fyb_switch_to_sp_js

« 春の使者スイートピー(3月3日放送) | メイン | 地産地消の仕事人(3月17日放送) »

2012年3月10日 (土)

祝!国際共同組合年(3月10日放送)

今週は、横浜市金沢区の神奈川県漁連直営食堂 ”ぎょれん市場” を訪ねます。

Photo_2

番組では、いままで農産物を中心に紹介してきましたが
漁業協同組合関連のレポートというのは初めて。
1986年、に神奈川県では協同組合間の連携を強化することを目的に
農協・漁協・生協の3団体で「神奈川県協同組合提携推進協議会」が発足
以来、商品開発や農産物の産地間提携を中心に連携してきました。

さらに今年、2012年は国連が定めた国際協同組合年にあたります。
知ってましたか?
まあ、そんなこともあり、同じ協同組合である神奈川県漁連直営食堂
その名も「ぎょれん市場」をレポートします。

Photo_3

海をイメージしたのか。真っ青な建物に、店内は食堂というよりも
おしゃれなレストラン。間接照明が落ち着いた大人のムードを演出

近海ものはもちろん、日本全国から毎日届く新鮮な魚介類を料理長の榊直也さんが
多国籍料理にアレンジ。毎日魚種にあわせてメニューが替わります。

Photo_4

この日のメニューから3品いただきました。
まずは8種類の鮮魚を盛りつけた、カルパッチョ
中でも、脂の乗りきった金目鯛、寒鰤、青森産の本鱒が最高でした。

Photo_5

そして、春の貝類のプリマベーラ

ホタテ、アサリ、ツブ貝、ホタルイカなど魚介類と、春キャベツ、筍、わかめなど、
春の食材を蒸し焼きにした一品。貝類のうまみが春キャベツにしみ込んでいます。
春の味を満喫!

Photo_6

放送ではお伝えできなかった、イサキのポワレ
皮目はパリパリ、実はふっくら、こちらも春が旬の魚です。
トマトと春キャベツのソースを付けていただきます。

Photo_7

こちら「ぎょれん市場」は神奈川県産、そして全国の美味しいお魚を広く認知して
いただくためにオープンした食堂です。ぜひ美味しい魚介類を堪能してください。

Photo_8

☆ 神奈川県漁連直営の食堂 ぎょれん市場
アクセスは、横浜新都市交通金沢シーサイドライン、南部市場駅から徒歩1分
ランチは11:00~14:00(L.O13:30) 
ディナーは、 水~土(日)17:30~22:30(L.O21:30)
ただし日曜日は不定期。
年末年始以外は年中無休です。
電話番号は045-353-8820

JA中央会 のホームページは → こちら

来週3月17日は
「地産地消の仕事人(JAグループ神奈川)」をお送りします。

コメント

魚市場の食堂という固定概念が180度変わりましたねf^_^;新鮮な物が揃ってますからね味は文句なしでしょ!今度近くん通ったら、場所を確認したいと思いま〜す☆

>厚木のマコチンさま
食堂と聞いていたので、おしゃれなレストランでびっくりしましたwww
盛りつけも綺麗で、目でも味でも満足の料理でした。ぜひお試しください!

コメントを投稿