fyb_switch_to_sp_js

JA全農かながわ Feed

2012年3月 3日 (土)

春の使者スイートピー(3月3日放送)

Photo_3

今週は、寒川町を訪ね、春の風物詩スイートピーをレポート
寒川町を中心とした湘南のスイートピーは、かながわの名産100選にも選ばれ
春の新入学、就職のシーズンに出荷の最盛期を迎えます。

おじゃましたのは旭農園

Photo_4

100坪のハウスの中は、春爛漫!
色とりどりのスイートピーが咲き誇っていました。

Photo_5

案内していただいたのは生産者の福岡多江子さん

Photo_6

寒川、海老名、茅ヶ崎の湘南エリアは、日本でもっともスイートピー栽培の歴史が古く
福岡さんのお宅では約50年前お父さんの代からスイートピー栽培をはじめたとのこと。
寒川は大正時代からメロンの産地として知られ、その温室栽培の技術が
スイートピー作りに活かされています。

スイートピーはマメ科レンリソウ属の植物なのでツルが5メートルにもなります。

Photo_9

現在スイートピーは1000種類以上の園芸品種があると言われていますが、
神奈川県独自の品種も栽培。
吹きかけ模様が特徴の「リップルピーチ」「リップルショコラ」も神奈川オリジナル

Photo_10
Photo_11

そのほかダイアナ(ピンク色)・白・むらさき色のスイトピーも栽培しています。

福岡さんは、有機質(くん炭)を加えるなどして土作りに工夫し
元気なスイトピーを作ることにより、きれいな花を咲かせ、病気にかかりにくくしています。
Photo_21

 

旭農園のスイートピーは、主に直売所に出荷していて
JAさがみ直売所 わいわい市藤沢店や寒川店
一束、250円〜300円と、とってもリーズナブルな値段で人気があります。
最盛期にはJA湘南のあさつゆ広場・JAあつぎの夢未市
JAよこすか葉山のすかなごっそにも出しています。
また、全農のインターネット通販JAタウンで販売しています。

スイートピーの花言葉は「門出・優しい思い出・永遠の喜び」
春頃に咲く花なので、旅立ちや、入学のお祝い事にぴったりの花です。
ホワイトデーの贈り物にも最適ですね。

Photo_14

そして、福岡さんは、リース作りの達人でもあります。
クリスマスシーズンにわいわい市に置いたところ人気商品となりました。
そこで早速リース作りを教えていただきました。

Photo_15

素材は材料:シダーローズ(ヒマラヤスギの実)・つた・まつぼっくり・つばきの実
しゃらの実など 、好きな実をアレンジ 

Photo_16
Photo_17

グルーガンという接着器で付けてゆきます。
全体のバランスとセンスが要求される作業です。

Photo_18

そして、完成!

Photo_19

控えめだけど、いい感じに仕上がっています。
このリースに季節の草花や、貝殻などをアレンジしてもキレイです。

JA全農かながわ のホームページは → こちら

来週3月10日は
「祝!国際共同組合年(JA中央会)」をお送りします。

2012年2月25日 (土)

YOKOHAMA地産地消ドーナツ(2月25日放送)

今週は、横浜市を訪ね
地場産農畜産物を取り入れたドーナツをレポート。

Photo

これは、油で揚げないヘルシーなドーナツ。
地場産の卵との出会いによって、美味しいドーナツが誕生したとのこと。
どんドーナツなのでしょうか?

まずはJA横浜・南万騎が原農産物直売所「ハマッ子」へ

Photo_2
Photo_3

ここでそのドーナツが売ってます。
それはナタスナタスというドーナツ

Photo_4

まずは、ドーナツの味の決め手、卵を求めて旭区の水郭園へ
ここは釣り堀のある直売所

Photo_5

水郭園ご主人、山田欽吾さん

Photo_6

鶏の品種はボリスブラウンとノボブラウン
鶏舎で平飼い、自然産卵にこだわっています。
ブランド名は「あさひ地卵」
南万騎が原農産物直売所「ハマッ子」
瀬谷農産物直売所「ハマッ子」、メルカートつおか にて販売

そしてNATAS natas 横浜中田店へ

Photo_7

店長の小山幸也さん

Photo_8

安全・安心を第一に、地場産農畜産物を取り入れ
油で揚げないヘルシーなドーナツ。
砂糖はきび糖を使用。ベジタブルドーナツはバターの代わりに
オリーブオイルを使うので、子どもでも食べられます。
ドーナツは卵で味が大きく変化しますが、水郭園の赤玉を使用したところ
味が濃く、求める味が出せたのこと。
卵以外にも、旬の果物や野菜を生地に練り込んだ商品も
レギュラー商品の他、季節限定商品が6~7品ほど販売。
2月は泉区産のイチゴを使ったドーナツが人気。

Photo_9

NATAS natas ホームページ → http://natas-natas.co.jp/
JA横浜 のホームページは → こちら

来週3月3日は
「寒川のスイートピー(JA全農かながわ)」をお送りします。

2011年12月24日 (土)

美味しい焼き肉の秘密(12月24日放送)

今日は美味しい焼肉を紹介します。

Dscn2703

まずはは品川駅へ
Photo_3

品川駅の港南口から徒歩3分のところにある
知る人ぞ知る、焼肉店「焼肉本舗ぴゅあ 品川フロントビル店」を訪ねます。
きれいなオフィスビルの2階にあるこのお店
まずはこの暖簾がインパクト大!

Photo_4

こちら「焼肉本舗ぴゅあ」はJA全農ミートフーズ直営の焼肉店
JA全農ミートフーズ(株)とは、全国のJA産地を通じで出荷された
畜産物を取り扱う、国産畜産物NO.1シェアの会社です。

全国のJA産地から届けられる新鮮で安心な国産牛をお手頃価格でいただけると
評判です。

Photo_9

品川フロントビル店は、3店目の直営店として、昨年12月にオープン
カジュアルでモダンな店内はとても落ち着いた雰囲気

「焼肉本舗ぴゅあ」もちろん、すべて国産のお肉、お野菜を使っています。
さっそくご用意いただいたのは、カルビ、上ハラミ、和牛カルビ、厚切りタン塩

Dscn2687

今村店長みずから特別にお肉を焼いてもらいました。

Photo_5

とにかく新鮮な上質なお肉は、さっとあぶるだけでOK
味もついているのでタレ無しでも美味しくいただけます。

Photo_6

<<<<<耳寄りなお知らせ>>>>>

エフエム横浜を聴いたというと、来年1月いっぱい
和牛カルビ一皿プレゼントしていただけるそうです!!!!
太っ腹!!

Photo_7

ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

Photo_8

☆ 焼肉本舗ぴゅあ 品川フロントビル店

営業時間は ランチ 11:00〜15:00
    ディナー16:00~23:00
お休みは  日・祝
アクセスは JR品川駅 港南口 徒歩3分
お問い合わせ電話番号は 03-6710-4129 

JA全農かながわ のホームページは → こちら

来週12月31日は
「高嶺ルビーで年越しそば」(JAかながわ西湘)をお送りします。

2011年5月 7日 (土)

ハイウエイグルメ in 東名(5月7日放送)

今週は、東名高速道路の下り、港北PAと海老名SAを訪ね
神奈川県産にこだわったグルメレポートをお届けします。
地産地消をキーワードに
「高速道路でしか味わえない味」がいま評判を呼んでいます。

まずは、港北PAからスタート

Photo

リニューアルオープンして、フードコートが充実した港北PA
入口には、地元神奈川の新鮮野菜を直売していました。

Photo_2

下りということもあり、東京土産、神奈川土産も充実しています。
そして、特にトラックドライバーに人気のスナックコーナー、横濱亭

Photo_3

こちらでは、横浜産のブランド豚「はまぽーく」を使った
「横浜フランク」と「はまぽーく肉まん」が人気

Photo_4

櫻井レポーターもさっそく注文

Photo_5

「横浜フランク」は天然岩塩を使用、ジューシーで良質な肉の甘みが広がる逸品
そして、大型で中には餡がたっぷり詰まった「はまぽーく肉まん」は
かなりのクオリティ!中華街にも負けません!

神奈川県はコンビニや高速道路会社などと連携し
県産農産物の売り込みを強化しています。
消費者の地産地消への関心が高まっていることに対応し
官民連携で県産品を使った食品などを開発しています。

続いて訪ねたのは海老名SA(下り)

Photo_6

休日には3万人ものお客様が立ち寄る日本最大のサービスエリアです。
4月にリニューアルオープンし、フードコートが充実

Photo_7

東名高速道路のSA、PAを管理運営している中日本エクシス(株)の
木村さんに案内していただき、海老名SAの和風レストラン「海鮮三崎港」へ

Photo_8

こちらでは、神奈川産の食材にこだわった「神奈川御膳」をいただきました。

Photo_9

「神奈川御膳」は中日本エクシス(株)がメニュー提案
食材の供給は、県とJAグループが連携し
かながわブランド品の消費拡大を目的とした組織
「かながわブランド振興協議会」が後援している、自慢の逸品

Photo_10

鯵の押し寿司に神奈川の新鮮野菜を使った天ぷらに煮もの、高座豚の味噌焼き
腰越産しらすのサラダ..他 神奈川の旬の味が集まった華やかな御膳です。

Photo_11

海鮮三崎港店長の鳥谷部さん

Photo_12

さらに進化し続けている東名高速道路のSA、PAぜひ立ち寄ってみてください。

JA全農かながわ のホームページは → こちら

来週5月14日は
「新緑 ぶらり大野山」(JAグループ神奈川)をお送りします。

2011年4月 9日 (土)

1日3食パールライス(4月9日放送)

今週は、お米の話題

JA全農の精米工場、「全農パールライス東日本株式会社 神奈川精米工場」を訪ねました。

17

こちらの工場は東日本に7か所ある精米工場の1つで平成13年に竣工
ここで精米されたパールライスは、全農安心システムの認証を取得しています。
文字通り、安全安心なパールライスのお米はどのように磨かれ、
美味しくいただくことが出来るのか?
じっくりとレポートしました。

精米工場でパールライスができる工程とは?

2_2 3

工場へ入庫した原料玄米はトラック単位にサンプリングし外観、臭いを確認し
原料玄米として使用可能かどうか判断します。

4

30kg紙袋や1トン袋(フレキシブルコンテナーバック)で入荷した原料玄米を
工場生産ラインへ投入します。

原料玄米に混入している異物は比重選別機を用い、玄米より比較的比重の軽い籾がら
紙・ひも類を取り除きます。また、小石などの粒より重い異物も取り除きます。

精選した原料玄米をとう精(精米加工)します。
玄米から精米にするとても大事な工程です。

21

9

神奈川工場では次行程へ搬送するため、空気搬送を工程に多く使用しています。
空気搬送は密閉したパイプの中を米が搬送されるので異物が入らないなどの
利点があります。

7

生産途中で米粒が割れたものや糠の塊等を網目ふるいでふるい取ります。
また、“着色粒”といって米の害虫等の食害にあった一部変色した米粒を
色彩選別機(CCDカメラ内蔵)で選別除去し精選します。

精米タンクから精米を取り出し、包装機で計量して5kg等の容器へ袋詰めします。

10

神奈川ブランドのパールライスを発見

12

そしてこちらは、新発売の牛乳パック形状の「パールライスカートン」

Pc_jpg

冷蔵庫に保存できるサイズ。そして、エコな無洗米を使用
目からウロコのアイデア商品ですね。

16

そして、美味しく炊いていただいた

新潟産コシヒカリと神奈川県産キヌヒカリを試食

お米本来の美味しさを再確認しました。

全農パールライス東日本株式会社 ホームページ→ http://www.zpr-e.co.jp/

JA全農かながわ のホームページは → こちら

来週4月16日は
「春の愛川町タケノコ掘り」(JA県央愛川)をお送りします。

2010年10月 9日 (土)

全農直営店グルメレポート(10月9日放送)

今週はいつもの神奈川を離れ、東京のど真ん中。
JA全農直営のレストランをグルメレポートです。
まず最初に訪れたのは、9月11日にリニューアルオープンして
話題の銀座三越内に同時オープンした、「みのる食堂」をレポート。

1009_2_2

場所は、今回のリニューアルオープンによって新設された「銀座テラス」。
国内外のお洒落なカフェやレストランが並んでいて、いま銀座の中でも最も注目エリアです。
「みのる食堂」は、日本の農畜産物を知り尽くしたJA全農と、
数々のスタイリッシュなcafeをプロデユースし
街に集いの場を創り続けてきたカフェ・カンパニーが手を組んだ
カジュアルレストラン。

高級店ブランドが並ぶ銀座三越の中で、あえて「食堂」と銘打っている感じが、ステキです。
お話を伺ったのは、MINORI MINORU PROJECT リーダー 小里司さん
左の女性は カフェ・カンパニー(株)の伊原志津子さん

1009_6_2

「みのる食堂」では東京近郊で栽培された野菜を中心とした旬の食材を
日本人に馴染みのある和洋食のメニューで味わえます。


 お昼は、ご飯のすすむ自慢の惣菜をはじめとした定食メニューが数種類。
お茶の時間には、ほっと一息つく甘いものを
夜はちょっと一杯にぴったりのアラカルトメニューが揃います。

料理にあう国産ワインやビールも充実しているとのこと。
「みのる食堂」のコンセプトは「産む人=生産者」「活かす人々」が
収穫の喜びを分かち合い
みんなでおいしくいただいて「ありがとう」の気持ちを交し合う場所。


食材選びはJAとJA全農で地域農業の担い手をサポートするTAC(タック)が参加。
(全国の田んぼや畑の本当においしいものを探して生活者に紹介してくれる食材探しのプロフェッショナル。)

みのる食堂ご自慢の逸品をいただきました。



「鶏味噌漬けと香味野菜のどんぶり」

1009_1_2


東京でもこんなに素晴らし野菜が育っていることに感激!
色とりどりの採れたて新鮮野菜は、他では味わえない美味しさ。

1009_5_2

☆みのる食堂
営業時間 11:00~23:00(L.O. food22:00/drink 22:30)
場所は銀座三越9階 銀座テラス内
電話番号 03-5524-3128
ホームページ → http://www.minoriminoru.jp/diner.html




JA全農直営レストラン、グルメレポート
続いては
大手町オフィス街のど真ん中にあるフレンチレストラン「ラ・カンパーニュ」 

フランス語でカンパーニュは、田園や田舎という意味
全国のJAなどから取り寄せた新鮮で美味しい素材を使用。
JA全農が直営する、いわば、日本農業の「ショーケースレストラン」
日本の食材とフレンチの技の融合が楽しめます。

広尾の名店「プティ・ポワン」オーナーシェフの北岡尚信シェフがメニューアドバイス。

この日いただいたのは、人気メニューの「野菜たっぷりタジン釜」

1009_10

いま静かなブームになっている「タジン釜」とは
水が貴重な砂漠の国モロッコで生まれた釜料理。

あつあつの蒸し焼き野菜をミネラルたっぷりの花塩とアボガドオイルや
くるみオイルでいただく。
新鮮野菜本来の旨みをたっぷりと味わえる逸品。まずは塩でいただくのがオススメ。

1009_11

☆「ラ・カンパーニュ」スペシャルイベント情報
  山形県「月山ワイン 山ブドウ研究所」の醸造家をゲストに迎え
  山形県のワインについてセミナーを開催。
  希少な素材を取り入れた山形スペシャルメニューと
  山形ワインのコラボをお楽しみいただきます。
  ○開催日  10月19日(火) 19:00~
  ○料 金  7,000円 
   ◇スペシャルコースメニュー4皿「前菜・リゾット・メインディッシュ・デザート」
   ◇厳選ワイン4種
  ○定員   30名


1009_12
(お話をうかがった、マネージャーの安藤千里さんと)

☆ラ・カンパーニュ
  営業時間 11:30~22:00   
  定休日  日・祝日
  アクセス  都営地下鉄「大手町駅」 C2b直結
  東京メトロ東西線「竹橋駅」4番出口より徒歩2分
  電話番号 03-5293-1171
  ホームページ → http://www.ja-campagne.com/



JA全農かながわのホームページは → こちら


来週10月16日は「秘伝 直売所が作るドレッシング」(JAはだの)をお送りします。