fyb_switch_to_sp_js

JA津久井郡 Feed

2012年3月31日 (土)

初体験!しょうゆ絞り&きな粉作り(3月31日放送)

今週は、相模原市緑区千木良地域を訪ね
相模湖里山暮らしの会「ちーむゴエモン」の活動をレポート。
「ちーむゴエモン」とは、町単位で資源枯渇問題を考え、地域資源を活用し助け合い
生活する「トランジションタウン活動」を行っているグループです。

Photo_7

今回お話をうかがった「ちーむゴエモン」の高橋律さんは、
代々農家の家庭で育ち、信組を退職後、野菜の栽培を始め、後に農業の楽しさを
後世に伝えたいと、会のメンバーやその家族と津久井在来大豆や小麦を栽培
味噌・醤油造りにも挑戦しています。

Photo_8

ますは、高橋さんのお宅におじゃまして、醤油の醪(もろみ)を見せていただきました。
ビニールハウスの中に入ると、香ばしい醪の香りが

これが醪

Photo_9

そして、こんどは、津久井在来大豆を使ったきな粉作りを体験します。
津久井在来大豆は、元々ここ千木良地区生まれ!

Photo_10

鉄鍋でじっくり煎ったら

Photo_11

石臼で挽きます。
これはとても重くてたいへん

Photo_12

そしてこんどは餅つきを体験

Photo_13

労働のあとのごちそうはまた格別
津久井在来は砂糖を入れなくても甘く香り高く、
煎り立て、ひき立てのきな粉に
つき立てのお餅で、安倍川餅を…
なんと贅沢な美味しさなのでしょう!

Photo_14

そして、こんどは自家製醤油に、こだわりの地鶏卵でTKG!

Photo_15

卵かけご飯をいただきます。
ご飯もちーむゴエモンご自慢の古代米
この美味しさはなんと表現してよいか..

Photo_16

地域の資源を活かした生活によって
こんなにも美味しく豊かな恵みをいただけるのはすばらしいことです。
感謝していただきました。

Photo_17

相模湖里山暮らしの会「ちーむゴエモン」のホームページ→http://d.hatena.ne.jp/sagamiko/

JA津久井郡のホームページは→こちら

2011年11月12日 (土)

秋の体験シリーズ2ヤマイモ堀り(11月12日放送)

今週は先週に引き続き秋の収穫体験シリーズその2
相模原市緑区の中でも自然豊かな名倉地区で「ヤマイモ」を収穫します。

Photo

訪れたのは藤野園芸ランド
昨年、春のたけのこ掘りの時にレポートをお届けした場所です。
地元農家23戸で運営する体験観光農園です。

土に触れる楽しさと、地元農家のおもてなしに、リピーターの客様も多いとのこと

今回お世話になったのは、藤野園芸ランドの中の倉益園
ご主人で、藤野園芸ランド運営協議会会長をつとめられている倉田益男さんに
ヤマイモについて教えていただきました。

Photo_3

ヤマイモ掘りは今が旬で、「つくし棒」という専用の道具を使って
周りの土を崩しながら丁寧に掘って行きます。まるで遺跡の発掘作業のようです。
ヤマイモは傷つきやすいので丁寧に、根気のいる作業です。

Photo_4

そしてこんなに大きなヤマイモを収穫

Photo_5

ヤマイモはこのまま食べるより、天日で干して新聞紙で包み
少し寝かしてから食べるとより美味しいとのこと

さっそく倉田さんのお宅でヤマイモの千切りをいただきました。

Photo_7

こちらでは、甘酢と海苔をかけて食べさせていただきました。
わさび醤油とはまた違った美味しさにびっくりでした。

☆藤野園芸ランド
オープンは、9:00~16:00 
年中無休
藤野園芸ランド運営協議会 TEL 042-687-4087 

そして、名倉の隣街、旧津久井町の青根にドライブ
訪れたのは、青年草木館

Photo_8

こちらは地元の木材会社が町お越しの気持ちをこめて、オープンした施設
一歩中へ入ると木の香り漂う小さな道の駅といったスペース

Photo_9

入り口には地元農家から届けられる季節の野菜が並んでいました。

Photo_10

そして青年草木館ではも木工教室も開催されています。 店長の油井瑞樹さん

Photo_11

今回はバードコール作りにトライ

Photo_13

地元でとれた木片にドリルで穴をあけそこにボルトをねじ込んでできあがり

Photo_12

ボルトをまわすと、あら不思議、鳥のさえずりが……

Photo_14

上手くさえずるにはテクニックが必要です。

Photo_15

そして、草木館には居心地の良いカフェがあり、メニューも充実
中でもオススメは いなり寿司

Photo_16

地元の豆腐店の特性のあおあげを使っているのでフワフワの食感
美味でした。

青根草木館には 画家である店長の油井さん作、とっても素敵な水彩画のポストカードも有ります。

Photo_17

☆青根草木館
オープンは10:00〜18:00
定休日は毎週火曜日・第3月曜日(祝日の場合は営業)
電話番号は042-780-8437

JA津久井郡 のホームページは → こちら

来週11月19日は
「秋の体験シリーズ3キウイ狩り」(JAグループ神奈川)をお送りします。

2011年5月28日 (土)

相模湖町 初夏だより(5月28日放送)

今週は、相模原市緑区にある相模湖を訪ねます。

都会からもほど近く、フィッシングやボート遊び、キャンプやハイキングなど
大自然の中でレジャーが楽しめるお馴染みのエリアですね

Photo_7

相模湖は、人造湖なんです。
1947年、相模川をせき止めた、相模ダム完成とともに生まれた湖です。
湖畔には、整備された県立相模湖公園があり、湖を眺めたり
ボートを漕ぎだしてみたり..
ドライブ途中の憩いのひと時にぜひ立ち寄っていただきたい公園です。

Photo_8 Photo_9

ここ相模湖近くで、新鮮な露地野菜を販売する
「内郷農産物直売所」のメンバーのみなさんにお話をうかがいました。

Photo_10

こちらの直売所では、無農薬の露地野菜にこだわり
四季折々の野菜が旬の時期だけ販売されます。

メンバーの小野澤さんの畑を訪問、絹サヤがすくすく育っていました。

Photo_11

また内郷農産物直売所には「もこちゃん」と名付けられたメスの羊が飼われていて
直売所のアイドルとしてお客さんの人気者になっています。

内郷農産物直売所
毎週土・日 9:00~15:00オープン 
開催時期  4月~12月
問合せ電話番号 JA津久井郡 内郷支所 TEL 0426-85-0211


そして、再び相模湖畔へ
目の前に相模湖が広がる絶景のロケーションにある
公魚の里 清水亭さんを訪ねました。

Photo_12

相模湖が誕生した昭和22年創業という清水亭さん

こちらは、ワカサギや鮎などの川魚料理と
地元で採れた山菜料理で評判のお店

Photo_13

ご主人の清水一夫さんは、先代からの教えを守り
対岸の山へ入り、山菜の採取、保存を行っています。

こちらは、古くから受け継がれる、この地の伝統料理「相模のかて飯」

Photo_14

山菜などを混ぜ合わせた味わい深いご飯です。
手前は清水さん自ら収穫してきた山ウドときゃらぶき
特に山ウドは通好みの季節の逸品。酢味噌あえが爽やかな風味

そして、これから旬を迎える鮎

Photo_15

王道の鮎の塩焼きをいただきました。

今は、まるで、川を上って行くように形をつけた「上り鮎」という焼き方
秋近くになると、こんどは「下り鮎」という焼き方になるそうです。
季節によって、鮎の塩焼きの形も違うんですね。
風情があります。

鮎の塩焼き、お味はいうまでもありません。

腸のほろ苦さが大人の味です。

Photo_16

清水亭さんでは、これから真竹料理、秋には子持ち鮎
冬はワカサギ料理と季節によっていろいろな料理をいただくことができます。
相模湖に来たらぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

Photo_17


☆公魚の里 清水亭
アクセスは、JR中央線 相模湖駅から徒歩10分
お車では中央高速道 相模湖東ICから10分
電話番号は 042-684-3311

JA津久井郡 のホームページは → こちら

来週6月4日は
「相模湖町 初夏だより」(JAかながわ西湘)をお送りします。