最近のコメント

fyb_switch_to_sp_js

« 夏はやっぱりスタミナメニュー♪ | メイン | 鎌倉土産といえば・・・ »

2013年7月29日 (月)

南インドの魚のカレー!

金曜日の大村さんに続き、
きょうも夏バテ防止sign01食欲を増進させてくれるカレーをご紹介しますup

ということでやってきたのは、
相模原市南区にある「インドレストラン ロティボティ」です。
Img_2643
このお店は、日本人向けにアレンジされたインド料理ではなく、
本場の味そのままを提供してくれる、超本格インド料理が楽しめるんですhappy01
Img_2630
店内はとても明るく清潔感があり、
とても快適な雰囲気shine

Img_2631Img_2632
そして、インドと言えばタージマハルcrown
大きな写真が飾られていました。
インド料理は多様なスパイスを組み合わせて作られますが、
スパイスの種類や説明が張り出されていて、
これはためになりましたね~pencil

厨房をのぞかせて頂きました~eye

Img_2628 
これはタンドール(石窯)
中にペタッと張り付いているのはインドのパン、ナンです。
この窯、めちゃくちゃ熱くて、
ナンは2分もあれば焼けるんだとかimpact

インド料理といえばカレーが代表格ですが、
インドの地域によってカレーの種類も様々なんですよ~flair
北インドは、カシューナッツや生クリームを使ったこってり系。
西インドは、野菜や豆を使ったあっさりカレー。
東インドはけしの実やゴマを使ったカレーが多く食されています。

そして、きょうご紹介したのは、
南インド出身のシェフが腕を振るう「魚と野菜のカレー」 1,299円

エビやイカを使ったシーフードカレーは日本でも人気がありますよね。
でも、魚を使ったカレーを提供するお店は少なく、
知名度も低いのですが、実はとっても美味しい逸品なんですsign01

Img_2633Img_2634
では、調理工程を見てみましょうnote
油の中に、左のカレーリーフやターメリック、ガラムマサラ、クミン、コリアンダー
チリ、しょうが&にんにくペースト等、10種類以上のスパイスを入れて
香りを立たせます。
魚介と組み合わせるパンチプロンというスパイスも投入。

Img_2635Img_2636 
きょうの魚はカジキマグロfish
(南インドではルイ(鯉)を使用するそうで、
事前に予約して頂ければルイを準備することも可能だそうですgood

スパイスで下味をつけたカジキマグロと野菜(オクラ、なす、じゃがいも)を加え、
軽く炒めます。
少ししたらカットトマトを加え、野菜に火が通ったら
仕上げにレモン果汁をふり入れて完成heart01

日本のカレーは時間をかけて煮こむイメージだけど、
インドのカレーは15分もあればできちゃいますsandclock

Img_2637Img_2640
魚と野菜のカレーに合わせるのはナンではなく「チャパティ」 
インドのパンの一種で、ナンは強力粉を使用するのに対し、
チャパティは全粒粉を使用。
タンドールではなく、網に乗せて火であぶって焼き上げます。
まるでジャンボお煎餅みたいですね~smile

ナンと比べて真ん丸でやや薄目でソフトな食感。
そして、香ばしい味わいcatface

Img_2649
さ~、「魚と野菜のカレー」「チャパティ」を一緒に頂きましょうheart04

Img_2650
カジキマグロの大きいことsign03
他のお野菜もゴロゴロです。
スパイスは辛味よりも旨味が引き立っていて、
すごくまろやかな風味にびっくりsign02
色んなスパイスの味が口に広がって、
後から少しスパイシーな味わいがやってくる。
カジキマグロは臭みがなく、カレーと魚がこんなに合うとはhappy02

チャパティの香ばしさとカレーがものすごくマッチしていて、
本当に食欲がわいてきますscissors 

Img_2645Img_2648
更に、中継ではご紹介出来ませんでしたが、
ロティボティで人気の一品「ビリヤニ」も用意して下さいましたlovely
ビリヤニとは、インドの炊き込みご飯とピラフが合わさった料理の事で、
日本ではなかなか本格的なビリヤニを食べられないそうです。
というのも、ビリヤニに使用するバスマティ米がとても高価なもので、
日本の魚沼産コシヒカリのようなものなんだとか。
その為、本格的なビリヤニを提供するのが難しいようです。

ロティボティでは、バスマティ米を使用した本格ビリヤニを提供sign01
この味を求めて遠方からもお客様がいらっしゃるんですって~happy01

スパイシーな味付をまとったお米はパラパラふっくらshine
右の写真の右上にあるソースをかけると、
マイルドな味わいになって二度美味しいwink

どれもこれも、日本ではあまりお目にかからないメニューで、
インドを旅した時を思い出しましたconfident
(私、インド旅行経験があるのです)

Img_2624
こちらは兄弟でシェフを務める
弟さんのカン・ウキルさん(左)と、
お兄さんのカン・ムクタールさん(右)。
中継の最後に、ウキルさんが一言メッセージを下さいましたkaraoke

ロティボティのインドカレーで、
この夏は乗り切りましょうup
本場インド料理を学べるお料理教室も開催しているので、
是非参加してみてくださいnotes
Img_2644 
【インドレストラン ロティボティ】
神奈川県相模原市南区相武台1-25-2 佐藤ビル2F
電話番号:046-240-6804
営業時間:ランチ 11時30分~14時30分
        ディナー 17時~23時
        火曜定休日
U R L :https://www.facebook.com/indian.rotiboti
(上記Facebookのページに、料理教室のご案内もあります)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。