fyb_switch_to_sp_js

« 「体操」 in YELLOW体操教室 鶴ヶ峰店 | メイン | 「横浜ランドマークタワースカイクライミング2018」 in 横浜ランドマークタワー »

2018年1月 5日 (金)

スポーツライター 生島 淳 

「Jack Rock」



このコーナーでは

現役のスポーツ選手コメンテイター

解説者スポーツ好きミュージシャン

お迎え、掘り下げていきます!




新年最初の「Jock Rock」!1月5日(金)は、やっぱりこの方?!

スポーツライター 生島 淳 
さん

にお話を伺いました!


1月2日・3日に行われた「箱根駅伝」について
一緒に振り返っていただきました。

・終わってみて、まず一言!
 青学、強い!

・今回の青山学院大学のコンディションについて
 メンバー全員11月から調子は良かったらしく
 全日本での結果は「取りこぼし」だった。
 1区でのミスで波に乗れなかっただけで、波に乗っていたらもしかしたら
 青学が優勝していたのではないか、と予想できるほど!

・そんな青学の強さの秘訣は?
 全日本で動揺せず、箱根に向けて合わせてきた事
 また、出雲・全日本に出場していない選手がすごかった
 特に、7区で区間新記録!金栗四三杯を受賞した林 奎介選手
 箱根に向けて重要な選考レースともいえる
 11月12日に行われた「世田谷246ハーフマラソン」で有力選手が揃う中
 林選手は日本人トップ!ここでもう林選手の箱根入りは予想できた
 また、原監督曰く「あけてびっくり玉手箱があるかもしれんよ」と言われていた
 まさにそれは林選手の事

・箱根駅伝2位、そして、往路優勝を果たした東洋大学について
 4年生が1名のみのメンバー入りは予想できなかった
 1区の西山選手がトップに立った時、スピード感ある走りに
 酒井監督は「箱根はどういう風な切り方をすればいいのか熟知している」
 改めて感じた
 青学の原監督も「来年は東洋と青学の争いになるのでは」というほど

・来年の箱根駅伝、生島さん的注目は?
 青学は、山登り・山下りへのめどがついているのと1区2区の選手もそろっていてかなり有力
 しかし、来年は東海大もあげてくるのでは、と予想している
 更に4月の新入生の入学のトップリクルーティングクラスは早稲田
 この事から、青学、東洋、東海、早稲田の4校が面白い戦いを見せてくれるのでは
 と予想している


そして、様々なスポーツについて取材をされている生島さん今年注目についても
お話を伺いました!

・生島さんの2018年の注目は?
 2月の平昌オリンピック、大谷選手、清宮選手のキャンプイン
 6月のロシアワールドカップ

・平昌オリンピックの注目競技は?
 カーリング!
 自信でもカーリングのブラシやストーンを持っていて、プレイ経験も!
 日本では女性のスポーツイメージが強いカーリングだが
 今回は久々に男子の代表も出場との事!
 男子はパワーが違うので、女子カーリングとはまた違う迫力を味わえる
 日本対カナダ戦があれば、是非見て欲しい!

・大谷選手・清宮選手について
 どちらも「長い目でみてあげたい」
 



最後に、スポーツを伝えていく側として
生島さんが大切にしている事を教えて頂きました!

「アマチュア的に攻める!」



<今回もクイズを出題していただきました!>

Q.今年の箱根駅伝で選手たいtが一番履いていたシューズのメーカーはどこでしょう?

A.ナイキ(生島さん調べ)

コメント

コメントを投稿