fyb_switch_to_sp_js

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月24日 (土)

実りの秋クリマサリ(9月24日放送)

今週は、平塚市を訪ね、幻の芋といわれる「クリマサリ」をレポートします。
「クリマサリ」ご存知ですか?

Photo_4

クリマサリは、早掘り栽培用のサツマイモ品種、ベニアズマの強い甘味とは違い
その名の通り「栗に勝る」まろやかな甘さが特徴
乾燥地での栽培が適し
全国的に見ても平塚市大野地区でしか栽培されていないという貴重なサツマイモ
栽培するのはJA湘南甘藷部会
現在は、農家27戸が約6㌶で栽培
今年は8月下旬~10月中旬まで 約13㌧出荷する見込みとのこと
大半が県外の製菓会社へ加工用として出荷され
少量をJA直売所などで販売しているので「幻の芋」と呼ばれます。

Photo_5

櫻井レポーターが訪れたのは、JA湘南甘藷部会の部会長 相原清さんの畑
これがクリマサリの葉

Photo_6

さっそくクリマサリの芋掘りにトライ

Photo_7

とっても細長く、ピンク色の皮目が特長

さっそく、ふかしたクリマサリを試食
品の良い甘さと味はまさに栗
相原さんは、栗よりだんぜん美味しいと思うとおっしゃっていました。

Photo_8

クリマサリは、JA湘南ファーマーズマーケットあさつゆ広場にて販売中
月曜日が出荷日とのことです。
そしてクリマサリで造った芋焼酎「幻の芋くりまさり」も人気商品

10月7日~31日「花菜ガーデン×あさつゆ広場in 平塚ラスカ」を開催
平塚駅ビル「ラスカ」のレストラン階の4店舗で
「クリマサリ」を使ったメニューが登場します。
祝日の10日月曜日には
「幻の芋くりまさりオリジナルレシピ試食会&くりまさり焼酎試飲会」を開催
「くりまさりニョッキのクリームソース」と芋焼酎「幻の芋くりまさり」を
数量限定で無料配布いたします。
ぜひ「クリマサリ」の美味しさを味わいに出かけてみてはいかがでしょうか?

Photo_9

JA湘南 のホームページは → こちら

来週10月1日は
「ブルーライン直売巡り」(JAグループ神奈川)をお送りします。

2011年9月17日 (土)

田園都市育ちの野菜たち(9月17日放送)

Photo_16

今週は、川崎市宮前区を訪ね
東急田園都市線の宮前平駅近くで農業を営む「山田農園」を訪問

Photo_2

この地で120年以上農業を続けていらっしゃるという山田家
山田悠二さんは14代目、120aの畑と5棟のハウスで耕作されています。

Photo_3

この日は、トマトのハウスを見せてもらいました。
ちょっと細長いこのミニトマトは「アイコ」という品種
酸味と甘みのバランスが良い、味の濃いトマト

Photo_4

他にも、万願寺ししとうという
京料理でよく使われる大きな唐辛子がいま出荷時期を迎えています。

Photo_5

Photo_6

畑近くの直売所は15年前にオープン、毎日10:30開店
お客様は川崎市内だけでなく東京方面からも多数来店
消費者が近い、まさに都市農業のモデル的農家といえます。

Photo_7

そして山田農園の野菜が堪能できるお店がこちら

Photo_8

JR南部線、武蔵中原駅近くの「鈴や 武蔵中原店」
お店の前には「かわさきそだち」の幟が..。

Photo_10 

毎日築地から取り寄せるという旬の新鮮魚介類と、山田農園の朝採れ野菜がご自慢

(株)すずや代表取締役 蟹江脩礼さん

Photo_11

山田農園との取引は2年半前から。当初は奥さん同志の付き合いから始まったそうです。
蟹江さん自ら、直売所か畑に直接野菜を仕入れにいくとのこと。

山田さんと直接対話しながら食材を仕入れられるので
生産者の思いが料理に生かされるとのこと。

そんな「鈴や 武蔵中原店」ご自慢の料理が、山田農園の新鮮朝どり野菜を使った
バーニャカウダ 珍しい冷製のバーニャソースに付けていただきます。
ワインはもちろん、焼酎や日本酒にもあう逸品です。

Photo_12

そして、こちらも山田農園の野菜を使った蒸し物
2種類のソースでいただく旨みたっぷりの野菜たち

Photo_13

そして、山田農園でもいただいたミニトマトの「アイコ」の塩漬け
トマトのコクが増し、アンズのような風味

Photo_14

これから、魚も身が締り、油がのってくる頃
野菜も、根菜類など、秋冬野菜が美しくなってくる季節
ぜひ海と畑の幸を肴に美味しいお酒をいただきたいですね。

Photo_15

★鈴や 武蔵中原店
場所:JR南武線「武蔵中原駅」徒歩2分 
ランチ   月~金  11:30~13:30(L.O.13:00)
ディナー  月~土  17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日   日曜日(月曜日が祝日の場合は営業、月曜休み)
電話番号は044-740-3458

ホームページ→ http://www.suzuya-group.com/

JAセレサ川崎 のホームページは → こちら

来週9月24日は
「実りの秋クリマサリ」(JA湘南)をお送りします。

2011年9月10日 (土)

期間限定 絶品ブッフェ(9月10日放送)

今日は横浜ベイシェラトンホテル&タワーズの
ブッフェレストラン「コンパス」からのグルメレポートです。

Photo_3

1月に番組では、三浦市農家のグループと地元三浦市の金属加工メーカー
そして横浜ベイシェラトンホテルが取り組んでいる、「ヤサイクル」を紹介しました。
ホテルの残さを肥料に変え、育った野菜を再びホテルのレストランで調理する
自立循環型農業という理想的な取り組みです。
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズのブッフェレストラン「コンパス」は
神奈川の農業を応援し、地元農産物を積極的に取り入れ地産地消を実践しています。

Photo_4

横浜のホテルでは初めて、和・洋・中の専門シェフが1つのレストランに集結すべく
それぞれの専門店で提供するメニューをブッフェスタイルで提供
目の前で調理するパフォーマンスキッチンをしつらえたライブ感あふれる
レストランです。

その「コンパス」が、7月にリニューアル1周年を記念して
料理コンテスト「かながわの食材を使って」を開催しました。
和・洋・中3部門のレシピを公募し、それぞれ1品ずつ入賞作品を決定
その入賞作品が9月いっぱいブッフェレストラン「コンパス」のメニューに登場!
123通の応募の中から選ばれたのは、この3品。

Photo_6

★西洋料理賞 「ロースティッドバタフライドポーク&椎茸ロールアップルゲレービー添え」

Photo_7

豚ヒレをバタフライ(背開き)し、その中に椎茸・リンゴの甘味、セロリやパセリの
アロマな風味を閉じ込めて巻き、オーブンでローストしたジューシーかつ甘味のある
ローストポーク。焼き汁で作るグレービーはアップルジュースを加えた
甘酸っぱいソースに仕上げ、子供から年寄りまで喜ばれる一品。
豊富な料理の知識が料理に反映、レシピを見るだけで美味しさが伝わってきます。

★中華料理賞「ゆで豚ばら肉のやわらかヘルシー煮 」

Photo_8

美味しい豚バラ肉でも脂のカロリーが気になるところ。
しっかり茹でて脂を落とした豚バラを、隠し味に梅酒を入れた中華あんに絡めて
煮たもの。カブを添えることでサッパリいただけます。
中華ではなかなか使われない梅酒を上手に使っているところが選出ポイント。

★日本料理賞 「かぶ梅香味煮 しらす雑炊添え」 

Photo_9

暑い時にさっぱりした味でいただける梅香味煮
煮汁に梅と相性のよいシラスと食物繊維が豊富な雑炊を混ぜ
煮汁のおいしさも味わえる美容と健康にもよい逸品
煮汁に雑穀米を入れることで薄くとろみがつき、美味しさがかぶに絡んでいる
このアイデアが選出ポイントとなりました。

Photo_10

「コンパス」料理長 山口康雄さん そして
「かぶ梅香味煮 しらす雑炊添え」 を考案された松下朋子さんと

入賞作品は、11:30~のランチと、17:30~のディナーでいただけます。
        (土曜、日曜のディナータイムは、17:00~)

「コンパス」ホームページ→ http://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/restaurant_bar/compass/

JAグループ神奈川 のホームページは → こちら

来週9月17日は
「田園都市育ちの野菜たち」(JAセレサ川崎)をお送りします。

2011年9月 3日 (土)

松田の新名所“まちの駅”(9月3日放送)

今週は、足柄上郡の松田町にオープンした、新名所をレポート

Photo_4

松田町には2つの駅があります。
到着したのは小田急小田原線の新松田駅

Photo_5

そして、目の前には、JR御殿場線の松田駅
ちなみに御殿場線は1934年まで東海道本線だった路線です。

Photo_6

新松田駅の目の前にあるのが、今年の6月小田急新松田駅前にオープンした
「まちの駅あしがら」です。

Photo_7

ここは、観光案内・特産品の販売・人の交流促進などを目的に
オープンした、街の窓口。神奈川の自然を満喫できる
あしがらの里のアンテナショップとして注目のスポットです。

Photo_8

まずは駅長さんの野本要さんがお出迎え

「あしがらの里」とは神奈川県の西部に位置する、1市と5町
南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町を要するエリア。

野本さんは、高3から松田町在住
松田町他、足柄エリアのことならなんでも聞いてみましょう。

「まちの駅は」全国に1662駅、県内では、鎌倉・川崎に次いで3店目
店内には、足柄エリアの特産物がずらり..

Photo_9

大井町のヒョウタングッズ

Photo_10

山北町のすっぽんドリンクにスープ

Photo_11

南足柄市は金太郎縁の地として有名。人気の「まさカリー」も買えます。

Photo_12

そして地元農産物を使ったスイーツも充実
南足柄市と足柄上郡でとれた野菜と果実を使用した
「あしがら旬感スイーツ」に
試食したのは「人参の甘酒マフィン」

Photo_13

発酵食品として注目の甘酒と、すりおろしたニンジンの風味が効いています。

Photo_14

野本駅長曰く
ここ「まちの駅あしがら」は気軽に立ち寄っていただきたいとのこと
トイレも自由に使っていただけます。(営業時間中)
ぜひ、魅力いっぱい!「あしがらの里」の名産品をお土産にいかがでしょうか?

★まちの駅あしがら
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
電話:0465-44-4820

JAかながわ西湘 のホームページは → こちら

来週9月10日は
「期間限定 絶品ブッフェ」(JAグループ神奈川)をお送りします。