Circulation of the Earth Feed

2015年3月22日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

春になったので今日は、ちょっと足を伸ばして行ってみると

面白い出会いや体験があるかもしれない場所を紹介いたします。

まずひとつめは、東京の青山にあるユニークなコミュニティ、その名もCOMMUNE246。

Img_0953

コミューンってなんでしょう。

本来はフランス語で共通、共同、共有という意味を持つ言葉で、

1871年、史上初の労働者階級による自治政府「パリ・コミューン」が誕生、

女性参政権など当時では革新的な試みが数多く行われました。

そんなパリ・コミューンでは、人々が挨拶を交わし合い、

和やかな関係性にあったそうです

誰彼ともなく声を掛け合い、挨拶をする。そこから創造的な社会が始まったとのこと。

COMMUNE246では、未来社会を築いていこうとする仲間たちが集まり、

面白い試みに挑戦しています。

246号線、246に面した入り口を抜けると、

有機野菜やオーガニックコーヒーを提供するオシャレな売店が連なり、

その先に憩いの場があります。

Img_0951

憩いの場の先にはさらに縦長に空間が続き、

ある建物につきあたります。その建物は、みどり荘と呼ばれる今話題のシェアオフィスです。

月4万円を支払うと、自分の机と椅子がもらえます。

Wi-Fiはもちろん、自分宛の郵便まで届きます。

Img_0952

さまざまなジャンルの人々が、同じ空間で仕事をして、

そこでの出会いが未知な世界をまた開いてくれるのです。

まさに未来の新しい働き方。このCOMMUNE246にひとりで訪れても、

まったく疎外感は感じません。名前を知らなくても声を掛け合い、

オーガニックワインやコーヒーを飲みながらお互い思っていることをシェアできる場所。

ぜひみなさんにも足を運んでほしいです.

もうひとつみなさんにご紹介したいのは、「江ノ電沿線展」。

江ノ電沿線10のストリートがアートで飾られる素敵な催しです。

湘南地域にゆかりのある13人のアーティストが、

江ノ電沿線商店街の各店舗にて個展を開催する、というもの。

すでに3月20日金曜日から始まっており、4月5日日曜日まで行われているそうです。

この江ノ電沿線展の関連企画として、

「かまくら 桜○日(さくらえんにち)」というイベントも開催されます。

こちらは来週日曜日3月29日に光則寺の前で行われますが、

桜の花を愛でながら地元の人や商店街の人、観光客みんなが出会い、語り合い、

楽しむことができるイベントです。

私が大好きなういが浜商店街にある自然食品の店、かなやも出店しますよ〜。

光則寺は昔よく愛犬はなと散歩に行って桜を見にいった思い出があります。

http://www.enoden.co.jp/ensend10/index.html

春は人が集まるところに足を運んで、思い切り楽しんでみたいはいかがですか?

 

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年3月15日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

実は最近、「モノには、お金では測りきれない価値がある」ことを伝えるために設立された

あるサイトがあります。

その名も、「WITHOUT MONEY SALE」

商品を買うには、「お金」ではなく、「愛」か「知恵」か「時間」を費やしてください、ということ。

お金のかわりに「愛」、たとえば、その商品への情熱的な想いや

愛をこめた原稿用紙数枚や「知恵」、たとえば、その商品をよりよくするためのアイデア、

また「時間」、たとえば、商品をつくった人に弟子入りするなどが対価になります。

商品の出品者は公募で行っています。

毎回ひとつの商品が出品され、販売個数も事前に設定されます。

気になる第一弾の商品は、徳重紅梅園(トクシゲコウバイエン)

「鶯宿梅(オウシュクバイ)の幻の梅干し」です。

鶯宿梅とは、平安時代に詠まれた「鶯宿梅」という有名な歌の題材になっている、

1200年の伝統を誇る古来品種の梅だそうです。

その鶯宿梅を、有機の滋養に満ちた大地で無農薬栽培し、同じく無農薬の紫シソ、

天日塩だけを原料に、先祖伝来の製法に従い9年間樽の中で

じっくり熟成させたのが、鶯宿梅の幻の梅干しです。

この梅干しを購入する方法は3つ。「愛」で買うか、「知恵」で買うか、

「時間」で買う方法。この梅干し欲しいのに「お金では買えないんだ・・・」

とがっかりした自分がいたことが恥ずかしい・・・

「愛で買う」場合は、梅干しへの愛を原稿用紙3枚程度に綴ります。

また「知恵で買う」場合は、梅干しを盛り上げるアイデアを3つ挙げます。

そして「時間で買う」場合は、梅干しを深く理解する時間として2時間のあいだ

宮崎県 徳重紅梅園の生産者の徳重文子さんの梅への想いを聴き、梅干しづくりを学びます。

どの選択肢も魅力的すぎる!

私は梅干しが大好きなので、ぜひ「愛」でこの梅干しを買おうと、

その想いを原稿用紙にしたためようとしたのですが、なんとこの梅干し

、販売早々売り切れてしまったのです!残念!みんな何で買ったんだろう?

お金でカンタンには買えない品を、お金以外のかたちで買う。

そうすることで本来の価値が実感でき、またモノのたいせつさや、

生産者の想いなどをあらためて知ることになるのかもしれませんね。

ちなみに、この「モノにはお金で測りきれない価値がある」という理念は、

私は震災後の東北を旅していて感じることが度々ありました。

Img_09245b15d

私は気仙沼までシーカヤックで行くために、一泊二日海を漕いでいったのですが、

夜は漁港にテントをはらせてもらい過ごしました。するとどうでしょう。

地元の漁師さんが、夜に魚の煮付けを作って持ってきてくださったのです。

そして翌朝、私たちが出発する際にとれたての釜揚げしらすを

たっぷりと持ってきてくださったのです!

この漁師さんのご夫婦は被災者で、持っていた船もすべて流され、

借金をして新しく船を購入しました。

普通に売ればお金になる立派なしらすを、見ず知らずの私たちに出してくれたのです。

漁師さんはこう言っていました。

「自分たちは太平洋を太平洋銀行と呼んでいる。

元本には決して手をつけないけれども、自然が与えてくれた利益をもらって食べている。

自然が恵んでくれたものだから、みんなと分かち合うことが当たり前。」

こうして旅をしてここまできてくれて本当に嬉しい、と言ってくれたのです。

「WITHOUT MONEY SALE」と少し通じるものがありませんか?

このサイトでは、自分が出品をすることも可能です。

どちらの立場にしても、参加してみるのは楽しそうですよ。

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年3月 8日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

さて、突然ですが皆さんはソーシャルプロダクツ、という言葉を聞いたことがありますか?

ソーシャルプロダクツという言葉は、1989年にフィリップ・コトラー博士が著書

「ソーシャル・マーケティング」の中で用いて以来、25年の歴史がありますが、

日本での認知度は決して高いとは言えません。

ソーシャルプロダクツとは、エコやオーガニック、フェアトレード、寄付つき、

地域や伝統に根ざしたもの、障害者支援など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、

購入者がより良い社会づくりに関する行動や団体とつながることができるものを言います。

ソーシャルプロダクツを普及させるために立ち上がった、

一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進委員会という団体があります。

この団体は毎年、商品性および社会性を兼ね備えた優れたソーシャルプロダクツを表彰して、

アワード、賞の仕組みを通じて、広く世の中にその存在を啓蒙し、

企業や団体のソーシャルプロダクツの開発を後押ししています。

社会をより良いものにしていくために消費の力を活用しようとことです。

実は去年から私はそのアワードの審査員をやらせていただいており、

今週頭に今年のアワードの発表と表彰式が行われました。

Img_08861今年も多数の応募があり、どれも本当に良いものばかりで驚かされました。

数ヶ月にわたり、様々な分野の有識者と生活者の厳格な審査のもと、

受賞商品が決まりました。

今年受賞した商品の特徴として、国内の社会弱者の問題を取り扱ったり、

地方発の価値創造に挑戦したちするものが数多く見られました。

Img_08851

特に福祉施設を商品作りのスキームに入れた取り組みが、

例年になく多かったと思います。皆さまにもいくつか受賞商品をご紹介しますね。

特別賞を受賞したのは、株式会社豊島が推進しているオーガニックコットンのプロジェクト、

オーガビッツが販売しているTシャツ。オーガニックコットンの利用だけでなく、

デザインは障害者アーティストが担当、

地雷原を綿花畑に変えるために1枚につき10円をNPO活動にあてるなど、

様々な角度からソーシャルな観点を盛り込んだ商品で、

とにかくとっても可愛くて、女性にも男性にも着てほしいTシャツです。

アーティストのAKIさんの色使いやデザインがユニークでハッとさせられます。

また受賞した中で、私のお気に入り商品は、Join the Dots点字カードセットです。

廃棄される点字新聞や点字広報誌を活用して、

視覚障害者福祉施設の方たちが制作されたカード。メッセージカードには、

盲導犬と点字ブロックが描かれていて、売上の一部は中部盲導犬協会に寄付されます。

まさか点字の新聞からできているなんて想像もできないくらいにデザインが洗練されていて素敵。

私はよくサンキューカードを書く機会があるのですが、

今後はこのカードを使いたいと思っています。

若者も頑張っています。奨励賞を受賞したのは、

愛知商業高等学校ユネスコクラブの皆さん。

ガーナ産のフェアトレードカカオと地元のはちみつをふんだんに練りこんだ

濃厚なアイスクリーム、「幸せのはちみつカカオ」です。

ローカルなはちみつという素材を、フェアトレードのカカオとコラボさせることで、

世界の課題である貧困問題や環境問題について考えるきっかけを作りたかった、

という高校生たちの思いがつまったアイスクリームは、

さっぱりした飽きのこない味わいでとても美味しかったので、今後も期待したいです。

そして、ソーシャルプロダクツアワードの頂点をとったのは、

これまたアイスクリームのブランド、ベン&ジェリーです。アメリカのバーモント州で

1978年に創業されたブランドですが、素材はほぼフェアトレード。

ビジネスには、得た利益を社会に還元する責任がある、

という信念のもと、製品の原料から調達にいたるまで「価値主導のビジネス」を行い、

各展開国で平和なアクティビズムを実践している、

ソーシャル的に何から何まで徹底している企業です。

Img_08841

こちらのアイスクリームは、私はアメリカに住んでいるころからのファンでした。

そう、つまり、フェアトレードだから、ソーシャルだから買っていたのではなく、

本当に美味しいから買っていた、というわけ。これ、大事なポイントです。

今後もソーシャルやそれこそエシカル、という視点で商品が次々と出てくると思いますが、

私たち消費者の「買う」という日常行為が、より良い社会をつくる「力」に変わる、

ということを忘れないで毎日を過ごしてほしいと願っています。

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年2月15日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

鎌倉に住んでいると、美味しいお寿司屋さんがたくさんあるでしょ?

とか、毎日美味しい地魚を食べられるでしょ?とかよく聞かれます。

確かにこれだけ海が近いと、

美味しい地魚を食べる機会がたくさんありそうですが、

実は実際に住んでいると、お寿司屋さんに行くことは滅多にありません。

なので、美味しいお寿司屋さんを教えて、

と言われても答えることができませんでした。

ここ最近は、昔からあった魚屋さんもだんだんと数が減り、

地魚を手にする機会も減ったように思います。

Img_0757

そんな中、先日東京在住のある方に、

湘南の美味しい地魚を食べられるお店を教えてもらいました。

七里ガ浜にある「お魚亭」です。

http://www.osakanatei.com/

七里ガ浜といっても、海沿いではなく鎌倉プリンスホテルの脇の道を登っていき、

住宅街を抜けた先にあります。

江ノ電の七里ガ浜駅からだと徒歩約10分。

魚屋さんが始めたお寿司屋さんだそうですが、

こちらのオススメはなんといっても地元で獲れた鰯料理。

鰯の刺身、握り、つみれ汁、大葉揚げ、南蛮漬け、てんぷら、

フライなどなど、地元で獲れた鰯を様々な料理で提供しています。

私はおまかせコースを頼んだのですが、まず最初に出てきた大葉揚げにびっくり。

大葉にふわふわの鰯のすりみを合わせて、

Img_0760

さっくりと揚げてある特別な一品です。

食べた瞬間に、美味しい!と思わず叫

んでしまいました。

鰯のつみれ汁も最高。

Img_0759

よく硬くて粉っぽいつみれが多いですが、

こちらのつみれは驚くほどふわふわで鰯の味がしっかりします。

きらりと美しく銀色に光る鰯の握りも絶品。

とろ〜っとした脂がのった新鮮な鰯のにぎりは何個でも食べられてしまうほど。

鰯なのに、とにかく臭みがゼロ。

食べ終わったあとの口に残る青魚独特の臭みもまったくありませんでした。

おかみさんはとても優

しくて気さくな方。いろいろなお話をしてくださって、

居心地も抜群なお店でした。

湘南でとれた地魚を食べたければ、ぜひお魚亭を訪ねてみてください。

もうひとつ、魚が美味しいお店が鎌倉の材木座にあります。

「定食と酒 満」です。ここは、昼はもちろん、

夜でも定食が食べられる居酒屋で、鎌倉の人で賑わっている人気のお店です。

地元でとれたお刺身や焼き魚や、手作りの餃子や炒め物、おにぎりなどなど、

日替わりでその日に入荷した美味しい食材で料理を提供しています。

Img_0758

野菜は鎌倉でとれた無農薬の野菜を使い、お店でも販売しています。

お酒は日本酒や焼酎など、料理に合う銘柄が取り揃えてありますが、

オーガニックのものも置いてあります。

とにかく、ここもまたお店の方たちが最高。

いつもニコニコ、美味しい料理を作ってくれて、

地元の人も毎日通いたい、と言っているほど。

時々アーティストを呼んでライブなども行っているようです。

地産地消。

今日ご紹介したお店は、まさに地産地消を実現している、

本当に美味しいお店です。

気になる方はぜひ足を運んでみてください!

Img_0761

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年2月 1日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

みなさんは休みの日、どんなことをして過ごしていますか?

これだけ寒いと、アウトドアよりインドアで楽しんでいる方が多いかもしれませんね。

ゴールデングローブ賞の発表もあり、アカデミー賞も近づいているので、

映画館に足を運んで映画を観る、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今日ご紹介したい映画館は、

みなさんが想像するような複数のスクリーンでたくさんの映画を一度に上映できる、

複合型のシネマ・コンプレックスとは異なる新しい複合型の映画館です。

いったいどんな複合型映画館なのか・・・

そこは逗子という地域や人や食、音楽に映画、様々なものが複合する

”カルチャー配信基地型映画館”です。

その名も「シネマアミーゴ」。

以前もサーキュレーションの中で少し触れたことがありましたが、

海も山もある自然豊かな街、逗子市にシネマアミーゴはあります。

館長は長島源さんというモデルであり、ミュージシャンでもあるとても魅力的な方。

数年前にPeople Treeのモデルをやった際に長島さんもモデルをされていて出会いました。

もともと住まいとして建てられた物件を、長島さんが仲間とともにリノベーションした建物で、

海岸から少し入った静かな場所に突然現れる素敵な映画館です。

1階は20席ほどの小さな映画館。昼はランチ、夜はバーに変身するオープンキッチンがあり、

2階はシェアオフィスとして使用されています。

貸切のパーティーやお料理教室などのワークショップ、マルシェなども開催されるなど、

コミュニティースペースの顔も持つところがシネマアミーゴの最大の魅力。

まさに「映画館」という概念を大きく飛び越えた“カルチャー配信基地”になっているのです。

このようにカルチャー配信複合基地として様々な展開をしているシネマアミーゴですが、

さらにもうひとつ、実際に逗子という街で働き、

住まうことをイメージできるための仕掛けもつくっています。

例えば、館内にある「アミーゴキッチン」では、日替わりシェフがランチを担当。

逗子でいつかお店を持ちたいという人や、お店をしているけどもっと地域とつながりたいという人、

出店前にブラッシュアップしたい人たちなどが腕をふるっているそうです。

フリーランスで活動する個人がシネマアミーゴに拠点を持つことで、]

地域に根ざした経済圏を一緒に作っていこうという動きは、

まさにシネマアミーゴが逗子という街のネットワーク機能を果たしている、ということ。

また、こちらではフェアトレードの商品も販売していて、

何から何までワクワク、ドキドキしてしまう場所です。

映画館としてのラインナップも映画好きの私を唸らせる素晴らしいチョイスです。

インディペンデント系やドキュメンタリー映画が多いですが、ちょうど今日から、

私が大好きな実話を基にした映画、「チョコレードドーナッツ」の上映があります。

日常から離れた素敵な場所で、映画や食事、音楽を楽しんでみませんか?

気になる方はぜひサイトをチェックしてください。

Img_06711

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年1月25日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

寒くなると必然的にお鍋が食卓にのぼる回数が増えます。

でも意外とメニューがマンネリ化して飽きてしまうことも少なくありません。

でもお鍋って時間がないときも面倒でなく簡単だし、

一度にたっぷり野菜とタンパク質をとれるのでヘルシーだし栄養バランスもマル、

使うお皿の数も少ないので後片付けも楽だし、思えば完璧な料理ですよね。

いつものお鍋のイメージを少しだけ変えるだけで、まったく新しい美味しさを味わえるものです。

またお鍋?と言わせないレパートリーをもっていれば百人力。

ということで、今日はみなさんにシンプルだけど美味しいお鍋のレシピをご紹介いたします。

まずは豚バラ白菜鍋。

こちらは白菜が安くて美味しい今の時期にぜひトライしていただきたいお鍋。

作り方はいたって簡単!

材料は白菜1/2個と豚バラ薄切り肉、もしくはロース薄切り肉を300グラム。

調味料はお酒のみ。

白菜を5,6センチ幅に切って、鍋に円を描くように立てていれます。

中心には軸の部分を、周囲には葉の部分が多くなるように入れると良いです。

白菜の間に、同じく5,6センチ幅に切った豚肉をまんべんなく差し込むように詰めます。

ここに酒大さじ4、水大さじ4を全体にふりかけます。

ふたをして強火にかけて、煮立ったら弱火で6,7分蒸し煮にします。

白菜がしんなりしたら、これで完了!

5515

ポン酢しょうゆとゆず胡椒でいただきます。

これだけシンプルなのに、とにかくものすご〜く美味しくて感動的。夏は白菜が高いので、

旬である今がオススメ。失敗なしの簡単お鍋で誰もが喜んでくれるはず。

もうひとつは豚肉と小松菜のしゃぶしゃぶです。

材料はしゃぶしゃぶ用の豚ロース薄切り300グラムと小松菜2わ。

鍋に昆布と水6カップを入れて2時間ほどおいておきます。

この鍋を強火にかけて、煮立ってきたら豚肉、

小松菜を加えて煮立てない程度の火加減に保ちます。

器にポン酢しょうゆとおろし大根、万能ねぎ、かんずりを入れて

5516

火が通ったものからこれにつけていただきます。

小松菜はカルシウムと鉄分がたっぷりで、低カロリー。

特に貧血気味な女性にオススメのお鍋です。

このお鍋の決め手は、締めのうどん。残った出し汁にゆでたうどんを入れてさっと煮たら、

梅干しをほぐしていれて出来上がり。黒胡椒をかけていただきます。

5517

これがあっさり、さっぱり、最高なんです!

お鍋はちゃんこのようにたくさんの具材を入れるのも美味しいですが、

私はシンプルなお鍋が一番好き。 

私が使っている土鍋は、「土楽」といって、伊賀で職人さんがろくろを回し、

時間をかけて、手びねりで作られています。

手びねりの土鍋だから、ひとつひとつゆがみや焼き色が違う、

ほかとは違う「ひとつしかない」土鍋です。

光沢のある黒い色が美しくて、いつも惚れ惚れしながら食べています。

寒い時期はまだまだ続くので、うちでもお鍋はまだまだ続きます!

みなさんもオススメのレパートリーがあったら、ぜひ教えてください。

たけおシェフの鍋料理も食べたい!もちろんお酒を飲みながら・・・

しっぽり日本酒もいいな〜。

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年1月18日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

さて、今日は兼ねてからお伝えしたかったある面白いプロジェクトについてお話しいたします。

みなさんは「リアルタイムで動いている地球がみてみたい」と思ったことはありませんか?

私は一度でいいから、宇宙飛行士の視点で、宇宙から地球を眺めてみたい!

と思っていました。

実はそれを可能にしてくれる次世代デジタル地球儀が開発されたのです。

その名も「触れる地球」。

「触れる地球」は、リアルタイムでさまざまな地球上の動きを見ることができる世界初のデジタル地球儀で、実際に手で触れて操作します。

Img_7536

世界中の時差や雲の様子がわかるほか、温暖化のシミュレーションや、

東日本大震災で発生した津波が広がっていく様子を再現できる機能などもあります。

この革命的な「触れる地球」を開発したのが、

国連をはじめ世界中の人々に向けて環境の啓発活動を行っている、

京都造形芸術大学の竹村真一教授です。

去年、私は竹村教授の講演を聴きにいき、実際にその「触れる地球」を見てきました。

青く輝く地球は、まさに宇宙から眺めたのと同じではないか、

というくらいリアル。

しかも雲や風や波などの動きがリアルタイムで動いているので、

今自分が立っている地球に起きていることを俯瞰してみることができるなんてすごい!

と、とても興奮しました。

竹村教授は、台風が海の深層水にある栄養分を海全体に混ぜるという重要な役割を果たしていることを例に挙げ、「害しか与えていないような印象のある自然災害も、地球目線で考えると違う見方が現れる」ことを教えてくれました。

Img_7529_2竹村教授が目指しているのは、

この「触れる地球」がどの学校にも1つの教室に1つあり、

子供たちが手で動かして勉強できる環境を作ることだといいます。

「人間は未熟であり、世界はまだ革命できる」という竹村教授。

環境を考えた技術を発展させていくことで、

人類は自然と協調していき、まだまだ成長できるという点が、とても印象的でした。

また、「これからの社会では地球規模で考えることが必要」と竹村教授は

何度も繰り返しておられましたが、これは非常に重要なポイントだと思います。

その実現を手助けしてくれるのが、まさにこの「触れる地球」だと思います。

現在、東京の大手町にある日本ビルの6階で、「触れる地球ミュージアム」が開催中です。

実際にこの「触れる地球」をみることができるので、ご興味ある方はぜひ!

絶対に感動すると思います!

ところで、今週24日土曜日に逗子にて国際文化フォーラムが行われます。

今年のテーマはフェアトレード。1日を通してフェアトレードファッションショーやトークショー、

マルシェが盛りだくさんのプログラムになっています。

私も登壇するので、お時間ある方はぜひいらしてください!

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年1月11日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

今年のお正月に着物を着て過ごした方はどのくらいいらしたでしょうか?!

私も着物は身に付けず、洋服で過ごしてしまいましたが、

ある知り合いの女性がご夫婦で和装で現れてとても素敵だったので、

私も日本人としてお正月くらいは着物を着ればよかったと後悔しています。

でも本来ならば着物はいつでも着られるもの。

私は曾祖母、祖母、母から受け継いだ着物が自宅に眠っていますが、

観劇や大切な食事会など機会があれば普段も身に付けたい、と思っています。

実は今、着物をレンタルできる着付けサロンがひそかに増加中なのを

みなさんは知っていますか?

着物を持っている人ももちろん利用できますが、

持っていない人なら手ぶらで行ってそのまま着物でお出かけできるようになっています。

ネイルやヘアメイクサービスを中心としている「アトリエはるか」では、

全国21店舗で着付け・着物レンタルサービスを提供しています。

小紋のレンタルは6,000円(税抜)から、訪問着なら8,000円(税抜)から、

着付け代は3,000円(税抜)と、お手頃。

着物持ち込みの場合は着付け代8,000円(税抜)だそうです。

他にも、銀座なら「銀座きもの小町」、六本木や新宿なら「花ごよみ」 で

同様の着物レンタル・着付けサービスが数千円代から受けられます。

「花ごよみ」にはヘアメイクサービスもあるそうですよ。

また着物が似合う街のひとつ、浅草にも「レンタル着物 小袖」のような

着付け・レンタルサロンが複数あり、着物で浅草散策すると

観光客の外国人に大変喜ばれたりするようです。

きっと鎌倉にもこういったサービスが出てくるかもしれないですね。

私も一度こうしたサロンを利用してみたいなあ、なんて思っています。

いつもと違う自分になれて楽しいですよね、きっと。

着物で行ける手軽なお出かけ先としては、たとえば三井記念美術館で開催中の

日本美術の展覧会「雪と月と花」や、山種美術館(やまたね)の

東山魁夷と日本の四季」などは和の雰囲気を満喫するのにぴったりです。

しかも山種美術館は、着物で来場すると割引してもらえる特典がついています。

私は着物ではいけませんでしたが、東山魁夷さんの絵を見に行きました。

実際に見ると、彼の世界にぐっと引き込まれ、

息をするのも忘れてしまうくらいの静寂さを感じます。実物を見る価値ありです。

一方三井記念美術館では、円山応挙の国宝「雪松図屏風(ゆきまつずびょうぶ)がみられます。

こちらも見逃せません!

そうそう、もしかしたら着物が最適な場所は歌舞伎鑑賞かもしれませんね。

私は歌舞伎をみにいくのが大好きなので、

今年最初の着物はぜひ歌舞伎で実現したいと思っています!

Dsrr

ところで、今週17日土曜日午後1時から、

逗子にある交流センターにて私の講演があります。

フェアトレード専門の長坂寿久先生の講演もあり、

その後二人でトークセッションも行います。ご興味ある方はぜひいらしてください!

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2015年1月 4日 (日)

Circulation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

皆さん、明けましておめでとうございます!

末吉里花です。2015年が始まりました。

皆さんはどんなお正月を過ごしましたか?私は例年通り、お正月はゆったり、

ゆっくり家族とともに過ごしました。

プライベートのことをいえば、去年12月に兄のところに男の子が産まれて、

末吉家が賑やかになったことがビッグニュース。

そして、仕事のことをいえば、

今年は新たな活動を立ち上げてガシガシと動いていきます!

その新たな活動とは・・・エシカル協会の設立です!

エシカル協会の目指すことは、日本にエシカルの文化を根付かせることです。

これからの豊かさは誰かの犠牲や搾取の上に成り立つものではなく、

みんなが笑顔になれること。また、誰もが商品の裏側を知った上で、

責任を持って消費することで、大量生産、大量消費の社会に歯止めをかけ、

未来の「モノ」の価値観を変えること。

そして思いやりをもって、作り手や環境、未来に配慮し、

「エシカル」な選択をする文化が根付けば、

自然と世界中に豊かでハッピーな暮らしが広がるだろう、と考えています。

エシカル協会は、エシカルを体感できる場所と機会を提供することを目的として、

具体的に様々なことを実践していく予定です。

協会の役割としては、エシカルに関心のある人と人を繫ぐプラットフォームになること、

エシカルに関する情報が集まり、共有できるネットワークを作ること、

エシカルなビジネスの応援と、ビジネスのエシカル化を推進すること、

またエシカルの情報発信、普及啓発とそれに関するサポートを行うことを目指しています。

具体的には、去年秋からスタートして好評を得た

フェアトレードコンシェルジュ講座も定期的に開催、

そのほかエシカルセミナー、トークショー、ファッションショー、

映画上映会など多くの人が集まって、

コミュニケーションをとりながらエシカルを学べる場所を提供していく予定です。

エシカル協会という大きな名前を掲げてスタートするのは、とても恐れ多く緊張しますが、

私自身今まで積み重ねてきたことをすべてアウトプットして、

みんなで楽しく学べる場所と機会ができたらこんなに嬉しいことはありません!

 追い追い皆さんにも見ていただけるようなサイトを作るので、

ご興味ある方は今後ぜひチェックしてください。

こうしてGIFTで公言してしまったので、もう後戻りはできませんね〜。

2015年は今まで以上に気を引き締めて頑張っていきたいと思います!

いや、健康に気をつけつつ、頑張りすぎずに頑張ります!

皆さんにとっても、2015年が笑顔溢れる素敵な年になりますように。

今年もどうぞGIFTをよろしくお願いいたします!

Img_0556

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/

2014年12月28日 (日)

Circulatilation of the Earth

オーガニックコンシェルジュの末吉里花さんが

よりよく暮らすためのヒントを届けてくれる

Circulation of the Earth

皆さんにとって2014年はどんな年でしたか?

私は今まで以上にフェアトレードやエシカルの世界にどっぷりと浸かり、

ひとりでも多くの人に広げていけるように積極的に活動ができた年でした。

何よりも、秋からスタートしたフェアトレードコンシェルジュ講座は、

主宰した自分自身が一番学ぶことができたのではないかと思っています。

隔週で行われた講座は、毎回50人近くの生徒さんが来てくれて、

熱心に学んでいってくれました。

ほとんどの生徒さんが、最初はフェアトレードについて知識を持っていませんでした。

そんな彼らに、最終回で「講座を受けてみて、新たに始めたこと、

やめたこと、これからも続けていきたいこと」を聞いてみました。

そうしたら全員が講座を受けたことによって、自分の中で変化が起き、

それぞれができる範囲で新たなことを始めてくれていたのです。

ある女性は、今まで通っていたカフェにフェアトレードのチョコレートが

置いてあったことにまったく気づかなかったけれども、

講座を受けてからその存在に気付き即購入。

美味しいので家族や友人にも勧めているし、プレゼントとして必ず買うようになった、

と話してくれました。

ある女性は、障害者を助ける活動をしたかったが、

なかなか勇気が出ずに何もできない自分がいた。でも講座を通じて、

私にも何かできるはずと思い、ついに友人3人と共に、

障害者をサポートする団体を立ち上げました、と話してくれました。

ある男性は、講座を受けたことによって、

社会に貢献できるような会社を起業する準備に取り掛かることができた。

実際にスタートするのが楽しみです、と話してくれました。

ある女性は、講座を受けたことによって、大学のボランティアのサークルに所属、

今後世の中の人の役に立ちたい、と意欲的に話してくれました。

ある女性は、アパレルの会社でバリバリと働いてきたけれども、

今まで商品の裏側について考えてことなど一度もなかった。

講座で聞いた話にショックを受け、今では同僚にも積極的に学んだことを伝えています、

と話してくれました。

人って変わろうと思えば、いくらでも変わることができる。

変わるタイミングは人それぞれ。

それぞれが持っている火種に、いつ風が吹くか、

そのタイミングのきっかけが私の講座であったと話してくれた生徒さんが

たくさんいて本当に感激しました。

Img_05151_2今年最後は、私が尊敬するガンジーの言葉で終わりたいと思います。

Be the change you want to see in the world.

社会に変化を起こしたければ、自分がその変化の担い手になりなさい、という意味です。

私も自分自身が来年、またどのように変化していくのか、とても楽しみです。

私たちは微力であっても無力ではない。そう確信した2014年でした。

皆さん、ちかこさん、どうかよいお年をお迎えください。Happy New Year!!!

末吉里花ブログはこちら

http://www.rikasueyoshi.com/