fyb_switch_to_sp_js

« 珍しいクラゲの初展示 (1月18日放送) | メイン | 恋する えのすい(2月1日放送) »

2018年1月25日 (木)

冬の妖精と人魚のサイフ (1月25日放送)

Img_0548

皆さん〜お元気ですか?

 

新江ノ島水族館&なぎさの体験学習館は、1月23日火曜日から今日25日木曜日まで

 

施設メンテナンスのため休館しています。

 

明日の26日金曜日からは通常営業です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 北嶋 まどかさんに、

 

【冬の妖精と言われる、あの人気の生き物が今年も展示されている】ことについて伺いました。

 

Photo

★クリオネ・・・展示場所は、クラゲサイエンス。

 流氷とともにやってきます。天使のような姿をした巻貝の仲間です。

 クラゲではありません。

 《ハダカカメガイ》=《クリオネ》

Photo_2

Animals0024800000001

★ダルマハダカカメガイ・・・展示場所は、クラゲサイエンス。

 オホーツク海でみつかった新種のクリオネを展示しています。

 ※この発見により、クリオネ属は全部で4種に。

  体長は約8mmでずんぐりして全体が赤く、体の大きさに対する翼足(翼のような部分)の大きさが

  ハダカカメガイと比較すると小さいのが特徴。

Animals0020600000001_2

そして、もう一種類、えのすい生まれの可愛い仲間が展示していますよ。

★トラザメの赤ちゃんと卵です。

Img_0466

Animals0025200000001

 トラザメは水深100〜300mの深場に生息する底生性のサメ。

 約13℃で、10ヶ月ほどで孵化し、8cm程の赤ちゃんが生まれます。

 ちなみに、トラザメの卵は「人魚のサイフ」とも呼ばれているそうです。

Img_0467

 《深海1、JAMSTECとの共同研究》

 

ぜひ、見に来てくださいね。

 

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

コメント

コメントを投稿