fyb_switch_to_sp_js

« この夏で29歳!心優しいバンドウイルカのパル(8月10日放送) | メイン | しんかい2000が機械遺産に認定!(8月24日放送) »

2017年8月17日 (木)

生きた化石 シャミセンガイ (8月17日放送)

Animals0023400000001

皆さん〜お元気ですか?
 
夏休みもあっという間に後半でしょうか?
 
子どもたちは、夏休みの宿題の自由研究は進んでしますか?
 
新江ノ島水族館には、自由研究のヒントがたくさんありますよ。
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 北田 貢(きただ みつぐ)さんに、
 
今、生きた化石といわれる生き物が展示されてるので、そのことを伺いました。
 

Photo_6

 
アメリカの動物学者・モース博士の来日140年を記念し、生きた化石【シャミセンガイ】の生体を展示していますよ。

3_2

 
【シャミセンガイ】の仲間は、約5億年前の古生代に栄えた生き物で、
二枚貝のように見えますが、軟体動物ではなく腕足動物に分類されます。

Photo_7

Photo_8

 
大森貝塚の発見でも知られるモース博士が来日し、江の島に生物の研究室を設けたのは、この【シャミセンガイ】を採集するためです。
 
江の島は、日本の海洋生物学発祥の地としても知られていますが、【シャミセンガイ】は、その研究のはじまりに大変かかわりの深い生物。
 
今回の展示は、現在日本大学生物資源科学部博物館で開催されている企画展
【モースと相模湾の生き物】(9月30日まで)とのコラボレーション展示となっています。

Img_0398_3


★日本大学生物資源科学部 博物館
 開館時間 火曜日〜土曜日 10時00分〜16時00分 
 入館料 無料
 小田急江ノ島線 【六会日大前駅】から徒歩3分くらいかな?
 神奈川県藤沢市亀井野1866
 電話0466−84−3892
 
新江ノ島水族館と、日本大学生物資源科学部博物館の両方見に行ってくださいね。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

コメント

コメントを投稿