fyb_switch_to_sp_js

« 祝!国際共同組合年(3月10日放送) | メイン | 希少品 伊勢原のウド(3月24日放送) »

2012年3月17日 (土)

地産地消の仕事人(3月17日放送)

Photo_6

今週は、横浜市が主催する地産地消推進人材育成講座
「はまふぅどコンシェルジュ講座」の一期生として活躍する一方
平成21年度には農水省が選定する「地産地消の仕事人」に認定され
地元横浜の野菜や畜産物を使った様々なメニューを提案されている
椿直樹さんにスポットをあてます。

Photo_7
Photo_8

椿さんが、今年の2月にオープンした横浜市営地下鉄「高島町駅」からすぐの
串焼きホルモンと地元野菜の店「横浜うたげや ど根性ホルモン」を訪ねます。

椿さんは、以前勤めていた横浜の焼肉店、天山料理長時代から
地場野菜の魅力を幅広く伝えるため「横浜野菜推進委員会」を設立し
地場野菜を使用した消費者対象の講座・料理教室を開催
地場野菜の収穫体験や情報提供を行うとともに、地場野菜やはまぽーくを使った
新メニューの提案をしていました。

新天地となった、「横浜うたげや ど根性ホルモン」では
大人気ホルモンとともに横浜地場野菜をたっぷり食べられるメニューを開発
この日はこの2品をいただきました。

Photo_9

保土ヶ谷区の生産者苅部さんの大根を使った
「苅部大根とフォアグラの味噌ステーキ」

しっかりとした大根の味が、濃厚なフォアグラに負けていません。
なんと贅沢な一品でしょう。

Photo_10

塩モツ煮
牛テールのスープを使った白いモツ煮込み。
旨い!に決まってます!ぜひピリ辛モツ煮と食べ比べてください。

Photo_11

1ヶ月10,000円の「定期券」を買うと、フリードリンク・フリーフードで
1ヶ月間何回来店してもOKとこちらも超お得。(大丈夫?)

そして、椿さん自ら、横浜野菜のおいしさを伝授してくれる
「ど根性ホルモン 地産地消料理教室」に参加
Photo_12

この日は小松菜を使った料理を教えてくただきました。
小松菜は保土ヶ谷区西谷産。鮮度が違います。

Photo_13

小松菜と雑魚のどんぶりと、小松菜のオムレツ作りを体験

Photo_14

料理によって、野菜の可能性がどんどん広がって行く事を知る。

Photo_15

☆横浜うたげや ど根性ホルモン
営業時間 17:00~23:00
定休日 日・第3月曜
アクセスは横市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」から86m
電話番号は、045-320-3077

JAグループ神奈川 のホームページは → こちら

来週3月24日は
「希少品 伊勢原のウド(JAいせはら)」をお送りします。

コメント

ど根性ホルモン、インパクトある名前ですよねf^_^;それなのに野菜にも詳しい。小松菜を生で食べた事はないですね。シャキシャキしてるって連呼してましたよね〜体感してみたい(^O^)/

>厚木のマコチンさま
はい、ちょっと骨太な名前ですねwww
小松菜生食は感動のお味でした。新鮮じゃないと無理!ぜひ地元の朝採り小松菜でお試しあれ!

コメントを投稿