわさき餃子みそそのままで、
左が、かわさき餃子みそ7にお酢2ラー油1を混ぜて、
いわゆる餃子のタレにしたものです。
右のタレをそそのまま食べると、
お醤油の香りに、みその甘味、そして程よい塩加減が絶妙で、
このままで十分なほど美味しいんです。
これは、キャベツやきゅうりに付けて食べたい!!
想像よりみその主張が少なく、隠し味のような感じです。
さあ!期待高まるなか、餃子に左のタレを付けていただきました。
お酢が入ると、味が全く変わり、別物になりました。
普段食べている餃子のタレに比較的近い味なんですが、
餃子の油っこさがなくなり、旨味が存分に味わえます。
沢山の調味料が混ざっているとは思えないほど、
餃子本来の美味しさが味わえました!!

かなり、オススメです。

お話をうかがったのは、久保田さん(真ん中)と、
元気におかえりと迎えてくれる奥様(左)です。

Img_0501 
中華村のみなさん、ありがとうございました。

【味の散歩 中華村】
川崎市幸区南加瀬4-26-1
TEL:044-599-0302
営業時間:11:30~24:30
定休日:水曜日
URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140503/14016346/

2015年11月13日 (金)

勇気を出して、モグモグ、モグモグ!!

今週は・・・・・さくらのなんでも調査隊!と題し、
私が最近気になっているグルメ事情を調査しちゃおうという企画。
ということで、最終回は、スタジオでもどき料理を調査しました!!

事前に集めたもどき料理レシピの中から、
どれを調査しようか光邦さんと選び・・・・

Img_0458 
すぐに自宅で試せそうなものを選びました!!

Img_0432
放送の2時間前から準備に入ります。
よっし!
準備完了~。
その中から、実際にスタジオで調査したのは・・・・

調査その1。
ツナ+

Img_0446
都こんぶ=

Img_0441_2
しめ鯖!?

Img_0464
結果は、残念~!!!!
しめ鯖には全くならなかったみたいです。

気を取り直して。
調査その2。
りんご(口の中でモグモグ)+

Img_0437
牛乳=

Img_0447
いちご牛乳??

Img_0469

よ~く噛んで。
しっかり噛んで。

Img_0470
牛乳を流し込む!!!
さあ!結果は・・・・
残念~!
牛乳がもっと冷たかったらいけたかな??
準備が早すぎて、牛乳がぬるくなってしまったのが良くなかったか!?

調査その3。
ゆで卵の黄身+

Img_0434
はちみつ=

Img_0444
栗!!!!!!になるか?

Img_0474
た~っぷり、た~っぷりはちみつをかけて・・・

Img_0473_2 
ん??これは・・・・・
いけるぞ!!!
美味しいぞ~!!
ほのかに栗の味がする♪
もどき料理、認定です!

さて、調査その4。
納豆+

Img_0449
バナナ=

Img_0442
醤油せんべい・・・・?

Img_0472 
スタジオ中が納豆の匂いです。

Img_0480
納豆を沢山口に含んで、バナナをがぶり!!

Img_0481
さあ!どうだ!!!

Img_0482
じゅんごさんの表情をみて分かるように、
残念な結果となりました。。。。
納豆のネバネバとバナナのとろみが合わさると、
口の中は大変なことになる。ということが分かりました!

最後、じゅんごさんの口の中はネバネバのまま、
調査その5。
たくあん+

Img_0438
牛乳=

Img_0448
コーンスープ。になるそうですが。

Img_0484
光邦さんが調査。
悩む・・・・悩む・・・・・
結果は!!!!!残念~!
牛乳がホットなら、もしかしたらいける!?
たくあんをミキサーにかければ、もしかしたらいける!?

なんて思いながら、調査終了!
結果、これはいける!というもどき料理は、

Img_0455 
(はちみつ多め。)だけとなりました。

自宅で簡単に試せるものばかりなので、
みなさんも、勇気を出して試してみてはいかがでしょうか。

Img_0463
盛り上がること間違いなしです!! 

2015年11月10日 (火)

苦味の中に豊かさを感じて・・・

昨日に引き続き、今週はさくらのなんでも調査隊!
第二回目は、日本茶について調査しました!!

向かった先は、藤沢市にある日本茶専門店 茶來未さんです。

Img_0425 
店内に並んでいるお茶は、
和紙に包んであるものが多く、とても品があります。

Img_0420 

Img_0421 
さて、お茶って入れ方によって味がすごく変わりますよね。
きょうは、美味しくお茶を淹れるコツを教えてもらいましたよ!

日本茶には煎茶と深蒸し茶、粉茶などがあり、
種類によって入れ方が違うらしいのですが、
今回は煎茶の入れ方を教えていただきました。
使った茶葉は足柄茶の「ひなたぼっこ」です。

Img_0423

Img_0407 
まず、大事なのは使う水です。
軟水を使うのがいいので、水道水で十分なんですよ。
そして、カルキを抜くため、沸騰させるのですが、
ポイントは、沸騰させすぎないこと。
見極めとしては、小さな気泡が出てきた時くらいの、
沸騰加減でいいそうです。
次に大事なのは温度。
一度目は60度くらいの温度で入れます。
ぬるい温度で淹れると、旨味や香りがとても豊かになるそうですよ。
茶葉によって違うのですが、2~3分蒸らします。

Img_0409
均等の色になるように回し注ぎで入れます。
そして、日本茶の魅力は、何度も淹れていくうちに味が変化するところ。
二度目は70度、三度目は80度などと、
どんどん温度を高くすることによって、
渋みや深み、香りが変わるんです。
実際に飲ませていただいたのですが、
二度目三度目と回数が増えるたび、味が薄くなるのではなく、
深みとコクが増してきました。
温度によってこんなに味が変わるのかとビックリ!

もう一つビックリしたのが、急須の持ち方です。
今までは、掌で握って取っ手を持っていましたが、
本来の持ち方は、人差し指と中指で挟むように取っ手を持ち、
親指で蓋を押さえるんです。

Img_0416 
そして、お茶の出る口と蓋の穴の部分はまっすぐになるようにすると、
さらに香り高く美味しいお茶が淹れられるそうです。

そして、もう一つ!
お茶を一滴残らず出し切ったら、急須のお尻部分をポンポンと叩き、
茶葉を後に寄せます。

Img_0411 
そして、急須の蓋は少し開けておくことで、
茶葉が蒸れず、二度目も美味しいお茶が入れられるんです。

Img_0413 
こうした技を使い、入れた「ひなたぼっこ」はこちら。

Img_0410

部屋全体に充満するほど香りがよく、
口に入れた瞬間は日本茶らしいコクのある苦味で、
喉を通った後は爽やかなさっぱりした味わいを感じます。
そして、口を閉じながら息を吸うと、
ずっと口の中全体に深みが残り、お茶の余韻を楽しむことができました。

ほんの一手間をかけ少しやり方を変えるだけで、
とても美味しくお茶を入れることができました。
みなさんも、これを期にお茶の入れ方変えてみてはいかがですか?

お話をうかがったのは、茶師の佐々木さんです。

Img_0430 
佐々木さん、ありがとうございました!

【茶來未】
藤沢市遠藤2526-25
TEL:0466-54-9205
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
URL:http://www.chakumi.com/

Img_0402

2015年11月 9日 (月)

小さなハートに思いを込めて。

今週のグルメレポートは・・・・・
さくらのなんでも調査隊!と題し、
私が気になっているグルメ事情を調査しちゃいます。

最近、カフェで可愛いハートやくまさんの絵を、
コーヒーの上に描くという、ラテアートをよく見かけますが、
自分でもラテアートを体験できる教室があるとのことで、
初心者でも可愛くアート出来るのか、調査したいと思います!

記念すべき1回目は!!!!
厚木市にある、サンフェイスさんからお届けしました。

Img_0371 
ムードたっぷりの店内。

Img_0380

さあ!ラテアートを開始です!!
まずは、デザイン画を描きます。

Img_0385

続いては、エスプレッソをカップに少しそそぎます。

Img_0381_2 
カップを包むように手で持ち、少しカップを傾けながら、
温めたミルクを利き手でそそぎます。
くるくる回しながらそそいだら、
徐々にカップを水平にしてゆっくりミルクをそそぎ、
ハートをイメージしながら描いていきます。

お見本がこちら!
さすが、プロは上手です。

Img_0382 
そして、爪楊枝など先が尖ったもので文字や絵を描いていきます。

Img_0384_2 
出来上がり!

お手本を参考に、早速ラテアートに挑戦です!
ハートのイメージはバッチリなので、
あとはテンポよく!!
放送中に描いたラテアートはこちら。

Img_0392_2

ハート・・・・??
に見えますか??

綺麗なハート。とまではいかなかったけれど、
短時間で可愛くアートが出来るようになりましたよ!!
初心者でもコツをつかめば、可愛いラテアートが描けるようになる。
という結果となりました!
手先が器用な人、想像力が豊かな人、そしてコーヒーが好きな人。
気になったかたはチャレンジしてみて下さいね。

ラテアートを教えてくれたのは、濱名さん(右)と、
となりでサポートしてくれた、鮫島さん(左)です。

Img_0400

ありがとうございました。

【サンフェイス】
厚木市中町1-8-4メスティー1F
TEL:045-223-8030
営業時間:火曜日~金曜日17:00~26:00
    土曜日・日曜日15:00~26:00
定休日:月曜日
URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14028281/

Img_0396

(きょうの放送は、一部予定を変更してお送りしました。)