« 野菜と対話する地産地消レストラン:れすとらんさいとう | メイン | メッセージテーマ&スペシャルギフト »

2015年2月22日 (日)

Green Music

音楽プロデューサーでありミュージシャンでもある

片寄明人さんが未来に伝えていきたい1曲を届けてくれます。

今日持ってきたのは、ラバーズロックの名盤です。

1974年イギリスで出されたジャマイカの女性シンガー

Sharon Forrester(シャローン・フォレスター)のデビューアルバム。

僕が好きなレーベルに、プロダクション・デシネがあります。

そのレーベルがCDで再発しました。これまでアルバムを通して聴いた事が

なかったのですが、通して聴いてみたら全曲良かったですね。

カヴァーも何曲か入っていましたね。ジェイムステーラーのDon’t let me be

Lonely Tonightとか、レオン・ラッセルのTHIS MASQUERADEなど。

7nnj6y5

今日おかけするのもカヴァーです。

Ashford&Simpsonという夫婦によるシンガーソングライターチームで、

とにかくいい曲を書くんですよね。

その奥さん(ヴァレリーシンプソン)が出したソロアルバムに入っていたのが、Silly Wasn’t I?

Sharon Forresterのカヴァーでお聴き下さい♪