fyb_switch_to_sp_js

« 新しい生き物に期待!? 堀一久社長に聞く(1月4日放送) | メイン | 珍しいクラゲの初展示 (1月18日放送) »

2018年1月11日 (木)

論文発表 (1月11日放送)

Img_0380

皆さん〜お元気ですか?
 
高校生〜大学院生対象の「えのすい学割」実施中ですよ。
 
3月31日までに、高校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生を対象に、
 
入場料金が1050円になります。
 
チケット売り場窓口で、生徒証、生徒手帳、学生証を提示してくださいね。
 
今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 杉村 誠(すぎむら まこと)さんに
 
深海生物がJAMSTECとえのすいの共同研究の成果が論文として発表されたことについて伺いました。
 

Photo

 
JAMSTECの研究者と共同で行った科学実験のデータや、えのすいで我々の行った飼育環境計測データなどが
 
掲載されています。
 

Photo_4

 
論文のタイトルは、「シロウリガイ類長期飼育システムの宿主生存と共生圏保持に対する効果」です。
 

Photo_2

 
シロウリガイ類は、エラの細胞の中に硫化水素をエネルギー限に有機物をつくる細菌(化学合成細菌)を
 
共存させていて、この細菌に栄養を依存して生きています。
 

Photo_3

今は、展示していませんが、【深海㈵】コーナーを見に来てくださいね。
 
今後の深海の研究に期待します。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

コメント

コメントを投稿