fyb_switch_to_sp_js

« 2017年6月 | メイン | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

念願の繁殖に成功!ブルージェリー (7月27日放送)

Photo_6

皆さん~お元気ですか? 暑い日が続いていますが。。。

 

熱中症には、注意してくださいね。

 

こまめに水分補給してください。

 

さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 笠川 宏子(かさがわ ひろこ)さんに、

 

人気のクラゲの繁殖個体が展示されていることを、伺いました。

Img_9497

 

【ブルージェリー】

Photo_9

Photo_7

 

東南アジアの一部の海域に生息するクラゲです。日本には20年ほど前に紹介された種類です。

 

おもにフィリピンから輸入され、紹介された当初は全てが青色の個体であったことから

 

「ブルージェリー」と呼ばれました。

 

その後、体色には白色、茶色などのカラーバリエーションがあることが分かり、

 

現在では「カラージェリー」の名前で流通することがあるそうです。

 

170703_kitada442

水族館での展示だけでなく、観賞用としても人気です。

詳しい生態については不明な点が多いため、長期飼育が難しく、水族館での繁殖成功例も偶然を除いてほとんどありません。

 

今回の繁殖は、独自の方法で、輸入業者の方に、協力を依頼して、

 

輸送する際の梱包方法を工夫して、輸送中に梱包容器内で受精させ、幼生を得ることが成功します。

 

これからの成長が楽しみです。

 

是非、見てくださいね。

 

Photo_10

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年7月20日 (木)

ミナミアメリカオットセイ【セシ】と【ライラ】(7月20日放送)

_

__2

皆さん〜お元気ですか?
 
7月15日土曜日から、2014年より毎年開催している17時からのスペシャルイベント「ナイトワンダーアクアリウム」スタートしていますよ。
 
見に来てくださいね。

Img_9568

 
さて、今回は新江ノ島水族館 展示飼育部 海獣類チーム 遠山 忠晃(ただあき)さんに、
 
ミナミアメリカオットセイ【セシ】と【ライラ】が元気に活躍しているそうなので、伺いましたよ。

Photo_7

 
【セシ】は、今までショーで遊ぶのはステージだけでしたが、
 
プールに入ると自由に遊んでいて、トリーターとの練習でアクリルガラス面にある台に行くというパートの練習を積み重ねてきました。
 
オットセイで、プールに入ってアクリルの台に来ることができたのは【セシ】が初めてだそうですよ!
 
 アクリルまで行くと、【セシ】の顔も近くで見ること出来るので、
 
小顔で瞳が大きい顔見られるチャンスです。
 
是非、近くで【セシ】のことをみて応援してあげてくださいね。

170617_haneda2_430

Diary0422400000001

 
【ライラ】は、6月にショーデビューしたそうですよ。
 
最初は暴れん坊さんだったそうです。
 
トレーニングは、動物のやる気を出させるようなことを実施し、
 
トレーニングの時間をつくった海獣類チームの皆さんのチームワークが良かったそうですよ。
 
それと、カマイルカの【クロス】と仲良しなんですよ。
 
オットセイとカマイルカが仲良しは大変珍しいそうです。

170622_horiuti443

170622_horiuti442

 
この夏休みに【セシ】と【ライラ】を見に来て、応援してくださいね。
 
お待ちしています。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年7月13日 (木)

世界で初めて繁殖成功!タギリカクレエビ(7月13日放送)

Photo_4

皆さん〜お元気ですか?

さて、今回は新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 北嶋 円(きたじま まどか)さんに、

「世界で初めて繁殖に成功した深海の生き物、タギリカクレエビ」について伺いました。

Edit

2001年に初めて鹿児島県鹿児島湾で発見・報告されたホンカクレエビ属のエビ、

ホンカクレエビ属は、浅海域に生息する種が多く、130種以上が知られています。

体色は赤く、全長は25mmほど。

Photo_5


鹿児島湾はその湾奥の海底より火山ガスが湧き出しており、

タギリカクレエビは、その近くに生息するサツマハオリムシのコロニーの中や、

ガスが噴出している場所「たぎり」周辺の生息、名前はその「たぎり」に由来します。

化学合成生態系の一員であるサツマハオリムシの菅の間から発見されたため、タギリカクレエビも

その生態系に属すると考えられています。

公開を開始した稚エビは、鹿児島湾の水深約200mで採集された親より生まれました。

体長20mm。

生体になるまでの繁殖は非常に難しいそうです。

繁殖個体の公開は世界初です。

★深海㈵〜JAMSTECとの共同研究〜にて公開しています。

Photo_6

Photo_7

湘南は、「梅雨明け」がいつになるか?気になるときですね。

今月の「えのすいecoデー」は、7月16日日曜日です。

ビーチクリーンは、9時00分〜10時00分、ビーチコーミングアートは10時00分〜10時30分ですよ。

ゴミ袋、トング、軍手は用意します。

ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年7月 7日 (金)

キラめき輝くスターな生き物 (7月6日放送)

Photo

皆さん〜お元気ですか?
 
7月になりましたね。。。。。
 
明日は、7月7日【七夕】ですよ。
 
今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 伊藤 寿茂(いとう とししげ)さんに
 
「宇宙を連想させる魚たちが展示されている」ことを伺いました。

Edit
新江ノ島水族館の、この夏のテーマ「Shining Summer」。
 
輝く夏をイメージし、星のように輝く美しい生き物や、
 
星座にまつわる不思議な生き物を紹介していますよ。

Photo_8
 
★ギャラクシーラスボラ(銀河)(魚) 2〜3センチメートル

Photo_2


★シルバームーンフィッシュ(月)・・・・10センチメートル

Photo_3

★ハタオリ(機織り)バッタ・・・ショウリョウバッタ(日本最大のバッタ)

Photo_4



★丹頂コメット(彗星)(魚)・・・・10センチメートル

Photo_5
などなど・・・・
 
ペンギンプール前のテーマ水槽【キラめき輝くスターな生き物】を見に来てくださいね。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY