fyb_switch_to_sp_js

« 地産地消の仕事人(3月17日放送) | メイン | 初体験!しょうゆ絞り&きな粉作り(3月31日放送) »

2012年3月24日 (土)

希少品 伊勢原のウド(3月24日放送)

今週は、伊勢原市を訪ね、シャリシャリッとした食感と
その独特な香りが、春の訪れを感じさせる独活(ウド)をレポートします。

Photo_10

訪ねたのは、25年ほど前からウド栽培に取り組む前田良太郎さん
この穴の下に、ウドを栽培している地下室(ムロ)があります。
深さ4メートル。前田さんは奥様と二人でこの穴を掘りました。

Photo_11

特別に室の中を見せていただきます。
まるで地底探検の気分です。

Photo_12

そして、そこで見た物は…
ライトに怪しく光る、白い物体!!!

Photo_13

日光を浴びると緑色になるウドを
地下室の光のあたらない場所で育てることによって
白く柔らかい、軟化ウドが出来ます。

Photo_14

前田さんのウドも今年は寒さの影響で出荷が10日ほど遅れているとのこと
4月いっぱいまでJAいせはらの「いせはら農産物直売センター」に出荷されます。

Photo_15

その美味しいウドを前田さんの奥様に料理していただきました。

Photo_16

ウドのきんぴらにウドの天ぷら、酢みそ和え..
ウドのフルコースです。

Photo_17

新鮮なウドは灰汁が無く、皮のまま食べられます。

シャリシャリ、シャキシャキ!!
春を呼ぶ、ウドの美味しさを堪能させていただきました。

遠くに見えるは、霊峰大山 明るく元気な前田さんファミリーです。

ありがとうございました。

Photo_19

JAいせはら のホームページは → こちら

来週3月31日は
「初体験!しょうゆ絞り(JA津久井郡)」をお送りします。

コメント

ウドを地下で作るのは知ってたんですけど日に当てると硬くなってしまうからなんですね(^O^)新鮮な物は、くせも無くて美味しそうでしたね〜♪う〜ん、春が始まってる感じがしますね☆

>厚木のマコチンさま
取材史上一番深くまで潜った気がします。大変な作業でおいしいウドが出来るのですね。とっても美味しかったです!やはりお母さんのつくる料理は最高です!

コメントを投稿