fyb_switch_to_sp_js

JA相模原市 Feed

2011年10月22日 (土)

いよいよ収穫Fresh Market畑(10月22日放送)

今年の6月、相模原市にJA Fresh Market畑をオープン
多品目の野菜の植え付けを行いました。

Photo_10

ズッキーニやナス、枝豆、キュウリ、サツマイモ、小松菜などを植えつけ
あれから夏野菜は順調に成長し、前回7月には、小松菜が大豊作
料理自慢のベジフルレポーターの櫻井彩子さんが小松菜を使った八宝菜を作り
野菜作りをご指導いただいた営農指導員からも評判でした。
さて、今回は秋深まるこの季節までじっくり育てた、サツマイモを収穫します。

Photo_11

今回もお世話になるのがJA相模原市営農センター

Photo_12

6月に紅あずまの苗を定植

Photo_13

その畑がこんな風景に..。

Photo_14

さっそくサツマイモの掘りとりスタート
今回も営農指導員の小林さんに収穫の指導をいただきました。

Photo_15

9月の台風の影響が心配されましたが、順調に育っている様子

Photo_16

紅あずまはこんなに大きく育ちました。

Photo_17

そしてこんな巨大なものまで……

Photo_18

掘り採ったサツマイモをさっそく試食
一番美味しさを味わえる蒸かし芋を味わいました。

Photo_19

相模原の特産でもある 紅あずま は、糖度と旨みたっぷり
他にも、焼き芋、天ぷら、スイートポテト..
いろんな料理に秋の味覚、相模原のサツマイモをぜひ味わってください。

Photo_20

そして、サツマイモの掘り取りを体験したいという方に耳よりな情報。
JA相模原市営農センターでは10月末日まで、平日の午前9時から午後3時の間
サツマイモ掘りを受け付けています。
1株120円で、原則10株以上となっていますが、相談に応じてくれるということです。
 トイレ、駐車場、手洗い用水道も完備されているので
小さいお子様連れでも安心して楽しめます。
事前に必ず、電話予約を入れて下さい。
 お問い合わせ先はJA相模原市営農センター
 電話番号 042-762-4336
 受付時間は、月~金の午前9時~午後4時30分まで
 収穫の秋を満喫してみては、いかがでしょうか?

Photo_21

JA相模原市 のホームページは → こちら

来週10月29日は
「伊勢原の柿」(JAいせはら)をお送りします。

2011年7月 9日 (土)

相模原で収穫祭(7月9日放送)

シリーズでお送りしている野菜作りプロジェクト

今回は先月相模原市にオープンしたJA Fresh Market畑で
第1回目の収穫祭を行いました。

Photo_9

場所は、相模原市緑区田名地区の一角にある農業専用地域
営農センターのお隣にある小さな農園です。

Photo_10

1か月でどれだけ野菜が成長しているかまずは畑をチェック

Photo_11

これはズッキーニ

全体的に、収穫にはまだ早いようで、それでも小さな実をつけていました。

これはピーマン

Photo_12

これはキュウリ

Photo_13

で、収穫できるのは、小松菜です。

Photo_14

小松菜の栽培日数は、秋冬まきは80~90日ですが、夏場は20数日ほどとのこと
こんなに立派に育っています。

ネットをかけて栽培したので、ほとんど虫にも喰われていません。

Photo_15

こんなに収穫出来ました。お世話になっている営農指導員の小川さんと

Photo_16

洗ってみると、こんなにキレイな小松菜でした。

Photo_17

料理自慢の櫻井レポーターは小松菜で 八宝菜作りにトライ!小松菜が八宝菜に?
チンゲン菜の変わりに、小松菜のシャキシャキ感がとても良く会うんです。

Photo_19

こんな材料で作ってみました。
小松菜を入れるだけで、あとは普通の八宝菜のレシピでお試しください。

Photo_20

無事完成!

Photo_21

採れたての小松菜はやはり火を通してもシャキシャキで美味しかったです。
営農センターのみなさんからも大好評でした。

Photo_22

次回の収穫が楽しみです。

JA相模原市 のホームページは → こちら

来週7月16日は
「名水の里で豆腐作り」(JA県央愛川)をお送りします。

2011年6月11日 (土)

「JA Fresh Market 農園日記~夏秋野菜篇」(6月11日放送)

現在番組では、横浜市の青葉区で小麦作りを行っていたり
厚木市ではジャガイモを育てています。

そしてこのたび...
相模原市で、さらに多品目の野菜作りにトライいたします。

Photo_3

今回はJA相模原市営農センターの土地をお借りして
JA Fresh Market 畑 をオープン!!

番組発の野菜作りもいよいよ本格的になってまいりました。

今回は、櫻井レポーターとともに、DJ蒲田も参加して
野菜作りをじっくり学びました。

まずは、営農センターの苗床のあるハウスにて、サツマイモの苗を選定

Photo_5

営農指導の小林さんに良い苗の選び方を教えていただきました。
品種はお馴染み“紅あずま”

まずは、JA Fresh Market 畑 にて初の野菜の苗を植え付け

Photo_6

この日は、枝豆、キュウリ、ナス、ズッキーニ、生姜、ピーマン、小松菜
を植えます。写真はズッキーニの苗

Photo_7 Photo_8

畑に敷いているのは「黒マルチ」というビニールシート
これがあるのと無いのでは大違い!
雑草から作物を守るスグレもの
なんともプロっぽくて、テンションがあがります。

このマルチに穴をあけて定植します。

手に持っているのが穴あけの道具、苗がすっぽり入るスグレモノ

Photo_9

そして、別の畑でサツマイモの定植

Photo_12 Photo_13

じゃがいもは種イモでしたが、サツマイモはツルを植え付けます。
二人とも芋掘り体験はありますが、定植は初めて
JA相模原市営農センターの皆さんに指導していただき
あっという間に定植完了。ありがとうございました。

Photo_14

近々野菜の収穫篇&料理篇をお送りします。

JA相模原市 のホームページは → こちら

来週6月18日は
「“すかなごっそ”Open!」(JAよこすか葉山)をお送りします。

2010年10月30日 (土)

秋の定番 サツマ掘り(10月30日放送)

今週は、相模原市を訪ね、秋の味覚、サツマイモをレポート。

Photo_9

場所は緑区の下九沢地区。
相模原では江戸時代からサツマイモ栽培が始り、
明治に入ってから一般人に普及しました。
当時サツマイモは高級な食材だったそうでうす。
昭和初期には、相模原台地に合う農産物として、一大生産物となりました。

今日お邪魔したのは
代々この地でサツマイモ栽培を続けていらっしゃる小俣さんの畑
さっそく、櫻井レポーターもサツマイモ掘りを体験。

Photo_10

ツルをかき分け、まるで宝探しのようにサツマイモをゲット。
童心にかえって、夢中になれる楽しいひと時。

Photo_11

こちらは、小俣さんご自慢のオレンジ芋
文字通り中はカボチャのように、オレンジ色
とても甘くて美味しいサツマイモです。

そして、JA相模原市、女性会のみなさんに、サツマイモ料理を作っていただきました。

Photo_12

メニューは…
サツマイモの蒸しパン(上左)
サツマイモに生クリームとバニラエッセンスを加え餃子の皮で包んで揚げたサモサ風(上右)
素揚げした定番人気のサツマイモスティック(手前)

おやつにピッタリ!どれもサツマイモの美味しさを存分に味わえる逸品です。

Photo_13

11月6日からJA相模原市各支店で「秋のJAまつり」が開催されます。

11月23日(火)祝日に開催される大沢支店のJAまつり に
このサツマイモメニューが登場するそうです。


JA相模原市 のホームページは → こちら

来週11月6日は「JAゴー号がやって来た!」(JAかながわ西湘)をお送りします。