fyb_switch_to_sp_js

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

しんかい2000公開整備開催 (6月29日放送)

Dsc_0057

皆さん〜お元気ですか?
 
明後日、7月1日土曜日は、藤沢市の《片瀬海岸西浜&東浜海水浴場、鵠沼海水浴場》、
 
茅ヶ崎市の《サザンビーチちがさき》は【海開き】ですよ!!!
 
なんとなく、わくわくしますね。

Photo_14
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 北嶋 円(きたじま まどか)さんに、
 
「えのすいで展示されているJAMSTECの有人潜水調査船・しんかい2000が、この夏、展示5周年を迎える」ことなど、
 
伺いました。

Edit
 
人が乗船して深海を調査するために作られた日本初の本格的な潜水船です。

Dsc_0038

2000
運航期間中は世界各地の海で調査を行い、その中でも調査回数最多の海は、相模湾でした。
 
2012年夏、相模湾が目前に広がる「えのすい」で、常設展示がスタート。
 
以来、毎年行っている人気プログラム「しんかい2000」の公開整備は、今夏で10回目の開催です。
 
元「しんかい2000」運航チームのみなさんによる船の構造や機器についての解説、外皮の取り付けなど
 
迫力ある整備をご覧いただけます。

Photo_16

Img_9440
 
7月2日日曜日 14時00分〜15時30分
 
場所 「深海㈼〜しんかい2000〜」
 
協力 JAMSTEC(国立研究開発法人 海洋研究開発機構)
 
★「しんかい2000」乗船体験ありますよ。
 
8月20日日曜日、8月27日日曜日 9時10分〜10時30分
 
場所「深海㈼〜しんかい2000〜」
 
各日 12名
※身長120cm以上、胸囲150cm未満、自力でハシゴの昇り降りができる方。
※小学生・中学生は保護者の付き添いが必要です。(保護者の方は、プログラムは見学になります。)
※高所恐怖症、閉所恐怖症の方はご遠慮ください。
参加費 無料(入場料別途)
参加方法 7月1日土曜日よりホームページ、フマートフォン、モバイルサイトで申し込みです。
     7月25日火曜日締切り、応募者多数の場合は抽選。
 
3人乗りのコックピットに1組2名で乗り込み、船内にいるえのすいトリーターが解説を行います。
 
是非!応募してくださいね。
 
夏休みの宿題の自由研究にはぴったりの体験などになりますよ〜。

Edit_2
 
新江ノ島水族館 えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年6月22日 (木)

世界初展示のヒョウガライトヒキクラゲ (6月22日放送)

Photo_3

皆さん~お元気ですか?
 
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 角張(かくばり)ちひろさんに、
 
【世界で初展示となる新しいくらげが仲間入り】したことを伺いました。

Edit


★【ヒョウガライトヒキクラゲ】です。

2_4


1914年にフィリピンで発見されたクラゲですが、それ以降はっきりとした生息報告がありません。
 
2013年、広島大学、東海大学が実施したフィリピンにおけるクラゲ類の分類・生態に関する研究調査で
 
約100年ぶりに再発見され、2016年9月、同じくフィリピンにて広島大学・北里大学・新江ノ島水族館・加茂水族館の
 
合同チームで行われたクラゲ調査では、【ヒョウガライトヒキクラゲ】の生息環境の把握と生態の採集を実施、
 
さらに2017年、日本国内での繁殖にも成功し、今回その繁殖個体を世界で初めて展時・公開することになりました。
 
フィリピン西の一部の河口域で見られ、成長すると傘の模様がヒョウ柄になります。
 
現地調査では、傘の直径が20㎝前後の個体も確認しましたが、成長過程や傘の模様の変化など、
 
詳しい生態は分かっておらず、今後飼育を通して明らかにしていくそうです。
 
繁殖に成功して、現在直径5㎝になっていますよ。傘に複数のヒョウ柄模様が確認できますよ。
 

Photo_4

Edit_2

1_2


クラゲファンタジーホールで見ることできますよ。
 
クラゲファンの皆さん~見に来てくださいね。

Photo_5

そして、湘南エリアは、【紫陽花】があちこちで綺麗に咲いていますね。
 
えのすいの【海中のあじさい水槽】みましたか?
 
ものすごく綺麗ですよ~。

_edit

Photo_6

 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年6月15日 (木)

イルカのお父さんパル(6月15日放送)

Photo_2

皆さん~お元気ですか?
 
さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 海獣類チーム 大内 豊(ゆたか)さんに
 
6月18日は【父の日】なので、えのすいの生き物の中からイルカの《お父さん》を紹介してもらいました。
 

Edit


★飼育下3世のバンドウイルカの【パル】です。
 
1988年生まれ。
 
日本の水族館の飼育下繁殖個体で最長寿。
(人間だと29歳)
 

_


子どもは、飼育下4世。
【マリン】

__2
【ピック】

__3
【ミル】

_j
【新生児(5月7日生まれ)】
のお父さんですよ。
 
性格は
●おとなしい。
●優しい。
●耐え忍ぶ。
●メスには優しい。。。。やり返さない。
 
ブリーティングプールでみること出来ますよ。
 
見に来てくださいね。

Edit_2

Img_9314

今度の日曜日は、第3日曜日ですよ。6月18日日曜日!!
 
【えのすいecoデー】ですよ。
 
10時00分~16時00分
フリーマーケット、ペットボトルキャップ回収運動
 
11時00分~12時00分
ビーチクリーン※ごみ袋、軍手、トングは用意します。
★えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY参加します。
 
12時00分~12時30分
ビーチコーミングアート※貝殻等を使用した作品作り
 
お待ちしています。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年6月 8日 (木)

海中のあじさい水槽 (6月8日放送)

Photo_6

皆さん〜お元気ですか?

新江ノ島水族館の前の片瀬海岸西浜では、7月1日土曜日【海開き】に向けて


「海の家」がどんどん建てられています。

Photo_7
さて、今回は新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 樋口 理紗(りさ)さん
に、

この時期ならではの《あじさい水槽》について伺いました。

Photo_8

6月1日木曜日から6月30日金曜日まで、展示場所の環境水槽に

【海中のあじさい水槽】が登場しています。

梅雨を彩る旬花「紫陽花」が湘南でも見ごろになる6月。

Photo_9
期間限定で「えのすい」にも「あじさい」が咲き誇ります。

色とりどりの海の生き物たちによる神秘的な「海中のあじさい」を

お楽しみください。

1



色とりどりの水槽には

「キンギョハナダイ」

Photo_10

「スミレナガハナダイ」

Photo_11

「ハナハゼ」

Photo_12
「オオエダキサンゴ」

2_2



★湘南エリアの紫陽花を見た後は、えのすいこと新江ノ島水族館の《海中のあじさ
い》を見に来てくださいね。

お待ちしています。

えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

2017年6月 1日 (木)

見れば見るほど、虹色に輝く魚たち(6月1日放送)

_

皆さん~お元気ですか?
 
今日から6月ですよ!!!6月の「えのすい」は、梅雨の晴れ間を美しく彩る「虹」をテーマに、
 
展示やイベントを開催します。
 
さて今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 唐亀 正直(からかめ まさなお)さんに
 
今日からの新しいテーマ水槽についてお話を伺いました。

Edit_2
 
6月のテーマ水槽【見れば見るほど、虹色に輝く魚たち】です。
 
雨上がりに現れる虹の美しさには思わず見とれてしまいますが、
 
魚たちの中にも光の当たり方や見る角度によっては
 
美しい虹が現れるものがいますよ。
 
虹色の魚
 
【ネオンドワーフレインボー】★レインボーフィッシュの仲間。
★成魚になると全身がメタリックブルーになる。青い稲妻のように美しく輝くそうです。

__3
【レインボースネークヘッド】★雷魚。肉食。空気呼吸します。
オレンジの縁のあるヒレ。体表が色鮮やかです。

__4


【オイカワ】相模川でも生育しています。地元でもおなじみ。

__5
 
【タイリクバラタナゴ】

__6


などなど展示しています。
 
「レインボー」カラーの魚や生き物は、まだまだたくさんありそうですね。
 
自分で調べるのも楽しそうです。
 
ペンギンプールの前の、テーマ水槽を是非見に来てくださいね。
 
えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY