fyb_switch_to_sp_js

« 「アイススケート」 in 相模原市銀河アリーナ | メイン | 「アンドウスポーツ」「大和住販株式会社」 »

2017年12月 1日 (金)

スポーツキャスター 荻原次晴さん

「Jack Rock」


このコーナーでは
現役のスポーツ選手コメンテイター
解説者スポーツ好きミュージシャン
お迎え、掘り下げていきます!




12月1日(金)は

スポーツキャスター 荻原次晴さん

にお話を伺いました!

Img_5268

荻原さんといえば双子のお兄さん、健司さんとともに
ノルディック複合の選手として活躍、長野オリンピックにも出場し、
現在はスポーツキャスターとして様々なメディアで
ウィンタースポーツをはじめ広くスポーツの普及に取り組んでいらっしゃいます。


今日ワールドカップがスタートしたスキージャンプと
ノルディック複合について…


まずはスキージャンプ男子、個人で優勝した小林潤志郎選手!
takeoffの際に上体が起き上がってしまうクセがあったのですが、
これを修正!さらに持ち味である空中姿勢に磨きをかけたことが
勝因だったのではないか、とのこと。

先週、25日にスウェーデンで開幕した団体戦では3位。
選手層が厚くなってきたという点については、

小林潤志郎選手・小林陵侑選手の小林兄弟、
竹内択選手、そしてレジェンド葛西紀明選手!

荻原さんが小学生の頃からずっと一緒にジャンプを続けてきた葛西選手、
まさか自分は引退して20年経つというのに、現在も現役で
飛び続けているとは思わなかった…本当にすごい!
“のりちゃん”にはまったく心配していません!

男子団体といえば、怪我が心配に伊東大貴選手。
心配ではありますが、平昌オリンピックまでにはしっかり治してきてくれる!
と信じています。


また、女子の注目といえば、
なんといっても高梨沙羅選手と伊藤有希選手!
とても調子が良い2人は、表彰台1,2フィニッシュも大いに期待できます!!


最後に、
スキージャンプとクロスカントリースキーの2種類で競う、ノルディック複合!
24日のワールドカップ開幕戦で渡部暁斗選手が3位、翌日の第2戦では優勝、
とてもいいスタートを切っている!
takeoff、ジャンプの際に前に突っ込み過ぎるクセがあった彼ですが、
オフシーズンに修正、その後も修正に磨きがかかっているため、期待できます!


小林兄弟はもちろん、
複合の渡部暁斗選手、渡部善斗選手の兄弟にもぜひ、注目していただきたい!



スキー場は、非日常的な空間。
恋人や家族との距離がグッと近づくのがウィンタースポーツ!!
ぜひ、みなさんも楽しんでください!



荻原さんとのお話について、詳しく内容を知りたい!そんなあなた!
インターネットラジオ、rajikoで一週間聴く事ができます!
是非、チェックしてくださいね!


「F.L.A.G.」

荻原次晴 オフィシャルブログ



<スキージャンプに関するクイズも出題していただきました!>

Q.スキージャンプの着地姿勢は、何姿勢という?


A.テレマーク姿勢