fyb_switch_to_sp_js

JA田奈 Feed

2011年6月25日 (土)

小麦作りプロジェクト~収穫篇(6月25日放送)

JA Fresh Marketでは、現在いろいろな農作物作りを体験するプロジェクトを実施中
厚木でジャガイモ作り、相模原で多品目の野菜の植え付けを体験..
そして、昨年秋から行っている小麦作りプロジェクト

Photo

現在、遊休農地を利用して貴重な国産小麦作りを行っている
横浜市青葉区のJA田奈青壮年部のみなさんにご指導いただきながら
種まき、麦踏を体験..そして本日はいよいよ小麦の収穫です。

Photo_2

新緑の中に、まるで秋のような小麦色が不思議なコントラストを見せる麦畑
初夏をあらわす「麦秋」という季語の意味がよくわかります。

Photo_3

今回も櫻井レポーターとともに、DJ蒲田も参加して小麦の収穫を体験
ノコギリ状の鎌を使ってグイッと斜め手前に引っ張る…
要領は稲刈りと同じ

Photo_4

これは櫻井レポーターが根っこごと抜いてしまった図

Photo_5

広大な小麦を収穫するには、やはり大型コンバインのお世話に
これを操縦するのも、ベテランの技が光ります。

Photo_6

今回収穫した小麦は、1~2年寝かしてから製粉するとのこと
そこで、昨年の地粉で作った、田奈うどんを食べさせていただける
お店を教えていただきました。
そこは東急田園都市線の田奈駅近く、その名も居酒屋スタミナ田奈

Photo_7

この地で40以上続く、地元に愛される居酒屋さんであり
「よこはま地産地消サポート店」にも登録されています。

こちらが名物「スタミナ田奈うどん」

Photo_10

地場の旬の野菜がたっぷりトッピング
細目のうどんですが、強いコシと地粉の香りが特長。
味付けされ、旨みたっぷりの はまポークがアクセントに
お酒のシメにも最高の一皿です。

Photo_11

オーナーの橋本昇さんがJAの朝市で田奈うどんを見つけ
こしと風味がよかったので、素材の良さを生かしてシンプルな形で商品化
田奈うどんの特長は、「子どものころに食べた懐かしい味」と好評
原料の小麦は地元農家が丹精して育てた地粉100%
香りを生かそうとふすまの部分も入り色は若干茶色
これが独特の風味を作り出しています。

Photo_12

いまでは数少なくなった国産小麦も、静かな“地粉ブーム”に伴い
県内各地では遊休農地を活用した小麦作りがピンポイントで行われています。
JAの直売所では地粉を使ったパンや加工品が人気を集める一方
最近注目を集めている6次産業化、つまり農業・商業・工業が連携して
地元農産物を利用して新たに商品化する取り組みの起爆剤としても期待されています。
国産地粉の美味しさをぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

★スタミナ田奈
アクセス 東急田園都市線 田奈駅より改札を出て右のほうへ徒歩約1分
赤い提灯が目印。田奈駅から150m
オープンは17:00から23:00
お休み 日曜日
電話番号は 045-983-4573

Photo_13

JA田奈 のホームページは → こちら

来週7月3日は
「「彩子の農園日記~ジャガイモ収穫篇」(JAあつぎ)をお送りします。

2011年3月 5日 (土)

恵みの里の味噌づくり(3月5日放送)

今回は、味噌づくりを体験します。
手造り味噌の味はまた格別…
ぜひ一度は自分で作ってみたい日本の調味料です。

Photo_23 

お世話になったのは「田奈恵みの里」推進委員会「交流部会」が
地域住民を対象として毎年春に開催している味噌づくり教室です。

「恵みの里」とは、市民と"農”とのふれあいを通じて
地域ぐるみで農業と農地を残して、農のあるまちづくりを進めるための
横浜市の農業振興施策です。

Photo_8

味噌づくり教室は、とっても人気のあるプログラムで
今回は特別に櫻井レポーターも参加させていただきました。

今年は60名ほどが参加され
3日間にわたって味噌作りが行われました。

Photo_9

会場の外には、大きな鍋がずらっと並び
昔ながらの薪で大豆を茹でます。

Photo_10

味噌作りの材料は地元産(田奈産)
大豆はもちろんのこと、麹も地元「キヌヒカリ」を使用し
同委員会交流部会員が教室に先立ち造ったものを使用しているこだわり

茹でたての田奈産大豆は甘くて美味しく
茹で汁もとっても美味しく飲めます。

参加者同士、和気あいあいとした雰囲気で作業は進みます。

Photo_13 

茹であがった大豆を団扇で冷まし、麹と塩、煮汁を混ぜます。

Photo_14

ミートチョッパーで潰し、10㌔ずつ樽に詰めます。

Photo_15

そして、これがとっても重労働!
樽の底と縁に向かってギュッギュッと
全身の力を込めて押しこんでゆきます。

Photo_17 

この作業を怠るとカビの原因になるのでみな真剣

大汗をかきながら、一樽完成!

Photo_18

秋~冬ごろには食べごろを迎えます。
味噌は保管場所によって味が変わってしまうということで
どこで保管するかがポイント
風通しのいい日光に当たらない涼しい場所がベストとのこと
スノコの上に置くのがいいそうです。

樽詰め作業が終了したら、楽しい昼食

Photo_20

こちらでは昨年仕込みの味噌で作った豚汁が振舞われました。

Photo_21

地場産野菜たっぷりの豚汁は、まさに絶品!!!
手造り味噌の美味しさに感動しました。
お教室へのリピーターが多いのも納得です。

Photo_24

いまから秋が楽しみ、この手造り味噌を使った番組企画も計画中です。

JA田奈のホームページは → こちら

来週3月12日は
「彩子の農園日記~ジャガイモ篇」(JAあつぎ)をお送りします。

2011年1月29日 (土)

小麦作りプロジェクト~麦踏み篇(1月29日放送)

Photo_6

今週は、JA Fresh Market小麦作りプロジェクト
その続篇です。
Photo_8

昨年の秋にスタートした小麦作り
横浜市青葉区のJA田奈青壮年部のみなさんにご指導いただきながら
前回は種まきを体験いたしましが、
見事にその種が芽をだしていました。

Photo_9

今回はDJ蒲田も畑を訪れ
小麦作りでとても大切な作業だという、「麦踏み」を体験します。

Photo_10

現在は、そのほとんどが輸入に頼っているこむぎ小麦ですが
静かな“地粉ブーム”に伴い
県内各地では遊休農地を活用した小麦作りがピンポイントで行われています。

JAの直売所では地粉を使ったパンや加工品が人気を集める一方
最近注目を集めている6次産業化、つまり
農業・商業・工業が連携して地元農産物を利用して
新たに商品化する取り組みの起爆剤としても期待されています。
JA田奈青壮年部も昨年から小麦作りをスタート
地粉本来の風味が楽しめると評判の「田奈うどん」になりました。

Photo_11

さて、小麦作りプロジェクト
今回のミッションは、「麦踏」
文字通り、麦の芽を踏みつける作業です。

Photo_12

この麦踏によって、根を強くし、霜の対策にもなるとのこと
大切な作業なのです。

Photo_13

でもせっかく伸びてきた新芽を踏みつけるのはなんとも複雑な心境
まるでラインダンスのように、小刻みに踏みつけます。

そして、効率良く麦踏を行うには、なんとこのバギーに乗って
畑の中を走り回ります。

Photo_15

足やタイヤに踏みつけられながら、麦は丈夫に育つのです…涙

Photo_16

6月予定の収穫がいまから楽しみです。

JA田奈のホームページは → こちら

来週2月5日は
「新名物ジネンジ大山」(JAいせはら)をお送りします。

2010年12月 4日 (土)

小麦作りプロジェクト開始!(12月4日放送)

Photo_10

いろんな農作物作りにチャレンジするシリーズ第2弾!
今回は小麦を作ります。
小麦といえば、うどんやパン、パスタや中華めんなど
世界中で最も多く食されている穀物ですが、日本は輸入品に頼っているため
国産の小麦は、貴重な存在といえるのではないでしょか?

Photo_11

今週は、横浜市青葉区を訪ね
JA田奈青壮年部のみなさんにご指導いただきながら
小麦作りを体験しました。

Photo_12Photo_13 

グリーンシーダーという種蒔き機に小麦の種を装てんします。小麦は農林61号という品種

JA田奈青壮年部では
遊休農地の有効利用にと、昨年から小麦作りをスタート。
その小麦を製粉した地粉は、田奈うどんの原料になりました。
綺麗に耕され、肥料を施した畑にいよいよ小麦の種を蒔きます。

Photo_14

コンバインで刈り取ることを考慮し、できるだけまっすぐに種を蒔いて行きます。
初めての場合この作業だけでも結構疲れます。

はたして今回の小麦はしっかり育つことができるでしょうか?
地粉による美味しいうどんを夢見て、6月の収穫までシリーズで
レポートしてゆきます。乞うご期待!

JA田奈のホームページは → こちら

来週12月11日は「伝統の技 高座豚手作りハム」(JAグループ神奈川)をお送りします。