fyb_switch_to_sp_js

« 2012年2月 | メイン

2012年3月

2012年3月31日 (土)

卒業

毎週、神奈川生まれの農産物の魅力を様々な角度から紹介してきた
櫻井彩子さんと蒲田健さんは今日で卒業します。

Photo_18

地産地消を理解し実践されているリスナーの方が
この4年間でとても増えたと実感しています。
皆様からたくさんの励ましのメールもいただきました。
いつか、またどこかでお逢いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

卒業式(打ち上げ)は肉三昧でした..

Photo_19

再见!

初体験!しょうゆ絞り&きな粉作り(3月31日放送)

今週は、相模原市緑区千木良地域を訪ね
相模湖里山暮らしの会「ちーむゴエモン」の活動をレポート。
「ちーむゴエモン」とは、町単位で資源枯渇問題を考え、地域資源を活用し助け合い
生活する「トランジションタウン活動」を行っているグループです。

Photo_7

今回お話をうかがった「ちーむゴエモン」の高橋律さんは、
代々農家の家庭で育ち、信組を退職後、野菜の栽培を始め、後に農業の楽しさを
後世に伝えたいと、会のメンバーやその家族と津久井在来大豆や小麦を栽培
味噌・醤油造りにも挑戦しています。

Photo_8

ますは、高橋さんのお宅におじゃまして、醤油の醪(もろみ)を見せていただきました。
ビニールハウスの中に入ると、香ばしい醪の香りが

これが醪

Photo_9

そして、こんどは、津久井在来大豆を使ったきな粉作りを体験します。
津久井在来大豆は、元々ここ千木良地区生まれ!

Photo_10

鉄鍋でじっくり煎ったら

Photo_11

石臼で挽きます。
これはとても重くてたいへん

Photo_12

そしてこんどは餅つきを体験

Photo_13

労働のあとのごちそうはまた格別
津久井在来は砂糖を入れなくても甘く香り高く、
煎り立て、ひき立てのきな粉に
つき立てのお餅で、安倍川餅を…
なんと贅沢な美味しさなのでしょう!

Photo_14

そして、こんどは自家製醤油に、こだわりの地鶏卵でTKG!

Photo_15

卵かけご飯をいただきます。
ご飯もちーむゴエモンご自慢の古代米
この美味しさはなんと表現してよいか..

Photo_16

地域の資源を活かした生活によって
こんなにも美味しく豊かな恵みをいただけるのはすばらしいことです。
感謝していただきました。

Photo_17

相模湖里山暮らしの会「ちーむゴエモン」のホームページ→http://d.hatena.ne.jp/sagamiko/

JA津久井郡のホームページは→こちら

2012年3月24日 (土)

希少品 伊勢原のウド(3月24日放送)

今週は、伊勢原市を訪ね、シャリシャリッとした食感と
その独特な香りが、春の訪れを感じさせる独活(ウド)をレポートします。

Photo_10

訪ねたのは、25年ほど前からウド栽培に取り組む前田良太郎さん
この穴の下に、ウドを栽培している地下室(ムロ)があります。
深さ4メートル。前田さんは奥様と二人でこの穴を掘りました。

Photo_11

特別に室の中を見せていただきます。
まるで地底探検の気分です。

Photo_12

そして、そこで見た物は…
ライトに怪しく光る、白い物体!!!

Photo_13

日光を浴びると緑色になるウドを
地下室の光のあたらない場所で育てることによって
白く柔らかい、軟化ウドが出来ます。

Photo_14

前田さんのウドも今年は寒さの影響で出荷が10日ほど遅れているとのこと
4月いっぱいまでJAいせはらの「いせはら農産物直売センター」に出荷されます。

Photo_15

その美味しいウドを前田さんの奥様に料理していただきました。

Photo_16

ウドのきんぴらにウドの天ぷら、酢みそ和え..
ウドのフルコースです。

Photo_17

新鮮なウドは灰汁が無く、皮のまま食べられます。

シャリシャリ、シャキシャキ!!
春を呼ぶ、ウドの美味しさを堪能させていただきました。

遠くに見えるは、霊峰大山 明るく元気な前田さんファミリーです。

ありがとうございました。

Photo_19

JAいせはら のホームページは → こちら

来週3月31日は
「初体験!しょうゆ絞り(JA津久井郡)」をお送りします。

2012年3月17日 (土)

地産地消の仕事人(3月17日放送)

Photo_6

今週は、横浜市が主催する地産地消推進人材育成講座
「はまふぅどコンシェルジュ講座」の一期生として活躍する一方
平成21年度には農水省が選定する「地産地消の仕事人」に認定され
地元横浜の野菜や畜産物を使った様々なメニューを提案されている
椿直樹さんにスポットをあてます。

Photo_7
Photo_8

椿さんが、今年の2月にオープンした横浜市営地下鉄「高島町駅」からすぐの
串焼きホルモンと地元野菜の店「横浜うたげや ど根性ホルモン」を訪ねます。

椿さんは、以前勤めていた横浜の焼肉店、天山料理長時代から
地場野菜の魅力を幅広く伝えるため「横浜野菜推進委員会」を設立し
地場野菜を使用した消費者対象の講座・料理教室を開催
地場野菜の収穫体験や情報提供を行うとともに、地場野菜やはまぽーくを使った
新メニューの提案をしていました。

新天地となった、「横浜うたげや ど根性ホルモン」では
大人気ホルモンとともに横浜地場野菜をたっぷり食べられるメニューを開発
この日はこの2品をいただきました。

Photo_9

保土ヶ谷区の生産者苅部さんの大根を使った
「苅部大根とフォアグラの味噌ステーキ」

しっかりとした大根の味が、濃厚なフォアグラに負けていません。
なんと贅沢な一品でしょう。

Photo_10

塩モツ煮
牛テールのスープを使った白いモツ煮込み。
旨い!に決まってます!ぜひピリ辛モツ煮と食べ比べてください。

Photo_11

1ヶ月10,000円の「定期券」を買うと、フリードリンク・フリーフードで
1ヶ月間何回来店してもOKとこちらも超お得。(大丈夫?)

そして、椿さん自ら、横浜野菜のおいしさを伝授してくれる
「ど根性ホルモン 地産地消料理教室」に参加
Photo_12

この日は小松菜を使った料理を教えてくただきました。
小松菜は保土ヶ谷区西谷産。鮮度が違います。

Photo_13

小松菜と雑魚のどんぶりと、小松菜のオムレツ作りを体験

Photo_14

料理によって、野菜の可能性がどんどん広がって行く事を知る。

Photo_15

☆横浜うたげや ど根性ホルモン
営業時間 17:00~23:00
定休日 日・第3月曜
アクセスは横市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」から86m
電話番号は、045-320-3077

JAグループ神奈川 のホームページは → こちら

来週3月24日は
「希少品 伊勢原のウド(JAいせはら)」をお送りします。

2012年3月10日 (土)

祝!国際共同組合年(3月10日放送)

今週は、横浜市金沢区の神奈川県漁連直営食堂 ”ぎょれん市場” を訪ねます。

Photo_2

番組では、いままで農産物を中心に紹介してきましたが
漁業協同組合関連のレポートというのは初めて。
1986年、に神奈川県では協同組合間の連携を強化することを目的に
農協・漁協・生協の3団体で「神奈川県協同組合提携推進協議会」が発足
以来、商品開発や農産物の産地間提携を中心に連携してきました。

さらに今年、2012年は国連が定めた国際協同組合年にあたります。
知ってましたか?
まあ、そんなこともあり、同じ協同組合である神奈川県漁連直営食堂
その名も「ぎょれん市場」をレポートします。

Photo_3

海をイメージしたのか。真っ青な建物に、店内は食堂というよりも
おしゃれなレストラン。間接照明が落ち着いた大人のムードを演出

近海ものはもちろん、日本全国から毎日届く新鮮な魚介類を料理長の榊直也さんが
多国籍料理にアレンジ。毎日魚種にあわせてメニューが替わります。

Photo_4

この日のメニューから3品いただきました。
まずは8種類の鮮魚を盛りつけた、カルパッチョ
中でも、脂の乗りきった金目鯛、寒鰤、青森産の本鱒が最高でした。

Photo_5

そして、春の貝類のプリマベーラ

ホタテ、アサリ、ツブ貝、ホタルイカなど魚介類と、春キャベツ、筍、わかめなど、
春の食材を蒸し焼きにした一品。貝類のうまみが春キャベツにしみ込んでいます。
春の味を満喫!

Photo_6

放送ではお伝えできなかった、イサキのポワレ
皮目はパリパリ、実はふっくら、こちらも春が旬の魚です。
トマトと春キャベツのソースを付けていただきます。

Photo_7

こちら「ぎょれん市場」は神奈川県産、そして全国の美味しいお魚を広く認知して
いただくためにオープンした食堂です。ぜひ美味しい魚介類を堪能してください。

Photo_8

☆ 神奈川県漁連直営の食堂 ぎょれん市場
アクセスは、横浜新都市交通金沢シーサイドライン、南部市場駅から徒歩1分
ランチは11:00~14:00(L.O13:30) 
ディナーは、 水~土(日)17:30~22:30(L.O21:30)
ただし日曜日は不定期。
年末年始以外は年中無休です。
電話番号は045-353-8820

JA中央会 のホームページは → こちら

来週3月17日は
「地産地消の仕事人(JAグループ神奈川)」をお送りします。

2012年3月 3日 (土)

春の使者スイートピー(3月3日放送)

Photo_3

今週は、寒川町を訪ね、春の風物詩スイートピーをレポート
寒川町を中心とした湘南のスイートピーは、かながわの名産100選にも選ばれ
春の新入学、就職のシーズンに出荷の最盛期を迎えます。

おじゃましたのは旭農園

Photo_4

100坪のハウスの中は、春爛漫!
色とりどりのスイートピーが咲き誇っていました。

Photo_5

案内していただいたのは生産者の福岡多江子さん

Photo_6

寒川、海老名、茅ヶ崎の湘南エリアは、日本でもっともスイートピー栽培の歴史が古く
福岡さんのお宅では約50年前お父さんの代からスイートピー栽培をはじめたとのこと。
寒川は大正時代からメロンの産地として知られ、その温室栽培の技術が
スイートピー作りに活かされています。

スイートピーはマメ科レンリソウ属の植物なのでツルが5メートルにもなります。

Photo_9

現在スイートピーは1000種類以上の園芸品種があると言われていますが、
神奈川県独自の品種も栽培。
吹きかけ模様が特徴の「リップルピーチ」「リップルショコラ」も神奈川オリジナル

Photo_10
Photo_11

そのほかダイアナ(ピンク色)・白・むらさき色のスイトピーも栽培しています。

福岡さんは、有機質(くん炭)を加えるなどして土作りに工夫し
元気なスイトピーを作ることにより、きれいな花を咲かせ、病気にかかりにくくしています。
Photo_21

 

旭農園のスイートピーは、主に直売所に出荷していて
JAさがみ直売所 わいわい市藤沢店や寒川店
一束、250円〜300円と、とってもリーズナブルな値段で人気があります。
最盛期にはJA湘南のあさつゆ広場・JAあつぎの夢未市
JAよこすか葉山のすかなごっそにも出しています。
また、全農のインターネット通販JAタウンで販売しています。

スイートピーの花言葉は「門出・優しい思い出・永遠の喜び」
春頃に咲く花なので、旅立ちや、入学のお祝い事にぴったりの花です。
ホワイトデーの贈り物にも最適ですね。

Photo_14

そして、福岡さんは、リース作りの達人でもあります。
クリスマスシーズンにわいわい市に置いたところ人気商品となりました。
そこで早速リース作りを教えていただきました。

Photo_15

素材は材料:シダーローズ(ヒマラヤスギの実)・つた・まつぼっくり・つばきの実
しゃらの実など 、好きな実をアレンジ 

Photo_16
Photo_17

グルーガンという接着器で付けてゆきます。
全体のバランスとセンスが要求される作業です。

Photo_18

そして、完成!

Photo_19

控えめだけど、いい感じに仕上がっています。
このリースに季節の草花や、貝殻などをアレンジしてもキレイです。

JA全農かながわ のホームページは → こちら

来週3月10日は
「祝!国際共同組合年(JA中央会)」をお送りします。