fyb_switch_to_sp_js

« 酉にまつわる生き物たち(1月12日放送) | メイン | 甲羅の大きさ世界一!オーストラリアの巨大ガニ(1月26日放送) »

2017年1月19日 (木)

一世紀ぶりの発見!ダルマハダカカメガイ(1月19日放送)

Photo_3

皆さん〜お元気ですか?

風邪引いていませんか?大丈夫ですか?

「センター試験」も終わりましたが。。。まだまだ受験シーズンです。

受験生も、ご家族の皆さんも、体調管理しっかりしましょう。


さて、今回は、新江ノ島水族館 展示飼育部 魚類チーム 小谷野有加(こやのゆ
か)さんに、

昨年12月から、とても珍しい生き物が初展示されていることを伺いました。

Photo_2

一世紀ぶりに北海道のオホーツク海沿岸で見つかった【ダルマハダカカメガイ】

Animals0020600000001_2


(オホーツク海にちなんで、学名は【クリオネ・オホーテンシス】)です。

採集場所は、北海道網走のオホーツク海沿岸です。

クリオネの仲間としては、1902年の《ナンキョク・ハダカカメガイ》以来の発
見!!

展示しているのは、2016年11月に採集したもので、12月1日より関東地方で
初めて展示されています。

体長が、なんと8ミニメートル。

【ダルマハダカカメガイ】も含めて、ハダカカメガイ属(クリオネ)は4種類になり
ました。

クリオネの仲間は、《ハダカカメガイ》《ダイオウハダカカメガイ》《ナンキョクハ
ダカカメガイ》《ダルマカメガイ》です。


【ダルマハダカカメガイ】は、体の大きさに対する翼足(翼のような部分)の大きさ
が《ハダカカメガイ》より小さく、

バッカルコーンと呼ばれる翼足も短いです。

餌から出る化学物質を感じると、粘液を出して餌を探します。

休む時に、羽と呼ばれる部分などを体につけると《ダルマ》みたいに見えるので【ダ
ルマハダカカメガイ】と呼ばれるようになりました。


Photo_4    

   ちょっとピンボケ ↓

Photo_5
とても可愛いので、是非見てくださいね。


★新江ノ島水族館、なぎさの体験学習館は、施設メンテナンスのため、1月24日火
曜日〜1月26日木曜日までの3日間、休館させていただきます。
なお、1月27日金曜日からは、平常通り午前10時より開館いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



えのすいeco親善大使 DJ・HAGGY

コメント

コメントを投稿